2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回華人多地域レズビアンオルガナイザー・トレーニングキャンプ

 7月13日から16日まで、中国大陸・香港・台湾・アメリカの100人近い中国人の同性愛とバイセクシュアルの女性、およびトランスジェンダーの活動家が広東省の珠海に集まって、同性愛運動の経験交流と指導能力の訓練をおこないました。40近い組織から人が集まって、空前の盛況だったとのことです(「女同志組織者訓練営完満結束(Making History──2007 Chinese La La Camp concluded with great success)」写真、英文あり)。

 このトレーニングキャンプは、理論と実践を結びつけたものだそうで、社会政策、人権、国際的な協力、ジェンダー理論などに焦点を当てておこなわれました。その目的は、とくに若い活動家に、人間や情報の面で力を獲得してもらうことです。トレーニングでは、各地の運動や組織の紹介、自己肯定、家族関係、文化的活動、メディアとの関係、法律と社会政策、戦略とその地域的・歴史的文脈、コミュニティ建設などがトピックになりました。

 このトレーニングキャンプの主催者は、北京の同語台湾性別人権協会香港女同盟会、ニューヨークの華人性別人権協会(Institute for Tongzhi Studies)、ニューヨークのQwave、アメリカの紫鳳凰(Lavender Phoenix)という、6つのセクシュアルマイノリティのための団体です。2006年冬のAstraea Lesbian Foudation For Justiceの研修がきっかけになって、力を合わせて開催したそうです。

 白咏冰さんのブログには、このキャンプでの彼女の発言が掲載されています(女同志大会上的発言(一)女同志大会上的発言(二))。
 このところ同性婚姻立法を提唱している白さんは、同性婚の法律を勝ち取る過程が、すなわち同性愛に関する知識を普及し、大衆を教育する過程であると主張しています。彼女は、世間では同性愛はスワッピングのような一時的な遊びであるかのように見られているけれど、そうではなく、異性愛同様、安定した長期的なパートナーを求めていることを理解してもらわなければならないと強く主張しています。
 パートナーシップ法については、白さんは、舶来品なので理解が得られにくいし、同性婚姻の立法は現行の婚姻法の一、二条を修正すればよいのに対し、パートナーシップ法は新しく作らなければならないので難度が高いと述べています。

 それとは別に、彼女は「専門家」を厳しく批判しており、「同性愛の調査をしたことがなく、これまで同性愛者と知り合いになったこともなく――ここで白さんは毛沢東の「調査なくして発言権なし」という言葉を引用しています――中国でも2001年に精神障害から同性愛がなぜ削除されたかも理解していない専門家」を批判しなければならないと強く言っています。具体的には誰のことを言っているのかわかりませんが、やはり「科学」を装った、権威ある専門家による偏見があるのでしょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://genchi.blog52.fc2.com/tb.php/103-c2d82f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。