2017-09

四月天少女性傷害心理援助熱線がサイト開設

 2004年3月5日、性的被害にあった少女の電話相談に応じる「四月天少女性傷害心理援助熱線」(ホットライン、電話相談。「四月天」とは4月の空のように暖かいという意味)が開通しました。
 このことは、当時から新聞などでは伝えられていたのですが(「愛心与幇助像四月的陽光――北京開通全国首家少女性侵害心理援助熱綫」『中国婦女報』2004年3月6日)、このたび、この電話相談自体がサイトを開設なさいました(四月天少女性傷害心理援助熱線)。

 この電話相談は、北京林業大学心理学系と心理相談センターが設立したもので、毎週月・水・金の18:00─21:00におこなわれています(「関于四月天」)。

 心理学の大学教員やカウンセラーなど、男女の専門家集団が指導をしていますが(「専家団隊」)、実際に電話相談に応じているのは、心理学を学び、研究している比較的若い女性のボランティアが多いようです(「志願者園地」)。ボランティアに対する研修のようすを写した写真などもサイトに掲載されています。

 電話をかけて来るのは主に15-25歳の女性で、被害が発生した場所は、オフィスと学校が多いとのことです。すなわち、上司が部下に対して、あるいは教師が学生に対して、不平等な関係を利用して性的な強要をしているとこのサイトは分析しています。
 なお助けを求めてくる者の中には、男性も毎年数十人いるようで、この問題にも対処が必要ではないかとも述べられています。
(以上、「“四月天”少女性傷害心理援助熱線情況分析」
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/95-d67935ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード