2017-08

あるNGOでのセクシュアル・ハラスメント事件が女性たちの連帯で解決へ

目次
 一 「1980青年学社」の曹小強によるセクハラに対する告発と曹の形だけのお詫び
 二 告発の広がりと被害女性8名の共同声明、1980青年学社も声明
 三 曹小強の3通目のお詫び、被害女性8名の応答
 四 趙思楽による事件の分析――とくにフェミニスト刑事拘留事件の際の弁護士によるセクハラとの比較

一 「1980青年学社」の曹小強によるセクハラに対する告発と曹の形だけのお詫び

「1980青年学社」は民間の教育団体(NGO)である。1980青年学社は、たとえば今年の夏は、北京・天津と広州で、10日ほど、大学生や高校生を集めて合宿をし、学者や専門家、NGO関係者などの話を聞いて議論をしたり、民間のNGOを訪問したりするなどの活動している(1)。1980青年学社は、この活動を「留学(游学)」と呼んでいるが、これまでもこうした活動をすすめてきた。曹小強は、1980青年学社で、年長の先輩として活動してきた。

ところが、この曹小強が女子学生に対して「微信」(インスタントメッセンジャーアプリの名称)によるメッセージでセクハラをしたことを、今年6月4日、その女子学生の友人が、証拠となるスクリーンショットを付して告発した。そのスクリーンショットによると、曹は、まず詩歌の議論をして、その女子学生に対して「詩歌があまりうまくない」と言い、彼女に「恋愛をしたことがあるのか?」、「セックスをしたことがあるのか?」と尋ねて、セックスの話を持ちかけた。さらに、曹は、性器の写真や男女が性交しているポルノ写真を送りつけ、その女子学生が嫌がっているにもかかわらず、何度もそうした写真を送りつけた。この告発の中には、被害者自身の訴えも書かれており、彼女が言い表すことができないほどの苦痛や驚き、羞恥、恐怖を感じたこと、その後も生活に深刻な影響を受けていること、こうした人が教育界と公益(=現在の中国では、民間のNGOというニュアンスがある語)界にいることが許せないこと、他に被害を受ける女性を出したくないということが書かれていた(2)

6月5日、曹小強は、女子学生に対する謝罪のメール2通を発表した。しかし、それはごく簡単なもので、自らの責任の取り方についても、具体的なことは記していなかった。また、1通目では、自らの行為の原因を「私個人の若年の衝動」に帰しており、2通目では「女性の人格と意思の尊重が不足していた」ことには触れたが、「異性との交際の基準の理解が不当だった」とも言っており、自らの教育者としての身分を利用したことなどには触れていなかった(3)

二 告発の広がりと被害女性8名の共同声明、1980青年学社の声明

上のような曹のお詫びでは、話は終わらなかった。

最初の告発が出てから12時間経たない間に、5人の女子学生が「自分も曹小強にセクハラされた」と訴えた。

そのうちの1人は未成年の高校生だった。彼女は、曹小強から無理やりキスをされ、胸に触られて、強姦されそうになった経験を述訴えた。すると、さらに6時間経たない間に、被害を訴えた女性は合計11人に増えた。

6月7日、そのうち8名の女性が共同声明を出した。

この共同声明では、曹のお詫びのおざなりさや、彼がそのお詫びを自分のネットワークの中には発表せずに自分と無関係な場に発表しただけであること、お詫びの後も上のような被害の訴えが相次いでいることなどを指摘し、「私たちは曹小強のお詫びを受け入れない。以下のことを厳しく要求する」と述べて、次のことを求めた。

1.曹は必ず新たに心のこもったお詫びの手紙を出して、自分の行為が劣悪なセクシュアル・ハラスメントであったことを認めること。

2.お詫びの手紙は必ず自分のSNSの場(影響を及ぼすことができる関係団体・グループの微信の公式アカウント、微博、自分の友人グループを含むが、それに限らない。自分の友人グループでの完全な発表を必ず含むこと)と少なくとも一つの公衆メディア、公益のセルフメディアで発表すること。

3.私たちは、法律にもとづく追加的な処罰をする合法的な権利を保留する。

4.私たちは、セクシュアル・ハラスメント行為についての社会団体の、事件の後の手立てとして、活動の規約に反セクハラ条項を入れ、セクハラ研修をおこない、セクハラ防止システムを構築することを提案する。

5.私たちは、適切な場で、曹のセクハラの常習犯としてのやり口を公開すし、被害者たちのため相互の心理的サポートを提供する。

6.この一連のセクハラ事件は、青年が学習と親善に力を尽くす公益の場で発生したものである。私たちは公益団体が、その流動的で偶発的な教師-学生/権力関係において、参加者の社会経験の乏しさを利用して、セクハラやその他の不法な侵害をしたものであることを重視するように訴える。私たちは公益圏全体がセクハラ防止のための制度の建設を重視するよう提案する。

私たちは以下のように考える。

曹小強はその教育者としての身分を利用として、指導・教育される身分の私たちにセクハラをおこなった。また、未成年の女子学生に対しても少しもはばかることなくセクハラをしており、その性質は劣悪である。その謝罪も、重要な点を避けており、いかなる反省も欠乏している。

曹小強は自分が公益圏の中で被害者よりも「キャリアが長く」、「地位が高く」、「いささか名声がある」という実際状況を利用して、意識的に権力関係を利用して、職権を使って、女子学生の指導者という名目で、女子学生と会ったり、ものごとをする機会を求めたりし、被害者に対して不適切な性の暗示/明示をした。たとえ彼が行政関係上は被害者と直接の関係はなくとも、権力関係上、彼は、居心地の悪い世論・環境を作り出したり、ひそかに報復したり、プライバシーを漏らしたり、デマを流すなどの方法によって、被害者に直接拒絶できなくさせた。公民の自律的な権力関係において上位の者は、権力関係で下位の者に対して自分から性の要求をする権利はない。

社会の構造を顧みることができる公民として、以下のように考える。

私たちは、この事件の本質は、けっして男女のいちゃつきが誤解を生じたことにはなく、権力関係が対等でない下で起きたセクハラ行為であることを見なければならない。権力関係が上の者の性の要求は、権力関係が下の者にとっては誘導と支配を意味する。曹小強は意識的・無意識的に自分の権力関係を利用し、まったく反省することなく多くの女子学生にセクハラ行為をおこない、その後の謝罪の中では、「年が若くて無知だった」という理由でセクハラ行為における支配欲と権力による放埓を覆い隠している。この点はすべての人が警戒し、対策を建てる必要がある。

声明人:8名の曹小強のセクハラの当事者
2016年6月7日(4)

6月7日には、1980青年学社も声明を出した。

1980青年学社声明

まず、私たちの活動グループ全体として再度おわびをする。私たちは曹小強個人の品行のためにお詫びをするのではなく、私たちを信じ、私たちを支えてくれている人にお詫びをする。私たち自身が問題をすぐに発見して適切に処理できず、学生及びその他の人を傷つけたことに、深くおわびをする。

第二に、曹小強の行為は、被害者を傷つけただけでなく、1980青年学社の名誉を大きく傷つけた。私たちは、1980青年学社は、人を用い管理する問題について全責任を負っており、友人各位の批判と提案を聞いて、完全な運営システムを作り上げることを厳粛に声明する。

第三に、私たちは、すでに不断に弁護士・先生・友人各位の援助を求めており、真剣かつ理性的にこの問題を解決する。私たちは、学社に反セクハラシステムを作って、もし学社のメンバーがいかなる類似の問題を起こした場合でも、私たちは全力で調査に協力し、解決のための意見とリソースを提供して、いかなる人であっても庇わず、遊学の安全を守ることを承諾する。この点については、各界の意見と援助を受けて、意見を積極的に採用する。

第四に、1980青年学社は、かつて初歩の段階において、資金・理念・経験・実践などのさまざまな要素の制約を受けていた。第一期の遊学の中で、私たちは曹小強に指導に来てもらい、曹小強も資金の面でサポートしてくれて、第一期の遊学活動の助けになったことがある。だからこそ、第二期の遊学活動をする際にも、私たちは彼を招いた。これについては私たちも承認した。私たちは、彼がかつて援助したことには感謝している。

第五に、曹小強がかつて学社に指導と援助をしたことは否定できないが、1980青年学社の管理クラスではけっしてなかったし、1980青年学社の活動および遊学活動の組織と運営に参与したことはない。私たちは2日前に曹小強のことについて知ったばかりである。彼の行為は、公益人と教育探索者としてのあり方にきわめて反している。1980青年学社は、2016年6月4日以降は、曹小強にはいかなる指導活動にも参与するような招待しないし、いかなる援助と参与も拒絶する。私たちは夏の北京・天津の遊学活動は、予定通りおこなう。(以下略) (5)

三 曹小強の3通目のお詫び、被害女性8名の応答

6月8日、曹小強は、以下のお詫びを発表した。

すべての人へ

私、曹小強は、被害を受けたすべての女性とこの事件に関心を持っているみなさまに対して深いお詫びの意を表明する。

私は、私の行為が劣悪なセクシュアル・ハラスメントだったことを認める。2013年から、私は、インターネット上で言葉によって、20人あまりの女性に次々にセクシュアル・ハラスメントをした。この一連の事件において、私は主に言葉、写真、動画などを利用するやり方で、自分のSNSアカウントを使って、女性たちに対して公然と言葉によるからかいと侮辱をおこなって、心理的な満足を得ようとした。さらに一部の女性に対しては、彼女たちが望んでいない状況の下で、公の場で身体の接触をした。

ここに、インターネット上に既に共同声明を発表している8名の女性に対して、心から申し訳ありませんでした、と述べる。同時に、まだ共同声明に名前を出していない被害者、および名前を出すことを望まない人に対しても、私がお詫びの意を伝える機会を与えていただくことを希望する。私はすべての懲罰を受け賠償をしたいと思う。

この3年間、私は自分の行為がセクハラになっていることを意識しておらず、2015年になって、私は自分のこのような行為は私に心理的問題があるかもしれないとある程度意識しはじめたが、恐るべき惰性になっていたために、今日のようにコントロールできない程度になり、6月4日、この事件が明るみに出た。そのとき、私はどうしてよいかわからず、どうすべきかを知らず、一度はそこから逃れようとした。数日間の反省を経て、現在私は、事件が起こした劣悪な影響がよくわかった。また、この事件の背景にある私の心理上の良くない、暗い、完全に間違った認知や、非常に低俗な、女性に対してまったく尊重しない誤った認識については、いっそうわかった。さらに私が自分の指導者・文化人・思想家という役割を利用・標榜して、性別・年齢・キャリアの差によって自分を飾り立てていたことが、私がセクハラをする道具になった。

現在、私はすでに社会におけるすべての職務・仕事・事務を停止している。私がかつて職務に就いたり勤めたりしたすべての組織と企業に対して、私は深くお詫びをする。私は、あなた方の信頼と期待に背いた。私がひそかに女性に対してハラスメントをしたために、それらの組織は私の行為についてずっと知らなかった。だから、私はほしいままに出鱈目なことをし、最後には大きな誤りをしでかしたのである。

私は私がこれまでに傷つけた女子学生に対して、すべての責任を取りたい。それは以下の点を含むが、これらにとどまらない。

1.すべての被害者にお詫びする。また、このお詫びの手紙は私の自身の友人グループなどのSNS上でおこなう。

2.負うべき法律的責任を負う。

3.女子学生が求める心理的援助の費用と精神的損失の賠償をする。

4.第三者の、信頼性がある場でも発表する。

5.社会各界からの譴責と批判を受け入れる。

6.心理の医者の治療に積極的に協力する。

7.正面から責任を引き受け、逃避や責任逃れをしない。

同時に自分が泣いてお詫びを述べている動画も公表した(6)

この謝罪を受けて、6月9日、先に共同声明を出した被害者8名は、以下の応答を発表した。

私たちは、最大の善意によって、曹小強のこのたびの謝罪が自己反省の意識を持ち、私たちの訴えも尊重したものであると信じる。慎重な考慮を経て、私たちは曹小強の謝罪を受け入れることに決定し、今後曹小強が彼の承諾したことを一つ一つ実現するよう希望する。私たちも、適切な方法で彼が自分の承諾したことを実行するかを監督する。また、曹小強が謝罪の手紙の中で、「この三年間、私は私の行為がセクハラになっていると意識していなかった」と反省しているのであるから、私たちは彼が主体的に反セクハラワークショップに参加し、この面の認識を強めることを望む。私たちも彼に具体的なワークショップの情報を提供できる。

承諾の中の第3条の「女子学生が心理的援助のための費用と精神的損失の賠償をする」という点に関しては、多くのセクハラ事件は発生して数年がたっているが、現在また明るみに出されたため、当時心理的な傷を負った女子学生が自己の損失をあらためて評価しなければならない。また、一部の当事者はいまなお精神的・心理的な悩みを抱えている。私たちは、各自の具体的情況にもとづいて、いっそう意思疎通と相談をして、具体的な賠償の案を作成する必要があると考える。私たち以外の被害者に対しては、曹小強はお詫びの手紙の承諾のとおり、彼女たちと連絡を取り、誠実に謝罪と相応の賠償をするべきである。

最後に、私たちはまだ法に訴える合法的な権利を放棄していない。

私たちは、曹小強に対して人身攻撃や報復をするつもりはなく、ネット上で彼に対する悪意の推測がおこなわれることも望まない。しかし、私たちがいっそう望まないのは、私たちが公けしたことによる二次被害を受けることである。私たち女子学生に対してエリート的な説教や悪辣な攻撃をする人は、セクハラは社会問題であり、曹小強一人だけが「悪魔」なのではなく、私たちのような被害者は珍しくないということを認識してほしい。私たちを攻撃しているとき、あなたがたの身の回りの女性――それは娘や妻、母親かもしれない――も、セクハラにあったことがあるか、あっている危険がある。

私たちは、セクハラ事件に関心を寄せる人は、まず何がセクハラであるかをはっきり認識して、セクハラの形態は多様で、情況は複雑であることを知ってほしいとずっと思っている。(……)

ある人は、公の場で公然と他人にセクハラをする。たとえば、公の場で身体をさらけ出したり、微博で言葉によるセクハラをする。ある人は、公の場では、自分のイメージを良くするよう気をつけているが、私的に被害者と一人で接触するときには、行きすぎた性の要求をする。けれど、事件が発覚すると、彼らの今までのよいイメージによって、公衆は彼に同情しがちだ。しかし、私たちは必ずセクハラという事実自体を正視しなければならないと考える。過ちや罪を犯した人の良いイメージは、彼に免責を与える特権にはなりえず、年が若いことも、すぐれた才能も、後ろ盾も、特権になりえない。もしこれらのいわゆる技能が免責の通行証になるのならば、この社会は何の公正さがあると言えるのだろうか。

(……)私たちは、こうした議論が多くの人にセクハラの危険性を認識させ、セクハラ防止措置と正しいジェンダー教育が広く採用されることにつながることを望む。(7)

四 趙思楽による事件の分析――とくにフェミニスト刑事拘留事件の弁護士によるセクハラ事件との比較

フェミニストの趙思楽さん(2014年に、セックスワーカーを裁判なしで拘留できる「収容教育制度」についての情報公開申請を、裁判という手段を含めておこなったことで有名な女性)は、今回の曹小強によるセクハラ事件について、「事件の勃発から基本的解決まで1週間もかからなかった。その過程では被害者を責める言論もあった(8)とはいえ、去年の『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件と比べて、その結果も、速度もずっと良かった」と評価した。

「『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件」とは、以下のような事件である。

2015年3~4月、フェミニスト活動家5女性が刑事拘留される事件が起きたが、その際、彼女たちについた王秋実弁護士が、職権を利用して、当事者の家族や仲間に対してセクハラをおこなったことが明るみに出た。5人の拘留中は、捕まっている人の救援に悪い影響があることを怖れて被害者や支援者も黙っていたが、フェミニストで5人の支援者の一人である猪西西さんが公開書簡を出して、王弁護士に対して、公に声明を出して謝罪し、二度とそうしたことをしないことを表明するよう求めた。

ところが、多くの人は、それに対して、「なぜこの公開書簡を出す必要があったのか」、「この書簡が王秋実に対してどんな影響を与えるのか心配だ」などと言った。

こうした状況に対して、やはりフェミニストで5人の支援者の肖美腻(肖美麗)さんは、「私は性暴力に反対する活動をしているので、被害者を責めるロジックはよく知っている」が、「ほんとうにフェミニズムの話題が私たち自身に起きたときの、多くの友人の行為には、失望したし、辛かったし、傷ついた。」「もし私たちがセクハラを受けても声をあげることさえしなければ、その反セクハラ運動の意義はどこにあるのか?」と訴えた。

4月23日、王弁護士は声明を出して謝罪し、二度とこうした事件を起こさないと述べた。

しかし、猪西西さんや肖美腻さんは、この声明は、セクハラを「冗談」だと言って、自分の職権を利用したことも反省していないので、「お詫びではなく、弁解だ」と批判した。さらに、彼は、別の場では、批判について「意に介していない」、「どうしようもない」と言っているのに、彼が所属する北京紀安徳(紀安徳=ジェンダー)相談センター(LGBT団体)は、彼を「給与停止と反省」ですませたことも批判した(本ブログの記事「フェミニスト活動家5女性の釈放とその後の困難、闘い、弁護士によるセクハラ」参照)。

しかし、猪西西さんや肖美腻さんの訴えは、受け入れられることなく現在に至っている。

趙さんは、「『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件は、集団のセクハラに対する容認度が低く、声を上げる自覚が強かったからこそ、明るみに出た。実際は、民間グループでのセクハラと性差別という現象はよくあることなのに、大部分はうやむやになっており、公になることさえ少ない。このたびの曹小強のセクハラ事件をこのような結末にすることができたことは、現在のところ最も良いセクハラの解決の事例だと言いうる」と述べた。

趙さんは、今回の事件が良い結果になった原因には、客観的な要素もあるし、処理のプロセスが妥当だったためでもあると言う。

趙さんは、「客観的な要素」としては、以下の2点を挙げている。

(1)この事件が基本的には公益教育領域の内部で発生しており、異なる集団の相互関係という要素はなかったこと。王秋実のセクハラ事件は、フェミニストグループと人権派弁護士グループとの両者が関係していて、事件が最初からグループ間のある程度の不信と衝突を引き起こした。

(2)曹小強は公益教育領域の中で「一定のキャリアのある先輩」にすぎず、「業界内の有力者」ではなかったこと。しかし、問題が、リソースを掌握していたり、ジャンルを象徴する名誉ある人物に向けられたら、どのような結果になるだろうか? この点は検証する必要がある。

趙さんは、「処理のプロセス」という要因に関しては、以下の2点を挙げている。

(1)もっとも力になったのは、被害者が共同で声を挙げて、権利を守ったことである。それによって相互のサポートと保護ができたし、問題の重大さが体現でき、訴えの力が倍増した。

(2)当事者の友人や曹小強と関係がある機構が、事件の勃発から、隠しだてをするのではなく、援助を求めることを選択し、彼女たちが相談したジェンダーと法律の専門家、NGO内部のセクハラ問題を処理した経験のある公益人(9)が、問題を解決する上で不幸を生じさせなかった。

趙さんは、「全体として言えば、民間のセクハラ問題については、以前は沈黙が守られていた。『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件で沈黙は破られたが、権利を守るのは難しかった。しかし、『曹小強事件』では、是非の上では基本的に解決した。比較的早く欧米のNGOの活動規範と倫理に接触した公益領域で真っ先に前進があったのは、女性の権利団体の過去20年間における研究や意識の養成と不可分である」と述べた(10)

趙さんの分析に付け加えれば、王秋実弁護士の事件の場合は、今回よりも、運動がより体制批判的で、権力からより強く弾圧されている中での事件だったために、加害者への追及がやりにくかったという背景もあるように思う。

日本においても、「労働運動でもその他の社会運動でも、野宿の問題でも、もうセクハラだらけモラハラだらけ」(11)と言われるような現状がある。また、最近の東京都知事選の野党共同候補のセクハラ疑惑についての発言の中にも、性暴力を軽視した見地からのものが少なくなかったことが指摘されている。

そうした意味では、社会運動内部のセクハラは、日本も中国も取り組みはまだ端緒的だし、それだけに、お互いに参考にしうる経験があるだろうし、ともにそうした経験を積み重ねていくことが求められていると思う。

(1)@兔子走丢了「 1980青年学社暑期游学招募(京津部)(报名截至5.20) 」NGOCN(公益服务网)5月12日 12:15、@兔子走丢了「1980青年学社暑期游学招募(广州部)(报名截至5.31)」NGOCN(公益服务网)5月12日12:04。
(2)曹小强?懒叔?青年才俊?性骚扰女同学你还要不要脸」青年思潮2016年6月4日。
(3)8名曹小强性骚扰事件当事人联合声明」女权之声的博客2016年6月7日 18:47、「8名曹小强性骚扰事件当事人联合声明」女权之声的微博 2016年6月7日 18:47。
(4)同上。
(5)1980青年学社声明」微头条2016年7月16日 05:54。
(6)以上は、@豆沙边「独家:曹小强回应性骚扰事件」NGOCN(公益服务网)2016年6月8日 18:14:55より。
(7)以上は、「公益圈性骚扰丑闻8名受害人联合声明:性骚扰概念急需普及」新媒体女性的微博2016年6月9日 21:13:12。
(8)この点は、上の被害者8名の応答の中でも触れられている点だが、公開された微信のやり取りを見て、「被害者があまりきっぱり拒絶していない」と責める人などがいたようだ。それに対しては、加害者と被害者の地位や権力の違いを見落としている、などの批判がなされている(「问句“约吗”有多难? | 公益界性骚扰丑闻男方公开道歉」新媒体女性2016年6月8日 18:04:28)。
(9)1980青年学社の夏季遊学の指導者の中に、趙思楽さんが「フェミニスト活動家、コラムニスト」という肩書きで名を連ねている。また、黄葉韻子(黄葉)さんも、「大学読書サロン黄油詩社の一人、フェミニスト行動派」という肩書きで名を連ねている(@兔子走丢了「1980青年学社暑期游学招募(广州部)(报名截至5.31)」NGOCN(公益服务网)5月12日12:04)。黄葉韻子(黄葉)さんは、2015年に、うつ病の治療方法にもジェンダーバイアスがあることや、女性には外出やスポーツが奨励されない状況を批判するために、北京から広州までの徒歩旅行を試みたことで有名である(本ブログの記事「林鯨らの『性暴力反対・海南島一周自転車ツアー』と黄葉らの『直男癌に抗する、うつ病女性のフェミニズムウォーク』(北京~広州)」参照)。彼女たちが力になったのかもしれない。
(10)以上は、赵思乐「思乐女谈 -性骚扰的民间解决方案」東網2016年6月11日。
(11)[共同討議] 山下耕平、馬野骨介、高橋淳敏、野崎泰伸、上間愛、生田武志、栗田隆子「『自立』そして『支援』とは何か―反貧困運動と自立支援をかえりみる」(『フリーターズフリー』第3号)の馬野骨介の発言より(16頁)。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/480-ac363e47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード