2017-08

学校の女子トイレの便器の数を男子トイレよりも多くする規定

 今年7月、「広東省未成年者保護条例(改正草案)」(第6稿)に、「学校は、トイレなどの施設の建設・配置・使用の面で、女子学生に配慮しなければならない。女子トイレの実際の使用面積と施設は、男子トイレの1.5倍でなければならない」(17条)という条項が盛り込まれました。

 こうした条項は、中国国内では初めてだということです。中国でも、女子トイレは、男子トイレに比べて順番待ちの列ができやすく、学校だと、場合によっては次の休憩時間までトイレを我慢するような現象まであるとのことで、こうした条項が必要なようです(1)

 最近の報道では、上の17条の後半部分は、「女子トイレの一人当たりの実際に使用する便器の数は、男子トイレの便器の数よりも多くなければならない」となっています。その後の審議の結果、変更されたのでしょう。

 広州市の大多数の中学では、男女の便器の比率は1:1だということです。しかし、女性は男性よりもトイレに必要な時間が長いのですから、当然それでは足りません。広州市のある中学の校長は「男女の便器の比率は1:3が最も良い」と述べていますので(以上は(2))、上の条文では不十分なように思います。

 もちろんこうした問題は学校だけのことではありません。公衆トイレや商業ビルのトイレについても、まったく同様の問題が指摘されています(3)

[追記(2009.12.16)]

 2008年11月28日、広東省第11期人民代表大会常務委員会第7回会議で、広東省未成年者保護条例の最終草案が採択され、2009年1月1日から施行されました。その第22条に「学校の公共トイレなどの施設の建設・配置・使用においては、未成年の女子学生の生理的特徴に配慮しなければならず、女子トイレの一人当たりの実際の使用便器数は男子トイレの便器数より多くなければならない」という条文が入りました(4)

 この条項については、少なくない女子生徒が、条例への意見募集の段階でも意見を出しており、この条項を歓迎しているそうです。たとえば、華師附中のある女子生徒は、「自分の学校では以前、授業が終わった時に女子生徒がトイレに行列を作る現象があったので、学校の学生会の女子学生部が学校に動議を出して、女子トイレの数を増やすように提案したことがあり、学校も承認した」と述べ、女子トイレをもっと多く作ることを本当に願っていると述べています(5)

 この条項に関しては、他の省でも注目されました。たとえば、海南省でも、同省の財税学校党委員会書記の袁育忠さんは「人間的な思いやりは、こうした『小事』に現れる」と述べています。同省の海口市でも、旧市街の学校では、学生数の増加にともなって、トイレの数、特に女子トイレの数が不足し、トイレで行列を作らなければならないそうです。多くの保護者や教師も,女子トイレの数は男子トイレよりも多くする必要があると述べており、海口市美蘭区教科局副局長・郭川さんは、「男女のトイレの便器の数は少なくとも1:1.5でなければならない」と言い、「学校で女子生徒がトイレに行きにくい現象があるだけでなく、マーケットなど、多くの公共の場所にもこうした現象が存在している。女性への思いやりは、こうした身近な具体的なことから始めなければならない」と述べています(6)

 しかし、広東省の条例の草案の第6稿で「1.5倍」と明確に規定していた点については、成立した案では削除されています。この点に関して、条例の起草グループの副グループ長で、広東省社会科学院法学研究所の署長の駱梅芬さんは、遺憾だと述べました。

 駱さんによると、もともとこの条項に関しては、最初から意見が次々に出て、意見を募集した時も非常に多くの質問が出され、起草グループで討論した時でさえ、何度も削除することが提案されたといいます。反対意見の一つは、「少なくない学校のトイレは、すでに定まった構造があるので、変えるのは難しい」というもので、もう一つは「法でそんなに細かく定めるべきではない」というものでした。

 しかし、今回、とにかくトイレに関する規定を入れることができました。「この一歩を踏み出すのが本当に容易ではなかった」と駱さんは述べています。

 条例の起草グループのグループ長で、中山大学法学院教授の楊建広さんによると、これまでにも「城市公共トイレ設計基準(城市公共厕所设计标准)」などに、女子トイレの面積を男子トイレより広くする規定はあったけれども、現実にはしばしば無視されていたとのことで、楊さんは「私たちは、これを契機と突破口にして、いっそう公共施設に広めていきたい」と述べています(7)

[追記2]
 もとのタイトルは「学校の女子トイレの便器の数を増やす規定」でしたが、このタイトルでは意味がいまひとつ明確でないので、「学校の女子トイレの便器の数を男子トイレよりも多くする規定」に変更しました。

(1)「広東未成年人保護条例修訂草案提出要更多保護女性権益 学校女厠面積応為男厠1.5倍」『中国婦女報』2008年7月23日。
(2)「学校女厠蹲位要比男厠多」『信息時報』2008年9月25日。
(3)「女厠蹲位関乎性別平等」『中国婦女報』2007年11月14日「男女厠比例与商厦文明」『中国婦女報』2007年6月6日
(4)广东省未成年人保护条例」『南方日報』2009年1月7日。
(5)対女生特殊関懐登上大雅之堂」『中国婦女報』2009年1月6日。
(6)学生家长强烈呼吁:学校女厕所厕位请再多些」新華網2008年12月29日(原載は南海網-南国都市報)
(7)以上も、「対女生特殊関懐登上大雅之堂」『中国婦女報』2009年1月6日。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/200-4c09e44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード