2017-04

『社会転型の中の中国女性の社会的地位』出版

 2000年、全国婦連と国家統計局によって第2回中国女性の社会的地位調査がおこなわれました(第1回は1990年)。
 この調査については、すでに各省別の報告書がいくつか出ているほか、全国的な調査結果をもとにした論文集として、蒋永萍主編『世紀之交的中国婦女社会地位』(当代中国出版社 2003年)が出版されています。
 それらに続いて昨年11月、全国婦連女性研究所課題グループ(全国婦聯婦女研究所課題組)著『社会転型(社会の構造転換、体制移行といった意味)の中の中国女性の社会的地位(社会転型中的中国婦女社会地位)』が、中国婦女出版社から出版されました(ネット書店「書虫」によるこの本のデータ)。
 今回の著作は、その題名にも示されているように、1990年の第1回調査以後、すなわち1990年代の社会構造や経済体制の変化を念頭に置いて、中国の女性の社会的地位を研究したものです。第2回調査は、第1回調査では調査しなかった点も調査しているので、すべての項目について10年間の変化が数字で示されているわけではありませんが、変化が数値的に示されているものも多くあります。

 900ページ近くある部厚い著作で、構成は以下のとおりです。
第1章 総論(蒋永萍・楊玉静)
第2章 中国女性の法律的地位の現状と実現メカニズム(佟新)
第3章 女性教育と女性の社会的地位──質と量の考察(高勇)
第4章 女性の社会経済的地位(蒋永萍)
第5章 女性の政治的地位(丁娟)
第6章 婚姻・家庭における女性の地位(鄭丹丹)
第7章 健康と女性の地位(姜秀花・王志理)
第8章 社会転型とジェンダーの視角の下の生活様式(王思梅)‥‥生活時間、余暇、社会関係・サポート、生活の満足度について
第9章 ジェンダー観念と女性の地位(陳方)
第10章 女性企業家の地位の獲得(張艶霞)
第11章 国有企業の女性労働者の地位の現状と変動(石彤)
第12章 出稼ぎ就労と農村のジェンダー関係の変化(譚深・馬春華)
第13章 少数民族女性の社会的地位の分析(杜宇)
第14章 女性の社会的地位の総合的分析(賈雲竹)

 まだ全部は読んでいませんが、公式見解やきれいごとを述べた本ではなく、全国的な資料にもとづいて、最先端の研究者が中国の女性の状況をトータルに明らかにした本のようです。
 もちろん既に言われているようなことも書かれていますが、中国の女性やジェンダーについての基本文献の一つであることは間違いないと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/58-73a202ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード