2017-10

海南万寧の女子小学生の性侵害事件と女性運動

5月8日、海南省万寧市の小学校の陳在鵬校長と地方政府の職員が、女子小学生をホテルに連れ込んで、一夜を過ごすという事件が発生しました(1)

陳校長らは逮捕されましたが、警察は、彼らの犯行を「強姦」ではなく、「強制わいせつ」として扱いました。また、警察やマスコミは、被害者のほうにも問題があったかのような発表をしました。また、被害者の家族は、当局からメディアや弁護士に接触しないように言われて、家族の代理人になった7人の弁護士は、家族から解任されました。

こうした状況に対して、以下のような、さまざまな運動が起きました(以下、微博を典拠にしている記述については、注記としては不完全ですが、微博名と日付だけを付記してあります)。

<目次>
1.警察の捜査を批判する署名運動
2.メディアによる二次加害に抗議するパフォーマンスアート
3.婦女連合会の不作為に対する抗議活動
4.教育局や小学校に対する葉海燕さんらの抗議活動と葉さんに対する弾圧、行政拘留

1.警察の捜査を批判する署名運動

警察の捜査に対する批判

ジャーナリストの李思磐さんは、警察の捜査に対して、以下のような批判をしました(2)

一、「処女膜が破れていなかったから強姦ではない」という罪状決定の方向が誤っている

警察は、処女膜が破れていないことを根拠に、強姦ではなく「わいせつ」であるとしている。しかし、従来の司法解釈(最高人民法院が出す法律の公式の解釈)は、幼女の場合は、成人よりも強姦の定義を広く取って、「双方の生殖器の接触」があれば強姦と認めており、処女膜の状況だけを強姦の基準にしてはならないとしている。また、4つの鑑定書のうち、1つは処女膜に裂傷があるとしている。さらに、警察は処女膜の状況だけを問題にしていて、DNA鑑定の結果や証人の証言を取り上げていない。

二、幼い女の子に汚名を着せ、容疑者を罪から逃れさせている

警察は、被害に遭った女子生徒が自分から関係を持ったと発表している。しかし、従来の司法解釈は、一般に、幼女の場合、同意の有無を問題にしていない。警察は、被害者の道徳について主観的な論評をすべきではない。警察は幼女が主体的に売春をしたかのように言っているが、未成年者は性関係において民事的能力がないことを無視している。

三、万寧の警察は犯罪の容疑者をかばっている疑いがある

 ・警察は、6人の生徒のうち4人だけについて、DNAが検出されなかったとし、他の2人については検査をしていない。
 ・かりに挿入行為がなかったとしても、「わいせつ」よりも罪が重い「強姦未遂」である可能性がある。警察は、被害者が薬を飲まされて気分が悪くなったという証言や金銭による性関係を持ちかけられたという証言、脅迫されたという証言もあることも考慮すべきである。
 ・未成年者に対する性侵害事件は、通常、累犯・重犯であり、警察は容疑者が余罪がないか調査する必要がある。とくにこの事件では、陳は仕事をつうじて幼い女の子に接触しており、類似の行為をしていないか追及する必要がある。

公開書簡への署名運動

李思磐さんが代表をつとめる「広州ニューメディア女性ネットワーク」という団体と宋志標さん(メディアウオッチャー)・余丹丹さん(女性の権利活動家)は、以上のような認識の上に立って、以下の点を万寧市公安局に要求する公開書簡への署名運動を始めました(一部の抜き書きです)(3)

・無責任に幼い女の子に汚名を着せる情報を発表した行為に対して、女の子とその家族に謝罪すること。

・証拠を全面的に分析せずに出した「強姦は存在しなかった」という結論を撤回すること。

・一部の保護者に対して介入・説得する行為をストップすること、警察が事件の捜査の過程で政府内部の行政命令の影響を受けないことを保証すること、事態を粉飾するために、陰の取引によって事実を歪曲しないことを保証すること。

・最も重要なのは、このように全国が関心を持ち、注目している事件については、万寧市政府はその公式サイトでこの事件に関する情報を、すぐに、正確に、完全に発表して、疑問に堪えうる公開の文字の記録をとどめおくこと。本来きわめて厳粛な、公権力の機関を代表する信頼度の情報を、随意・選択的に発表するようなことがないようにすること。


この公開書簡に対しては、5月26日までに1400人近くから署名が集まりました(新媒体女性的微博5.26)。

2.メディアによる二次加害に抗議するパフォーマンスアート

5月15日付『瀟湘晨報』は、「6名の女子小学生の生活の規律の乱れを重視せよ」という社説を掲載して、女子小学生が成人男性と付き合ったり、贈り物を受け取ったり、ホテルに付いて行ったことを問題にしました(4)

この報道に対して、5月21日、長沙の瀟湘晨報ビルの前で、4人の若い女性が、股をべったり広げて地面に座り、その股の間に、細い切れ目を入れた、赤い果肉が見えているスイカを置いて、ヴァギナに見立て、『ヴァギナ・モノローグ』(イヴ・エンスラー)を改編した「私のヴァギナはお誘いではない」を朗読して、「性道徳は、性侵犯の理由ではない。海南の幼女に二次被害を与えることを止めてください」と訴ました(大兔纸啦啦啦的微博5.21)(5)。その傍らでは、一人の青年が「性道徳は、性侵犯の~」という文言を書いたプラカードを掲げて、道行く人にも訴えがわかるようにしました (以上の写真→「四女青年长沙街头上演“阴道独白”声援海南幼女」女声网2013年5月21日[新浪微博@女权之声])。

3.婦女連合会の不作為に対する抗議活動

海南省万寧市以外の地区でも、最近、相次いで幼い女の子に対する教師による性侵害事件が発覚しており、たとえば、広東省でも、雷州市で小学校の校長が女子生徒を強姦した事件が起きました(6)。しかし、各地の婦女連合会(婦連、中国共産党の指導の下にある女性団体)は、何の抗議や声明も出していません。

それに対して、5月27日、広東省の婦連の入口で、何人かの市民が、「沈黙している婦連よ、性が侵害された子どもの泣き声は聞こえているか?」、「婦連よ、耳が聞こえぬふり、口がきけないふりはやめてくれ!」「幼女買春罪(14歳以下に対する買春を、「強姦」ではなく、「幼女買春」とすることによって、強姦ほどには重く罰しない法律(7))を廃止して、子どもの性侵害という犯罪行為を厳罰にせよ!」というプラカードを掲げて、婦女連合会に抗議しました。

彼らは、婦連に対して以下の7項目の要求をまとめています。

1.婦連は「女性と少年・児童の権益を守る」という法律で定められた職責をきちんと履行して、児童に対する性侵害事件に対して、やるべきことをやり、「大衆団体」として発すべき声を発しなければならない。

2.婦連は、行政・司法機関の職責履行状況を法にもとづいて監督し、職務上の怠慢や法律違反の疑いがある行為(捜査・事件処理の手続き違反や倫理違反など)に対しては責任を追及しなければならない。

3.「社会の安定維持」の名の下に、被害に遭った子どもや家族に圧力をかけて口を封じたり、メディアの報道を阻止したりする行為に対しては、婦連は、断固として、被害当事者の権益を侵犯する行為として通報・問責するべきであり、悪行に対して声を上げないようではいけない。

4.性的侵害を受けた女性の「貞潔」に対する偏見・非難および官界での「処女を破れば官位が上がる」という悪い風俗迷信など、女性をモノ化する行為に対しては、婦連は敏感なジェンダー意識を持って対応し、譴責すべきである。

5.現行刑法の「幼女買春罪」は幼い少女に汚名を着せ、基本的法理に違反している疑いがあり、法学界や人民大衆の中では、この罪名の廃止を求める声がきわめて高い。婦連は全国的大衆組織としての立場から、学者・専門家や利害関係者と協力して、立法機関に対してこの罪名の存廃問題の研究を強化するように訴えるべきである。

6.婦連は、自らの組織の優位性を生かして、学校・地域コミュニティなどで、児童少年・教師・保護者などに対して性知識・性安全・自己保護教育をするべきである。

7.婦連は民間の公益組織と協力して、被害に遭った子どもに対する心理的危機管理と救済の方法を逐次構築するべきである。


実は、昨年4月24日の『広州日報』では、広東省女性児童工作委員会が検察院と共同で作成した『女児が性侵害に遭った情況の調査研究報告』について報道されています(「广东发布女童遭性侵报告:多为熟人作案」)。婦連に対する抗議行動に参加した陳生さんは、「婦連は子どもに対する性侵害事件に関心を持って、多くの時間を使って調査研究をしているのに、なぜ事件が起きたときに、各地の婦連はみな黙っているのか?」と言います。また、この研究報告はまだその一部が新聞で報道されただけなので、市民たちは、その全文を公開するように、広東省女性児童工作委員会に情報公開申請をおこないました(8)

それに対して、広東省婦連権益部は、翌日、公式微博で、「婦連はずっと、どのようにして性侵害事件の発生を防ぐかを宣伝し、被害者にさまざまな形の救助をすることに努力してきた。年内に児童の性侵害防止に関するパンフレットを出す予定だ」と述べました。もっとも、それに対しては、「ずっと努力してきた? そうは見えない。婦連は、パンフレットを編集する以外に、もし被害者が助けを求めたら、どんな役割ができるのか?」(手牽手工友活動室[女性農民工支援NGO]的微博5.28)という疑問が寄せられましたが……。

「婦連は解散せよ!」という声も

この件に対する婦連の対応に関しては、すでに5月19日、フェミニスト活動家の李麦子さんも「婦連は結局、何の役に立つのか?」と言っていますし(麦子家的微博5.19)、セックスワーカー支援活動家の葉海燕さんも、5月22日、「婦連は一言も言わない。本当におかしい」と述べました(叶海燕宝贝的微博5.22)。

さらに、広東省婦連前での抗議がおこなわれた翌日の5月28日、向莉さん(どういう方なのかよくわかりませんが、写真を見ると、わりあい若い女性のようです)は、砂浜に「妇联解散(婦連解散)」と大きく書いた写真をアップして、以下のように述べました。

婦連は本来女性の権益・少年・児童の権益を守る団体だ。。。しかし、婦連は合肥の安坭事件・万寧の校長の小学生への性的侵害などの事件の間、ずっと耳が聞こえぬふり、口がきけないふりをしていた。公権力と被害女性を前にして、婦連は何度も口を噤んできた。解散すべきだ!!!(@花儿在歌唱的微博5.28)


5月28日、作家の天佑さんも以下のように述べました。

中国には女性と子どもの権益を保護する組織があるという。それは――婦連である。けれども、多くの小学生が強姦され、わいせつなことをされても、何も言わない。こんな組織がなんの役に立つのか? この組織に解散するように強く意見を出す!(作家・天佑的微博5.28)


向莉さんは、さらに、「婦連解散、幼女買春罪廃止!」というタイトルで、「女性と子どもの権益を守ると称している婦連は、万寧の6人の女子生徒が校長にホテルに連れ込まれたというスキャンダルが発生しても、耳が聞こえぬふり、口がきけないふりをしている。婦連は解散してください! 幼女姦淫は、強姦と見なすべきだ。幼女買春罪は5年以上の有期懲役で、量刑がきわめて軽く、成人が未成年者に性的侵害をする罪を逃れさせる疑いがあるので、廃止すべきだ。幼女をこの罪の中で売春婦と見なすのは、彼女たちと家族の人権と名誉権を侵犯している」として、9人(組)がそれぞれ、婦連や幼女買春罪を批判しているメッセージを掲げている写真を掲載しました(@花儿在歌唱的微博5.28。向莉さん自身は「学校の子どもが性的侵害に遭ったのに、無用な婦連は解散しろ!!」というメッセージを持って立っている写真を掲載している)。

この発信は、5月30日現在、5881転載されており、人権派の女性弁護士である王宇さんも「婦連解散」とコメントし(律师王宇的微博5.28)、他にも、「長年、婦連がなにか役に立つことをしたということを知らない」、「婦連は表面的には民間団体だが、実際はお役所だ」、「婦連、赤十字、労働組合、政治協商会議。。。。みんな誰のために仕事をしているのか??」「婦連は解散しなくてもいいから、沈躍躍[現在の全国婦連主席]は辞任しろ! 葉海燕が就任しろ!」、「解散に同意する」などのコメントが寄せられています。

もちろん向莉さんは、婦連だけを問題にしているのではなく、「教育部部長・袁貴仁と全国婦連主席・沈躍躍にお尋ねするが、一ヶ月のうちに多くの女児に対する性侵害事件が起きているのに、あなたがたは相変わらず沈黙を守り、一言のお詫びもない。あなた方の良心はどこにあるのか?!」(@花儿在歌唱的微博5.28)というふうに、教育部の責任も問うています。また、コメントの中には、「解散すべきは某組織である」「全国の邪教団体とその支部団体を取り締まれ」といった中国共産党を指しているようにと思われるものもありますし、検閲によって削除された微博もあるので、もっと露骨な発信やコメントもあったのだろうと思います。

4.教育局や小学校に対する葉海燕さんらの抗議活動と葉さんに対する弾圧、行政拘留

万寧市の教育局や小学校前で数人で抗議活動

海南省万寧市では、セックスワーカー支援活動家として著名な葉海燕さんが、5月27日、万寧市教育局の前で「学校にはまだ何人陳在鵬がいるのか? 誰が女の子の安全を守るのか」と大きく書いた紙を持って立ちました(@花儿在歌唱的微博5.27)。また、4人が、「監督の職責失当の局長は辞めろ」と書いた紙を持って立って抗議のアピールをしました(@叶海燕宝贝的微博5.28)

また、同日午後2時からは、葉海燕、向莉、唐吉田(人権派弁護士・男)、王宇(人権派弁護士・女)、単麗華、王建芬、賈霊敏、南伏の各氏が、万寧小学校前で3時間あまり、「学校の環境を浄化せよ」「校長の陳在鵬を法によって処罰せよ」などと書いた紙を持って立って、抗議活動をしました。王宇弁護士は、女性や子どもの権利に関する法律を紹介したチラシを撒きました(@叶海燕宝贝的微博5.27、5.28、@花儿在歌唱的微博5.27)。

葉海燕さんは、「校長よ、私をホテルに連れ込め。小学生には手を出すな! 連絡先電話12338 葉海燕」と大きく書いた紙を持って、立ちました(@叶海燕宝贝的微博5.27、@花儿在歌唱的微博5.27)。「12338」というのは、婦女連合会の権利保護ホットラインの電話番号です。これは、加害者に対する皮肉であるとともに、婦女連合会への皮肉ないし注文を表現しているのかもしれません(9)

葉さんがおこなった「校長よ、私をホテルに連れ込め。小学生には手を出すな!」というメッセージに自分の写真を添えるやり方が流行

葉さんの「校長よ、私をホテルに連れ込め。小学生には手を出すな! 連絡先電話12338」という文言と自分とを写した写真を自らの微博で発信するというやり方は、その後、他のフェミニストにも広がり、5月28日には、鄭楚然さんや李麦子さんがやり(大兔纸啦啦啦的微博5.28、麦子家的微博5.28)、29日には、@夏日的第13章さんがやっています(5.29)。

さらに、女性だけでなく、雷闖さん(5.28)のような男性、阿強さん(5.29)のようなゲイにも広がりました。動物の写真とともに、上のメッセージを掲載した人もいます。連絡先の電話番号に「110」番を書き込んだ人もいます。その他、さまざまな人がやっています(10)

葉さんに対するデマ、非難

一方、葉さんに対して、「葉海燕は男の子に性的侵害をしている」とか「葉海燕はどこそこの政治グループに隷属している」というデマも振りまかれました(叶海燕宝贝的微博5.30)。

葉さんのパフォーマンスについて、「風俗を害する」ものであり、「大衆をあっと言わせて歓心を買おうとする『自己宣伝』」だとして非難する記事も出現し(11)、この記事が、新華網のような代表的ニュースサイトもに転載されるという事態も起きました。

民間女権工作室にまた調査が入る

葉海燕さんに対して、政府当局からの弾圧と思われるものも始まります。

5月29日、葉海燕さんが自宅に電話すると、広西の博白[の民間女権工作室]にまた調査が入ったと言われ、「家には子どもが一人でいる。もし子どもに何か事故があったら、きっと政府部門が関係している。私は、恥知らずな関係部門が、私に対する嫌がらせをストップするよう希望する。もし私が何か違法なことをしたのなら、直接に法律の手続きでやってほしい。私はあなたがたが文明的で合法的なやり方で問題を処理できることを望んでいる」と述べました(叶海燕宝贝的微博5.29)。

婦連の人が家主に葉さんを追い出すように圧力をかける

5月30日には、葉さんは次のように微博で述べます。

9時45分:ついさっき、家主のおばあさんが来た。彼女は、街道居民委員会にも婦連の人がいて、2、3人が一緒に来て、私がいま借りている家を私に貸すなと言ったという。私の女児は近くの学校に通っている。子どもの教育のために、近くの学校に通わせているのだ。いま私が追い出されたら、子どもの勉強は途中で終わってしまう。私は博白[県]の婦連に電話をしたら、彼女たちは、このことに関わっていないと言った。これは、私という市民が立場を表明した代償なのか?


葉さんの家に10人あまりの女たちが来て、葉さんを殴る

10月30日、葉さんは、微博で以下のような発信をします。

11時41分:いま、4、5人の女が私の家に来て、私を殴っている。

11時42分:お手数だが皆さん、警察に通報を。家には私と娘しかいない。

11時58分:みんなで11人ほどいる。男が1人いて、ほかに10人ほど女性がいる。

11時59分:彼らはまだわが家の入口の階段をふさいでいる。皆さん、警察に通報するのを手伝ってください。役に立たなくても、記録をしなければならない。法律という手段で解決する。


Voice of Americaの記者への電話では、葉さんは、彼女(彼)ら11人は、「自分たちの写真を撮って、その写真をネットに掲載した」と言っているが、葉さんは「私は、あなた方の写真を撮っていないし、あなた方の写真を人に撮らせたこともない」と述べたのに、彼女たちが暴力をふるったと言っています。電話からは、騒がしい声が漏れてきて、葉さんが「私は撮っていない、もう一度言うが、私は撮っていない」「あなたが家に来て、私を殴ることがすでに違法だ」と言う声も聞こえて、電話が切れたということです。

その後、6、7分後に電話がつながった時は、警官がドアを開けるように言っている声や葉さんが「110番が通じない」と言って、その警官を怪しんでいる言葉や「私は違法行為はしていない」と言っている声が聞こえてきました(12)

午後1時前、王宇弁護士が、葉さんの家に電話したところ、葉さんの子どもが「お母さんは派出所に連れて行かれた」と話し(律師王宇的微博5.30)、その後、葉さんの行方はわからなくなりました。

警察が、葉さんは「刃物で3人の女性を傷つけた」ので行政拘留にしたと発表

5月31日、広西玉林市警察は、玉林市博白県警察が5月30日に「刃物で3人の女性を故意に傷つけた葉海燕を行政拘留にした」と発表しました。

警察の発表によると、博白県の女性の張某と梁某と覃某という3人の女性が、2012年に葉海燕がインターネット上で彼女たちの旅館を「十元店」(出稼ぎ労働者用の安い売春宿)だとして中傷して、彼女たちの家族の写真をネットに掲載したため、名誉が毀損されたとして、葉海燕に抗議して損害賠償を要求したところ、葉海燕は包丁で4人にけがを負わせたということです(13)

しかし、この発表は、とても人々を納得させるものではないでしょう。ある弁護士も、すぐに、自分のブログで、警察の通告は「いささかうさんくさい」と言っています。すなわち、1)葉海燕のパフォーマンスアートの後、その11人がすぐに家に来たというのは、タイミングがよすぎる。葉海燕とその11人との紛争は去年起きたのに、今になって交渉している、2)当時多くの人が家に来て挑発して、住宅に侵入し、人身に危害を加え、葉海燕はそれにかなわなかった。つまり、刃物を持ったのは防衛のためだったのに、警察が葉だけを罰して他の人を追及しないのは、公平とは言い難い、と指摘しています(14)

実際、同日、王宇弁護士と王全平弁護士が、葉さんの娘さんに事情を聴いたところ、娘さんが学校から帰ってカギをかけずにいたところ、不法に家の中に侵入されて、母親を殴ったり罵ったりしたので、これ以上ひどい怪我をさせられないように、母親が武器を取って正当防衛をしたということでした(律师王宇的微博5.31)。

葉さんの釈放を求める運動

さまざまな人が葉さんの釈放を訴え、フェミニストのグループは、そのための葉書を博白市の派出所や婦女連合会に送る運動もおこなっています(15)。艾暁明・元中山大学教授は、上半身裸の身体に、「私をホテルに連れ込め」「葉海燕を自由にしろ」と書いて、twitterで発信しました(16)

[付記(2013/06/03)]
Togetter「『校長先生、小学生をホテルに連れ込む』事件と女性活動家の逮捕―中国」もKinbricksnowさんによって作成されています。

(1)海南万宁一小校长带4幼女开房 政府职员带2幼女开房」法制网2013年5月13日(来源:法制日报)、「小学校校長と市職員、小学6年生の女児6人に性的暴行―中国海南省」XINHUA.JP 5月14日など。
(2)李思磐「校长开房案:万宁警方是否涉嫌渎职」华商报网络版2013年5月17日。
(3)致海南省公安厅关于万宁市公安局办理“小学校长带女生开房案”涉嫌渎职的公开信
(4)重视6名小学女生生活方式的失范」『潇湘晨报』2013年5月15日。
(5)すでに5月1日に、香港の1908社が、切れ目を入れたスイカを股の間に挟んでヴァギナに見立てるパフォーマンスアートをしているので(叶海燕的微博2013年5月1日)、彼女たちがオリジナルなパフォーマンスアートではないと思います。
(6)广东雷州小学校长涉嫌强奸两女生 被举报后自首」中国新闻网2013年5月23日。
(7)中華人民共和国刑法の第236条(強姦罪)は、「相手が14歳未満の幼女と姦淫する者は、強姦と見なし、重く罰する」としている。強姦は「3年以上10年以下の懲役」で、「情状が劣悪」な場合は「10年以上の懲役・無期懲役・死刑」である。その一方、刑法は、第360条2項(幼女買春罪)では、「14歳未満の幼女を買春する者は、5年以上の有期懲役に処し、あわせて罰金を課す」としている。「有期懲役」は期限が「15年以下」に決まっていますから(刑法第45条)、「幼女買春罪」は、最低刑は強姦よりも重いけれども、「情状が劣悪」な場合でも、「強姦罪」ほどは重く罰せられない。また、中華人民共和国刑法では、「強姦罪」は「公民の人身の権利、民主的権利を侵犯する罪」に属するのに対して、「幼女買春罪」は、「社会の管理と秩序を妨害する罪」に属している。これは、幼女が自分で売春したので、幼女にも問題があったとされているからである。
(8)以上については、「“拿什么保护你?我的孩子!” 广州市民妇联目前举牌表心声 申请政府消息公开 呼吁妇联维护妇女及少年儿童权益」女权之声的微博5月27日 15:44→「广州市民妇联前面举牌表心声 广州市民妇联前面举牌表心声 并申请妇儿工委会政府信息公开」社会性别与发展在中国2013年5月28日。
(9)以上の写真は、「叶海燕抗议性侵女童:开房找我,放过小学生!」(21CN微频道2013年5月28日)でも見られる。
(10)こうした写真は、「叶海燕举牌抗议万宁性侵案 遭殴打被扣押」(社会性别与发展在中国2013年5月31日)にも掲載されている。
(11)郑亚琳「“校长开房找我”哗众取宠式的“自我秀”」紅網2013年5月30日。この件についてはRedio Free Asia(自由亚洲电台)も取り上げています(「女权活动人士举牌抗议校园性侵 官媒批评行动伤风败俗」2013年5月13日)。
(12)叶海燕抗议万宁校长性侵被报复家中遭群殴」Voice of America (美国之音)2013年5月30日。
(13)广西玉林警方:叶海燕故意伤害他人被依法拘留」中国新闻网2013年5月31日。
(14)叶海燕事件」丁金坤法律博客2013年5月31日。
(15)声援叶海燕,寄出明信片 围观即是力量,表态亦能声援」女声网2013年5月31日。
(16)艾晓明「这是我生过养过的身体,为了叶海燕,我豁出去了――救救小学生,反抗性暴力!」艾晓明(xiaocao07)twitter2013年5月31日。

[追記](2013/06/03)
・葉海燕さんが掲げたスローガンの翻訳が、「小学生を解放しろ」となっていましたが、「小学生には手を出すな」に改めました。
・KinbricksnowさんによるTogetterへのリンクを付け加えました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/431-d3e7d27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード