2017-08

中国でも「間接差別」概念が浮上

 日本の今年の男女雇用機会均等法の改正において、「間接差別」(「間接性差別」。直接「女性だから」差別するというのではなく、たとえば「契約(派遣)社員だから」という理由で多くの女性に、働きに見合わないひどい待遇を押し付けて結果的に女性差別をすること)が争点になりました。
 いま、改正均等法についての厚労省の省令や指針についても、間接差別の問題をどう扱うかが一つの焦点になっています。9月27日までパブリックコメントを募集中(省令案について指針案について)なので、出しましょう。雇用についてのパブコメについては、ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク(WWN)の正路怜子さんがお考えになった参考例があり、セクハラについてのパブコメ例は、日本フェミニストカウンセリング学会HPにあります。でも結局は当然自分で考えないといけませんね‥‥。

 さて、9月6日付のこのブログでも紹介したように、8月25日付けの国連の女性差別撤廃委員会(CEDAW)の中国政府への勧告でも、中国の国内法に「間接(性)差別」の概念がないことが問題にされました。

 その直前の8月21日、中華女子学院が主催して「雇用の性差別およびその救済のメカニズム・国際シンポジウム」が開催されました。北京大学・中国人民大学・最高人民法院・ハーバード大学などから百人近い専門家が集まったとのことです。
 そのシンポジウムで中華女子学院助教授の劉明輝さん(法学部経済法研究室主任)は、「中国の法律の中にはずっと雇用の性差別の概念がなかった。雇用の性差別をなくすには、立法はまず性差別の内包と外延を正確に定義しなければならない」「性差別の形式には直接性差別と間接性差別がある」と言います。これは4日後に出るCEDAWの勧告と基本的に同じ内容です。
 劉明輝さんは次に「間接性差別」の定義を紹介したのち、以下の例を紹介しています。「ドイツのある企業の内部の規則は、パートタイマーは、ある社会保険を補充する待遇を受けられないと規定していたが、その企業のパートタイマーの99パーセントは女性だった。ECの裁判所はその規定を差別だとし、取り消して当事者に賠償しなければならないという判決を出した」(1)

 劉明輝さんは、すでに昨年の著書において、差別の定義に間接差別を含めるように主張し、さらに、その立証責任を雇い主に負わせるように求めていました(2)
 今回の発言は、『中国婦女報』の3面のトップで「立法は間接性差別を『忘れ』てはならない」という大きな見出しで報じられました。中国の新聞で「間接(性)差別」がこうした形で見出しになったのは、おそらく初めてではないでしょうか。

 そこには国際社会や国連の動向とともに、中国でも近年の市場経済化に伴う性別分業の拡大によって非正規の雇用形態が増大し、その多くが農村からの出稼ぎ労働者や女性だという現実があると考えられます。

 中国の非正規就労の問題は、日本同様いろいろあって簡単には述べられないのですが(3)、劉さんも例に挙げているパートタイマーの場合は、大多数が女性です。

 中国では、「間接差別」概念は、まだ研究者が提唱しているだけで、運動のスローガンなどにはなっていません(4)。しかし、こうした概念が、中国の現実とも関わって少しずつ浮上してきたことは注目に値すると思います。

(1)「“就業性別歧視及其救済機制国際研討会”在京挙辨,専家呼吁―立法不応“遺忘”間接性別歧視」『中国婦女報』2006年8月22日
(2)劉明輝『女性労動和社会保険権利研究』(中国労動社会保障出版社 2005年)(←書虫HP)108,112頁。
(3)非正規就労の問題に関しては文献が多いですが、特に女性の非正規就労の問題に注目した日本語の文献としては、ごく簡単なものですが、関西中国女性史研究会『中国女性史入門』(人文書院 2005)で私が執筆した「就労問題」「データと図版で見る現代中国の女性労働問題」の項目。
(4)なお、中国における雇用の性差別解消の困難については、このシンポジウムでも、卓澤淵教授(中国共産党中央党学校)は、「わが国のこの問題における主要な困難」として、以下の点をずばり指摘しています。
 ・差別の主体があまねく存在している。企業、結社団体の組織、事業機構があり、国家機関さえもある。
 ・差別を救済する組織が欠乏しており、雇用差別に反対する女性の自治組織もまだ誕生していない。
 ・差別紛争の司法が立ち遅れており、女性が雇用差別を受けないように保護する有効な司法上の措置がまだない。雇用の性差別に反対する訴訟は比較的少なく、女性の平等な就労権を擁護することに成功した司法上の採決はさらに少ない。

[訂正(2010.1.21)]
 当初、「短工」のことを、「パートタイマー」と理解した記述をしていましたが、誤りでしたので、お詫びならびに、関連箇所の削除・修正をおこないました(「短工」は、短期間の有期雇用のこと)。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/14-4814349f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード