2017-03

女性・子どもの人身売買に対する初の行動計画

 12月13日、国務院弁公庁から「中国の、女性や子どもを誘拐して売ること(以下、人身売買と言う)に反対する行動計画(2008─2012年)」が発表されました(1)。もちろん従来も人身売買を禁止するさまざまな法律や個別の政策・活動などはありましたが、「行動計画」はこれが初めてです。

 この行動計画の全体的目標は、「人身売買に反対する活動の協力・保障のメカニズムを整備し、関係部門の職責・任務を明確にし、協力を強め、予防・打撃・救助・リハビリが一体となった反人身売買の持続的なメカニズムを打ち立て、活動の効率を向上させ、女性・子どもの人身売買の活動の発生を最小限にし、人身売買の被害にあった女性・子どもの心身の傷を最小限にする」ということです。

 具体的には、関係部門の人身売買に対する認識の向上、犯罪の予防、取締り、女性・子どもの救出、リハビリ、国際協力などについて書かれています。

 また、この行動計画は、「女性・子ども人身売買反対行動工作部局間[部際]合同[連席]会議制度」を設立することにしました。「部際」の「部」というのは、以下の団体のことで、これらの団体が協力・調整する制度です。
 公安部・中央宣伝部・中央綜治弁・全国人大常委会法工委・外交部・発展改革委・民生部・司法部・財政部・人事部・労働保障部・鉄道部・交通部・農業部・商業部・文化部・衛生部・人口計生委・工商総局・民航総局・広電総局・法制弁・婦児工委弁公室・扶貧弁・全国総工会・共青団中央・全国婦連。
 女性の人身売買が、いかに多くの問題と関わっているのかがわかります。

 『中国婦女報』の記事は、この行動計画について、「わが国が『打拐』から『反拐』へ向かいつつあることを示している」と述べています(2)
 つまり、これまでは人身売買を取り締まることが中心だったのが、より総合的な人身売買対策を掲げるようになったということです。『中国婦女報』の記事は、「行動計画」にだいたい以下のような点が述べられていることに注目しています。

 救出された女性・子どもをできるだけ早く家庭や社会に復帰させ、二次被害を受けるのを防ぐため、救出された女性と子どもに対して、社会的な思いやりを強める。もと住んでいたところに帰れないか、帰りたくない被害女性と16歳以下の未成年者に対しては、職業訓練や職業紹介などをして、異郷で就職するのを助けるなど。
 犯罪を根本的に予防するメカニズムを整備する。農村の貧困な女性のサポート、女性の地位向上、義務教育の経費の保障など。
 人身売買の「買い手市場」を取り締まる。労働者を違法に使用する職場や児童労働者を使用する行為、違法な労務紹介・婚姻紹介などの取り締まりなど。

 こうしたことが今までまったくおこなわれてこなかったわけではありません。たとえば、被害者に対するケアという面では、公安部などが、「誘拐された女性・児童の中継[中轉]・訓練・リハビリセンター」というものを2001年から今日までに、4つの省や市で設立しています(江蘇、雲南、四川、徐州)。こうしたセンターでは、被害者が社会復帰する(家族のもとに帰る)前に、被害者に基礎的教養や法律、職業技能の訓練、傷ついた心身のリハビリなどをおこなっています。
 4つのセンターのうちでは、四川省のものが最も規模が大きく、その経費はすべて政府持ちで、面積は5000平方メートルに及び、生活・生産・学習・治療・活動・事務の6つの区域があるといいます(以上、(3))。
 四川省では、省の女性児童人身売買打撃弁公室と公安部とユニセフが共同で、『悪夢[噩夢]』という被害者の口述記録や『再び虹を見る[重見彩虹]』という被害者ための心理相談のハンドブックも作成して救援活動の一助にしているようです(4)

 もちろん、このような取り組みはまだごく一部でおこなわれているにすぎません。今回の「行動計画」を足がかりにして、こうした点を含めた総合的対策を少しでもすすめてほしいものです。

(1)「国務院辨公庁関于印発中国反対拐売婦女児童行動計劃(2008─2012年)的通知」婦女観察網HPより
(2)「被解救婦女可安排異地就業」『中国婦女報』2007年12月26日。
(3)「被解救婦女児童中転康復中心昨在我省設立」『華西都市報』2002年11月6日「中国関注被拐婦女児童心理的康復」新華網2004-05-30
(4)「携手維護 婦女児童合法権益」『四川日報』2004年3月8日。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/139-153ee6b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード