2017-08

野村鮎子・成田靜香編『台湾女性研究の挑戦』の書評を書きました

今年4月、以下の本が出版されました。このブログでもたびたびお知らせしてきた、関西中国女性史研究会の「台湾女性研究論壇」を基盤にして作成された本です。

野村鮎子・成田靜香編『台湾女性研究の挑戦』(人文書院 2010年)(3780円 amazonのページ

Ⅰ 変革の道程
陳 昭如(林香奈訳)「『不孝』の権利――台湾女性の相続をめぐるジレンマ」
〈解題〉林香奈「脱性別化した法は性差別に対抗しうるか――娘の相続にひそむジェンダー不平等への問いかけ」
張 晋芬(大平幸代訳)「台湾の女性労働力および職場におけるジェンダー不平等」
〈解題〉大平幸代「働きやすい社会へ――張晋芬氏に聞く、働く台湾女性の現状と課題」
顧燕翎(羽田朝子訳)「フェミニズムの体制内改革――台北市女性権益保障弁法制定の過程と検討」
〈解題〉洪郁如「台湾のフェモクラットとジェンダー主流化」
范 情(竹内理樺訳)「台湾女性運動の歴史をふりかえって」
〈解題〉竹内理樺「政治の民主化とともに――台湾女性運動の歩み」

Ⅱ 社会進出の道程
游鑑明(坪田=中西美貴訳)「日本植民体制と台湾女性医療従事者」
〈解題〉坪田=中西美貴「台湾女性の近代経験とライフ・コースの変容」
李玉珍(成田靜香訳)「出家による社会進出――戦後台湾における女性僧侶の生き方」
〈解題〉成田靜香「戦後の台湾仏教における先駆的女性」
頼 淑娟(野村鮎子訳)「部落と都会の間――台湾原住民女性の世代間における経済活動の変転」
〈解題〉野村鮎子「可視と不可視の間――原住民族女性の今日的課題」

Ⅲ 女たちの声を聴く
呉燕秋(中山文訳)「戦後台湾女性の堕胎心性史」
〈解題〉中山文「台湾・中国・日本における堕胎の心性比較」
邱貴芬(田村容子訳)「女性史研究の方法――ある台湾ドキュメンタリー・フィルムを例として」
〈解題〉田村容子「『サバルタン』が語る/騙るとき――台湾女性史研究における台湾女性ドキュメンタリー・フィルムの可能性」

上記の本について、私は、『週刊読書人』8月6日号(2850号)に、「水準の高い研究書 日台の女性の研究交流の大きな成果」として書評を書きました。

ごく短い書評ですが、「さまざまな人に関心を持っていただきたい、読んでいただきたい」という気持ちで書きました。「解題」については個別の内容に触れることができなかったのが残念ですが、よろしければお読みください。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/324-ef6f9f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード