2017-06

中国共産党指導部の女性比率

 昨日、中国共産党17回党大会が終わり、新しい中央委員が選出されました。
 女性で中央委員に選出されたのは、次の13人です。
 馬[文+馬]、烏雲其木格(モンゴル族)、楠、劉延東、孫春蘭、李斌、李海峰、楊衍銀、呉愛英、沈躍躍、宋秀岩、陳至立、黄晴宜(敬称略)
 (中国共産党第十七届中央委員会委員名単より)。

 2002年の16回大会では、女性は5人しか中央委員に選出されませんでしたから、今回、2.5倍以上に増えたわけです。しかし、中央委員は全部で204人選出されているので(今大会の場合)、女性は全体の6.4%でしかありません。
 下の表を見ていただければわかるように、中央委員会の女性比率は、1950年代からずっと低いままであり(文化大革命の時に少しだけ上昇した)、16回大会が異常に低かったのを回復しただけとも言えます。
 しかし、今後、女性が増大する流れの第一歩である可能性もあると思います。

各党大会で選出された中央委員の女性数・比率(1)
8(1956年) 4/ 97[4.1%]
9(1969年)13/170[7.6%]
10(1973年)20/195[10.3%]
11(1977年)14/201[7.0%]
12(1982年)11/210[5.2%]
13(1987年)10/175[5.7%]
14(1992年)12/189[6.3%]
15(1997年)8/193[4.1%]
16(2002年)5/198[2.5%]
17(2007年)13/204[6.4%]

 今日は、中央委員会の総会で、中央政治局常務委員と中央政治局員が選出されました(第十七届一全会産出中央領導機構)。
 中国共産党の場合、中央委員会の上に位置する中央政治局とその常務委員会とがたいへん重要です。10年以上以前の話ですが、毛利和子さんは次のように言っていました。「党が上から下へのピラミッド型機構のため(……)中央委員会はこれまでずっと政策決定の中で重要な役割を果たしてこなかった。/政策決定のコアになるのは二十数名の中央政治局、とくにもっとも重要な決定は、多くの場合6~7名のごく小さい集団――中央政治局常務委員会で行われる。(……)10億以上の国民を擁する大規模国家の重大事が、20人前後の党政治局のメンバー、ひいては6~7名の政治局常務委員によって決められる。これが四十年来の中国政治だった」(2)

 中央政治局員と中央政治局常務委員には、これまで女性ほとんど選出されていません。
 まず、女性が中央政治局常務委員になったことはありません。
 ヒラの中央政治局員には、女性がなったことはあります。しかし、1980年代までは、女性で政治局員になったのは、江青(毛沢東の妻)、葉群(林彪の妻)、鄧頴超(周恩来の妻)という、著名な指導者の妻である場合ばかりだったのです(下表)。

 そうしたなか、呉儀さんは著名な指導者の妻ではなく、独身(未婚)で、5年前の16回大会直後の中央委員会総会で中央政治局委員に選出され、2003年3月には国務院副総理にもなりました。
 現在68歳である呉儀さんは、今大会で、中央政治局や中央委員会から引退しました。
 今回は、女性では、中国共産党中央統一戦線部長の劉延東さん(簡歴)が中央政治局委員になりました。劉延東さんも著名な指導者の妻というわけではないので、今後も女性が中央政治局の一角を占める流れ(といっても、まだ1人だけですが)が続くのかもしれません。

中国共産党最高指導部の女性数(女性数/全体の人数)(3)
政治局常務委員  政治局委員
8(1956年)0/6  0/17
9(1969年)0/5  2/21(江青、葉群)
10(1973年)0/9  1/21(江青)
11(1977年)0/5  0/22
12(1982年)0/6  1/25(鄧頴超)
13(1987年)0/5  0/17
14(1992年)0/7  0/20
15(1997年)0/7  0/22
16(2002年)0/9  1/24(呉儀)
17(2007年)0/9  1/25(劉延東)

(1)中華全国婦女聯合会婦女研究所・国家統計局社会与科技統計司編『中国性別統計資料(1990-1995)』(中国統計出版社 1998)430頁、中華全国婦女聯合会編『中国婦女運動百年大事記』(中国婦女出版社 2003)における各党大会とその後の一中全会の記述などより作成。
(2)毛里和子『現代中国政治』(名古屋大学出版会 1993)141頁。
(3)(1)と同じ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/119-e89b41e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード