2017-04

学校におけるホモフォビアなどについての教員への働きかけ

目次
はじめに
1.教員と協力して、大学でセクシュアル・マイノリティをテーマとする選択科目を開設
2.教員にLGBTへの支持やホモフォビア教科書の拒否を表明させる
3.教え子から依頼により教員に宣伝資料を送付
4.小・中・高・大学教員に対する研修活動
おわりに

概要:学校内のホモフォビアの問題に関しては、学校で使われている教科書のホモフォビアについて、教育部や編者・出版社に是正を求めることとともに、教員に対して働きかけることも重要だ。2009年から、広州市の「同城青少年資源センター」などが、大学教員と協力していくつかの大学でセクシュアル・マイノリティをテーマとする選択科目を開設してきた。また、2014年からは、全国十数のLGBT団体が、教員に、LGBTへの支持やホモフォビア教科書の拒否をネット上で表明するよう働きかける活動をおこなっているが、この活動には、ジェンダーなどが専門でない教員も多く参加している。また、2015年から、同城青少年資源センターは、この問題に関心がある教員に対して、「教師“性/別”研習営」という、ジェンダーやセクシュアリティの基本的知識を教えたり、LGBT青年の話を聞いてもらう活動も始めた。こうした活動は、ごく小規模なものだが、教育部や編者・出版社に対する働きかけとは別の形で着実な成果をあげている。

これまで本ブログでは、同性愛を「変態」「病気」「倒錯」などと記述している大学教科書の問題に関するLGBTの団体や個人の取り組みとして、調査報告や行政への提言、こうした教科書を放置する教育部を訴えた裁判、教科書の編者や出版社への働きかけについてご紹介してきた(本ブログの記事「大学教科書のホモフォビアの是正を求める運動」、「ホモフォビア教科書を放置する教育部を訴えた裁判の紆余曲折とその敗訴」、「大学のホモフォビア教科書の編者・出版社に対する働きかけ」)。

もうひとつ重要なのは、「教員」に対する働きかけである。教員がどうであるかは、教科書の問題にかぎらず、学校内でのLGBTの人権を保障する環境を整備する上でカギとなる。

特にこの問題に取り組んできたのが、広東省広州市の「同城青少年資源センター同城青少年资源中心、Gay and Lesbian Campus Association of China[GLCAC])」(以下、「同城」と略す)である。

同城は、2006年に設立された「青少年のLGBT(原文は「同志」。以下も「同志」は基本的に「LGBT」と訳す)の権益およびその学校での生存環境に関心を持って、サービス・教育・サポートをおこなう非営利機構」(1)である。

まずその刊行物を見てみると、同城は、2012年、愛白文化センターとともに「性的指向とジェンダー身分による学校でのいじめ調査報告(基于性倾向和性别身份的校园欺凌调查报告。概要は、本ブログの記事「学校における性的指向などによるいじめに関する調査」参照)を刊行している。

2013年には、同城は『学校でのいじめ、STOP!――性的指向とジェンダーによる学校でのいじめの予防と対応(性向、性别身份的校园欺凌预防与应对手册[pdf])』という漫画ハンドブックを印刷し、さまざまなLGBT団体、教育団体などに、寄付を求めつつ配布した(2)。このハンドブックは48ページあるが、2016年までにすでに1万8000冊を発行している(3)

2014年には、同城は、中山大学ジェンダー教育フォーラムなどと協力して「中国の大学の教科書の中の同性愛に対する誤った、汚名を着せる内容とその影響の調査報告(中国高校教科书中同性恋错误和污名内容调查报告。主な内容は、本ブログの記事「大学教科書のホモフォビアの是正を求める運動」参照)」を発表した。

同城は、こうした調査研究などと並行して、以下のように教員への働きかけをすすめてきた。

1.教員と協力して、大学でセクシュアル・マイノリティをテーマとする選択科目を開設

2008年は、「同城」のメンバーが大学の教員と話をしているとき、学生は入学と卒業で流動するけれども、教師たちはずっと大学にいるので、教員に働きかけたりサポートしたりすることが重要であることに気付いた。

そこで2009年初め、同城は、華南理工大学の教員と初めて講義での協力をして、「多元的性別」という公共選択科目(教員の申請を大学が認可することで、学生が単位を得られる課程になった)を開設した。この科目は非常に人気が出た。

この後、「大学教育と教師の参与」というテーマが、同城の重要な戦略方向となった。同城は、大学の教員に働きかけて、彼らに多元的性別とセクシュアル・マイノリティの権利についての公共選択科目を開設してもらう活動に取り組んだ。

同城らは、2009年から2013年までの5年間に、上記の華南理工大学のほか、中山大学、華南師範大学、湖北工業大学の4大学で公共選択科目を開設した。

カリキュラムは1回2時間×10回で構成され、内容は、性の文化とジェンダー規範、ジェンダー平等、同性愛の生存の現状、性のよろこび、多元的性別と親子関係、トランスジェンダーの生存と権力、学校でのいじめと暴力、性の健康と弱者の権利、セックスワーカーの生存と権利、色情文化などである。

同城らが教員と協力して開設した各大学での講義を、2013年前半までに6000人近くが聴講した(4)

2009年~2013年におこなわれた課程のうち、その全体内容わかるのは、2012年春季におこなわれた中山大学の以下の課程である。これは、中山大学ジェンダー教育フォーラム、朋友公益(広州の華南理工大学の学生が2006年に設立したグループがもとになったLGBT学生たちのNGO) (5)、同城の三者が共催している。

2012年春季・中山大学の「社会文化と多元的性別」公共選択課程

第1講 課程の紹介(2月28日)
 担当教員 宋素鳳(中山大学中文系副教授)
 映画 《玫瑰少年夢》(Ma vie en rose、ぼくのバラ色の人生。フランス、ベルギー、イギリスの合作、1997年。MtFトランスジェンダーの話)

第2講 同性愛者の生存状態――異文化間の比較(3月6日)
 担当教員 程瑜(中山大学人類学系副教授)
 ゲスト 葉貝(香港智行基金会大陸MSMプロジェクトコーディネーター)

第3講 クィアが包囲を突破する――インディペンデント・フィルムと多元的性/別(注:「性/別」は、日本語で言えば「ジェンダー/セクシュアリティ」に近いが、もう少し含意が多い(6)) (3月13日)
 担当教員 宋素鳳(中山大学中文系副教授)
 映画 《天使 I Am Not What You Want》(香港、2001年。同性愛と異性愛の話)

第4講 性別規範と「パフォーマンス」――扮装とトランスジェンダーの欲望(3月20日)
 担当教員 柯倩婷(中山大学中文系副教授)
 ゲスト 伊玲

第5講 流行文化と多元的性/別――サブカルチャーから転覆的な実践を語る(3月27日)
 担当教員 周周(香港中文大学ジェンダーと文化研究所博士候補者)

第6講 社会文化とジェンダー気質――ジェンダーのレインボーのスペクトラム(4月10日)
 担当教員 黄海濤(広州のフリーの評論家。前中山大学ジェンダー教育フォーラムのコーディネーターで、そのウェブサイトの責任者)

第7講 多元的性文化と愛情――愛情や他の親密な関係の可能なモデル(4月17日)
 担当教員 羅鳴(香港中文大学社会学博士候補者、レズビアンサイト「同語」のボランティア)

第8講 多元的性別と家族の形――カミングアウトと親子関係(4月24日)
 担当教員 宋素鳳(中山大学中文系副教授)
 ゲスト 梅さん(「同性愛者の家族と友人の会・上海」の呼びかけ人)

第9講 個人の身体と社会の身体――エイズの恐怖と防止について(5月8日)
 担当教員 艾暁明(中山大学中文系教授)
 ゲスト 張錦雄(香港のエイズ運動の活動家、「香港レインボー」ゲイコミュニティサービス機構の創設者)

第10講 グループの宿題の発表(5月15日)
 担当教員 宋素鳳(中山大学中文系副教授) (7)

他に、カリキュラム内容の全体は不明ながら、華南師範大学では、2012~2013年に、「社会文化とジェンダー気質――ジェンダーのレインボーのスペクトラム」(黄海濤)、「青年の感情と親密な関係」(陳杜[NGO「朋友公益」創設者])、「多元的性/別と家族関係――1人の母親から見たGAY」(呉幼堅[同性愛者の家族と友人の会])、「映画上映《レインボーは私の心とともに》」、「中国のセクシュアル・マイノリティの現状と思考」(陳杜)、「男女の間――私のトランスジェンダーの道」(Joanne)、「親子関係とジェンダー――愛は最も美しい虹」(呉幼堅)、「欲望とよろこび――珠江デルタのセックスワーカーの生存の現状」(厳月蓮[香港のセックスワーカー団体「紫藤」代表])、「同性パートナーの愛情」(ken仔)、「中国のインディペンデントフィルム――セクシュアル・マイノリティの文化と発声の空間」(魏建剛)といった講義がおこなわれていることがわかる(8)

2014年以降で、一つの課程の第7講までがわかるのは、2014年春季におこなわれた湖北工業大学の課程である。

2014年春季・湖北工業大学「ジェンダー文化」公共選択科目

第1講 女性と人権(4月13日)
 担当教員 呂頻(フェミニスト活動家、時事評論作家)

第2講 メディアとジェンダー研究(4月20日)
 担当教員 紀莉(武漢大学ニュースとメディア学院・副教授)

第3講 男女の間――私のトランスジェンダーの道(4月27日)
 担当教員 Joanne(トランスジェンダー、「香港トランス性/別センター」主席)

第4講 性の権利と色情のポリティクス(5月11日)
 担当教員 小曹(曹文傑)(香港のLGBTおよび性の権利運動で活躍。女同学社を創設した1人)

第5講 親子関係と性的指向(5月18日)
 担当教員 呉幼堅

第6講 同性愛が社会にもたらす啓示(5月25日)
 担当教員 曾子

第7講 エイズと共に生きて19年(6月8日)
 担当教員 ken仔、覃念(エイズ感染者、セクソロジー専攻大学院生) (9)

また、中山大学では、2014年には、「生命がエイズに出会うとき」(光光&小翔[レインボー中国代表、智同中国広州LGBTセンター])、「形式婚姻(ゲイとレズビアンとの偽装結婚)研究」(王穎怡[香港大学博士])、「キャンパスにおけるセクシュアル・マイノリティの生存と対応」(陳杜)、「香港のジェンダー運動」(小曹)、(前期の最後に)「親睦レインボーパーティー」、「ジェンダーのパフォーマンスと多元的性/別」(何其沃[モダンダンサー])、「性と道徳」(厳月蓮)、「レズビアングループの現状と発展」(大拿[華人レズビアン連盟事務局長])、「性の曖昧さとバイセクシュアル」(潘龍飛[カルマン症候群患者]、Sun[中山大学レインボーグループ代表])、「LGBTというテーマに関するメディアに対する提言」(阿強[同性愛者の家族と友人の会・主任])といった講義がおこなわれている(10)

以上の課程の特徴として、毎回教員やゲストが変わること、学者だけでなく、当事者性を持った活動家を多く登壇させていること、学者でも若手に多く話させていることが挙げられよう。そのために、話の内容も、バラエティに富んだ最前線のものになっているように思われる。また、同じ人が複数の大学で話をしている例も少なくなく、インターカレッジ的性格を持っているとも言えよう。

これまでも大学で同性愛などについての講義がなかったわけではない。2003年~2005年に復旦大学で同性愛に関する連続講座がおこなわれている(11)。しかし、民間のLGBT団体が意識的に教員に働きかけたり、協力したりすることによって課程を開設したのは、同城や朋友公益によるものが初めてではないだろうか。

ただ、中山大学に見られるように、こうした課程まで開設できるのは、ジェンダーやセクシュアリティの専門の教授、副教授がいる場が中心にならざるをえないのではないか。ただし、この点は、他の大学のケースを調べなければ断定できない。

2.教員にLGBTへの支持やホモフォビア教科書の拒否を表明させる

2014年10~11月、全国各地の15のLGBT団体(*)が共同で「Teacher, we need you!”全国の教師がLGBTをサポートするアクション」というものを開始した。そのテーマは、「教師はLGBTをサポートし、同性愛に汚名を着せる教材を拒否する」というものである。

(*)同城青少年資源センターのほか、北京LGBTセンター、重慶milk公益小組、杭州下沙-レインボー[彩虹]、武漢同行LGBT小組、山西藍典工作組、湖南大学愛smile工作組、中南高校レインボー連盟、湖南師範大学レインボー社、同在川農LGBT、江蘇同天工作組、 福建師範大学同心社、江西高校レインボー連盟、貴州黔程LES工作組の15団体。

これは、ごく簡単に言えば、教師がLGBTに対するサポートやホモフォビア教科書の拒否を表明した文をA4の紙またはプラカードに書いて、それを手に持った自分の写真を撮ってもらって発表する活動である。

教師が自発的にそうしたことをするだけでなく、LGBTの学生や支持者が積極的に教師に働きかけて上記のことをしてもらうのである。その場合、LGBTの学生や支持者は、同城が作成した『教師遊説実行ハンドブック(教师游说执行手册)』(http://pan.baidu.com/s/1o6KAcOiよりダウンロード)を参考にして、教師を説得する。説得の際には、最初に挙げたようなLGBTのいじめ被害やいじめ防止、ホモフォビア教科書について文献も活用する(12)

こうした努力の結果、2014年には60人の教師がこの活動に参加してもらうことができた。

日本でもジェンダー研究者として知られている、林紅・廈門大学副教授、柯倩婷・中山大学副教授、金一虹・南京師範大学元教授もこの活動に参加した。

しかし、60人のうち、80%にはジェンダー研究のバックグラウンドはなく、大多数は同性愛者と生活の中で接触したことがなく、まして同性愛というテーマで教学や研究をしたことはなかった。

たとえば、最初に宣言をおこなった呉奇・湖南師範大学教育科学学院心理学系講師は、湖南愛smile工作組がアプローチしたのだが、彼は同性愛について少し聞いたことはあったが、理解はしていなかった。しかし、湖南愛smile工作組と交流するなかで「同性愛に汚名を着せる教科書は拒否する。我々は同じ人間だ」と宣言する写真を発表した。ただし、この大学では、教師に働きかけるこの活動は、途中で大学当局にやめさせられ、学生は自己批判を書くよう求められる事態になったのだ。

また、山西省では、まだ教師と現地のLGBT団体との正式な交流がない中、山西藍天工作組が1ヶ月間努力して、王一濤・副教授と馬永新・教師という2人の教員に会うことに成功した。2人は思っていたよりはるかにセクシュアル・マイノリティに理解があったが、山西は保守的な土地柄であることもあって、写真を撮って公然とLGBTたちを支持することにはずいぶん躊躇したという。しかし、最終的には、「私は学生が私にカミングアウトしたとき、私は普通に受け入れる」という宣言とともに、写真に写ってくれた(13)

また、貴州黔程LES工作組は、一か月にわたって6人の貴陽市の教員を訪問したが、いずれも断られた。しかし、このとき、インターネットでの宣伝を見た貴州畢節学院の性健康教育の教師の李丹さんら電話がかかってきて、「このような活動を私は100%支持する。どうしてこの社会に同性愛に汚名を着せる教科書があってよいのか。私が前に出て、写真を撮って支持する」と言われた。さらに彼は、同僚の心理学系の趙占鋒・講師もこの活動に誘ってくれた。貴州黔程LES工作組のメンバー2人は、貴陽市から畢節市まで、バスで6時間半かけて会いに行って、ホモフォビア教科書について語り合った(14)

以上のことから、この活動は、従来からLGBT活動を支持してきた教員に活動に参加してもらうだけでなく、より幅広い教員に活動を広げていることがわかる。

2015年の8月20日~10月10日にも同様の活動がおこなわれた。この年は、同城のほか、西財同伴、南京柒彩公益、北京LGBTセンター、江西高校レインボー連盟、福建師範大学同心社、中珠雨后レインボー、珠海益蘿筐、武漢大学同志公益小組、華師CLS同志公益小組、朝夕青年空間、中南財経大学レインボー社、華中科技大学HGP小組、武漢同行がこの活動をおこなった(15)

前年とは異なる団体も多く取り組んだことがわかる。

こうして2014年と2015年で合計100名あまりの教員に公然とLGBTをサポートすることを表明してもらうことができた。

2016年にも、8月25日~10月10日までの期間、この活動がおこなわれた(16)

3.教え子から依頼により教員に宣伝資料を送付

2016年の教師節(9月10日)の前後には、自分の先生にセクシュアル・マイノリティの人権についての宣伝資料を送付する活動がおこなわれた。

ただし、自分の名前で送るのは難しいのであろう、この活動の参加者は、同城に50元のカンパを送り、自分の先生(または学校)の住所を伝えることによって、同城から「LGBTたちから」という名前で宣伝資料を送るのである。また、お金のない中高生が彼らの先生に宣伝資料を送ることを助けるために、50元のカンパを募る活動もおこなわれた。

その宣伝資料は「性/別フレンドリーな贈り物」と名付けられており、その中には、「この手紙は、あなたが教えたことがあるLGBTの学生に頼まれて~」という書き出しで始まる手紙とともに、『多元的性/別ハンドブック』、『「ホモフォビア」教材の七つの罪』、『学校でのいじめ、STOP!』などの冊子、同城のリーフレットやフォルダー、LGBTをテーマとした葉書などが入っている。

この活動は、同城と「同志の声」という団体が呼びかけて、華科HGP小組、蘇州LESGO公益小組、西政レインボー関愛小組、中山大学レインボー小組、関艾レインボー、楽窩LALAs_VOICE、南大性別性向平等協会、汕大橘子社、雨滴社、クィアフォーラム、江蘇同天、DiversityUNNCが協力しておこなわれた(17)

4.大・中・高・小学教員に対する研修活動

 2015年初めから、同城は、「教師性/別研習営(教師「ジェンダー/セクシュアリティ」研究学習キャンプ)」プロジェクトを開始し、主に武漢・広州・南京などの地で、教師ための学習の場を設けてきた。

これは、大・中・高・小学教師や在校ソーシャルワーカーを対象にしたものである。そうした教員が、セクシュアル・マイノリティの学生に対するいじめが起きていたり、セクシュアル・マイノリティの学生から助けを求める訴えがあったりしても、教師たちがどうしていいかわからないという状況に対応するためのものだ。

たとえば2016年には、5月24日に、同城と武漢同行とが共催して武漢で「教師“性/別”研習営」をおこない、17人の教師が参加した。

この研習営では、まずアイスブレイクをおこなったのち、性/別の基礎理論の知識を学習した。次に、教師たちは、現実の教学の中でぶつかった実例や疑問をシェアして、議論し、助言しあった。

さらに、「実在の人物による図書館(真人図書館)」と称して、4人のLGBTの青少年が、自分が成長してきた生活体験を教師たちに語った。その話の中には、自己受容、愛情と性、家族関係とカミングアウト、学校でのいじめなどがあった。

この研習営に参加した長江大学心理相談センターの王江橋先生は、「私は、真人図書館というプログラムがいいと思った。青少年学生と面と向かって交流することによって、私はセクシュアル・マイノリティの学生を本当に知ったし、彼らの人生について感性的な認識も得た。これは良い学習であり、マイノリティたちのために発言し、サポートを提供することは有意義であるとともに、心理の教師としての重要な使命であることがわかった」と感想を述べている(18)

12月3日-4日にも、珠江デルタ地域の教師を対象に、広州で「教師“性/別”研習営」がおこなわれた。この「研習営」には、30人の申し込みがあり、22人の小中学校の教員とソーシャルワーカーが参加した(19)

この「研習営」でも、参加者が自らジェンダーを語ったり、ジェンダー規範について話をしりたりした後、「真人図書館」で、4人のセクシュアル・マイノリティの青少年が自分のアイデンティティや家族関係、学校でのいじめなどについて話をしたという。

これに参加した「蘇先生」は、「最大の収穫は、ジェンダー平等を願い、他人を理解しようと願う活力に満ちた人々と知り合いになったことだ。研修の内容と一つ一つの討論によって、私は自分が知識に乏しいとことがわかったので、今後よく勉強し、自分にできるかぎりのことをしたい」という感想を述べている(20)

こうした研修は、初級の研修とさらに進んだ研修とで構成されてという。初級の研修では、性/別理論の知識やLGBTの青少年のニーズ、教師の介入やサポートの技術などを学ぶ。そして、進んだ研修では、地区を越えて、さまざまなテーマでの研究・討論、経験交流をする。

2016年11月の時点で、合計120人あまりの教師に対して研修がおこなわれたという。また、毎回の「研習営」の後には、現地のLGBT団体が教師の実践をサポートすることも予定されている(21)

こうした「研習営」は、セクシュアル・マイノリティの問題に関心がある教員に対して、より正確で詳しい知識と実際に当事者が語る経験をつうじた認識を得させるものだと言えよう。

おわりに

ホモフォビア教科書を放置する教育部を裁判に訴えることは、非常に有意義であり、その活動の粘り強さもあって、多くの人々の関心を呼び起こすことにも成功したが、ただちに成果を上げるのは難しかった。

それに比べれば、個別の教科書の編者や出版社に働きかけることは、いくらか成果もあげてきた。

個別の教員に働きかけることは、さらに地を這うような活動だが、全体から見ればごく僅かとは言え、少しずつ着実な成果を挙げているように思われる。

このようにさまざまな手段に尽くして、ホモフォビアに対するたたかいはおこなわれている。

(1)同城のブログ「同城青少年资源中心的博客」における自己紹介文。
(2)【漫画资料】同城青少年资源中心,赠送“校园欺凌”漫画手册!(欢迎捐款印刷)」2013-05-01 20:31:12)。
(3)基于性少数的“校园欺凌 STOP!”漫画手册(第三版),免费赠送!(欢迎合作洽谈) 」2016-03-22 GLCAC。
(4)【动态】五年沉淀,我们的高校多元性别教育的探索。快来听听同学们的听课感受吧!」同城青少年资源中心的博客2014-01-10 11:07:54。
(5)大学での講座開設プロジェクトは、この「朋友公益」も、同城と同じ2009年からおこなっている。朋友公益と同城はしばしば共同で科目を開設している。以下では、同城のブログ(同城青少年资源中心的博客)の記事を中心に紹介するが、「朋友公益」のブログ(朋友公益的博客)にも、講座の内容がわかる記事が掲載されている。
(6)「性/別」とは、何春蕤ら、台湾の国立中央大学に設立した「性/別研究室」などが依拠している概念。日本語の「ジェンダー/セクシュアリティ」という概念に近いと思うが、(1)「性別」の語の中間にスラッシュを引くことで、その内部の多元的な流動性や分裂を示すことによって、単純な男・女の二分法を乗り越える、(2)ジェンダー(性別)とセクシュアリティ(性)との相互連関および、両者が集約不可能であることを示す、(あ)「性」の多元的差異(「別」)を捉える、(4)その他の社会的差違(階級、エスニシティ、年齢など)との関連も捉える、という四つの認識を含む(何春蕤著 舘かおる・平野恵子編 大橋史恵・張瑋容訳『「性/別」攪乱―台湾における性政治』御茶の水書房 2013年参照)。
(7)以上は、「2012年中山大学“性/别”公选课 欢迎旁听(图)」淡蓝网2012-03-14、「201年(春季)高校【社会文化与多元性别】公共选修课程」朋友公益的博客2012-03-12 21:57:03。
(8)【性/别公选课•华师】社会文化与性别气质:性别的彩虹光谱」2012-09-24 11:38:08、「【性/别公选课•华师】青年情感与亲密关系」2012-10-08 20:53:01、「【性/别公选课•华师】多元性/别与家庭形式:一个母亲眼中的Gay」2012-10-11 00:51:18、「【性/别公选课•华师】播放电影——《彩虹伴我心》」2012-10-22 22:08:04、「【性/别公选课•华师】中国性少数生存现状与思考」2013-03-19 01:26:54、「【性/别公选课•华师】男女之间——我的跨性别路」2013-04-15 14:03:53、「【性/别公选课•华师】中国独立影像:性少数的文化与发声空间」2013-04-23 10:38:39、「【性/别公选课•华师】欲望与愉悦:珠三角区性工作者生存现状」2013-05-06 19:45:15、「【性/别公选课•华师】同性伴侣情感面对面」2013-05-13 20:52:17。
(9)【活动】高校性/别文化公选课(武汉湖工大),第三讲《男女之间-我的跨性别之路》」2014-04-25 15:12:29。
(10)【性/别公选课•中山大学】当生命遇上艾滋」2014-04-07 12:18:43、「【性/别公选课•中山大学】第八讲《形婚研究》」2014-04-23 12:33:20、「【活动】高校多元性/别公选课(中大),第十讲《香港性别运动》」2014-05-06 11:12:30、「【活动】高校多元性/别公选课(中大),最终讲-课程联欢彩虹趴」2014-05-12 14:15:49、「【多元性别公选课(中大版)】第四讲:性别表演与多元性别」2014-10-29 17:10:37、「【多元性别公选课(中大版)】第六讲:女同社群现状与发展」2014-11-10 22:21:18、「【多元性别课程(中大版)】第七讲:性与道德」2014-11-18 21:24:33、「【多元性别公选课(中大版)】第八讲:性模糊与双性恋」2014-11-24 22:27:08、「【多元性别公选课(中大版)】第九讲:LGBT议题媒体倡导」2014-12-02 20:56:14、「【多元性别公选课(中大版)】第十讲:彩虹Party到咯!约吗?」2014-12-09 20:54:23。
(11)その内容は高燕寧『同性恋健康干預』(復旦大学出版社、2006年)に収録されている。
(12)以上は、「老师,为了学生,U站出来吗?“Teacher,we need you!”全国教师撑同志行动,开始啦!」同城青少年资源中心的博客2014-10-19 13:37:07。
(13)【回顾2014】60位教师撑同志,够拼了!“盘点”60个温暖的力量」同城青少年资源中心的博客2015-01-06 00:12:44
(14)贵州首个站出来支持同性恋的两位老师!!」贵州黔程总组2014年11月13日 19:33
(15)教师撑同志行动|今年教师节,我们过得不一样」2015-09-10 GLCAC。
(16)【回顾】新生宝典,请速来认领你身边的友同老师」2016-09-04 GLCAC GLCAC、、「【预告】一批友同老师即将上线l文末有彩蛋」2016-09-07 GLCAC GLCAC。
(17)【加群】自己老师自己“教”!9.10让老师“同志”频道开脑洞!」2016-08-31 GLCAC GLCAC、「【预告】910!帮老师的“同志”频道开脑洞!撩么? 」2016-08-29 同志之声 GLCAC。
(18)【动态】学习、倾听,老师们和LGBT学生在一起|5月教师研习营回顾」2016-07-10 GLCAC GLCAC。ただし、「【预告】“打破区隔”—教师“性/别”研习营招募 (2016.5,武汉.初阶)」(2016-05-04 GLCAC GLCAC)には、5月21日の9:00‐18:00に武漢で、武漢やその周辺の地域の人のために「性/別研習営」がおこなわれることが予定されていたとある。ひょっとしたら、この日程が変更されたのにかもしれない。なお、2015年にも、11月22日に、武漢で、同城と武漢LGBTセンターが「校内心理相談と学生指導」という「初級検習営」をおこなうという告知がブログに出ている(「“打破隔阂”——教师 「性/别」研习营」同城青少年资源中心的博客2015-11-15 13:06:54)。
(19)【招募】老师怎么做性/别教育?│研习营广州站!」2016-11-11 GLCAC GLCAC。
(20)天凉了,来一锅性/别教育大补贴│11月简报」2016-12-19 GLCAC GLCAC。
(21)叮叮当,我们带着老师和社工去泡Gay吧」2016-12-25 GLCAC GLCAC。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/486-033026ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード