2017-10

女性差別撤廃委員会と中国のNGO

 2006年8月に開催された女性差別撤廃委員会第36会期には、中国の女性NGOなども参加しました。その報告が最近相次いで掲載されましたので、その内容を簡単にお伝えします。

中国大陸の女性NGO

 まず、中国のNGOである家庭内暴力反対ネットワークの張祺さんの報告が、同ネットワークのホームページ掲載されています(張祺「消歧委員会第36届会議非政府組織監察員総結報告」)。

 今回、中国からこの会議に参加した女性・ジェンダー関連のNGOは、中国女性研究会(中国婦女研究会)、家庭内暴力反対ネットワーク(家庭暴力反対網絡)、女性メディアウォッチネットワーク(婦女伝媒監測網絡)、ジェンダー資源グループ(社会性別資源小組)、北京大学法学院女性法律研究・サービスセンター(北京大学法学院婦女法律研究与服務中心)、農家女百事通雑誌社の6つです。

 上の6つのNGOは、ニューヨークに行く前に準備会をしています。そこで、女性差別撤廃委員会とNGOとの会談における発言テーマも相談したそうです。その結果、劉伯紅さんと蔡勝さんがNGOを代表して、女性の政治参加の問題と農村女性・移住労働者の問題について発言することになったとのことです。
 今回は、中国大陸の女性NGOは、カウンターレポートは出しませんでした。しかし、中国女性研究会と北京大学法学院女性法律研究・サービスセンターが、それぞれ座談会をやって、女性差別撤廃条約の執行情況に対する国内のNGOの評価について意見交換をしたとのことです。

 張祺さんは、今回、女性差別撤廃委員会の会議に参加して、だいたい以下のようなことを感じたそうです。
 ・実際に参加したことによって、女性差別撤廃条約の審議の過程やNGOの果たす役割がわかった。
 ・国内では女性差別撤廃条約への理解がまだ少なすぎる。女性の組織や活動家は、女性差別撤廃条約を直接活用することは少ない。女性差別撤廃条約は、女性の人権の基準を提供するだけでなく、全世界の女性組織の交流と協力の場を提供し、女性の人権状況に対する全世界的な世論の空間を作り出しているのだ。
 ・女性差別撤廃条約は政府間の取り決めだけれども、条約を現地の女性運動に利用するためには、民間の女性団体が積極的な行動主体にならなければならない。実際、香港の女性団体は、法律や政策を条約に適合させたり、政府や司法機関を監督したりしている。
 ・今回、中国は、政府の代表団も、NGOのウオッチャーも、参加人数がこれまでの記録を破った。このことは、政府が女性の権利に対して重視の度合いを強めつつあり、女性のNGO組織の力も強まりつつあることを示している。

アメリカの「中国人権」

 また、アメリカの人権団体、「中国人権」(Human Rights in China:HRIC。中国大陸出身の人々が1989年、中国における人権擁護のために設立した組織)は、事前にカウンターレポートを出しました(Implementation of the Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women (CEDAW) in the People’s Republic of China)。
 その執行主任の譚竟嫦(Sharon Hom)さんは、女性差別撤廃委員会の会議で、同レポートについて簡単に紹介しました。

 譚さんは、その際、カウンターレポートで指摘した「核心の問題」として、以下の2点を述べました。
1.情報が封鎖されていて、透明度と情報へのアクセス権が欠乏している。この点は、女性差別撤廃委員会が中国の条約の履行情況を審議する上で不利である。たとえば、女性や女児の誘拐・人身売買、人工中絶や幼児殺に関する統計数字も不明である。情報を得るルートが欠乏していることは、政府の信頼性を根本的に弱めており、また、民間の活動家や一般民衆、メディアが女性の地位向上に貢献するためにも不利である。
2.国内法と国際法の間にギャップがある。たとえば、「差別」の概念の明確な定義がない、「人身売買」の定義が国際規準に比べて弱い(売春との関係だけしか規定しておらず、強制的な労働・サービスが含まれていない)、「家庭内暴力」の定義が北京女性会議の「行動綱領」に比べても狭い、中国の法律体系には適切な履行のメカニズムがないなど。
 (以上、譚竟嫦「中国人権対中国政府第五和第六合併定期報告所作的評估和建議──在聯合国“消除対婦女一切形式歧視委員会”第36届会議上的発言」2006年8月7日[英語中国語])

 こうした内外の力は、現在ではまだ小さなものですが、中国でも女性差別撤廃条約が生かされることにつながっていくと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/84-5a36ae4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード