2017-11

トランスジェンダー団体が次々に設立、継続的に活動

<目次>
はじめに
1 トランスジェンダーセンター
 (1)「トランスジェンダーの声」――活動家を招いてオンラインで語り合い
 (2)広州以外にも広がる活動
 (3)トランスジェンダーに対するDVについての取り組み
 (4)センターの現在――「トランスジェンダー」の定義と3つのグループ
 (5)h.cさんの話
2 トランスチャイナ
3 トランスジェンダーシェルター
4 トランスジェンダー生活社
5 他のLGBT団体のトランスジェンダー問題への取り組み
 (1)北京LGBTセンター
 (2)同語
おわりに

はじめに

前回は、2016年に提訴されたトランスジェンダーの就職差別裁判についてご紹介した(「トランスジェンダーの就職差別、労働紛争訴訟と人格権訴訟の両方で勝訴」)。こうしたトランスジェンダーの活動が、最近、活発化しているように思う。

この1、2年、組織の面においても、トランスジェンダー独自の団体が次々に設立され、継続的に活動している。

トランスジェンダーに関しては、2006年ごろ、「トランス中国」(この名称になるのは2008年だが)という団体ができ、電話相談もおこなった。また、LGBT関係の組織の中でトランスジェンダーをテーマにした集いがおこなわれることもあった。2009年3月には、北京LGBTセンターの中に、バイセクシュアルやトランスジェンダーのための「無界限小組」が設立された(「各地のセクシュアル・マイノリティのサイト(4)──トランスジェンダーの状況・サイト・思想」)。しかし、そうした動きは、数年前まではあまり目立たなかったように思う。

以下、最近のトランスジェンダー団体の活動を、団体ごとに見てみよう。

1 トランスジェンダーセンター

2016年5月、F女権小組(1)の中核メンバーであるトランスジェンダーレズビアンのh.cさんらが、広州に「トランスジェンダーセンター」を設立した(2)。h.cさんが「別の2人のフェミニストの若者といっしょにトランスジェンダーセンターを設立した」と記している記事もあることから見ても(3)、少なくとも当初はフェミニストが主導して設立したと言えそうだ。

トランスジェンダーセンターは、トランスジェンダーに交友の場を提供したり、集会・サロン・映画鑑賞会・読書会などをおこなうとしている(4)

具体的には、同センターの微博を見ると、まず2016年6月5日に、「広州トランスジェンダー顔合わせパーティー」をおこなうと書かれている(5)

また、トランスジェンダーセンターは、金曜日に定期的に活動をしているようだ。たとえば、2017年3月3日には、「トランスジェンダーをテーマにした軽いゲームの夜」を広州でおこなうと書かれている。この日は、ゲームをしたのちに、参加者がジェンダーアイデンティティと関係がある家庭での話をしたり、テーマを決めた弁論(この日は、「すでに成年になっていて、一定の経済的能力のある人も、父母の許可が得られなければ手術ができないか?」など)をしたりするという(6)

また、同年11月11日-13日には、北京LGBTセンターとトランスジェンダーセンターが主催して、広州で、カウンセラー・教師・ソーシャルワーカー・医師など、セクシュアル・マイノリティに接する人々のために、セクシュアル・マイノリティにフレンドリーなカウンセリングをするための研修を実施している。その研修は、3日間にわたるもので、具体的には、7人のジェンダー/セクシュアリティに関する研究者やカウンセリング指導者を招いて、7つのワークショップをしたり、L・G・B・Tそれぞれの代表をゲストとして招いて参加者との交流をおこなったりしている(7)

(1)「トランスジェンダーの声」――活動家を招いてオンラインで語り合い

2017年の元旦、トランスジェンダーセンターは、今年1年のうちに、国内の10人のトランスジェンダーの先駆者らを集めて、9回、「トランスジェンダーの声」というオンライン上の分享会(シェアリングをする会)を開くことを発表した。以下が、それぞれの会のテーマとゲストである(8)

第一期・上 菜食主義クィアフェミニストとトランスジェンダーレズビアン
1月14日
 小雲:トランスジェンダーレズビアン。南京・北京・東北を行き来するフェミニストで、レズビアン運動の参加者。2013年にレズビアン文化やそのコミュニティに接し、その後、菜食主義フェミニズムとレズビアンサブカルチャーに関心を持つ。トランスジェンダー女性という自らのアイデンティティにもとづいて、フェミニズムとジェンダーの探求は、単なる知識の学習ではなく、生活方式の探求であることに確信を持っている。
 h.c:菜食主義クィアフェミニスト、トランスジェンダーレズビアン。トランスジェンダーセンター現代表。

第一期・下 トランスジェンダーのカミングアウト指南
1月15日
 皮皮:トランスジェンダー女性、パンセクシュアル。現在は主にトランスジェンダーに関する相談の活動に従事している。トランスジェンダー生活社と北京LGBTセンターでボランティアをしている。

第二期・上 第三のジェンダーのトランス――非二元的なジェンダー区分
1月22日
 方羽然:トランスジェンダーの第三のジェンダーのパンセクシュアル。本当に男と女だけなのか? 何故に男と女なのか~。

第二期・下 《陰道欲言》 (《ヴァギナ・モノローグス》の中国版の一つ) から、トランスジェンダー女性と就職差別を語る
 然然:トランスジェンダー女性で、ホルモン剤を服用して3年。蘇州LES GO公益小組(豆瓣微博)のメンバーとして、蘇州とその周辺のフェミニズム運動とLGBTグループの発展と交流に尽力している。2015年と2016年に《陰道欲言》の編集と演出をする。2015年には、その中の〈トランスジェンダー〉の脚本を書いて出演もし、2016年にはその中の〈就職差別〉の脚本を書いて出演した。

第三期・上 トランスジェンダーの医療における権利侵害事件での権利擁護
 雪小霖:調香師、トランスジェンダー女性。「トランスジェンダー危機援助と相談公益グループ」(=後述の「トランスジェンダーシェルター」を運営しているグループであろう)の創始者・運営者として、トランスジェンダーのための緊急保護やフレンドリーな医療のリソースの提案をしたり、トランスジェンダーの法律上の性別変更の提案などをするサービスプロジェクトをおこなっている。

第四期 下 トランスジェンダーの婚姻・子ども・父母家庭
 A哥:「同性愛者の親と友人の会(同性恋親友会)」の中核的ボランティアで、トランスジェンダーセンターの中核メンバーの1人で、レインボー医療(彩虹医療[LGBTiBaby])創始者。トランスジェンダー男性(FtM)。

第五期 学校はいかにしてトランスジェンダーフレンドリーな政策を発表するか
 絲絲:2014年に性別適合手術をし、証書類も変更した。トランスジェンダーキリスト教徒で、《陰道説》(《ヴァギナ・モノローグス》の中国版の一つ)の出演者。新浪ブログは、丝丝公主(http://blog.sina.com.cn/investigatecosmos)。2015年に整形医療で事故にあい、左目の末梢神経が壊死。弁護士を頼んで、数か月後、示談で解決。

第三期・下 トランスジェンダー男性と服薬の安全
 Top:トランスジェンダー男性。今年4月からホルモンの服用を開始。今月中旬、兄弟(=トランスジェンダー男性を指す思われる)微信グループを設立した。その目的は、第一にみんなを集めること、第二に、市場の薬品は偽薬が氾濫していて、価格もばらばらなので、みんなに薬の正確な価格を知らせて、だまされないようにすること。

第四期・上 トランスジェンダー男性・トランスジェンダー女性の手術紹介
 Hitomi:トランスジェンダー男性。北京LGBTセンターのトランスジェンダープロジェクトのコーディネーター。主な活動はトランスジェンダーホットライン。2016年には合計170件の相談を受けた。

ただし、「第一期・上」に関しては、その後の予告では、「フェミニストトランスジェンダーのジェンダー宣言」というタイトルになっており、以下のような文言が書かれている(9)

私たちトランスジェンダーは、性別を間違って生まれたのではない
「セックス(生理性別)」は、生まれつきではなく、人為的な設定である
間違っているのは、粗暴な性別指定制度である

私たちトランスジェンダーの外見は、誰にも判定される必要はない
人の身体は多元的で美しいものだ
強壮さや繊細さは、性別とは無関係だ

私たちトランスジェンダーは、性別を鑑定される必要はない
性別は生まれつきのものではなく、人が選択するものだ
すべての人は、自分に適合した性別を選択する権利がある

トランスジェンダーは、性別のステロタイプなイメージの再生産を拒否する
トランスジェンダー女性は、必ずしもセクシーで美しくなくてもよい
トランスジェンダー男性は、異性愛男性の女性蔑視を基準にする必要はない

私たちトランスジェンダーは、手術をしたか否かで判定することを拒否する
人の身体は性別とは関係ない
身体の改変の有無とジェンダーアイデンティティとは関係がない

私たちはトランスジェンダーだ‥‥

そして、当日のテーマについても若干変更されて、「クィアフェミニズムをテーマにし、フェミニズムを基本的なジェンダー理論として基礎に置いて、2人のフェミニストトランスジェンダーレズビアンが参加者に語る自らの生活体験と観点によって、トランスジェンダーのジェンダー宣言をし、あわせて、各自の菜食主義観についても討論する」となっている。

(2)広州以外にも広がる活動

2017年3月25日には、トランスジェンダーセンターと武漢同行同志センターとの共催で「トランスジェンダー集会+トランスジェンダー互助団準備会」というものがおこなわれている。「トランスジェンダー互助団(跨性别互助团)」とは、武漢同行同志センターに属する、「Trance for Trance」をモットーにしたトランスジェンダーどうしの互助団体だということだ(10)

さらに、4月29日には、トランスジェンダーセンター深圳分部を設立した。トランスジェンダーセンターが国内に設立した初の分部である。Agender(エイジェンダー)パンセクシュアルのVybeさんが執行主任を担当しているという。

その頃すでに、トランスジェンダーセンターは、広州・寧波・成都・武漢・東莞などの都市で公衆に対してトランスジェンダーの経験を伝え、広州・長沙・武漢などの都市の大学と中学(=日本で言う中学と高校の両方を含めた語)の教室でトランスジェンダーの経験を伝えていた(11)

(3)トランスジェンダーに対するDVについての取り組み

2017年5月、トランスジェンダーセンターは、反DVグループ(反家暴小組、Anti-domestic Violence Groupe)を設立する準備を開始した(12)

トランスジェンダーホットラインも、月~金の15:00~17:30に設けた(13)

トランスジェンダーセンターの考えでは、大陸のトランスジェンダーの直面している最も直接的で、最も深刻な暴力は、家庭内暴力、とくに未成年や経済的に独立していないトランスジェンダーの人々の身に起こる家庭内暴力であるという。「最も深刻」だというのは、暴力が発生したとき、しばしば以下の3つの状況に直面するからだ。
(1)家族に殺すと脅される/殺される。
(2)家族に監禁される。
(3)家族に家から追い出される――この場合、追い出されたトランスジェンダーは、いい就職の機会がみつからなければ、自殺する可能性もある。

2016年8月~2017年5月の10ヶ月間にトランスジェンダーセンターがぶつかった11件のトランスジェンダーDV事件のうち、
5件は、トランスジェンダーの未成年者に対するもので、
5件は、当事者が自殺を試みており、
1件は、殺すと脅され、
1件は、殺人未遂であり、
10件は、家族が経済的サポートをやめた後の就職問題と関係しており、
2件は、明白な就職差別と関係しており、
1件は、[この報告が書かれた]昨日(5月29日)起きた。

こうした状況に対して、トランスジェンダーセンターの活動家のh.cさんとL.xさんは、トランスジェンダーセンター反DVグループを設立して、トランスジェンダーをDVやDVの脅しから解放されるよう援助することを決めた。グループ長の一人のL.xさん自身が、典型的なトランスジェンダーによるDV被害者であり、さらに就職問題と就職差別に遭遇している。

L.xさん(17歳、トランスジェンダー女性、高校生)――学校をやめさせられ、差別によって就職もできない

L.xさんは、家族にカミングアウトしたら、家族によって強制的に学校をやめさせられた。L.xさんは、仕事を探しに広州に来て、14歳のトランスジェンダー女性のCZさん(現在家族に監禁されている)と知り合って、トランスジェンダーセンターを紹介された。L.xの仕事を見つけなければならない圧力を緩和するために、センターは、L.xさんにセンターでアルバイトをしながら仕事を探してもらっている。

L.xさんは、CZさんが家族に監禁されているのを知った後、すぐに応急グループを作って、CZさんに関する情報を積極的に探し集めた。このグループがトランスジェンダーセンターの反DVグループの前身である。

L.xは、センターで仕事をしながら(ホットラインの応対、組織活動、反DV救援)、仕事を探していると、フルタイムの仕事が見つかり、面接試験も通った。

しかし、出勤初日に、経営者に身分証のコピーを提出するよう求められた。L.xさんの身分証の性別は元のままだったため、性差別にあい、経営者にすぐ解雇された。

現行の規定とL.xさんの現状では、L.xさんは彼女の身分証の性別を改めるのはほとんど不可能である(L.xさんの外観は、明らかに社会の主流が理解する女性の外観である)。また、高校を中退していて、未成年であるので、L.xさんに主流の社会で仕事を見つけることは至難の業であり、またあらゆるところで性差別にあう(14)

芳さん(14歳、トランスジェンダー女性、中学生)――暴力を振るわれ、家から追い出され、友人の家に身を寄せてアルバイト

また、14歳の中学生のトランスジェンダー女性の芳さんの場合は、さらに困難な状況だった。芳さんは、勇気を出して母親にカミングアウトした。しかし、その後、母親は、たえず芳さんを「変態」と罵るようになった。3か月後には父親もそのことを知り、芳さんを殴るようになった。芳さんは、ほとんど窒息するまで首を絞められ、芳さんの助けを求める声を聞いた隣の家の人が駆けつけて助けられたこともあった。芳さんの父母は「私にはあんたのような子はいない」と言って、わずか14歳の芳さんを家から追い出した。

芳さんがトランスジェンダーセンターに来たが、しばらくすると父母が連れて帰った。トランスジェンダーセンターのh.cさんは、その際に父母に理解してもらうようにしたが、芳さんが家に帰ると、芳さんはまた父親に暴力を振るわれて、追い出されたので、芳さんは他の都市の友人のところに行くしかなかった。h.cさんは、芳さんに弁護士を付けて生活費を父母に出させることも考えたが、芳さんは、自分の父母と裁判をすることに同意しなかった。芳さんはあちこちを転々として、現在は福建の友人の家に間借りして、昼はアルバイトをして生活費を稼いでいる。

最近もまた家から追い出された中学生が2人来たが、その2人も父母を訴えることを拒否した。すなわち、「父母が子どもを殺してしまおうとしても、子どもは肉親の情ゆえに父母を訴えたくない」という情況があるという。だから、h.cさんは、「トランスジェンダー児童反DV」活動を推進しようと固く決意したという。h.cさんの構想では、この反DVプロジェクトは、緊急の救助だけでなく、法律意識の養成も含むもので、トランスジェンダーの児童に自分の正当な権利を擁護することを理解してもらうものにしたいという。

いったん家から追い出されて、もし援助が得られなかったら、トランスジェンダーの児童はあちこちを流浪するしかなく、たとえトランスジェンダーのコミュニティの援助が得られても、小さな子は、児童労働をして自らを養うしかない。社会的差別があるから、たとえ成人で卒業証書を持っていても、きちんとした安定した仕事は見つけにくいのである。h.cさんは、トランスジェンダーの子どもが「安全」に、「尊厳をもって」成長できるようにしたいと思っている(15)

さて、2017年8月末の時点での累計をみると、さらに活動が積み重ねられるとともに、DVの深刻さや未成年者に対するDVの問題が明らかになっている。

直接または間接に接触したトランスジェンダーのDV事件は、のべ26人であり、そのうちのべ11人がトランスジェンダーの未成年者に対するものであり、のべ8人はトランスジェンダーが自殺しようとした(そのうちのべ4人はトランスジェンダーの未成年者)、のべ3人は保護者がトランスジェンダーを殺すと脅しており、1人は、保護者のトランスジェンダーの息子に対する殺人未遂であった(16)

もちろんトランスジェンダーセンターは、DVだけに反対しているのでも、トランスジェンダーに対する暴力にだけ反対しているのでもない。

2016年6月12日のオーランド銃乱射事件の際には、トランスジェンダーセンターのメンバーがそれぞれ「Transgenders Stand with Orlando」と書いた紙を持っている写真を公表して、連帯を表明している☆。(17)

(4)センターの現在――「トランスジェンダー」の定義と3つのグループ

「トランスジェンダー」の定義

現在のトランスジェンダーセンターの「トランスジェンダー」の定義は、広義かつ開放的な「トランスジェンダー(英語のTrans)」であり、過去の狭義の「トランスジェンダー(英語のTransgender)」ではないという。

広義かつ開放的な「トランスジェンダー」とは、個人のジェンダーアイデンティティと社会から貼られたレッテルとが一致しないことだという。すなわち、伝統的な意味であるトランスジェンダー女性(Trans women)、トランスジェンダー男性(Trans men)のほかに、ジェンダー・ノンバイナリー(Gender non-binary)、ジェンダー・ノンコンフォーミング(Gender non-conforming)、ジェンダークィア(Gender queer)などを含み、ジェンダーの自主的定義権を認め、貼られたジェンダーのレッテルを認めないすべての人々を開放的に包括し受け入れる。広義で開放的な「トランスジェンダー」には、限りなく絶えず添加されるジェンダーのレッテルが含まれる、とする。

現在、トランスジェンダーセンターは、3つのグループに分かれて、以下のような活動をしているようだ。

服務グループ[小組]
 トランスジェンダーたちとその親戚・友人に関心を寄せ、リソースにつなぎ、問題に関与する行動をおこなう。現在の服務グループが関心を払っているテーマは主に反DVであるが、将来はその他のテーマにも取り組んでいく。

トランスジェンダーセンターの反DV事件に対応するときの主な手法は、以下のようなものだという:トランスジェンダーの当事者に対して安全と解決のための提案をし、全国のトランスジェンダーたちのネットワークと全国のLGBT組織のネットワークを使って、さまざまな都市の当事者に対して実地のサポートをし、弁護士、ソーシャルワーク団体、シェルター、全国の反DV民間団体につなぐなど。

活動グループ
 トランスジェンダーの人々とトランスジェンダーではない人々とをつなぎ、トランスジェンダーの人々とトランスジェンダーではない公衆との溝をなくし、差別のない未来を推進する。活動グループは、活動の設計、準備、挙行、記録に責任を持つ。活動にはオンラインの活動とオフラインの活動がある。

宣伝唱導グループ
 トランスジェンダーセンターおよびトランスジェンダーたち(トランスジェンダーとその親戚・友人・パートナー)、トランスジェンダーに関する問題を人々に知らせ、トランスジェンダーセンター‐トランスジェンダーたち‐社会の間の交流を促進し、トランスジェンダーに関する議題を推進し、社会文化と法律制度の改善を促進して、トランスジェンダーたちの生活・仕事の環境と質を改善する。

トランスジェンダーセンターの現在の宣伝唱導の主な手法は、セルフメディアでの宣伝唱導、微信による教室、オフライン活動、トランスジェンダーの経験の記録と伝達、相談報告、調査報告、研究報告、フォーラムと交流会に参加するなどである。

8月末に、この三つのグループにボランティアを募集している。服務グループに3人、活動グループに4人、宣伝唱導グループに4人募集しているのだから、いっそう活動を広げていこうということであろう(18)

(5)h.cさんの話

以下では、トランスジェンダーセンターの創設者のh.cさんがセンターを創設するまでと、創設後の経験について見てみたい(19)

トランスジェンダーセンター創設まで

h.cさんは、小さいころ、家族から「人妖(化け物。ふたなり、ゲイボーイの意味もある)」だと呼ばれてきた。h.cさんは、無理やり男らしい軍人のような格好をさせられ、頭髪が少し伸びたら無理やり刈られた。

大学に入って、はじめて頭髪の自主権を得て、他人にも女子学生だと見られるようになって、言い表せないほど気が晴れたという。

h.cさんは、友人の紹介で学校のジェンダー課程の修習を始めるとともに、フェミニズム運動に参加した。演劇(=中国版《ヴァギナ・モノローグス》と推察される)を手段とする、あるジェンダー教育機構の中で、h.cさんは、暴力の被害女性に接し、レズビアンに接し、多くの力のあるフェミニストに接した。彼女は、自分がレズビアンという身分に強烈な帰属感を持っていることを発見し、だんだんと自分を理解していった(20)

h.cさんとフェミニズム機構は、暴力の被害女性を取材して、反DVの演劇の稽古をし、いくつかの学校にG Spotグループ(G点小組。広州の大学でジェンダー/セクシュアリティ問題に取り組むグループ(21))を設立して、LBTIとフェミニズムの活動に集中した(22)

トランスジェンダーセンター創設――多くのトランスジェンダーの結集、弾圧

ある休業中の実習の後、h.cさんはトランスジェンダーセンターを設立する決意を固めた。h.cさんによると、そのときは「多くのトランスジェンダーの人が周囲の都市から駆けつけてきて、ついにトランスジェンダーの機構ができた。私が知っている多くのトランスジェンダーが、私に『あなたは私が初めて知り合いになったトランスジェンダーだ』と言ってくれた」。

その一方、ずっとおとなしかった大学の補導員がh.cさんに訓話をしに来て、彼女のますます女性化してきた外観と「道徳に背いた」思想とを嘲笑した。大学も、ジェンダーグループの活動を弾圧し、h.cさんを危険人物とみなしたという。

出会ったトランスジェンダーの悩み――ホルモン剤や手術のこと

トランスジェンダーセンターを創設したのち、h.cさんはますます多くのトランスジェンダーの友人と知り合いになった。

その第1回目の活動で、h.cさんは、ホルモンによって性徴を変えようとしているトランスジェンダーに出会った。ネットの掲示板は、トランスジェンダーが多く集まるところで、ホルモン使用についての書き込みが多いが、どのように薬を飲んだらいいのかがみんなが非常に関心を持っている問題である。各自が使っている薬はさまざまで、用量もさまざまであり、国内には何の規範もない。

また、性別適合手術も、衛生部の「性転換手術管理規範(試行)」は、性転換者は未婚で、手術前に心理的・精神的治療を1年以上続けて効果がなくて、性転換への要求少なくとも5年以上持続し、思い直さないなどの条件が必須であると規定している。h.cさんは、中国のこうした規定は、実際にはきわめて不合理だと指摘する。「当時、ある友人を心理の医者に治療に行かせたが、医者はどのように治療したらわからないと言った。なぜなら、医者たちの知識の範囲では、それは全く病気ではないからだ」。実際、WHOの呼びかけによって、トランスジェンダーは、世界各地の精神病の分類から取り消されつつある。また、「性転換手術管理規範(試行)」は、心理学的に性的指向が異性であることの証明も必要としているが、「これは、制度面から、トランスジェンダーの同性愛の存在を許さないことである」。しかし、トランスジェンダーの中には、h.cさんのようなトランスジェンダーレズビアンがたくさんいる☆。

このように性別適合手術が困難であるため、2017年4月5日、17歳のトランスジェンダー女性の凌雪が3月31日、自ら手術を試みた。しかし失敗し、中山大学付属第六病院で緊急手術をしたのだが、その時の写真や資料を同病院が本人に無断で微信で公開、各マスコミも転載したという事件が起きた。それに対して、トランスジェンダーセンターは厳しく抗議している(23)

2 トランスチャイナ(環跨中国、TRNASCHINA)

2016年6月9日には、「トランスチャイナ(環跨中国、TRNASCHINA)」(http://transchina.org.cn/)という団体が設立された。

その呼びかけ人には、Joanne Leung (トランスジェンダーレズビアン、香港トランスジェンダーリソースセンター主席)とCさん(前回ご紹介したトランスジェンダー就職差別訴訟の原告)とが共同でなっている。

その趣旨などについては、以下のように書かれている。
・趣旨――中国のそれぞれの地区でトランスジェンダーの声を聞こえるようにすること。
・目的――映像・物語・事例などの方法でトランスジェンダーの経験を分かち合い、それによって一人ひとりが生命を再認識して尊重し、より多くの人の生活をより良くする。
・活動内容――巡回講演、話のシェアリング、ドキュメンタリー撮影、個人の経験の収集、各地の組織と現地のトランスジェンダーのゲストとを結びつなげる、など。
・組織の名前の意味――「環跨」の二文字は、中国の異なる地区をまたがり越える、という意味だが、それと同時に、ここでの「跨」という字は「トランスジェンダー」をも意味する。英語名称の中の「Trans」も同様に、「またがり越える」という意味と「トランスジェンダー」という意味に解される(24)

具体的活動としては、ウェブサイトを見るかぎり、以下のような講演が中心のようである。

環跨・北京站第一講
・日時:2016年11月12日
・場所:706青年空間
・主催:環跨中国
・共催:706青年空間、同語、北京LGBTセンター、レインボー暴力終結所
・ゲスト
 超小米:流性人
 絲絲:トランスジェンダー女性、キリスト教徒、《陰道説》出演者(25)

環跨・北京站第二講
・日時:2016年11月16日
・場所:北京LGBTセンター
・ゲスト
 Bobbie Huthaart:トランスジェンダー
 Cさん
 小妖:バイセクシュアル、北京LGBTセンタートランスジェンダープロジェクト主管、ソーシャルワーカー、LGBTの精神領域の完全な非病理化に尽力(26)

環跨中国・全国巡講第二站-上海
・日時:2016年6月25日
・共催:上海女愛、上海青艾
・ゲスト
 Joanne
 Cさん
 然然(上海で活動している姉妹[MtFの意?]) (27)

環跨・蘇州站
・日時:2017年1月16日 公益と私、1月17日 ジェンダーとは何か
・ゲスト
 卡醤
 天外

杭州站
ボランティア研修
・日時:2017年1月20日
・場所:杭州LGBTセンター
公衆に対する巡講
・日時:2017年1月21日
・場所:THE OOPENコーヒーハウス

さらに予定として以下のような日程がウェブサイトに書かれている。
2017年1月 南京、蘇州、杭州、上海
2017年2月 成都、長沙
2017年3月 広州、昆明、大理
各地の協力組織:南京self公益小組、蘇州LESGO公益小組、向陽花開-杭州LGBT、上海女愛、成都les愛心小組、成都米尓克[ミルク]、平等家庭ネット、トランスジェンダーセンター、雲南同話舎、大理エイズ防止相談センター(28)

上の記載からは、トランスチャイナが各地のLGBT団体と協力して巡回公演をすすめていることがわかる。予定された集会の具体的内容についても、広州站についてはわかる。

環跨・広州站│一連三場:
・日時
 2017年3月8日 トランスジェンダー優先の場
 2017年3月9日 公衆の場
 2017年3月10日 大学の場
・主催:トランスチャイナ、トランスジェンダーセンター
・共催:中山大学レインボーグループ(彩虹小組)
・テーマ:トランスジェンダーの権益、どのようにトランスジェンダーと付き合うか
・ゲスト:
 Cさん/トランスジェンダー男性
 熊猫/貴州黔程工作組運営主管。トランスジェンダーの仲間。
 狐狸/向陽花開-杭州LGBTプロジェクト主管。トランスジェンダーの友人。
 h.c/トランスジェンダーレズビアン。トランスジェンダーセンター執行主任。
 A哥/トランスジェンダー男性。トランスジェンダーセンターの中核メンバーの一人。レインボー医療(彩虹医療[LGBTiBaby])創始者。(29)

厦門站
 上記の予定には書かれていないが、2017年3月におこなわれた厦門站についても、以下のような内容が報告されている(30)
・ゲストは、貴州黔程の運営主管・熊猫さんで、トランスジェンダーのパートナーである。熊猫さんの話によって、みんなはトランスジェンダーの異性愛のパートナーは、実は同性愛のパートナーとは異なることを理解した。
・部屋の中が人でいっぱいだった。
・討論は熱の入ったものになり、アメリカでとくにホットな話題になっているトランスジェンダーのトイレの問題にも議論は及んだという。

なお、現在トランスチャイナのウェブサイトには、巡講の足跡として(巡讲足迹)、北京、南京、蘇州、上海、杭州、長沙、厦門、広州、成都、貴陽、昆明、大理の12都市が書かれている。

3 トランスジェンダーシェルター

2016年12月、霖霖(雪小霖)さんは「トランスジェンダーシェルター」を設立した。

香港のトランスジェンダーリソースセンター主席のJoanneさんが、2017年7月、霖霖さんにインタビューをしているので、それをご紹介しよう(31)

トランスジェンダーシェルターは、この時点で、すでに計6人に住む場所を提供したという。

Joanneさんが「なぜトランスジェンダーシェルターなのか?」と質問したのに対して、霖霖さんは「トランスジェンダーがDVや就職差別を受けたとき、しばらく部屋を借りる金がなかったり、臨時に過ごす場所がなかったりするから」だと答えている。

「なぜシェルターを開設したのか?」という質問に対しては、霖霖さんは、当時、何人かに家から追い出されて、自分のところに臨時に住まわせてくれと言われて、何人かを助けたので、ぜひそうした場所が必要だと感じた、と述べている。また、ロサンゼルスLGBTセンターや台湾にはシェルターがあるが、国内でもトランスジェンダー、とくにMtFに対するDVが特に深刻だということも述べている。

霖霖さんによると、DVは、具体的には、家でカミングアウトしたときに、身体的な暴力や言語による暴力を受ける場合が多い。ホルモン剤を捨てられたり、むりやり頭髪を刈られたりすることもあるという。殴られることは非常によくあり、最後には家から追い出されたり、家の中に軟禁されて、夜、こっそり逃げ出したりするそうだ。また、仕事を探すとき、自分の性別と身分証の性別が一致していないために、壁にぶつかり、金もなく、家にも頼れないので、しばらく霖霖さんのところで過ごす人もいる。

彼/彼女たちは、一般に1カ月前後滞在し、霖霖さんは、彼/彼女に仕事を探すように促す。

しかし、シェルターの運営資金は不足しており、現在の資金では3、4か月しか維持できないという。

霖霖さんは、現在、それぞれの都市にレズビアンかゲイの民間団体があるが、トランスジェンダーのグループは非常に少ないことや、トランスジェンダーはとくに弱い立場に置かれており、セクシュアル・マイノリティの中でもDVを受ける比率が高いということを訴えている。

トランスジェンダーシェルターは、クラウドファンディングなどをして、多くの人から家賃や設備の費用を集めているが(32)、2017年2月末以後の毎月の残金を見ると、1万1786元→8919元→1万0005.92元→1万1397.5元→8632.28元→3201.48元→5789.08元となっている(33)

現在、「海外の勢力の資金援助を受けられない中で、私たちはずっと国内(少し海外の友人)の人々の中から資金援助を得ているが、9か月運営してきて、寄付が可能なメンバーはすでに1回は寄付をしていただいている(苦笑)」(34)という情況のようだ。

4 トランスジェンダー生活社

2015年1月24日には、16人のトランスジェンダーによって「トランスジェンダー生活社」というものも結成されている(サイト微博)。

トランスジェンダー生活社は「ジェンダー教育・サービス機構」であるとして、以下の2つの目標を掲げている。
・トランスジェンダーの健康と法律の知識を伝え、公衆にトランスジェンダーに対する理解を増進させることによって、トランスジェンダーがフレンドリーに対応されることを促進する。
・多くの性に対するプロジェクトを提供し、トランスジェンダーの積極的な自己認識を援助し、トランスジェンダーの心理と生理の両方の健康水準を向上させる。

また、「生活社は、同時に、トランスジェンダーたちに、多くのサービスをおこなう。その中には、証明書の性別の変更の援助、職場の研修、社会に溶け込むための相談などによって、トランスジェンダーがよりよく社会に適応できるよう援助する」、「私たちは、トランスジェンダーにたゆみなく貢献し、社会大衆のトランスジェンダーに対する誤った認識を是正することによって、国内のトランスジェンダーの生活の境遇を改善することを望む」とも述べている(35)

ただ、ネット上での発信を見るかぎり、今のところ、やっていることとして具体的に確認できるのは、2015年6月18日から「トランスジェンダー生活」という微信(メッセンジャーアプリ。「LINE」に近い)の発信することである。開始以来、一年間に157号を出し、376篇の文章を掲載したとのことである(36)

また、ウェブサイトにも、トランスジェンダーについての認識を深めるための文章などを掲載している。

5 他のLGBT団体でのトランスジェンダー問題についての取り組み

また、他のLGBT団体でのトランスジェンダー問題についての取り組みも積極的になっている。先述のようにトランスジェンダーセンターやトランスチャイナとイベントを共催するほかに、主要なLGBT団体も、以下のような取り組みをしている。

(1)北京LGBTセンター

2015年11月24日、北京LGBTセンターは、「トランスジェンダーホットライン」を開始した。

「トランスジェンダーホットライン」とは、単に電話を一本引いただけではなく、インターネット上で、QQ、スカイプ、微信のどれでもOKで、1人60分相談できる。北京LGBTセンターの相談室でも、1人90分相談を受け付ける(37)

2017年2月には、「トランスジェンダープロジェクト」担当者を募集している。

正確には「北京LGBTセンター性別無界プロジェクト」担当者で、条件としてトランスジェンダーであることが必須だが、「この職位はフルタイムの仕事であり、毎週の労働時間は40時間である」というのだから、相当力を入れていると言えよう。

また、その職責については、「性別無界プロジェクトの実習生とボランティアを管理し、本プロジェクトの実習生とボランティアの研修に責任を持ち、激励と評価をする」とも記されており、担当者一人が作業をするような体制ではない(38)

実際、9月には「トランスジェンダー部門実習助手」を募集している。この助手もトランスジェンダーであることが条件の一つだが、「毎週の労働時間が20時間以上」であり、かなりの時間をトランスジェンダーのための取り組みに使うことになる(39)

(2)同語

「同語」は、トランスジェンダーに対する就職差別訴訟を起こしたCさんを金銭的に支援していることは前回ご紹介したが、2017年4月9日 (14:00-17:00)にこの件についての「模擬法廷」をおこなった。Cさん、王永梅弁護士、劉明輝弁護士を招いて、北京LGBTセンターとの共催である(40)

「同語」では、2014年12月から、トランスジェンダー(MtF)の文軍さんという人が、運営管理主任をつとめているようだ(41)

中国を代表する上の2つのセクシュアル・マイノリティ組織が、トランスジェンダーの問題を位置づけているということは、重要なように思う。

おわりに

以上見てきたように、2016年ごろ、中国ではトランスジェンダーの独立した団体が4団体、設立された。トランスジェンダーセンターが最も活動が活発のように見えるが、トランスチャイナもさまざまな都市で活動しており、他の団体も、何らかの形で定期的に活動をしている。

トランスジェンダーが直面する問題として、DV(とくに子どもに対するDV)が非常に深刻な問題としてとらえられている。また、他にもホルモン剤や性別適合手術など、トランスジェンダー特有の重要な問題がある。

前回ご紹介したCさんの経験にもあるように、トランスジェンダーはセクシュアル・マイノリティの中でも孤立しがちだが、トランスチャイナの巡回公演活動に見られるように、トランスジェンダー団体と他のLGBT団体との連携も進みつつある。また、北京LGBTセンターなどはトランスジェンダー問題に力を入れていると言える。

また、フェミニストであるトランスジェンダーの活動も目につく。中国版《ヴァギナ・モノローグス》上演運動と結びついている場合があることも、その一つの現れだろう。

ただ、トランスジェンダー団体は、政策提言活動のようなことは、まだあまりおこなっていないように見える。

また、2016年6月に「境外NGO境内活動管理法」が制定され、国外のNGOからの資金獲得が困難になっていることもあり、トランスジェンダーシェルターのような資金を要する活動に関しては、資金不足の問題がついて回っている。

なお、《有性無別(Gender in Bias Out)》というトランスジェンダーに取材したドキュメンタリー作品が制作されており、その中には、ヴァギナ・モノローグスの中国版の一つである《陰道説》のトランスジェンダー女性の出演者である絲絲、トランスジェンダーの調香師である雪小霖、トランスジェンダーセンターのh.cが登場している(「跨性别纪录片:《有性无别》上下集+跨性别中心单独版 」2016-12-23 跨性别中心)。

(1) F女権小組とは、「広州の最も酷(クール)で婊(bitch)なフェミニストグループ」を自称しており、「FとはFeministであり、FとはFuckである」という(F女权小组「广州最酷婊的女权小组要招新啦~」女权之声的微博2016年9月12日)。F女権小組は、最初は、2015年10月に、肖美麗さんがメンバーを募集して作ったようだ。その際には、「F女権小組」は「主に演劇と文化活動をつうじて、ジェンダー理念を伝達し、自我の成長といささかの変革の実現を望むフェミニズムグループである」(「一个神秘的女权小组开始招人啦! 」2015-10-22 F女权小组 削美丽)と述べられおり、ヴァギナ・モノローグスの中国版《陰道之道》の上演活動をしたり、広州の地下鉄に痴漢に反対する公益広告を出す運動をおこなったりしてきた(本ブログの記事「中国版《ヴァギナ・モノローグス》上演運動の展開――2003年~2016年――」「広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対ポスターを掲示する試みなど――2016年の女性たちの公共交通での痴漢反対運動」など参照)。
(2)跨性别中心招人啦~坐标广州,这可能是最有趣的跨性别组织」跨性别中心2016年5月12日 15:50。F女権小組の中核メンバーであるh.cらが設立したという点については、跨性别中心的微博2016-10-18 03:17参照。
(3)新年上线|跨性别之声:系列深入有观点的线上分享」2017-01-01 h.c. 跨性别中心(現在閲覧不能)、「跨性别之声 | 第一期·上:女权跨性别者之性别宣言」2017-01-11 h.c 猫 跨性别中心。
(4)跨性别中心招人啦~坐标广州,这可能是最有趣的跨性别组织」跨性别中心2016年5月12日 15:50。
(5)派对 | 哇哇哇!广州跨性别大见面!! 」2016-06-01 跨性别中心
(6)周五定期活动·明晚:跨性别主题轻游戏之夜 |广州」跨性别中心2017-03-02 19:22:38
(7)广州|培训如何为性少数提供友好的心理咨询」2016-10-21 跨性别中心
(8)新年上线|跨性别之声:系列深入有观点的线上分享」2017-01-01 h.c. 跨性别中心(現在閲覧不能)、「今晚!跨性别之声 | 第一期·下:出柜者的必修课」2017-01-15 h.c 猫 跨性别中心。
(9)跨性别之声 | 第一期·上:女权跨性别者之性别宣言」2017-01-11 h.c 猫 跨性别中心。
(10)武汉·周六 | 跨性别聚会+跨性别互助团预备会 」2017-03-23 Trans Center 跨性别中心
(11)以上は、「跨性别中心深圳分部简介」跨性别中心2017-05-03 17:32:39
(12)跨性别中心反家暴小组招募志愿者啦!截止:5月26日」跨性别中心2017-05-24 13:49:29
(13)跨性别中心反家暴」跨性别中心2017-06-2317:33:50
(14)支持我们!我们在怼针对跨性别人士的最严重暴力!」2017-05-30 TransCenter 跨性别中心
(15)小歪「一个跨性别女权主义者的反家暴之道|国际跨性别纪念日」破土工作室2016-11-20
(16) h.c「跨性别中心三小组招志愿者,加入我们吗!」跨性别中心2017-08-29 12:30:37
(17)全国跨性别者拍照撑奥兰多 反对针对性少数的暴力」2016-06-14 Trans Center 跨性别中心(現在閲覧不能)
(18) h.c「跨性别中心三小组招志愿者,加入我们吗!」跨性别中心2017-08-29 12:30:37
(19)小歪「一个跨性别女权主义者的反家暴之道|国际跨性别纪念日」破土工作室2016-11-20
(20)この点について、別の資料では、h.cさんは、2015年6月にシスジェンダーの反DV活動に参加して、性/別(≒ジェンダー/セクシュアリティ)の民間活動に参加する人生を歩むようになったと書かれている(「约起来|其实我很讨厌“跨性别”这个词」豆瓣同城)。なお、中国における《ヴァギナ・モノローグス》上演に関しては、本ブログの記事「中国版《ヴァギナ・モノローグス》上演運動の展開――2003年~2016年――」とともに、村田晶子・弓削尚子編『なぜジェンダー教育を大学でおこなうのか 日本と海外との比較から考える』(青弓社 2017年)の第3章の柯倩婷(熱田敬子訳)「グループを育て、社会とつなげる――大学でのジェンダー教育を活性化する新しい試み」、熱田敬子「『まんこ語り』が育むフェミニズム・アクション」参照のこと。
(21)「大学のジェンダー/セクシュアリティグループであり、半開放的な場でフェミニズムとジェンダー多元のテーマを研究し、それと関連する一連のオフライン活動と行動によるアドボカシーをおこなう」(「G点×女友组:拉拉初次性体验故事有酬征稿(截至4.29)」@兔子走丢了 2016-04-22 10:33) とか、「広州市の大学城に出没する神出鬼没のジェンダー公正グループであり、不定期にオフライン活動をする」(「G点×Yummy×女友组|韦婷婷双性恋微课」2016-01-06 GSpot小组)と自らを紹介している。上の2つの注記にも書かれているように、女友組(広州のレズビアングループ)とともに活動をしている。また、広州大学で、学長にトイレの男女比率の是正を求める手紙を書いて、要求を実現している(「女权青年在行动:一封信,让男厕变女厕!」新媒体女性的博客2016-05-25 16:21:37)。
(22)この点について、別の資料では、h.cさんは、2015年末に同じ学校の学生と、大学に性/別グループを設立して、シスジェンダーのテーマのほかに、LGBTI+のテーマに関心を持つようになり、ジェンダーアイデンティティを「クィア」から「女性」に変え、自分を「トランスジェンダーレズビアン」と考えるようになったと書かれている(「约起来|其实我很讨厌“跨性别”这个词」豆瓣同城)。
(23) h.c&夜子(2017-04-06)「愤怒!中山六院擅曝手术照片谑辱跨性别!」跨性别中心2017-04-07 00:49::07
(24)关于环跨中国」环跨中国2016年6月9日
(25)环跨中国北京站第一讲 」环跨中国2016年11月10日。
(26)环跨中国巡讲北京站第二讲 」环跨中国2016年11月11日。
(27)[环跨中国]全国巡讲第二站-上海总结 」2016-06-29 C先生 贵州黔程C先生。
(28)以上は、「关于环跨中国」ウェブサイトより。
(29)环跨·广州站 | 一连三场:跨性别权益&如何与跨性别相处」跨性别中心2017-03-06 19:10:28
(30)关于环跨中国」ウェブサイトより。
(31)【影片】【環跨中國】南京站:跨性別避難所創辦人霖霖專訪|跨性別資源中心」G點電視2017-07-08
(32)【众筹】跨性别避难所以及危机救助」知乎专栏、「跨性别避难所11月财务公示」知乎专栏。
(33)跨性别危机援助与咨询2017年3月收支明细」知乎专栏、「跨性别危机援助与咨询2017年5月收支明细」知乎专栏、「跨性别危机援助与咨询2017年6月收支明细」知乎专栏、「跨性别危机援助与咨询2017年8月收支明细」知乎专栏。
(34)跨性别危机援助与咨询2017年8月收支明细
(35)About Us」05 12月, 2016
(36)《跨性别生活》一岁了! 」2016-06-18 雨雪霏霏 跨性别生活
(37)北京同志中心的微博2015-12-17 09:56
(38)跨性别项目官员招募 | 成长的烦恼,谁来和我一起面对」2017-02-09 北京同志中心 北京同志中心
(39)北京同志中心的微博9月18日 18:51
(40)模拟法庭|当跨性别遇上就业歧视」2017-04-07 钟灵毓卿 同语
(41)李银河事件 | 跨性别者在中国」南方人物周刊2015-01-03
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/494-08137caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード