2014-01

計画出産政策における女性の人権侵害に対するさまざまな抗議

<目次>
はじめに
一 女性に対するIUD装着や卵管結紮の強制、中絶の強制などを批判する女性弁護士らの公開書簡と署名運動
二 一人っ子政策違反に対する社会扶養費支払いと戸籍登録とがリンクされていることなどに対する批判
三 未婚(非婚)の母に対する人権侵害への批判・抗議
おわりに

はじめに

中国が国家による「計画出産」を女性に強制してきたことに対する批判や抗議は、これまで体制内ではなかなか難しい面がありました。しかし、2012年6月に陝西省で馮建梅さんが妊娠7ヶ月の赤ちゃんを強制的に中絶させられる事件があり(1)、それが多くの人々の批判を浴びた頃から、計画出産政策における女性の人権侵害に対して抗議する動きが目立つようになってきました。今回は、それらをご紹介します。

一 女性に対するIUD装着・卵管結紮の強制、中絶の強制などを批判する女性弁護士らの公開書簡と署名運動

1.2013年12月、全国の30人の女性弁護士が全人代・計画出産委員会・全国婦連に対して建議をおこなう公開書簡

2013年12月9日、全国の30人の女性弁護士が計画出産政策における女性の人権侵害に対処することを求めて、全国人民代表大会、国家衛生と計画出産委員会、中華全国婦女連合会の3部門に、以下の建議の書簡を送りました(2)

女性を尊重し、計画出産政策とその執行過程における女性の子宮の傷害についての建議の書簡

全国人民代表大会常務委員会:
国家衛生と計画出産委員会:
中華全国婦女連合会:

私たちは中華人民共和国の女性の公民であり、私たちの生活は、計画出産政策の影響を深く受けている。私たちは、現在、計画出産政策を制定する際に、女性の権利が十分考慮されていないこと、その執行の過程において、女性の子宮に非常に大きな傷害を与えていること――たとえば、女性に強制的に中絶させたり、ひどい場合は妊娠後期の女性に対して中絶を強制したり、一部の地方では出産した子どもを戸籍に登記するにはまずIUDを装着することが条件になっていたり――、それらは女性の意思に反するだけでなく、女性の身体の健康を傷つけていることに気づいた。

毎年11月25日から12月10日は「国際ジェンダー暴力反対16日間」であるが、私たちは、立法の偏りと法律執行における多くの違法行為は、もう女性に対する暴力になっていると考えている。それゆえ、私たちは、国家は、計画出産関係の政策の制定と執行の過程において、女性を主体と見なして、女性の意見に十分に耳を傾けなければならず、女性の生命・健康の権利を保障し、女性の産児制限・避妊の自主的選択権を尊重しなければならないと考える。具体的な建議は、以下のとおりである。

第一に、女性のIUD装着率・卵管結紮率を計画出産担当の公務員の成績審査の指標にすることを止めること。

わが国の「人口と計画出産法(中华人民共和国人口与计划生育法[中华人民共和国主席令第63号])」などの法律は、公民は必ずIUDを装着することによって避妊しなければならないとは規定していない。逆に、「人口と計画出産法」第19条は、国家は、公民が安全で、有効で、適切な避妊・計画出産の措置を選択することを保障しなければならないと規定している。すなわち、公民は、コンドームを使用する、避妊薬を服用する、IUDを装着する、卵管結紮をするなどの各種の避妊の手段を選択する権利を有しているのであり、IUD装着か卵管結紮という二種類だけが避妊の手段ではない。

しかし、多くの地方では、現在、計画出産の成績審査において、「IUD装着率」「卵管結紮率」が非常に重要な指標とされている。たとえば、「一級は、出産年齢の女性のIUD装着率が80%以上であること」とか、任務を完遂できない計画出産担当の公務員には相応の処罰をするとかいうふうにである。女性のIUD装着率・卵管結紮率の高低によって公務員としての前途が左右されることは、公務員が権力を乱用して女性にIUD装着・卵管結紮・妊娠中絶を強制することに直接結びつく。高いIUD装着率・卵管結紮率という優秀な計画出産の背後には、高い強制率・低い自主率があるのだ!

第二に、各地の計画出産条例の中に存在する、女性に対する強制・暴力を引き起こす条項を削除すること。

各地の計画出産条例の中には、女性に対する強制や暴力を引き起こす条項がある。その基本的な要求は、計画出産政策の妊娠・出産の規定に合致しない情況を厳しく禁じていることであり、ひとたび計画出産政策に違反した妊娠が存在しているという情況が見つかったら、すみやかに中絶しなければならない。各地の条例には、表現上の少しの違いしかない。

たとえば「浙江省人口と計画出産条例」第18条は、「一組の夫婦は一人の子どもを出産することを提唱する。本条例の規定に合致し、許可を得れば、二人目の子どもを出産することができる。法律で定めた条件に合致しない出産を厳禁する」と規定している。また、「安徽省人口と計画出産条例」第27条は、「本条例の規定に合致しない妊娠については、すみやかに中絶しなければならない」と規定している。

これらの規定からは、実際には強制的な妊娠中絶・強制的な卵管結紮を常態化・合法化しようとしていることが、非常にはっきりわかる。地方が制定した計画出産政策とは反する妊娠・出産行為に対処する際に、計画出産担当の公務員が、いかなる手段、ときには暴力的方法を取ることができる権限を与えているのである。

だからこそ、暴力的な計画出産に関する事件が絶えず耳に入ってくるのだ。けれど、そうした事件が起きた時には、責任を持つ公務員は、そのたびに、大部分の責任を、末端の計画出産の幹部の「執行の行き過ぎ」のせいにしている。

もし政策を制定する者が、女性の妊娠・出産の事実を、修正や削除が可能なデータであるかのように扱うならば、女性の権益を侵害する計画出産の暴力事件は永遠になくならいだろう。単純で乱暴なやり方の背後には、単純で乱暴な政策・条文がある!

第三に、男性が避妊や計画出産の責任を自主的に担うように宣伝すること。

わが国の「人口と計画出産法」第17条は、夫婦双方が計画出産において共同の責任を負うと規定している。しかし、政策のあり方や性差別などが原因になって、わが国の女性の避妊手術は男性の避妊手術よりもずっと多く、しかも、女性の自由意思によるものではないものが多い。だから、女性がIUDを装着して避妊する措置を取る義務を一面的に強調することをやめ、「避妊は女の問題だ」といった差別的観念を変えて、男性が産児制限の問題で自主的に責任を負うよう宣伝しなければならない。公民を尊重し、女性の選択を尊重せよ。

また、安全性と経済性という角度から言っても、男性の結紮手術や皮下インプラント剤は、良い選択である。輸精管切除手術は安全で簡単であり、女性の避妊手術の費用のだいたい半分で済む。皮下インプラント剤は、装着すればすぐに効果があり、併発症や副作用も少なく、また取り出せばすみやかに出産能力を回復するので、非常に良い避妊効果がある。

第四に、公民、とくに女性の公民が避妊や計画出産の方法について知る権利と自主的選択権を保障すること。

「人口と計画出産法」第19条は、国家は、公民が情報を知ったうえで、安全で、有効で、適切な避妊・産児制限措置を選択できる条件を作り出し、保障しなければならないと規定している。「計画出産技術サービス管理条例」も、公民は避妊方法について知り、選択する権利を有すると規定している。

しかし、わが国の公民、とくに女性公民は、さまざまな産児制限の種類についての理解が非常に不足している。調査によると、衛生部門から避妊措置を受けた女性は、その措置について「よく理解している」人と「比較的理解している」人は合わせて33.28%しかおらず、「理解が普通である」が38.55%で、その他の28.1%は「あまり理解していない」か、「まったく理解していない」のである。計画出産部門から避妊措置を受けた女性の情況はもっと悪く、35.55%の人が「あまり理解していない」か、「まったく理解していない」。

管理するのに便利なので、計画出産の公務員は、往々にして女性に対して、IUD装着か卵管結紮のうちの一つを選ぶように要求する。IUD装着と卵管結紮は、悪い避妊方法ではないけれども、絶対的に優れた方法ではなく、IUD装着と卵管結紮という方法がすべての人に適しているわけでもけっしてない。公民には、自分が避妊するのか、それともパートナーが避妊するのか、また、どのような種類の避妊方法を選択するのかという点について、自分の健康・経済状況にもとづいて総合的に判断し、自主的に決定する権利がある。時代は進歩しており、女性1人1人、公民1人1人が自らの状況に基づいて避妊の手段を選択すべきであり、選択されるべきではない。

以上で述べたところを総合すれば、私たちは、各部門に、以下のことを強く望むものである。・できるだけ早く各地方の計画生育と人口条例などの規範的文書について全面的な審査をおこない、女性の権益を損なう条項を削除すること。・計画出産担当の公務員の行為に対する、女性を主体にした監督機構を設立して、強制的な中絶、強制的なIUD装着、IUD装着や妊娠についての強制的な検査などの行為に対する責任の追及をすること。・産児制限や避妊についての女性の知る権利と自主的選択権を尊重し、計画出産政策の実施の際の女性に対する迫害をなくし、女性の子宮を傷害から守ること!

以上のとおり申し上げる。

建議人:
黄溢智(北京)、楊栄艶(河北)、孫莉栄(陝西)、王玉琴(山東)、崔少英(河南)、黄思敏(湖北)、李令秀(山東)、崔新麗(河南)、馬華(湖北)、蘇栄栄(山東)、劉偉(河南)、涂嫻(湖北)、馬蕾(山東)、呉花萍(河南)、劉格(湖南)、陳紅兵(深圳)、趙淑欣(上海)、熊奉春(湖南)、何芳莉(深圳)、朱喜萍(上海)、李小非(広東)、王勝生(深圳)、荘宇鑫(上海)、李婷婷(広東)、張巧平(深圳)、張承風(四川)、陸妙卿(広東)、周向華(深圳)、曾櫻(海南)、任雅煊(広東)
2013年12月9日


この建議の書簡については、2013年11月25日付けで、署名サイトにも掲載されており、上の30人以外からの署名も広く募りました。署名サイトには2014年1月16日時点で、「合計1078人が署名した」と書かれています(3)

なお、この書簡については、メディアでも「30人の女性弁護士」の訴えとして報道されていますが(4)、建議人(提案者)の1人である広東の李婷婷さんは、2012年の「男子トイレ占拠」の発起人の李麦子さん(当時大学生、現在はNGO職員)の本名なので(同姓同名の人の可能性もありますが)、全員が弁護士ではないのではないかもしれません。

2.2012年にも13人の女性弁護士が同趣旨の建議

実は、この建議の手紙のほぼ1年前の2012年12月5日にも、9省13人の女性弁護士が、公安部と国家計画出産委員会に対して、女性の避妊の自主権を保障するよう訴える書簡を出していました。その全文は見つけられませんでしたが、報道によると、翌年のものと同様に、子どもを戸籍に登記するためにはIUD装着を義務にしていることなどを批判したものだということです(5)

報道からは、この手紙には、余琪(河南国銀弁護士事務所)、張娟(河南博揚弁護士事務所)、李珺(中夏旭波弁護士事務所)、陸妙卿(広東環宇京茂弁護士事務所)、劉国敏(山東豪才弁護士事務所)、温麗華(江蘇聖典弁護士事務所)、黄溢智(北京瑞風弁護士事務所)の7人の弁護士が名を連ねていたことがわかります(他の6人のお名前は、少なくともネット上では見つけられませんでした)。陸妙卿・黄溢智の両弁護士は翌年の建議にも名を連ねていますが、他の5人の弁護士は翌年の建議には名を連ねていませんので、発起人はかなり異なっているようです(別名を使っている可能性も皆無ではないと思いますが)。

なお、2012年の11月25日には、騰訊のサイトに「『登記するにはまずIUD装着』 1.14億女性の問い」(6)という評論が出ているのですが、この評論は、2013年の女性弁護士の建議にぴったり沿った内容のものです。この点から見ると、おそらく2012年の建議も2013年の建議と同様の内容のものだったのではないかと思うのですが、以下では、その評論に書かれている、建議自体には書かれていない点を簡単に列挙します。

・もしIUDを装着せずに子どもを戸籍に入れることができても、子どもが学校に入る際の条件としてIUD装着を義務づけられることもある。

・中国では、国家人口と計画出産委員会が2006年に出した報告によると、結婚している出産年齢の女性3.2億人のうち、1.14億人がIUDを使用している。また、人口と計画出産委員会が10年前に発表した『リプロダクティブヘルス調査公報』によると、家族のメンバー(女性本人・夫など)が避妊方法を選択しているケースは52.4%であり、残りの47.6%は「社会のメンバーの推薦」(「管理人員」の推薦が40.3%)によるものだが、ここで言う「推薦」は結局「形を変えた強制」ではないかを考えてみる必要がある。

・IUDには、ホルモンタイプと銅タイプがあるが、中国では、99%が銅タイプである。IUDによる避妊には長所もあるが、欠点もある。国家計画出産委員会の公式の調査でも、IUDによる不良な反応や避妊の失敗が起きていることが明らかになっている。それらの原因は、中国国内で使用されているIUDの製品の質の低さ、取り扱う末端の人員の教育の不十分さ、IUDを装着した後のアフターケアがないことにある。

二 一人っ子政策違反に対する社会扶養費支払いと戸籍登録とがリンクされていることなどに対する批判

上述の建議の中で、「母親は子どもを出産したらIUDを装着しなければ、その子どもを戸籍に登録しない」というやり方が批判されていましたが、一人っ子政策に違反して出産した子どもに関しても、「保護者が社会扶養費(事実上の罰金)を支払わないとその子を戸籍に登録しない」というやり方が広くおこなわれています。そうしたやり方を批判する動きにも女性弁護士がかかわっていますし、これは、次の「未婚(非婚)の母の出産」の問題とも関係しますので、ここでご紹介しておきます。

1.一人っ子政策に違反して出来た子どもは、保護者が社会扶養費を支払わないと戸籍に入れない措置に対する抗議

中華人民共和国人口と計画出産法は、その「第18条の規定(「1組の夫婦に1人の子ども」など)に違反して子どもを出産した公民は法により社会扶養費を収めなければならない」としており(第41条)、国務院が2002年に出した「社会扶養費徴収管理規則(社会抚养费征收管理办法)」がその具体的方法を示しています。しかも、それだけではなく、多くの省には、「一人っ子」政策に違反して出産した子どもは、保護者が「社会扶養費」を支払わないと戸籍に登録しないという規定があるために、戸籍に入っていないことが原因で無権利状態になっている多くの「黒孩子(ヘイハイズ)」と呼ばれている子どもが生み出されています。

そこで、2013年12月3日、10人の学者と弁護士が、社会扶養費と戸籍登録とをリンクさせないように国務院などに訴える建議を出しました(7)

その10人は、胡星斗(北京理工大学教授)、顧海兵(中国人民大学教授)、劉小楠(中国政法大学副教授)、楊支柱(法学と計画出産問題の学者)、黄溢智(北京瑞凱弁護士事務所弁護士)、李方平(北京瑞風弁護士事務所弁護士)、陸妙卿(広東環宇京茂弁護士事務所弁護士)、王玉琴(山東泉舜弁護士事務所弁護士)、呉有水(浙江碧剣弁護士事務所弁護士)、許英(江蘇衡鼎弁護士事務所弁護士)のみなさんです。黄溢智、陸妙卿、王玉琴の各氏は、女性に対する人権侵害を批判する建議にも名を連ねておられました。

また、10月9日には、北京で農村住民の1人当たり平均収入の14倍の33万元余りもの社会扶養費を課せられた母親が、北京市公安局房山分局を、子どもの戸籍登録を拒否した行為は違法だとして裁判所に訴えを起こしています(8)

さらに、11月18日には、インターネット上でのごく小規模なアクションながら、計画出産政策における女性の権利を訴えている微博アカウント「計画出産の女性の権益(计生妇女权益)」が、計画出産政策で親が社会扶養費を納めることができなかったために黒孩子になった子どもの権利を訴えるための写真付きのアピールを他の人々から募集したりもしました(9)

2.社会扶養費の使途を追及

社会扶養費は基層の政府の重要な収入源になっており(そのことが一人っ子政策緩和にとって障害になっているとも言われている)、社会扶養費の使途が不透明であることも問題になっています(10)

2013年7月11日(世界人口デー)に、浙江省の呉有水弁護士(男性)は、全国の31省(市・自治区)の計画出産委員会と財政庁に対して、2012年度の社会扶養費の収支とその会計検査状況について公開するよう申請しました。それに対して、8月30日までに、17の省(市・自治区)の計画出産または財政部門から、2012年度の社会扶養費の徴収総額については回答がありました。

9月1日には、14省の14人の女性弁護士(黄溢智弁護士ら)が、残りの14省が収支を公開しないのは公民の知る権利を侵害するものだとして、14省(市、自治区)の計画出産部門または財政部門に対して、社会扶養費の収支と会計検査の情況を情報公開申請しました。さらに、14人の連名で、国家会計検査院(国家审计署)に対して、社会扶養費の収支の情況は、会計検査事項になっているのか否かという点について、情報公開申請をしました(11)

こうした努力の結果、社会扶養費は22省で270億円に上ることが明らかになりました。また、会計検査院は、社会扶養費が本来使われるべき子どもの教育や医療費などでなく、公用車の修理代や接待費に使われたりしていたこと、不正流用を含め適切に処理されなかった総額は約16億元(約260億円)に上ることを明らかにしました――こうしたことは日本のメディアでも報道されました(12)

三 未婚(非婚)の母に対する人権侵害への批判・抗議

1.中国における未婚(非婚)の母の困難

中国では、非婚(未婚)での子どもの出産は、「1組の夫婦に1人の子ども」という計画出産政策に反するために、以下のような困難があることが語られています(13)(以下の事例は、すべてのケースに当てはまるのかどうかわかりませんが)。

[1]出産許可証がもらえない。そのために、公立の病院では出産できずに、私立の病院で出産せざるをえない。出産の費用も、保険ではまかなわれない。

[2]子どもを戸籍に登録するのが難しい。子どもを戸籍に入れるには、父親の情報と親子鑑定が必要だと言われたが、父親と連絡が取れるとは限らないし、行政にも親子鑑定を強制する権限はない。

[3]子どもを戸籍に入れるためには、社会扶養費を支払わなければならない。「人口と計画出産法」自体にはそのような規定はないが、地方レベルでは、そうした規定をしている。その金額も大きく、たとえば、「北京市社会扶養費徴収管理弁法(北京市社会抚养费征收管理办法)」第5条(一)には、「規定に違反して第二子を出産した夫妻、または結婚せずに子どもを産んだ公民は、都市の統計部門が発表した都市住民の年間平均可処分所得あるいは農村住民の年間平均純収入の3~10倍を徴収する」とある。

子どもを戸籍に入れられなければ、「黒孩子」となるので、医療保険がなく、公立の学校にも入れず、飛行機にも乗れない。

2.武漢市が未婚の母に社会扶養費を課す提案したことに対する、さまざまな批判

2013年5月31日、武漢市政府は、「武漢市人口と計画出産管理の若干の規定(意見募集稿)」を提案しました。その第26条では、「未婚で出産し、相手方の有効な証明を提供できない場合」と「他人の配偶者であることを知りながらその子を出産した場合」は、「『湖北省人口と計画出産条例』が規定している社会扶養費を納入しなければならない」と定めました(「《武汉市人口与计划生育管理若干规定》征集市民建议」参照)(14)。その「湖北省人口と計画出産条例(湖北省人口与计划生育条例)」は、条例に違反した出産の場合は、都市(または農村)の年間平均収入の3倍の社会保障費を支払うことを定めています(41条)。

先に見たように、「北京市社会扶養費徴収管理弁法」でも、「結婚せずに子どもを産んだ公民」には高額の社会扶養費の支払いを求めていました。ですから、余宗明さんは「『未婚の出産』から『社会扶養費』を徴収することは、武漢でだけ提案されたのではなく、多くの地方では早くからすでに実施されている」と述べており、劉明輝さん(中華女子学院法律系教授)も同様の指摘をしています(15)

劉明輝さんは、「問題の根源は、わが国が、一部の法律では、公民には出産権があり、婚外子[非婚生子女]と嫡出子[婚生子女]とは同じ権利を有すると規定する一方(遠山注:婚姻法にも、「婚外子は、嫡出子と同等の権利を持ち、何人も危害を加えたり差別をしてはならない」という条文がある)、人口を抑制する行政管理の際には、公民の出産行為と一夫一婦制の婚姻制度とを一括りにして、『非婚の母』と『お妾さん』が産む子どもは婚外の出産であり、ルール違反の出産だとして、多くの地方の規定では、処罰することにある」と述べました(16)

また、賈明軍さん(中国法学会婚姻法学研究会理事)は、武漢市の条例の規定を以下のように批判しました。
・出産は本来、男女双方の共同の行為であるのに、この条文は、「女性」に無理に押し付けている疑いがある。多くの場合、未婚で出産するのはけっして女性側だけの責任ではなく、男性側が責任を逃れるために姿をくらますことさえある。社会扶養費の責任をすべて「未婚の母」にかぶせるのは、公平でなく、女性と子どもの権益を保護するというわが国の原則に合致しない。

長年女性の権利の問題に取り組んできた李思磐さんは、以下のように批判しました。
・中国社会が開放的になり、多様化するにつれて、家族も日々多様化しており、シングルを選択する人数が近年急激に増えている。もしこの規定が施行されたら、こうした人々は合法的に子どもを持つことはできなくなるが、それは情理にもとっている。
・出産権の問題においては、既婚者と未婚者は平等であるべきだ。罰金を増やすよりは、予防活動をしっかりする方が良い。政府は、婦連などの機構を組織して、女性に避妊知識を普及し、若い女性に対して未婚で子どもを産むことの弊害を説明し、自分の権利を保護する法律的意識を高めるほうが良い。

ある行政法学者は、以下のように批判しました。
・非婚の出産は主に男女の個人の問題であり、紛争が起きたら法律で解決すればいい。計画出産管理部門は、現在の環境の下では縮小すべき部門で、サービスを主とするべき部門であり、「社会の気風」の管理者になってはならない(17)

3.女性弁護士5人が規定削除を求める書簡を武漢市に出す

6月7日には、湖北・北京・広東・江蘇の4つの省の5人の女性弁護士が、武漢市政府に、上の規定を削除することを求める書簡を出しました。その書簡は、規定を削除すべき根拠として、以下の3点を挙げています。
 [1]法律的根拠がない――未婚の出産に社会扶養費を支払わせるいかなる根拠も、「人口と計画出産法」・「湖北省人口と計画出産条例」・「社会扶養費徴収管理弁法」などの上位法には見当たらない(「湖北省人口と計画出産条例」に、「婚姻登記の手続きをせずに、第一子を出産した」場合には、「当事者の双方を500元の罰金に処す」という規定はあるが、母親から社会扶養費を取るという規定はない)。
 [2]女性差別の疑いがある――未婚女性の出産権を侵犯し、未婚の母に汚名を着せ、その生存を困難にする。
 [3]社会問題を引きおこす――未婚の母がどうしようもなくなって、違法な堕胎、子捨て、子どもの隠匿・売買などの問題が起きたり、社会扶養費を納めたために生活が苦しくなって、子どもの養育にもマイナスになったりする(18)

4.大学生らは『白蛇伝』をもとにしたパフォーマンスアートで抗議

6月12日には、数名の大学生が、武漢の東湖畔でこの規定に抗議するパフォーマンスアートをおこないました。それは、『白蛇伝』をもとにしたテレビドラマ《新白娘子伝奇》を自分たちで改編したもので、小青(青蛇の化身)が大きなお腹をして出産しようとしていると、法海という悪役が登場して金鉢を振りかざして、「まだ社会扶養費を払っていない」と怒鳴るというものでした。さらに、白娘子(白蛇の化身で、許仙の妻)に扮した人が「社会扶養費を押し付けてはならない」というプラカードを掲げ、許仙(人間の男)に扮した人が「シングルマザーの母の愛も偉大だ。1人だけ罰金とは、道理に合わない」というプラカードを掲げるというものでした(19)

おわりに

一人っ子政策を緩和する「単独二胎(単独両孩)」政策が打ち出されたが……

2013年11月、中国共産党第18期三中全会は、従来の「一人っ子政策」を緩和して、「夫婦のどちらかが一人っ子であれば、子どもを2人産むことができる」という政策を打ち出し、12月には、全人代常務委員会もこの方針を可決しました。この政策は、「単独二胎」とか「単独両孩」とか呼ばれています。

しかし、「計画出産の女性の権益」微博は、「単独二胎の開放は、計画出産政策に違反したこれまでの(および新しく増える)家庭の権利が損なわれている状況をなんら改善しない」と指摘しています(20)

2013年12月、湖北省が制定した「湖北省『出生医学証明』管理弁法」では、結婚証や出産許可証などがなくても、「出生医学証明」を出すように規定したことが報道されました。それによって、未婚で出産した子どももすぐに戸籍に入れられるようになるという期待がされています。ですから、「社会の進歩」であるとして評価する人もいますが(21)、その一方、ネットでは、「未婚のままの妊娠や婚外の出産をそそのかしているのではないか」という声もあります。また、一部の農村では、結婚に夫の家族の同意を得るためには、女性が自分に出産能力があることを示さなければならないという、「まず出産してから結婚」という状況があるので、そうした状況を深刻にするのではないか、という懸念を示す人もあります(22)

大きな話をすれば、たとえ国家が出産に対する管理統制を弱めたとしても、その権力が個別の家父長に移るだけでは、女性にとっては状況が改善されたとは言えないという問題もあります(23)

女性弁護士のネットワークと若いフェミニスト活動家

そうした容易ではない状況があるわけですが、今回私がご紹介した動きからは、最近、しばしば女性弁護士が連名で書簡や訴えを出していることがわかります。

私が注目したのが、2013年5月16日~19日に、南京の「天下公」というNGOが主催して、「公益女性弁護士交流研究討論会」が開催されたことです。この会には全国各地から46人の女性弁護士とジェンダー平等についての活動家が集まって、さまざまな女性の権利の問題を話し合いました。参加者には、黄溢智、遅夙生、劉巍、李方平といった弁護士らのほかに、呂頻(女性メディアウォッチネットワーク)、武嶸嶸(ジェンダー平等活動グループ[性别平等工作组])、李瑩(北京源衆ジェンダー発展センター)といったNGO関係者やジェンダー平等活動グループの若い人々もいました。計画出産政策の問題も扱われました(24)

また、今回の私の文で最初で述べた2013年の女性弁護士らの書簡への署名運動や、最後に述べた『白蛇伝』をもとにしたパフォーマンスアートは、ジェンダー平等活動グループが深く関わっています(25)

女性弁護士がネットワークを築くとともに、女性弁護士と若いフェミニスト活動家との連帯も広がっているという状況と、今回取り上げた計画出産政策における女性の人権侵害に対する抗議活動の広がりとは関係している面があると思います。

なお、中国の計画出産については、小浜正子さんがその歴史的などについて多数の論文を書いておられます。東アジアの「生殖における技術と社会」研究会での小浜さんのご報告が、以下の日程であるようですので、ご関心を持たれた方は行ってみられるのもよいと思います。

第3回「中国の計画出産と女性身体の管理」
日時:2014年2月4日(火)14:00~17:00
講師:小浜正子さん(日本大学文理学部教授)
一橋大学東キャンパス マーキュリータワー 4階3406
詳細:https://www.facebook.com/events/359096897561076/

(1)日本語でネットで読めるものとしては、「7カ月半の妊婦を強制中絶 中国陝西省 当局へ批判噴出」『中日新聞』2012年6月15日、「歴史的役割を終えた一人っ子政策が廃止されない理由=罰金財政と一票否決制―中国」Kinbricks Now2012年6月24日、「強制中絶事件―『一人っ子政策』をめぐる最近の出来事」つれづれなるまま(小浜正子ブログ)2012年7月1日、「妊娠7カ月の女性に毒注射で強制堕胎 一人っ子政策の弊害に庶民の怒りが爆発した」日経ビジネスオンライン2012年7月6日、北沢 杏子「中国の『一人っ子政策』と強制中絶・強制不妊手術 そのⅠ」2012年8月、北沢 杏子「中国の『一人っ子政策』と強制中絶・強制不妊手術 そのⅡ」2012年9月。
(2)计生妇女权益的微博2013年12月10日10:19
(3)关于尊重女性、消除计生政策及其执行过程中对女性子宫伤害的建议信」2013年11月25日(2014年1月16日最終アクセス)。
(4)30女律师联名呼吁消除计生暴力 建议各地计生文件删除损害妇女权益的条款」南都网2013年2013年12月13日。
(5)9省13位女律师联合呼吁保障女性避孕自主权」中国新闻网2012年12月6日、「多地要求孩子落户母亲先节育 律师上书呼吁松绑」南都网2012年12月6日(来源:京华时报)。
(6)“上户先上环”:1.14亿上环妇女之问」腾讯评论第2258期(腾讯网2012年11月25日)。
(7)10学者律师建言户口登记与计生脱钩」财新网2013年12月3日。
(8)黄溢智的微博 2013年10月10日13:55、「未缴社会抚养费成黑户 诉公安不作为」财新网2013年10月9日。
(9)计生妇女权益的微博#一人一照片# 【为计生黑户松绑,拒绝成为隐形人!】2013年11月18日0:49
(10)一人っ子政策違反で徴収した巨額の『罰金』、ずさんな管理体制が明らかに―中国メディア」レコードチャイナ2012年5月3日、「歴史的役割を終えた一人っ子政策が廃止されない理由=罰金財政と一票否決制―中国」Kinbricks Now2012年6月24日。
(11)以上は、「14省未回复社会抚养费公开申请 律师继续追问要求审计」『法制日报』2013年9月2日、「14律师“增援”追问社会抚养费去向 致信审计署询问是否属审计事项;向14省份申请公开征收总额;已公开17省份总额超165亿」『新京报』2013年9月2日。
(12)年200億元の社会扶養費収入、一人っ子政策緩和にとって最大の障害か―中国紙」レコードチャイナ2013年8月19日、「中国「一人っ子政策」めぐり違法な罰金徴収、監視強化へ=新華社」ロイター2013年9月19日、「一人っ子政策の罰金を不正流用 中国」MSN産経ニュース2013年9月20日、「『一人っ子政策』違反の罰金、22省で2700億円 広東省と江蘇省は公表拒否―中国」XINHUA.JP 2013年10月2日。
(13)“未婚妈妈”的境遇需要重视」「未婚妈妈 被遗忘的相依为命(1)」「未婚妈妈 被遗忘的相依为命(2)」『新京报』2013年7月8日→「安藤美姫が選んだ『未婚の母』という生き方…隣国の厳しい最新事情―中国」レコードチャイナ2013年7月10日、「一个非婚妈妈的“被超生”之路」『中国青年报』2014年1月8日。こうした困難な中で、未婚の母たちがインターネットを使ったネットワークで、相互の援助をしているという状況もあります(「未婚妈妈的网络自救」法治周末2013年2月27日)。
(14)武汉:与他人配偶生子 要缴社会抚养费」人民网湖北频道2013年6月1日(来源:楚天金报)、「武汉拟对未婚妈妈罚款引争议」『潇湘晨报』2013年6月2日、「武汉计划生育新规拟对未婚妈妈与小三罚款」2013年6月1日(来源: 荆楚网-楚天金报)、「市が一人っ子政策強化条例を導入=未婚の母や不倫での出産は罰金2倍に―湖北省武漢市」レコードチャイナ2013年6月3日。
(15)佘宗明「计生政策莫让“未婚妈妈”雪上加霜」『新京报』2013年6月3日、「处罚“未婚妈妈”对引导社会风气作用有多大」『中国青年报』2013年6月6日。
(16)处罚“未婚妈妈”对引导社会风气作用有多大」『中国青年报』2013年6月6日。
(17)以上は、「未婚妈妈罪错论」『新民周刊』2013年6月14日。
(18)京广苏鄂等五女律师致信武汉市政府 建议删除“未婚先孕征收巨额社会抚养费”新规」社会性别与发展在中国2013年6月7日(来源:邮件)。
(19)大学生端午演"白蛇传"反对对未婚妈妈罚款」网易女人2013年6月12日、「大学生端午上演“新白娘子传奇”,呼吁不要对未婚妈妈罚款」社会性别与发展在中国2013年6月13日(来源:邮件)。
(20)计生妇女权益的微博「对开放单独二胎的看法」2013年11月20日09:50
(21)未婚生育可办出生证彰显社会进步」『江南健康报』2014年1月14日。
(22)湖北未婚生育可办出生证」『新京报』2013年12月2日。
(23)吕频「放开“单独二胎”,生育仍然多迷思」(网易女人2013年12月25日)参照。
(24)公益女律师交流研讨会公告」天下公2013年5月24日。
(25)たとえば、女权行动派很好吃的微博(2013年12月10日15:01)が、女性弁護士30名の公開書簡に対する署名運動を呼び掛けています。
関連記事

世界トイレの日に、13都市の女子大学生らがケンタッキーとマクドナルドの各店舗にユニセックストイレ設置を求める手紙を出す

11月19日は、「世界トイレの日」です。2001年11月19日、シンガポールで30ヵ国あまりから500人あまりが集まって、トイレに関するさまざまな問題を話し合う「世界トイレサミット」が開催されました。この日をを記念し、WTOの呼びかけの下、11月19日を「世界トイレの日」として、世界各地でトイレの問題を考える取り組みが行われてきました。2013年7月の第67回国連総会では、毎年11月19日を国連「世界トイレの日」にすることが決定されました(1)

中国では、2012年の「世界トイレの日」には、全国の12の師範大学で、各大学の女子学生が、学長に女子トイレ増設求める手紙を送りました。女性は男性よりもトイレに長い時間がかかるのに、トイレの便器の数はその点に十分配慮せずに決められているので、中国では女子トイレ不足が問題になっており、とくに師範大学では、近年、女子学生の比率が高まってきたために、女子トイレ不足が深刻になってきたからです(本ブログの記事「全国の12師範大学で女子学生が各学長に女子トイレ増設求める手紙」参照)。

一 済南大学の女子学生が、山東省の101の大学の学長に手紙を出して、女子トイレ増設を訴える

2013年は、「世界トイレの日」の20日ほど前になりますが、10月28日に、済南大学の女子学生の凌甜さん(仮名)が、山東省の101の大学の学長宛てに書留で手紙を出して、女子トイレを増やして、女子学生のトイレ難を解決するよう訴えました。

凌甜さんは、2012年2月~3月におこなわれた「男子トイレ占拠」活動(本ブログの記事「女子大学生の『男子トイレを占拠する』アクション」参照)に啓発されて、女子トイレ不足の問題に目を向けるようになりました。凌さんは、今回の活動について、「私は大学3年生ですが、大学にいる間にトイレの前に行列を作った経験が数多くあります。第一教学楼の各トイレには男女とも大便器が5つありますが、男子トイレにはそれ以外に小便器が5つあって、男子の同級生に聞くと、行列をした経験は基本的にないとのことです。けれど、女子トイレにはしょっちゅう行列ができています。ですから、山東省内の101の大学に手紙を出すという方法で、学長に対して、女子学生のトイレ難の問題を重視して、できるだけ早く(一部の)男子トイレを女子トイレに変えるか、女子トイレを拡張するように訴えたのです」と語りました。

山東女子学院では、そこの学生の玉潔さんによると、「私たちの学院の男女の学生の比率は1:10なのに、トイレの比率は1:1です。ですから、休憩時間になるごとに、女子トイレの前には長い列ができます」という状況です。また、済南大学の楚子さんは、「女子トイレが占用されていることも、わが校では非常に重大な問題です。というのは、清掃労働者はふつう女性なので、女子トイレには5つしかトイレがないのに、その1つか2つは道具部屋になっているので、女子トイレ不足がさらに深刻になっているからです」と語っています。

もっとも、最近は、多くの師範大学が、女子トイレを拡充したり、一部の男子トイレを女子トイレに改造したりしているそうです。「けれども、師範大学は中国の大学の中の氷山の一角なので、今回、山東省内の大学に女子トイレの拡充を訴えたことは重要です」と柯倩婷さん(中山大学副教授、中山大学ジェンダー教育フォーラム代表)は語っています(2)

二 11月19日(世界トイレの日)、13都市の女子大学生らが、ケンタッキーフライドチキンとマクドナルドにユニセックストイレの設置を求める手紙を、各市内の各店と総本部に合計870通出す

2013年の世界トイレの日には、中国の13都市(北京、ハルピン、上海、広州、武漢、西安、成都、蘭州、杭州、汕頭、昆明、鄭州)で女子大学生らが、ケンタッキーフライドチキン(以下ケンタッキーと略す)とマクドナルドにユニセックストイレの設置を求める建議の手紙を、それぞれの都市の各店と総本部に合計870通出しました。

また、その前の週末には、各都市のケンタッキーやマクドナルドの店の前で、「私たちにはもっと多くのユニセックストイレが必要です(我们需要更多 性别友善厕所)」というパネルを掲げて立つというパフォーマンスもおこないました。

この活動の発起人は、前年に「男子トイレ占拠」の活動を起こした李麦子さんです。李さんは、「中国ではどこでも女子トイレの便器が不足していますが、トイレをユニセックストイレに改造して、男女とも使えるようにすれば、問題は解決します。ユニセックストイレに改造すれば、男子トイレの便器という資源を有効に利用することもできますから、一曲両得だと言えます」と語りました。

また、今回、北京で活動をした別の人は、「私のように中性的な装いをしている人は、トイレに行くとき、しょっちゅう嫌な思いをします。中性的な女子学生がトイレに行くと、男子学生だと誤認されて、清掃労働者にトイレから追い出されることもあります。このようなドタバタ劇を避けるために、ユニセックストイレにしてほしいという要求は、非常に切実なものです。私の学校の近くにも、ファストフードの店がたくさんあるので、それらの店に率先してユニセックストイレにしてもらうことは、私にとって、とても重要です」と語りました(3)

三 11月19日(世界トイレの日)の行動の各地での取り組みの状況

以下は、インターネット上に掲載されている各都市での取り組みの状況ですが、以下のうち、広州・西安・成都・昆明・鄭州での活動は現地の新聞で報じられています。また、新聞で報じられる以前に、各人が、自らの微博(中国版ツイッター)に、店舗の前で「私たちにはもっと多くのユニセックストイレが必要だ」と書いた紙を手に持っている写真をアップするなどして、自分たちの活動を発信しています。

広州

広州では、2人の女子学生が、市内のマクドナルドとケンタッキーの105の店舗に手紙を出して、ユニセックストイレの設置を訴えました。

その2人の女子学生は、華南理工大4年生の梁小門さんと中山大学4年生の木果さんです。梁小門さんは、7月に、ジェンダー平等活動グループの「9都市公共トイレ男女便器状況調査報告(性别平等工作组「九城市公共厕所男女厕位状况调查报告)」の調査に参加して、広州市内の調査をしました。男女の生理的な差違などを考慮すれば本来は女性用便器のほうが多くなければならないのですが、その調査の結果では、逆に男性用便器のほうが多く、とくに広州では、男女の便器比率は1.79:1で、9都市の中で最も女性用便器の比率が少ないことがわかりました(本ブログの記事「ジェンダー平等活動グループ、9都市の公共トイレの便器数の男女比の調査報告発表」参照)。手紙を出したのは、そのためもあったということです。

木果さん(@冬蟲夏草泥馬PK君)は、「女子学生のトイレ難はどこにでもあって珍しくないというのに、ずっと改善されていません。学校だけでなく、マクドナルドとケンタッキーのようなファストフードのチェーン店でも、女子トイレに長い行列が出来ているのをよく見かけます」と語っています(4)

西安

西安でも、何人かの女子大学生が、店舗の前で「私たちにはもっと多くのユニセックストイレが必要だ」と書いたプレートを掲げたり、ケンタッキーやマクドナルドの店に手紙を書いたりしました(5)

成都

成都では、李丹妮さんが、11月17日に、市内にある30カ所のケンタッキーとマクドナルドの店に書留郵便を出して、ユニセックストイレの設置を訴えました。李丹妮さんがトイレの男女平等の問題に取り組むのはこれが初めてではなく、前年に北京で李麦子さんと知り合って、その後、李麦子さんといっしょに政府や商業機構に女子トイレの増設を訴えたり、法律によって、男女の便器の比率を2:1にすることを訴えたりしてきました。

李丹妮さんが今回、ケンタッキーとマクドナルドに手紙を出したのは、「こうしたファストフードの店は多いので、少なくない市民がそれらのトイレを公共トイレだと考えているからだ」という理由からです(6)

蘭州

蘭州でも、蘭州サクランボグループの微博(兰州樱桃小组的微博)が、ケンタッキーの店の前で、「私たちにはもっと多くのユニセックストイレが必要だ」と書いた紙を手に持っている写真を発信しました(7)

汕頭

汕頭でも、女子学生が、市内のすべてのケンタッキーとマクドナルドの店に書留を送って、ユニセックストイレを設置するよう要望しました。その書留には、ユニセックストイレを設置することによって、女子学生だけでなく、中性的な気質の人やトランスジェンダーの若者も助かるということが述べられています(8)

蘭州と汕頭の情報は、それぞれ、蘭州サクランボグループの微博と汕頭大学オレンジ社の微博((汕大橘子社的微博)が発信しています。蘭州サクランボグループと汕頭大学オレンジ社は女性と女性の性的マイノリティの権利に取り組むグループであり、それぞれ、2013年5月12日、2013年5月1日(5月1日は微博の登録日)に創立されています。名称の由来は、それぞれ、ジャネット・ウィンターソンの『さくらんぼの性は』(邦訳は岸本佐知子、白水社1997)と『オレンジだけが果物じゃない』(邦訳は岸本佐知子、白水社2011)から取られています。今回の運動には、こうした地方のフェミニズムグループも一つの基盤になっているようです。

昆明

昆明では、雲南大学の社会学専攻の2人の女子学生(発起人は小彭)が、51通の手紙を昆明のケンタッキーとマクドナルドの各店に書留で送りました(9)

鄭州

鄭州では、小美さんが、71通の手紙を出しました。そのうち69通は鄭州のマクドナルドとケンタッキーの各店に出し、2通はそれぞれの中国の総本部に出しました(10)

ハルピン

東北各地では大雪で各種の警報が出ていました。しかし、ハルピンでも、ある女性市民が、マクドナルドの前で、「私たちにはもっと多くのユニセックストイレが必要です」と書いた紙を手に持っている写真を微博で発信するとともに、市内のケンタッキーやマクドナルドにユニセックストイレを設置するよう要望する手紙を出しました。その女性はバイセクシュアルなのですが、「男子学生と女子学生を分ける必要はないし、もっと重要なことは、トイレを利用する民衆が異なった性的指向の生理的ニーズを尊重しなければならないということだ」と訴えています(11)

四 ケンタッキーから「考慮・研究」するという返信

汕頭の劉小牛さんのところには、汕頭ケンタッキー有限公司から、11月28日付けで、「全世界的チェーンの飲食ブランドとして、ケンタッキーは一貫してお客さまの声を重視し、お客さまに迅速で快適なお食事の環境を提供することに努力しております。あなたのご提案に感謝します。ご提案は会社の建設専門部門に転送して、考慮・研究させていただきます」という返信が返ってきました(12)

また、成都の李丹妮さんのところにも、12月25日付で、百勝(ケンタッキーのチェーン店を展開する企業である「ヤム・ブランズ」の中国名)飲食グループ中国事業部から、同文の返信が返ってきました(13)

五 まとめ

以上、2013年の世界トイレの日の前後の女子大学生らの取り組みは、以下のような特徴があったとまとめられるように思います。

1.前年は師範大学に対する働きかけだったが、2013年は、山東省だけとはいえ、全大学に働きかけた。

2.それまでは公共トイレを中心にした働きかけだったが、今回は、公共性があるとはいえ、商業施設のトイレに働きかけた。

3. 2012年2~3月の「男子トイレ占拠」アクションにおいても、要求の一つとしてユニセックストイレが挙げられていたが(本ブログの記事「女子大学生の『男子トイレを占拠する』アクション」参照)、今回は、ユニセックストイレの設置をメインの要求にした。これは、設置する空間が限定されているファストフードの店舗に対する働きかけだったからかもしれない。しかし、そのために、「中性的」な女子学生の要求やトランスジェンダーの要求が以前より正面に出ていることは確かである。

なお、現在の中国では、本ブログの記事「女子大学生の『男子トイレを占拠する』アクション」の「7.ユニセックストイレについて」でも触れたように、ユニセックストイレに対する抵抗があり、そのことはとくに女性の間で強いのですが、その点に対しては、彼女たちは、仕切りを完全にすることや警報装置を設置することなどを提案しています(14)

(1)日本ユニセフ協会プレスリリース「11月19日は 初の国連『世界トイレの日』」日本ユニセフ協会2013年11月14日、「11月19日は国連初の『世界トイレの日』 世界のトイレ問題の解決には 草の根運動が重要」日本ユニセフ協会2013年11月19日、「11月19日は『トイレの日』、25億人の衛生状態改善を」CNN 2013年11月20日。
(2)以上は、「济南大学女大学生致信省内101位校长,呼吁扩建校园女厕 校园女生如厕难,厕所比例需2:1」社会性别与发展在中国2013年10月28日(来源:邮件)。新聞報道としては、「大学生信“谏”百余校长增女厕 称女生排队太久,建议扩建至男厕两倍」『齐鲁晚报』2013年10月29日。
(3)以上は、女权之声的微博【全国13城市女大学生致信快餐店 呼吁建立“性别友善厕所”】2013年11月19日 18:04、「世界厕所日全国13城市女大学生致信肯德基 呼吁建“无性别厕所”」中国网河南频道2013年11月19日。
(4)快餐店能否建更多无性别公厕?」『信息时报』2013年11月20日。@冬蟲夏草泥馬PK君がケンタッキーの前でパネルを掲げている写真は、梁小门的微博2013年11月19日 13:31
(5)今天是首个世界厕所日 女大学生吁建性别友善厕所」『三秦都市报』2013年11月19日。
(6)11月19日是首个“世界厕所日”,成都女生昨日致信30家“洋快餐”店:建男女通用厕所 减少女士排队等候」『华西都市报』2013年11月18日→「成都一女生建议洋快餐店设置男女通用公厕」人民网2013年11月18日(来源:华西都市报)。
(7)兰州樱桃小组的微博2013年11月18日 22:33
(8)汕大橘子社的微博2013年11月19日 18:27
(9)“世界厕所日”云大两女生向昆明多家快餐连锁店发出倡议—— 建无性别厕所 让女性如厕不再排队 」『春城晩报』2013年11月20日。
(10)洋快餐店里多设男女通用厕所吧 全国13个城市的女权志愿者发出倡议 求解女性如厕难」『东方今报』2013年11月20日。
(11)Makarina的微博11月20日 22:56
(12)汕大橘子社的微博【肯德基回信啦〜】2013年12月9日 11:13
(13)丹妮鯉的微博2013年12月26日 21:58→「2013世界厕所日致信获肯德基总部回复:会考虑建设“性别友善厕所”」社会性别与发展在中国2013年12月31日(来源:邮件)。
(14)「快餐店能否建更多无性别公厕?」『信息时报』2013年11月20日、「11月19日是首个“世界厕所日”,成都女生昨日致信30家“洋快餐”店:建男女通用厕所 减少女士排队等候」『华西都市报』2013年11月18日。
関連記事

「2013年中国10大セクシュアル・マイノリティニュース」

中国では、近年、年末になると、ゲイサイト「淡藍網」などが、セクシュアル・マイノリティに関する「10大ニュース」を発表するようになったが(本ブログの記事「2007~2009年の各年の中国10大セクシュアル・マイノリティニュース」「『2010年中国10大同性愛ニュース』」「『2011年中国10大セクシュアル・マイノリティニュース』」「『2012年中国10大セクシュアル・マイノリティニュース』」参照)、昨年(2013年)末も、同様に「10大ニュース」が発表されたので、それらをご紹介する。

一 淡藍網による10大ニュース

12月9日、「淡藍網」が、以下の「10大セクシュアル・マイノリティニュース」を発表した(「淡蓝网盘点:2013年中国十大同志新闻」淡蓝网2013年12月9日)。

1.「2人のお年寄り」楊さんと何さんが、友人とネット上の友人が証人になって結婚した

北京のお年寄りのゲイカップルが1月30日、同性婚をおこなったが、その一人の息子が暴力的に乱入した。しかし、2人は愛を固く守ると言った。

楊さんは退職した教師で、何さんはお茶を配達する労働者だったが、お互いに「小宝」、「大宝」と呼び合ってきた。二人が「二人の年寄りの愛情(两个老头的爱情)」というアカウントで、微博(中国版ツイッター)を始めると、楊さんと何さんは話題の人物になり、フォローワーは1万人を超えた。二人が恋心を発表し、結婚する計画を予告すると、何千何万のネットユーザーの熱い議論を巻き起こした。

しかし、その幸福であるべき結婚式は順調にはいかなかった。その1人の息子が突然闖入して、テーブルをひっくり返したり、賓客を殴ったりしたため、予定していたいたネットでの中継を余儀なくされたのだ。

二人のお年寄りは、こうしたことが起きたために「私たちの尊厳が失われて、苦痛だった」、「なぜ赤の他人が私たちを祝福してくれるのに、実の息子がそうできないのか」と嘆いたが、「愛を固く守る」と言った。

[資料]
・「老年同性恋人秀婚纱照 撑同志反歧视」淡蓝网2013年1月20日。
・「外媒:中国老年同志宣示同性恋情 引网友热议」淡蓝网2013年1月26日(来源:参考消息)。
・「北京“两个老头”举办同性婚礼 遭儿子闹场」淡蓝网2013年1月31日。

2.香港で「1人が1枚の写真」によって、LGBTを支持して差別に反対した。黄耀明が立法会で発言した

香港の芸能人の黄耀明(アンソニー・ウォン)と何韵詩(デニス・ホー)が去年カミングアウトした後、LGBTの権利を擁護するための組織として「大愛同盟(Big Love Alliance)[facebook]」を立ち上げた。彼らは連名で、facebookと微博で「1人が1枚の写真で、LGBTをサポートして差別に反対するアクション」を起こした。2人は率先して「撑同志 反歧视(LGBTを支え、差別に反対する)」というスローガンを手に持った写真を公表し、多くの人が後に続いた。

2月18日には、黄耀明が、「大愛同盟」の代表という身分で、香港の立法会の政制事務委員会の会議に出席した。彼は、香港の政府に対して、できるだけ早く、性的指向による差別に反対する立法について、公開の意見募集をおこなって、「国際人権規約」の中の「性的指向の違いによる差別をなくす」という規定を実現するよう訴えた。

黄耀明は、その席で、「去年の11月、性的指向による差別に反対する立法の意見募集が否決されたので、私は非常に傷ついた。香港政府が先頭に立って意見募集や立法をしない以上、私は香港市民として、『大愛同盟』を結成し、積極的に公衆とコミュニケーションをして、同性愛者がこの社会で被っている差別と偏見について説明したい。欧米の国々は、同性愛者の平等な権利のために、より高いレベルに歩みを進めているのに、香港は国際的大都会であるにもかかわらず、差別に反対するための討論や意見の募集さえ始めることができておらず、まして立法はできていない。私は、このことは、国際的大都会として恥だと思う」と訴えた。

[資料]
・「黄耀明何韵诗成立同志组织 推动反歧视」淡蓝网2013年1月13日。
・「黄耀明首次在立法会为同性恋权益发声」淡蓝网2013年2月18日[淡蓝网综合]。

3.多くの人々が人民代表大会の代表に手紙を送って、同性婚を認める立法をするように訴えた

2013年の両会(全国人民代表大会と全国政治協商会議)の期間に、100人余りの同性愛者の父母が人民代表大会の代表[日本で言う議員]に手紙を送って、同性婚姻を認める法律を作るように訴えた。彼らは、同性愛者である自分の子どもが承認と尊厳を得られることや、新しい「婚姻法」の下で平等な婚姻権を得られることを望んでいる。また、著名な社会学者の李銀河も、ふたたび同性婚姻法案を人民代表大会の代表に提出した。

広州市の同性愛者の大学生の梁文輝は、百名の人民代表大会の代表に郵便を出して、代表たちに、「両会」で同性婚姻立法の議案を提出するように訴えた。彼は自分の手で100通の手紙に切手を貼って、一通一通、ポストに投函した。

全国人民代表大会の代表の呉青は、取材を受けたとき、同性愛と異性愛には区別はないから、同性婚に賛成すると述べた。

[資料]
・「2013两会在即 李银河盼递交同性婚姻合法化提案」淡蓝网2013年2月17日[淡蓝网综合]。
・「百余同志父母致信人大代表 呼吁为同性婚姻立法」淡蓝网2013年2月26日。
・「广东大三男同性恋致信全国人大代表」『南方日報』2013年2月28日。

4.アイスランドの女性首相が夫人とともに訪中し、中国側は礼儀正しく応対した

4月17日、アイスランドの女性首相のシグルザルドッティルが夫人を伴って中国を訪問した(アイスランドは2010年に同性どうしの結婚も可能になった)。中国の中央テレビは、夕方のニュース番組で、シグルザルドッティルが、中国側が首相と夫人を友好的に応接していることに感謝しているシーンを放送し、彼女と夫人のレオスドッティルが一緒に座っている写真も放送した。これは史上ほとんど前例がないことだった。

このアイスランドの「ファースト婦婦」はいっしょに故宮を参観した。また、首相夫人は、北京外国語大学にも行って、アイスランド語を学んでいる中国の学生と交流した。

[資料]
・「冰岛总理夫妇的中国行」北青网2013年4月30日。

5.長沙のLGBT差別反対パレードの組織者が12日拘留された後、釈放された

→本ブログの記事「長沙で100人余りのLGBTパレード、しかし発起人は行政拘留12日に」参照。

6.ゲイのためのモバイルアプリケーションが投資を獲得し、科学技術界が多元的価値観を認めた

淡藍グループが開発したゲイの交友のためのアプリケーション「Blued」のユーザーが200万を突破した。Bluedは、LBS(位置情報サービス)にもとづくゲイの社交のためのアプリケーションで、位置情報による交友機能のほかに、友だちグループの概念を取り入れ、音声・画像・地理座標の発信など、微信(中国大手IT企業テンセント[騰訊]が作った無料インスタントメッセンジャーアプリ[Wikipediaによる説明])の基本的機能に近いものを実現した。さらにゲイニュースや小説、ゲイの活動の送信もおこなっている。

Bluedが年初に上海中路資本の300万ドルのエンジェル投資を獲得したことは、科学技術界が多元的価値観を重視したことをはっきり示した。わが国の法律法規の整備と社会意識の進歩にともなって、もっと多くの創業投資企業がゲイ向け商品に対して関心を持つようになるであろう。

[資料]
・「直男玩不转的创业:同志交友应用Blued获数百万投资」淡蓝网2013年9月15日
・「同志社交应用Blued用户突破200万 将推女同版Pinkd」淡蓝网2013年12月2日(来源:36氪)
・Steven Millward“Blued, a gay dude flirting app from China, picks up 2 million users and plans lesbian app next” December 2, 2013→「中国のゲイ向け交流アプリ『Blued』が200万ユーザを獲得、レズビアン向けアプリも計画中」THE BRIDGE2013年12月11日。

7.90歳の「中国の良い外祖母」が同性愛者の外孫を勇敢に支持した

90歳の外祖母が同性愛者を支持しているビデオが、8月からインターネットで人気を集め、幅広い関心を得た。ビデオの中の福州のおばあさんはネットの友人に「中国の良い外祖母」という名を与えられた。

この慈愛に満ちたお年寄りは、「差別反対、権利を勝ち取ろう!」というボール紙を手に持って籐椅子に座って、自分の外孫が良いボーイフレンドを見つけて幸福な生活をすることを願っている。

この「中国の良い外祖母」は、国内で最も高齢の公に同性愛者を支持している親族であり、多くのネット仲間が彼女に対する敬意を書き込み、内外のメディアも報道した。

[資料(ビデオ)]
・「90岁外婆拍视频支持同性恋外孙」新浪新闻中心2013年8月16日(来源:信息时报)。

8.台湾の多元成家立法が対立を引き起こした

台湾パートナーシップ権推進連盟が起草した「多元成家民法修正案」が9月に法務部門に提出された。その修正案には、同性婚姻、パートナーシップ制度、家族制度、養子縁組などの内容が含まれていた。

支持者は、台湾社会には既に多くの異なった形態の家族が存在しているにもかかわらず、彼らの関係がまだ法律的な保障が得られていないために、生活上の困難がもたらされていると述べている。だから、法律は「成家(結婚)」にもっと幅広い選択肢――同性愛者に対してだけでなく、「同性婚姻合法化」だけでもない――を与えるべきであると主張している。

この草案は台湾の宗教団体の反対を引き起こし、幾千幾万の支持者と反対者が11月30日、街頭に出て対峙した。

いま多元成家草案の中の「婚姻の平等な権利」はすでに一読を通過した。もし三読を通過すれば、台湾は「多元的性別の婚姻権」の先駆けになる(台湾の立法手順)。

9.同性愛者の母親がファーストレディに手紙を出して、社会的差別の解消を訴えた

11月17日、深圳の董お母さん、江西の小濤お母さん、貴州の雲お母さんなど、5人の同性愛者の母親が、EMS(Express Mail Service)で「彭麗媛(=習近平夫人)さんへの手紙」を出した。

5人の母親がファーストレディの彭麗媛に手紙を出したのは、学校で性の安全の教育を強化することや、できるだけ早く「差別反対法」を制定して、同性愛者たちへの社会の偏見と差別をなくすことを訴えるためだった。

彼女たちは、彭麗媛がWHOのエイズ予防・治療親善大使になって、エイズ防止活動に活躍していることを歓迎しつつ、ゲイのエイズ感染率が比較的高いのは、社会の偏見や差別が重要な原因であることなどを述べて、差別を解消するように訴えた。

[資料]
・「中国同志母亲致信第一夫人 呼吁消除社会歧视」淡蓝网2013年11月23日。
・「習氏の好感度アップ、妻も一役 エイズ予防活動に参加」朝日新聞デジタル2012年12月3日。

10.長沙LGBTセンターがNGOの登録を拒否され、行政再議を申し立てた

11月11日、長沙LGBTセンター準備委員会の責任者の向小寒が民政登記を申請したが、長沙市民政局は「指導部が決裁しない」という理由で拒絶したので、向小寒は、湖南省民政庁と民政部に対して、その理由について情報公開を申請した。

11月29日、向小寒は、湖南省民政庁の公式の回答を受け取ったが、そこには以下のように記されていた。

1.「中華人民共和国婚姻法」第5条に「結婚は必ず男女の完全な自由意志によらなければならない」と規定されており、婚姻は必ず一人の男と一人の女によるものでなければならない。すなわち、「婚姻法」は同性の結婚や恋愛の関係を認めていない。それゆえ、同性愛の社会的組織には法律的基礎がない。

2.「社会団体登記管理条例」第4条は、「社会団体は必ず憲法・法律・法規及び国家政策を順守しなければならず、社会の道徳気風に反してはならない」と規定している。同性愛は、わが国の伝統文化や精神文明に反するので、成り立ちえない。


このことは、12月6日付け『ニューヨークタイムス』でも「Homosexuality ‘Against Spiritual Civilization,’ Hunan Government Says(同性愛は「精神文明に反する」と湖南省政府は言う)」という見出しで報じられた。

[資料]
・「长沙同志中心申请注册 官方回复 “同性恋违背社会道德风尚”」同爱网2013年11月29日。
・“Homosexuality ‘Against Spiritual Civilization,’ Hunan Government SaysNew York Times December 6, 2013→小寒「纽约时报就“湖南民政部门发表同性恋违背精文明建设言论”进行报道」同爱网2013年12月6日。

二 「同志亦凡人」による10大ニュース

「同志亦凡人(Queer Comrades)」という、LGBTのためにインターネットビデオを作成している団体も、12月31日、10大ニュースを発表した(「千人近いネット友だちが共同で選出した」とのことだ)。こちらの10大ニュースはビデオで発表されており、今年1月6日には、中国語と英語の字幕付きのものも発表された(「2013中国十大同志新闻 字幕版」←最初は広告が出ます)。

以下をご覧いただければわかるように、「同志亦凡人」の10大ニュースのうち7件は「淡藍網」のものと重なっているので、重なっていない3件についてだけ、ご紹介する。

1.レズビアンが5つの都市でいっせいに誇りを持って献血した

7月1日、瀋陽・広州・北京・武漢・鄭州の5つの都市のレズビアンが、いっせいに誇りを持って献血した。

昨年7月1日、新しい「献血者健康検査要求(献血者健康检查要求[GB18467-2011])」(献血できる条件を定めた規定)が施行された。以前の規定は、「同性愛者」の献血を禁止していたが(献血者健康检查要求[GB18467-2001]の4.5.3)、新しい規定は、「同性愛者」という身分には言及せず、「男どうしで性行為をする(男男性行為)」者の献血だけを禁止した(5.2.2)。すなわち、少なくとも女性同性愛者は献血できるようになった(本ブログの記事「中国、女性同性愛者の献血禁止を撤廃」、「女性同性愛者らの組織『同語』、新献血政策に対して見解――男性同性愛者に対する政策の問題点も指摘」参照)。

しかし、その後1年間たっても、レズビアンが公然と献血したという報道はなかったので、新しい「献血者健康検査要求」の施行状況をチェックする必要があった。

24歳の小航とfreeと猪西西(いずれも仮名)は、いま北京で仕事をしているレズビアンだ。彼女たちは、新しい「献血者健康検査要求」の施行1周年にあたって、自ら献血することにした。

彼女たちは、「女性同性愛者は誇りを持って献血する(女同性恋骄傲献血)」というスローガンを書いたTシャツを着て、献血をしようとした。

しかし、彼女たちが東直門の交通のカナメにある採血スポットで献血しようとしたら、そのスタッフに拒否された。freeと小航が体重計に乗ったとき、2人とも[規定の]45㎏を超えた数字が出たのだが、スタッフは、2人が身に着けているスローガンを見つけると、「体重計が壊れた」と言い、「体重が不合格」という理由で彼女たちの献血を拒否した。そこで、やむなく海淀区の北京血液センターに行って、そこでついに献血に成功した。

小航は、「同性愛者はずっと多くの汚名を負わされてきた。たとえば、同性愛者は病気だとか、同性愛者の血は不健康だ、などと。レズビアンの献血の解禁は、レズビアンの健康上の汚名を取り除いた。私は、このことをもっと多くの人に知ってもらえるように尽力したい」と語った。

この活動は、6月29~30日に開催された、20余りの草の根組織が集まった「第2回レインボーメディア賞研修ワークショップ」(第1回は4月に昆明で開催)で、指導者に啓発されつつ、メンバーが計画したものだ。この研修ワークショップは「レインボーメディア賞」という、優れたLGBT報道に賞を出している団体が主催したもので(共催は、北京紀安徳[ジェンダー]相談センター、同性愛者の家族と友人の会、同語、女性メディアウォッチネットワーク)、プレスリリースの書き方、メディアに対する働きかけの方法、ニューメディアでの発信の技術などを教える研修のようだ。

この研修の模様や瀋陽での献血の現場の状況を伝えるビデオが「媒体奖培训再结硕果 “女同性恋骄傲献血”五城连动-字幕版 」(同志亦凡人)である(中国語と英語の字幕付き)。

[資料]
・「同志献血解禁1周年 四城拉拉骄傲献血」网易女人2013年7月1日。
・「 2013中国彩虹媒体奖LGBT媒体倡导工作坊(沈阳站)招募启事」中国彩虹媒体奖的博客2013年5月10日。

2.淡藍がホモフォビアの教材を暴露した

5月17日、淡藍網が「あなたの身辺のホモフォビアの教材を暴露する」という発表をおこない、13本の教材についてホモフォビアを指摘した。その13本の教材は、人民教育出版社の『生命教育』、広東高等教育出版社の『大学生心理健康教育』、南京林業大学出版社の『大学生の生殖と健康教育読本』、民族出版社の『心理カウンセラー(基礎知識)』などの教材または一般向けの啓蒙書である。

さらに、10余りの団体(淡藍公益、同性愛者の親と友人の会、北京紀安徳相談センター、北京LGBTセンター、同語など)が連名で「教育出版機構・大学・教育者への公開書簡」を発表し、教材からホモフォビア的な内容をなくすように訴えた。

[資料]
・「淡蓝5•17系列活动:揭露你身边的恐同教材」淡蓝网2013年5月25日。

3.北京の高齢のゲイカップルが同性結婚をした

4.黄耀明が立法会に出席した

5.長沙の5月17日の活動が成功したが、組織者は拘留された

6.台湾/香港プライドパレード

10月26日と11月9日、台湾と香港でそれぞれLGBTパレードが挙行され、ともにパレードの参加人数の記録を作った。今回の香港のパレードには大陸からさまざまな団体が参加し、その中には同性愛者の父母の団体もあった。

7.中国の良い外祖母が外孫をサポートした

8.全国人民代表大会の呉青が同性婚に賛成した

9.アイスランドの女性首相が夫人とともに訪中した

10.百人余りの同性愛者の母親が人民代表大会の代表に手紙を出して、同性婚姻立法を訴えた


四 全体として感じること

「10大ニュース」の選定について

2つの「10大ニュース」を比べてみると、「淡藍網」による10大ニュースには入っていて、「同志亦凡人」による10大ニュースには入っていないのが、「6.ゲイのためのモバイルアプリケーションが投資を獲得し、科学技術界が多元的価値観を認めた」、「9.同性愛者の母親がファーストレディに手紙を出して、社会的差別の解消を訴えた」、「10.長沙LGBTセンターがNGOの登録を拒否され、行政再議を申し立てた」の3件である。

逆に、「同志亦凡人」による10大ニュースには入っていて、「淡藍網」による10大ニュースには入っていないのが、「1.レズビアンが5つの都市でいっせいに誇りを持って献血した」「2.淡藍がホモフォビアの教材を暴露した」「6.台湾/香港プライドパレード」である。

以前、私は、「淡藍網」はゲイサイトとしての性格が強いせいか、その10大ニュースは、若干、ゲイ中心の傾向があると思うと述べた(「『2011年中国10大セクシュアル・マイノリティニュース』」)。そのことは、今回の「10大ニュース」の選定においても、「淡藍網」のみが選定した「6.ゲイのためのモバイルアプリケーションが投資を獲得し、科学技術界が多元的価値観を認めた」などはゲイに関するニュースであり、「同志亦凡人」のみが選定した中の「1.レズビアンが5つの都市でいっせいに誇りを持って献血した」がレズビアンに関するニュースであることに現れているように思う。

また、「淡藍網」も「同志亦凡人」も同性愛の話題が大半だが、それ以外の「バイセクシュアル」や「トランスジェンダー」の話題はなかったのか、と思う。たとえば、本ブログで、「バイセクシュアルの運動が現れはじめる」で述べたような、バイセクシュアル関係の新しい動きを取り上げてもよかったのではないだろうか?
また、同性婚に話題が偏り気味の感じもしないではない。

明るい出来事、セクシュアル・マイノリティの権利にとって前進である出来事が多いが……

とはいえ、「10大ニュース」を全体として見ると、明るい出来事、セクシュアル・マイノリティの権利にとって新たな前進である出来事が多い。

その一方、湖南省当局が「同性愛は、わが国の伝統文化や精神文明に反する」と言ってNGOの登記を拒否したりとか、Tシャツに「同性愛」と書いてあるのを見たとたんに「体重計が壊れた」と言って献血を拒否するなど、旧い体制や意識も強力に残存していることがわかる。

また、企業がゲイ向け商品に注目したことは、それ自体は明るいニュースだが、セクシュアル・マイノリティ間の経済的・社会的格差が今後顕在化してくることを示しているとも思う。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード