2017-09

バイセクシュアルの運動が現れはじめる

私は、2010年、本ブログで、台湾には2007年6月に設立された「Bi the Way」というバイセクシュアル団体があるけれども、まだ本土には明確なバイセクシュアル団体はなく、バイセクシュアルとしての活動は僅かしかないという状況をご紹介しました(「各地のセクシュアル・マイノリティのサイト(3)──バイセクシュアル」)。

しかし、今年の夏以降、中国本土でも、バイセクシュアルとしての運動が出現しつつあるように思います。以下、時系列順に見ていきます。

1.第6回北京クィア映画祭でバイセクシュアルに関する企画

6月19日~23日、第6回北京クィア映画祭(同映画祭のサイト[中国語])がおこなわれました。今回の映画祭は、事前に周到に準備していたため、北京の市街地でおこなわれたクィア映画祭としては、初めて当局からの取り締まりにも遭わずに、順調におこなわれました(1)。今回の映画祭では、当時中国に在住しておられた福永玄弥さんらが「関西クィア映画祭」を特集した企画をおこなったことにより、日本からの参加者との交流も目立ちました(2)。下は、今回の映画祭についてのビデオです。



この映画祭では、「マイノリティの中のマイノリティ」に注目した企画もおこなわれ(你看见了吗? Did you see me?)、その一環として、6月21日午後、「バイセクシュアル」をテーマとした企画が行われました。この企画では、《Bisexual revolution(双性恋革命)》(フランス)というドキュメンタリー映画を上映した後、「あなたは見たか? バイセクシュアル革命」と名づれられたフォーラムがおこなわれました。そこでは、蘇茜(バイセクシュアルとして早くから中国のLGBT運動に参加してきた人)、Alex Tso(ブラジルのバイセクシュアル団体Bi-sidesの創始者の1人)、韋婷婷(=Waiting。北京紀安徳ジェンダープロジェクト責任者、バイセクシュアル)、汪梅子(映画の字幕の翻訳者)、ひびのまこと(バイセクシュアル。関西クィア映画祭代表)の各氏が、この映画とバイセクシュアルについて討論しました。

蘇茜さんは、「バイセクシュアル」は時代遅れな言葉であると言います。蘇さんは、「クィア(酷儿)」や「セクシュアル・ライツ(性权)」のほうが、「バイセクシュアル」より有用で、時代に合っているし、身分的な分類をする必要がない言葉なので、カミングアウトする必要もないと述べました。ひびのまことさんも、「バイセクシュアル」という概念は、男女の二元的な区別を強調しているので、現在は「パンセクシュアル[泛性恋](pansexualまたはomnisexual)」と「ポモセクシュアル[后现代性恋](pomosexual)」という語を使っていると語りました。

このフォーラムをレポートした人も、異性愛/同性愛の二元的構造の中では、そのどちらでもないバイセクシュアルは「無視されるか、歪曲される」という現状を嘆き、「パンセクシュアル」概念は二元的ジェンダー論の枠組みを打破していると述べています(3)

2.北京LGBTセンターと北京レズビアンセンターでバイセクシュアルの集い

8月8日には、北京LGBTセンターで初めてバイセクシュアルの集いがおこなわれました。この集いは、北京LGBTセンターと北京紀安徳ジェンダーセンターとが共同でおこなったものです。

この集いには35人が集まりました。彼/彼女らは、バイセクシュアルだったり、バイセクシュアルな欲望や経験があったり、そうした友人がいたり、この問題に関心がある同性愛や異性愛の人々でした。この集会で、バイセクシュアルが「最も嫌な言葉」を挙げてもらったところ、次の12の言葉が集まりました(俗語なども含まれているせいか、私に正確に意味が取れなかった箇所もありましたので、以下はだいたいの内容です)。

1.バイセクシュアルは乱交だ
2.変態、浮気者、ゲイのうちのカス、裏切者
3.あなたは、自分が本当は何者なのかがわかっているのか?(自分が同性愛だとはっきりわかっていない人だと思われているということ)
4.あなたはいくつなの?(男性中心主義的なゲイがいやで「真の愛」を求めたら、「真の愛」を求める考え方は、幼稚だという意味で言われた)
5.バイセクシュアルは腐れマンコ
6.バイセクシュアルは妥協だ(自分が同性愛だと認める勇気がない)
7.あなたは気持ち悪くないの?(レズビアンから男とセックスすることをこのように言われた)
8.世の中になんでバイセクシュアルのような怪物がいるのか。
9.あなたは、自分のことがよくわかっていない同性愛者だ。
10.あなたがそうすることは正しくない。
11.お父さん・お母さんに反抗するためにやっているんだ(父母の言葉)
12.たとえ同性愛であっても、バイセクシュアルよりはいい。

「乱交」「変態」などの言葉は、かつては同性愛者が異性愛者から言われたことだったのが、今では同性愛者がLGBTの中のマイノリティに対して言っていると、この集いを呼びかけた韋婷婷(=Waiting)さんは指摘しています。

韋婷婷さんは、「バイセクシュアルだけを議論するのでは不十分だ。なぜなら、私たちが恋をするのは、男でも女でもないトランスジェンダーかもしれず、パンセクシュアルかもしれず、情欲の中を行き来するクィアかもしれない。バイセクシュアルとは言われたくない、まだ命名されていない(もしかすると、命名される必要もない)関係や欲望かもしれない。『バイセクシュアル』という命名さえ必要ないと言うひともいる」とも述べています(4)

この集会は、「第1回」と名づけられているように、今後も継続して続けるつもりのようで、集会の趣旨説明には、この「グループ(小组)の目標」として、「バイセクシュアルの交流を促進し、バイセクシュアルが声を上げる」、「バイセクシュアルの議題を探究し、セクシュアリティ/ジェンダーの多元的平等を促進する」、「セクシュアリティ/ジェンダーの垣根を打ち破り、多様な可能性を探索する」ということが挙げられています。

このグループの「具体的行動」としては、「バイセクシュアルが定期的に交流し、集会をする」、「バイセクシュアルサロン――映画鑑賞/テーマ討論」「さまざまな社会的グループに参与し、社会的グループと公衆の中でバイセクシュアルの姿が見えるようにする」ということが挙げてあります(5)

9月6日には、北京レズビアンセンター(もと北京レズビアンサロン)でも、同じく北京紀安徳センターとの共催で、バイセクシュアル集会がおこなわれました。呼びかけ人も、同じく韋婷婷さんです(6)

3.2つのセンターでは、バイセクシュアルのパーティーも開催

9月23日には、北京レズビアンセンターで、バイセクシュアルパーティーが開かれました。やはり韋婷婷さんが主催したもので、呼びかけ人は、韋さんと猪川猫二餅さん、caesaさんでした(7)

9月27日には、北京LGBTセンターが、バイセクシュアルどうしがお相手を見つけるパーティーを開催しました(8)

4.広州でもバイセクシュアル小集会

10月19日、女友組(広州のレズビアン団体(9)博客微博)が広州LGBTセンターでバイセクシュアルの小集会を開催しました。

この集会は、バイセクシュアルについての短編映画を見た後で、バイセクシュアルとしての経験を分かち合い、北京での集会同様に、バイセクシュアルにとって最も嫌なことを出し合って交流する、というものでした(10)。写真を見ると、17~18人の方が集まったようです(11)

この集会の呼びかけ文や趣旨説明には、「双/泛性恋(パイ/パンセクシュアル)として~」「双/泛性恋としての自己認識」という文言も使われており、「泛性恋」という言葉が、実際にも使われ始めていることがうかがえます(12)

5.リーフレット『バイセクシュアルABC』

また、女性の同性愛者やバイセクシュアルのグループ「同語」は、『同性愛ABC(同性恋ABC)』に加えて、『バイセクシュアルABC(双性恋ABC)』というリーフレットを作成しました(13)。このことが「同語」のウェブサイトに掲示されたのは11月ですが、8月13日には、そのリーフレットの写真が「バイセクシュアル」という微博のアカウント(双性恋_bi的微博)に掲載されていますので(14)、8月頃には完成していたものと思われます。

6.「r&Bバイセクシュアルグループ」設立

9月4日には、「r&Bバイセクシュアルグループ(r&B双性恋团体)」というグループが発表されています。このグループは、2007年にできたネット上のバイセクシュアルグループ「双生活」のメンバーと同志(LGBT)運動の中の何人かのメンバーがいっしょに設立したもので、今後、オンライン・オフラインで活動するとのことです。「r」は、半分曲がっていてストレートではないという意味で、自分たちが偽装した同性愛者でも、異性愛者の一時の迷いでもないことを示しているそうです。「B」は、「バイセクシュアル」の「B」です。

このグループは、まず、バイセクシュアルたちに、自らの体験を募集して、バイセクシュアルの真の姿を知ってもらおうとしています(15)

7.第5回香港プライドパレードに、初めてバイセクシュアルの隊列

11月9日、第5回香港プライドパレードが実施されました。今回のパレードは、主催者側発表で5200人(警察側発表でもピーク時で4500人)が参加するという、パレード史上最大の規模のものになりました。また、機会平等委員会(性差別条例などの執行に責任を持つ法定機構)の主席が初めてパレードに参加しました(16)

今回参加した約50団体のうちの20団体は本土の団体だったといいますが(17)、斯蒂夫妮(ステファニー、住所は香港になっていますが、広州でのバイセクシュアル小集会でも話をしています)さんと韋婷婷さんが初めてバイセクシュアルとしての隊列を作って行進しました(18)。といっても、その隊列は、ごく少人数(その2人だけ?)だったようですが、彼女たちは「Bi Pride」のプラカードを持って行進しました。そのプラカードには、「We'er not confused.」「You'er just ignorant」(私たちが混乱しているのじゃなくて、あなたたちが無知なのだ)という、同性愛者や異性愛者からのバイセクシュアル差別に抗議する文言が書かれていました(19)

以上、中国本土でも、バイセクシュアルとしての活動が、現実世界でも目に見える形で現れてきたという状況をご報告しました。あくまで一部の大都市の話であり、多くの国にも存在するとはいえ、日本には現在は存在しない(のではないかと思う)「バイセクシュアル」を掲げた運動が起きていることは注目に値すると思います。

(1)第六届北京酷儿影展顺利闭幕 组织者表示有点不可思议」同志亦凡人(写真あり)、「第六届北京酷儿影展顺利闭幕 组织者表示有点不可思议」北京酷儿影展2013年10月28日。第1回から第4回については、本ブログの記事「第4回北京クィア映画祭と同映画祭の歴史」参照、第5回については、本ブログの記事「第5回北京クィア映画祭は当局に中止を命じられるも、ゲリラ的に開催」参照。なお、この映画祭については、《わたしたちの物語 ~ 北京クィア映画祭と十年間の「ゲリラ戦」》という映画があります(福永玄弥さんがこの映画を関西クィア映画祭で上映なさいました)。
(2)福永玄弥さんは「朋あり、友邦より来たる――関西クィア映画祭精選(有朋自友邦来)」というシリーズを企画なさったのですが、北京クィア映画祭のサイトには、福永さんからのメッセージも中国語と英語で掲載されています(福永玄弥「《中日两国间的性别少数人群合作可能吗?》」)。その中で上映されたイノウエカナ監督の《あん、あん、あん》上映終了後には、日本からいらっしゃったイノウエさんが、《あん、あん、あん》は日本で上映したときは一部で誤解や批判を受けたのに、北京クィア映画祭では歓迎されたので、思わず声を上げてお泣きになったという場面あったようです(上記「第六届北京酷儿影展顺利闭幕 组织者表示有点不可思议」)。他には、《THE LITTLE GIRL IN ME 僕の中のオトコの娘》(窪田将治監督)、《すいっちん バイブ新世紀》(ササタニーチェ監督)が上映されたようです。また、開会式でも、関西クィア映画祭の代表である「ひびのまこと」さんが同映画祭について紹介するとともに、現在の日中関係の困難についても語りつつ、しかし、両国の民間交流はその流れに逆らってすすめていこう、北京クィア映画祭と関西クィア映画祭は互いに学び合い、切磋しあって、ともに進歩していこう、といったことを述べられたようです(以上は、「第六届北京酷儿影展成功举办(图)」淡蓝网2013年6月24日)。なお、福永さんは、この映画祭について、今後より詳しいご報告をなさることと思いますが、すでに『女たちの21世紀』75号に「中国で北京クィア映画祭(第6回)が開催」という短文を書いていらしゃいますし、自らのブログ「銀色の道」では、「北京クィア映画祭ノート(1) 」を書き始めておられます。
(3)包包 阿木「双性恋,你看见了吗?——第六届北京酷儿影展双性恋影像侧记」女声网2013年7月3日。
(4)以上は、Waiting「 Ta们最讨厌的12句话,你中枪了吗?——双性恋聚会侧记」《酷拉时报》2013年8月14日。
(5)以上は、「2013年8月8日【双性恋聚会】第一期:双性恋,今晚我们说故事」北京同志中心的博客2013年8月2日。
(6)北京9月6日 女同中心:你好 我是双性恋-聚会」同语2013年9月4日(来源:北京女同志中心)。
(7)北京女同志中心的微博9月21日 10:22
(8)2013年9月27日【非双勿扰】城中第一次双性恋速配约会活动!」北京同志中心的博客2013年9月20日。
(9)2009年10月に結成されたグループで、当初は広州同城青少年リソースセンターに下に付属していたが、2013年3月8日、独立して運営するようになったとのことです(「2013女友组招新公告」女友组的博客2013年9月2日)。
(10)【10.19女友组, 广州!双性恋集结号!】」女友组的博客2013年10月7日。
(11)斯蒂夫妮的微博10月19日 19:55
(12)(10)と同じ。
(13)同语免费赠送多元性别教育资料」同语2013年11月7日。
(14)双性恋_bi的微博8月13日 14:26
(15)双性恋_bi的微博【r&B双性恋团体】9月3日 18:02
(16)同志遊行五千人 反對歧視爭取權益 平機會主席首參與」『香港成报』2013年11月10日。
(17)5200人破紀錄 走出來爭平權 」『蘋果日報』2013年11月11日。
(18)斯蒂夫妮的微博11月8日 21:01
(19)斯蒂夫妮的微博11月10日 01:27
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/442-f220412c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード