2017-06

三井マリ子さんの裁判の傍聴記

 1月25日に発行された、ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク(WWN)のニュースレター46号に、私の以下の文が掲載されました。

[裁判傍聴記]
館長雇止め・バックラッシュ裁判
「現館長・桂容子さんの証人採用を実現!」


 昨年の10月30日、原告・三井マリ子さんの本人尋問がおこなわれました。
 三井さんは、豊中市の女性センター「すてっぷ」の館長(非常勤)に全国公募で採用され、就任後は自ら地域や学校に出向いて「出前講座」をするなど情熱を傾けてさまざまな仕事をしたこと、けれど、そうした仕事の次の展開を準備していたまさにその時に雇止めされたことを陳述しました。

 夜の市役所の会議室で3時間もバックラッシュ派の市議らに糾弾されたこと、「三井館長は『専業主婦は知能指数が低い』と言った」という彼らのデマを豊中市が放置したことも悔しさとともに語られました。バックラッシュ派に屈した豊中市は三井さんに隠れて後任の館長を探しはじめます。信頼していた事務局長もひそかに三井さんを裏切っていました。三井さんもそうした動きに気づき、「情報が私に来ない中で、私自身のことが決められている恐怖感」から不眠症にもなります。そして豊中市は、三井さんに不公正な次期館長(常勤にした)選考試験を形だけ受けさせて不合格にし、解雇しました。

 三井さんが最後に、「全国公募までした館長でも、非常勤ということで、こんな理不尽な辞めさせられ方をするのか」「豊中市はバックラッシュに屈しても、私は屈しない」と訴えたことが心に響きました。

 また、この間「支援する会」では、現館長の桂容子さんらの証人採用を求める要請ハガキを裁判長に送る運動をしました。桂さんも三井さんと同じく次期館長選考のための面接試験を受けたのですが、事前に選考委員の豊中市の部長から「うちは桂さんしかいない」「面接をするのは形式を踏むため」と言われており、面接を受けたのも自分ひとりだと思っていました。ご自身が三井さんらにそう述べています。

 12月25日の法廷で、次回の2月21日に桂さんの証人尋問をすると決定! ただし桂さんは、有期雇用でないとはいえ、被告の「すてっぷ」財団の職員なので真実を証言なさるには困難もあると思います。傍聴席から多くの方が見守ってください!


 ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク(WWN)とは、1995年に結成された、職場での男女平等の実現を目的にした団体です。
 WWNは長い間、住友メーカー3社の男女賃金差別裁判の支援に力を入れてこられました。国連にも訴えに行かれるなどのさまざまなご努力の末、裁判ですべて勝利和解を勝ち取られました(そのすばらしい活動の記録は、ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク編『「公序良俗」に負けなかった女たち』[明石書店 2005年]にまとめられています。私も裁判の傍聴やビラまきなど、ささやかながら協力というか、活動をしました)。
 その後も、均等法において間接差別(=直接「女性だから」差別するというのではなく、たとえば「契約(派遣)社員だから」という理由で多くの女性にひどい待遇を押し付けて、結果的に女性差別をすること)をきちんと禁止させる努力などを続けておられます。
 つい先日の1月20日、「働く女性の全国センター」という、働く女性の全国的な団体が結成されましたが(年会費千円で、その目的[女性に対する差別の根絶、一人でも豊かに生活できる賃金など]に賛同する女性は誰でも参加できるようです。詳しくはホームページ参照)、この団体の結成にも、WWN会員の中の多くの人々がずいぶん役割を果たされたとのことです。

 文中にあるように、次回の館長雇止め・バックラッシュ裁判は、2月21日、午後1:45~大阪地裁809号法廷です。
 詳しくは、「館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会」のHPで。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/45-c39ab86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード