2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井マリ子さんの裁判、桂館長が証人に決定

 このブログで2度にわたって要請ハガキを出していただくようにお願いしていた、三井マリ子さんの「館長雇止め・バックラッシュ裁判」(事件の経過)の証人採用の件ですが、昨日の法廷で、桂容子さんの証人尋問をすることが決定しました。

 豊中市はバックラッシュ勢力(性別役割分担に固執し、男女平等の前進に反対する勢力)に屈して、女性センターの館長だった三井さんを雇止めしたのですが、その際、豊中市は一応は三井さんにも次期館長を決める試験を受けさせました。
 けれど実は、三井さんを落として、もう一人の受験者だった桂さんを合格にすることをあらかじめ決めていたのです。

 裁判長からは、今度の証人尋問では、とくに2004年2月9日のことを中心にするよう要請がありました。
 その日は、すでに三井さんも次期館長の採用試験を受ける意思を公式に表明していたのに、豊中市の人権文化部長(試験のときの面接官の一人でもある)が桂さんに、「うちは桂さんしかいないんです」「型どおり面接をしないといけないんで(形だけの面接をする)」と語った日です。
 上の点については、桂さん自身がそのように話しておられます(三井さんの陳述書や豊中市議の一村和幸氏の陳述書による)。桂さんはのちに、三井さんも別に試験を受けていたことを知り、とても驚いたそうです。

 来年2月21日の午後1時45分から大阪地裁です。
 詳細については、そのしばらく前に、この裁判を支援する会のホームページブログに出ます。
 よろしければ、いらしてみてください。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/34-a17194c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。