2012-06

痴漢を女性の服装のせいにする上海地下鉄の公式微博に対する、ネット内外での女性たちの抗議のうねり

「地下鉄に乗るのにこんな恰好をしたら、痴漢にあわないほうがおかしい」発言に対するネット上の抗議

6月20日、上海地下鉄第二運営有限公司の公式微博(中国版ツイッター)が、「地下鉄に乗るのに、こんな恰好をしたら、痴漢に遭わないほうがおかしい。娘さん、自重してください」という発言とともに、地下鉄のある女性の乗客を後ろから撮影した写真を掲載しました。その女性は、深い青色のワンピースを着ていたのですが、その絹の生地からは、下着とストッキングが透けて見えていました。

翌日以降、「フェミニズムの声(女权之声)」(女性メディアウォッチネットワーク[妇女传媒监测网络]の微博。同ネットワークは、インターネット誌『女声』も刊行している)をはじめとして、多くのネットユーザーが上記の記事に対して抗議の声を上げました。その主な観点は、以下の3点でした。
 1.服装は個人の自由であって、セクハラは権利を侵害する違法行為であり、被害者自身に理由を求めてはならない。
 2.地下鉄の会社は、法にもとづいて乗客の安全を保障すべきであり、被害者のせいにすることは運営機構の法律的責任を回避するものである。
 3.公式の微博は、出所不明で、乗客のプライバシーと名誉を侵犯している疑いがある写真を引用すべきではない(1)

ところが、上海地下鉄第二運営有限公司の公式微博は、上の記事を反省も撤回もしませんでした。むしろ、「善意の忠告であって、謝る必要はない」とか、肌を露出した服装をするのは「恥知らずである」といったことを主張した、他の地下鉄の公式アカウントや地下鉄の従業員の発言を転載しました。

多くの女性は、自らの経験から、「肌を露出した服装が、セクハラを招く」という「常識」に対して反論しました。彼女たちは、未成年者がセクハラの重要な被害者であること、男性もセクハラに遭うことを指摘しました。また、「肌を露出した気の強そうな娘は、地下鉄では痴漢にあまり遭わない。痴漢の多くは、控えめで弱々しく、おとなしそうな娘を狙う」という声も上がりました(2)

また、「もし『女が薄着をすることが男性の犯罪を誘発する』という言論をほおっておくなら、最終的には、女性はみんな、分厚い衣服を着なければ、外出を許されないということになる。正常な社会では、ある人がたとえ裸で大通りを歩いたとしても、警察に通報されることはあっても、彼女を侵犯することは許されない。これは基本的常識だ」という指摘もありました(3)

地下鉄内で抗議のパフォーマンス――理念は「スラットウォーク」と同じ

6月24日には、上海の地下鉄2号線で、2人の女性が抗議のパフォーマンスをおこないました。そのうちの1人は、全身を黒いベールで覆って、「涼しさは欲しいけれど、痴漢はいらない(要清凉不要色狼)」と書いたパネルを持ちました。もう1人は、黒い頭巾をかぶりつつ、乳房の形をした金属の器を2つ胸に付けて、「私はみだら(ふしだら)でもいいが、ハラスメントはしてはならない(我可以骚你不能扰)」と書いたパネルを持ちました。

[アクションのビデオ(初めはコマーシャルが出ます)]
视频: 我可以骚你不能扰

パフォーマンスをおこなった女性に対して、ネットメディア「網易」の記者がインタビューしているのですが(4)、その女性によると、前日に友人が数人集まった時に、今回の問題に対して何かできるのではないかという話になって、抗議活動をしたということで、それほど計画的なものではなかったようです。また、このアクションは「パフォーマンスアート」と呼ばれているのですが、その点に関しては、「それは重要ではなく、ポイントは、私たちが何を伝えるかだと思います」と語っています。また、2人が顔を隠した大きな理由は、「焦点を、2人が誰かということよりも、私たちのスローガンに当てたかった」ということにあるそうです。

また、「私はみだらでもいいが、ハラスメントはしてはならない(我可以骚你不能扰)」というスローガンについて、記者が、「騒(みだら、ふしだら)」という言葉には貶す意味があることをどう思うか尋ねたところ、その女性は、「この言葉は、極端ではあるが、私たちが伝えたい考え方に非常にぴったりで、実は『スラットウォーク(slutwalk 荡妇游行)(*)』の核心とも一致しています。もちろん多くの人は『なぜ非常に極端な言葉を使うのか?』と言うでしょうが、私は、『騒』という語が私たちの理念をまぎれなく伝えていると思います。『騒』は、身体の権利です」と答えています。

(*) スラットウォーク――カナダのトロントで警官が「性被害を避けるために、女性はふしだらな格好をするべきではない」言ったことをきっかけに始まった運動で、性暴力の被害者の落ち度を責める風潮を批判して、被害者の人権を訴えるために、女性たちが露出度の高い服で行進するもの。2011年4月3日にカナダで始まり、イギリス、オーストラリア、韓国などに広がった(5)。今回の事件をめぐっても、彼女たちの行動以前にも、『南方都市報』の微博が、スラットウォークについて紹介していた。

また、彼女は、「とくに我慢できない」意見として、「男性は下半身で思考する動物だから、それに挑戦するべきでない」という意見を挙げ、「これは、非常にごろつきのロジックだ」と言っています。彼女によると、「私たちが子どもの頃からの性の教育の中には、非常にアンバランスがあり、女性に対しては、抑圧することが主であるのに、男性は、ずっと励まされてきた」とのことで、「文化全体」がそうであって、「私たちの教育は、男性にどのように自分の性の衝動をコントロールするかを教えていない」と語っています。

新聞やテレビでも報道、フェミニズムの論説も

2人のパフォーマンス以後、この事件は、新聞やテレビでも報道されるようになり(6)、この事件を論じた各種の論説も登場しました。

論説はけっして女性(被害者)の立場に立ったものばかりではありませんでしたけれど、「最も責任を負うべき加害者をほおっておいて、とくとくと女性の服装について些末な揚げ足を取るのは、被害に遭った女性に対する二次加害にほかならない」(ジャーナリスト・姚景、『新京報』掲載)といったことを説く論説もありました(7)

また、方剛さん(北京林業大学副教授、同大学セクシュアリティとジェンダー研究所所長)は、自分のブログに「上海の地下鉄の抗議は、すばらしい!」というエントリを書きました(8)

方さんは、「中国の以前の社会的唱道には、パフォーマンスアートの方式はあまり見られなかった。けれど、今年は、良い始まりであり、『男性トイレ占拠』、『李陽[=「クレージーイングリッシュ」という英語の学習法の創始者。妻に対するDVが明るみに出た]に抗議する』、今回の『地下鉄のみだらとハラスメント』を含めて、みな非常に良い」と賞賛します。

方さんは、上海地下鉄の微博について、「結果的にはセクハラを励ますものになるかもしれず、少なくとも女性の身体の自主権、服装権を侵犯している」と批判します。方さんは、アメリカでの裁判を紹介しつつ、「もしある人がベンツを運転していたら、あなたは『この車はすごくいいので、私の占有欲を刺激したから、奪った』と言えるのか? もしある人が大きなダイヤモンドの指輪をしていたら、あなたは『これは値打ちがあって、きれいだから、自分を誘惑したので、私はそれを盗んでもいい』と言えるのか?」と問いかけ、「これら問題に対する回答は議論の余地がないことは明らかなのに、なぜ女性が涼しげな服装をしていたら、『誘惑する』かどうかが議論になるのか?」と問うています。

といっても、上のような点は、方さんを待つまでもなく、すでにネットでは指摘されている点です。しかし、下の発言は、方剛さんならではの言い方でしょう。

女が何を着ようと、女自身のことであり、これは、彼女の、身体の美や服装の美に対する理解である。『男の自然な生理的反応』は、あなた自身のことであり、あなたが自分で反応すればよく、自慰をしようが、性的な幻想をしようが、関係がない。けれど、手で触れることは、他人の権益を侵犯することである。


また、李思磐さん(マカオ大学社会学系博士課程院生)は、『東方早報』で、「服装の審査は、女性の空間を攻撃し抑圧する」という論評を発表しました(9)。李さんは、宋山木強姦事件や女性トイレ不足問題の際にもフェミニズムの立場から論陣を張ったジャーナリストですが(本ブログの記事「山木教育グループ総裁・宋山木の強姦事件をめぐる議論」「女子大学生の『男子トイレを占拠する』アクション」参照)、今回も、この問題が広く女性のあり方全体への攻撃・抑圧であることを詳しく論じました。

この[=上海地下鉄]微博の言下の意味は、「自重しない」女の乗客は、セクハラをされてもあたりまえだ、というものである。これはけっして新しい論調ではない(……)これは、男の性欲は、いったん刺激されたら、制約を受けずに、他の人を侵犯するのは合理的結果であり、被害を受けた人は、操行を審査されなければならず、もし彼女が「ふしだらな女」ならば、被害は合理的だ、というものである。

女性に対する服装の審査は、「(その場に)ふさわしい」という名目の下に、少なからぬ支持を得ている。これは、女性の身体のすがた、話し方、立ち居振る舞いに対して、従来、男性の視点から、人々が慣れっこになっていて気づかない審査メカニズムがあったからである。一方では、女性は、「女らしく」なければならず、服装や化粧によって女性としての身体的特徴をできるだけ際立たせて、男たちの目や心を楽しませなければならない。もう一方では、「女らしい」ことは女の原罪であり、男性に常軌を逸した行為をさせる原因になるものであり、女たちは、できるだけ手や足を揃えて、空間を収縮させて、「人を惑わせる」・「放蕩である」ことの境界で、もじもじし、絶えず自己審査をし、さまざまな不便に耐えなければならない。

「放蕩な女」に対する審査と称するものは、実際は女性全体に対するものである。なぜなら、このような審査は、すべての女性を「定義される」状態に置くものだからである。(……)

それゆえ、公共空間の管理者が女たちに対して審査のシグナルを発したときには、女性のネットユーザーは、このような保護を名目にした汚辱を拒絶して、資格審査のない公共空間と女たちの身体に対する主権の尊重を要求したのである。


地下鉄側の痴漢対策についての議論も

具体的な痴漢対策を求める意見も出ました。

たとえば、北京の黄溢智弁護士は、上海の地下鉄を管理している上海市交通運輸局と地下鉄を運営している会社に対して、地下鉄のセクハラ対策についての情報公開を求める申請をしました(10)

また、メディアでも国外の地下鉄の痴漢対策が話題になり、女性専用車両を求める意見なども掲載されています(11)

「インターネット上の最初の大規模な性差別反対のアクション」

『女声』誌は、今回の事件について、「これは、インターネット上の最初の大規模な性差別反対のアクションかもしれず、民間で、自発的に団結し、呼応している。これは、現在起きている、新しいバージョンの女性の権利闘争史である」と述べています。

これまでも、鄧玉嬌事件(本ブログの記事「鄧玉嬌事件をめぐって」参照)のときのように、女性の人権に関する事件をめぐって、インターネット上のうねりが起きたことはありました。しかし、鄧玉嬌事件は、女性の人権という文脈よりも、官僚批判や格差社会に対する批判という文脈で議論した人のほうが、はるかに多かったと思います。女性の権利を正面から訴えるネット上のうねりが起きたのは、たしかに今回が最初だろうと思います。

『女声』誌によると、従来は、インターネット上でも「女性の権利の主張はまだ非常に周縁化されており、微博での活発な公共の話題の中には基本的に女性とジェンダーの影はなかった」が、「初歩的変化は2012年初めに出現した。『男性トイレ占拠』が、女性の権利のアクションが新浪微博の話題になった最初かもしれない。わずか一週間後に新浪はこのキーワードでの検索を阻止したけれども、@女権の声は、唯一の民間の女性の権利のプラットフォームのアカウントとして、しだいに同志を集めた」。そして今回、「ずっと弱くて分散していたネット上のフェミニズムの声は、すでに空前の高さに達し、多くの目覚めた人々がすでに出会った」と評価しています。また、「同時に、オフラインの公の行動も継続しておこなわれた」ことや「マスメディア」の役割も指摘しています。

整理すると、『女声』誌の記述からは、今回の運動は、以下のようなものが結びついて展開したことがわかります。
○ネット上の行動
・@女権の声アカウント
・個人アカウント
・友好的メディアのアカウント(@網易女人など)
○オフラインの行動
・パフォーマンスアート
・マスメディア

ネットの匿名投票では上海地下鉄ブログ支持が約7割だが……

上海地下鉄公式ブログの記事については、すでに6月25日の時点で、微博上で3863件の評論が出され、それらは11923回転載されたとのことです(12)。その中には、上のようにフェミニズムのうねりがありました。

ただし、フェミニズムに無理解な意見も多かったですし、ネット上の匿名投票においては、以下の[1][2]で示すように、上海地下鉄公式ブログを支持する意見の方が多く、約7割だったというのも現実です。

[1]新浪サイトが、上海の地下鉄の微博の記事に対する「削除・謝罪要求」について、次の二者択一の形でアンケートをしたところ、以下のような結果でした(6月30日19時24分現在)(13)
 ・「支持する:削除して謝るべきである。服装は個人の私事であり、地下鉄側が無断で公開することは不適切である」――28.3%。
 ・「反対である:削除や謝罪の必要はない。結局は公共の場であり、地下鉄側が善意で忠告することは間違っていない」――71.7%。

[2]新浪微博が、「地下鉄の公式ブログが夏の服装は露出的にしないように呼びかけたこと」について、次の二者択一の形でアンケートをしたところ、以下の結果でした(6月30日現在)(14)
 ・「服装の露出は個人の自由であり、他人が干渉すべきではない」――16273人(31.2%)
 ・「女性の夏の服装は自分を保護する意識を持つべきであり、差別とは無関係である」――35920人(68.8%)

上のアンケートについては、設問のし方に批判が出ていて、ある女性は、[2]のアンケートに対して、「自分の主張は『女性には服装の自由があるべきであり、女性が何を着ていても、セクハラをされるべきではない』というものである」(15)と述べて、自分たちの主張を的確に伝えていないことを批判しています。

こうした設問のし方の問題を含めて、ネット社会はやはり男性社会であるということも露呈したわけです。

ただ、ネットが男社会であることはもちろん日本も同じことで、日本のyahooの匿名の投票あたりだと、もっとアンチフェミニズム的な結果になりそうです。こうした壁を乗り越えることは、日中共通の課題だろうと思います。

(1)以上は、「专题 拒绝“自重”——微博引爆反骚扰辩论(word)」『女声』第116期(2012.6.18—6.25)より。今回の事件については、『女声』の微博が先導的な役割を果たしているだけに、同誌のこの特集が最もまとまっています。本ブログのこの記事も、とくに注記のない部分をはじめとして、この特集に頼っている面が大きいです。
(2)この論点に関しては、Fz「我可以骚,你就能扰?」(東西網)が、これまでの研究をまとめて、以下のように結論付けています。「セクシーであることとセクハラとはあまり関係がない。人々の認識とは逆に、セクシーな服装をすればするほど、セクハラには遭いにくい。なぜなら、セクシーな服装は、女性意識が目覚めた後の自信の体現である面が大きいのに対して、痴漢が探す対象は、往々にして従順で軟弱な女性だからである。セクハラの成因は権力のアンバランスであり、両性の社会的地位が不平等であれば、セクハラを根絶することはできない」
(3)上海地铁请女性自重遭抗议:我可以骚你不能扰」中国新聞網2012年6月25日(来源:CCTV)。
(4)当時人NO.35对话“要骚不骚扰”抗议者」網易新聞。
(5)スラット・ウォーク(SlutWalk):フェミニズムの新しい形」壺齋閑話2011年6月 7日、「スラットウォークロンドン~女性に対する暴力に反対し、性犯罪の被害者の人権擁護を訴えるデモ」2011年6月11日、「英で下着姿の女性らデモ行進 『性犯罪服装のせい』に抗議」共同通信2011年6月13日、「スラット・ウォーク(あばずれの行進)の様子画像集」(NAVERまとめ)など参照。
(6)上海地铁微博称"女生穿太少不被骚扰才怪"引热议」中国新聞網2012年6月26日(来源:法制日報)など。網易女人サイトは、スラットウォークの写真の特集もしました(「荡妇游行:以欢乐反抗污名」網易女人2012年6月26日)。CNNやTHE CHINA PRESS(侨报)も報道しました(「外媒:地铁提醒女性着装防色狼引争议背后」中国新聞網2012年6月27日、「『不適切な服装が痴漢を招く』 地下鉄会社の投稿に非難集中 上海 」CNN2012年6月27日)。日本でも、「『露出多い服だと痴漢に遭いますよ』、地下鉄側の忠告に女性側『何を着ようと勝手』と猛反発―上海市」レコードチャイナ2012年6月25日、「中国、『痴漢防止』呼びかけ写真で騒動」TBSニュース2012年6月27日などの報道がありました。
(7)姚景「地铁公司能指责女乘客着装?」『新京報』2012年6月26日。
(8)方剛「上海地铁抗议,好!」方剛的博客2012年6月25日。
(9)李思磐「着装审查打压女性空间」『東方早報』2012年6月25日。
(10)北京律师申请公开上海地铁防治性骚扰措施」法制網2012年6月26日。
(11)看看国外地铁如何防止性骚扰」東方網2012年6月27日、「多国出狠招治理地铁性骚扰 东京地铁推女性专列」中国新聞網2012年6月27日(来源:広州日報)、「应对地铁性骚扰只有设立女性专用车厢」騰訊新聞2012年6月26日(来源:法制晩報)。
(12)专家称地铁呼吁女性着装自重不应止于提醒」央视《新闻1+1》2012年6月26日。
(13)(新浪調査)「上海地铁请女性“自重” 你怎么看?」新浪網。ただ、6月27日時点では、26.9%:73.1%だったので、ここ3日間で、「支持」の比率が1.4%伸びているなどの微妙な変化はあります。もっとも、下の[2]の「服装の露出は個人の自由であり~」の比率は0.04%しか伸びておらず、ほとんど同じです。
(14)官博呼吁着装自重引抗议―你怎么看着地铁官博呼吁夏日着装勿暴露?」新浪微博。
(15)专题 拒绝“自重”——微博引爆反骚扰辩论(word)」『女声』第116期(2012.6.18—6.25)。

[2012年10月24日追記]文中の脱字を修正し、語句の微細な修正(標語→スローガン)をおこないました。
[2012年12月25日追記]ビデオがリンク切れになったので、別のものに変更しました。
関連記事

李斌さんが安徽省の省長に――女性の省長(自治区主席)はやっと4人目、女性の政治的地位の低さが議論に

少し以前の話になりますが、今年2月15日、安徽省の第11期人民代表大会第5回会議で、李斌さんが安徽省の省長に当選しました。李斌さんは、中国で4人目の女性の省長(自治区主席を含む)です(1)

といっても、すでに昨年12月に、中国共産党の安徽省委員会の常務委員会拡大会議で、「中国共産党中央委員会が『李斌を中国共産党の安徽省委員会の委員・副書記・常務委員にするとともに、安徽省の省長の候補者にする』と決定した」(中国共産党中央委員会「安徽省政府の主要な指導的同志の職務の調整に関する決定」)ということが発表されています(2)

もちろん、その中国共産党の中央委員会の決定の中にも、「省長の職務の任免は、関係する法律の規定によって取り決める必要がある」とありますし、安徽省の人民代表大会では「無記名投票の方式」で李斌さんを省長にしたとのことです。しかし、対立候補が出たわけでもないようですし、李斌さんを安徽省省長にすることは、実質的には、中国共産党中央委員会が決めたと言ってもいいと思います。

また、李斌さんは、省長にはなりましたが、中国共産党の安徽省委員会では「副書記」であり、トップ(書記)は別人なのですから、上のように共産党主導でものごとが決まる中国においては、必ずしも省のトップとは言い難いのではないでしょうか?

それはともかく、中国でこれまで誕生した女性の省長(自治区主席を含む)は、以下のとおりです。
・顧秀蓮 江蘇省省長(1983年4月─1989年4月)
・烏雲其木格(Uyunqing) 内モンゴル自治区主席(2001年2月―2003年4月)
・宋秀岩 青海省省長(2005年1月─2010年1月)
・李斌 安徽省省長(2012年2月―)

中国には省・自治区・直轄市が合計30ほどありますが、中国では同一の時期に2人以上の女性省長が誕生したことはないので、中国の女性省長の比率は、1980年代以後(も)、ずっと3%かゼロだったことになります。

(なお、日本の場合は、女性知事が誕生したのは非常に遅く、2000年2月に太田房江さんが大阪府知事になったのが最初ですが、現在は、高橋はるみ・北海道知事、嘉田由紀子・滋賀県知事、吉村美栄子・山形県知事の3人が在任しているので、全国の知事の約6%が女性知事だと言えます。)

今年の国際女性デー(3月8日)から5月にかけて、上述のように女性省長が少ないことをはじめとした、中国の女性の政治参加の遅れ(ないし後退)が話題になりました(3)

今回中国で話題になったことの多くは、既にこのブログでも取り上げたことがあるのですが、今まで述べたことの単なる繰り返しにならないように、以下、「今回どのようなことが指摘されたか」をご紹介したいと思います。

全国人民代表大会[全人代]の代表――女性比率の停滞と国際的順位の低下(4)

全国人民代表大会[全人代]の代表(一般的な言い方をすれば、「議会の議員」)の女性比率(21.3%)は、世界の平均(下院または衆議院は19.0%、上院または参議院は17.8%)よりはやや高い。しかし、1995年の北京での世界女性会議以後、世界各国で女性議員の比率が大きく伸びたにもかかわらず、中国では伸びていないために(中国での歴史的変化については、本ブログの記事「全人代の女性代表の比率、21.3%にとどまる」参照)、以下のように、世界の中での中国の順位は、急速に低下している。
○1997年
・女性議員の比率が30%以上の国―5ヵ国(スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、オランダ)。
・中国の全人代の代表の女性比率―21%(世界で16位)。
○2000年
・女性議員の比率30%以上の国―8ヵ国(上記5ヵ国とアイスランド、ドイツ、南アフリカ)
・中国の全人代の代表の女性比率―21.8%(世界で22位)。
○2005年
・女性議員の比率30%以上の国―17ヵ国
・中国の全人代の代表の女性比率―20.2%(世界で38位)。
○2010年1月末
・女性議員の比率30%以上の国―26ヵ国(ルワンダ、スウェーデン、南アフリカ、キューバ、アイスランド、オランダ、フィンランド、ノルウェー、モザンビーク、アンゴラ、アルゼンチン、ベルギー、デンマーク、コスタリカ、スペイン、アンドラ、ニュージーランド、ネパール、ドイツ、マケドニア、エクアドル、白ロシア、ウガンダ、ブルンジ、タンザニア、ガイアナ)……欧州だけでなく、アフリカ、南米、オセアニアの国々も含まれている(5)
・中国の全人代の代表の女性比率―21.3%(世界で55位)。

(日本は、ここ20年ほどの間に増加したとはいえ、衆議院では11.3%で世界121位、参議院でも18.2%です(6))

女性閣僚の少なさ

2010年1月の時点で、女性閣僚の比率は、47ヵ国で25%を超えており、世界一のフィンランドは63.2%だが、中国では、26の部(日本で言う省)のうち、女性の部長は3人(11%)だけであり、世界で61位にすぎない(7)

(日本の女性閣僚は、ここのところ、2人程度のことが多かったですが、現在は小宮山洋子さんお1人です。)

女性幹部の比率は増大しているが、正職は少なく「女性領域」の仕事が多い

2009年時点で、行政の女性幹部は、省・部クラス以上の女性幹部は11%、地・庁クラスの女性幹部は13.7%、県・処クラスの女性幹部は16.6%だそうです。2000年には、それぞれ、8%、10.8%、15.1%だったそうですから、全体として伸びています。

ただし、女性の場合は、正職(○○長)が少なく、副職(副○○長)が多いということが以前から指摘されています。女性幹部には、「副職昇進」という現象があるそうで、たとえば、何魯麗さんの場合は、北京市西城区区長→北京市市長→全国政治協商会議主席→全国人民代表大会常務委員会委員長というルートで昇進したということです。つまり、一度も「トップ」には立たないまま昇進しています。

また、女性の場合、教育・科学・文化・衛生といった領域を担当する場合が多く、政治・経済・法律といった「重要」領域を担当する場合が少ないという問題もあります(8)。とくに女性の場合は、計画出産の仕事を担当する例が目立ちます。今回安徽省の省長になった李斌さんも、2007年に国家人口計画生育委員会の「党グループの書記」かつ「副主任」になり、翌2008年には「主任」になっており、計画生育の最高責任者でした(9)

あるいはまた、女性幹部には、以下の1~4の「四多四少」という現象があるとも指摘されています。
 1.「低いクラスの指導者が多く、高いクラスの指導者が少ない」
 2.「補助的なポストが多く、重要なポストが少ない」――行政実務のポストは、女性の31.2%、男性は23.2%。サービス業務のポストは、女性12.5%、男性8.2%。指導管理のポストは、女性22.0%、男性30.4%。専門技術ポストは、女性29.4%、男性35.0%。
 3.「名目だけのポストが多く、実際に職務のあるポストが少ない」――名目だけのポストを担当している女性は21.5%、男性は19.3%。実際に職務のあるポストを担当している女性は57.3%、男性は62.9%。
 4.「本職が多く、兼職が少ない」――人民代表にもなっているのは、女性は0.8%で、男性は1.1%、政治協商会議の委員になっているのは、女性1.0%、男性3.3%、党支部書記・支部委員、工会主席、職員労働者代表会議委员などの兼職も、女性の比率は、男性より明らかに低い(10)

中国共産党の指導部の女性比率の低さ

最初に李斌さんの安徽省省長就任について述べた個所で触れたように、中国の場合、議会の議員や行政の長・幹部よりも、むしろ共産党の幹部が重要な面があると思います。なぜなら、人民代表大会の審議はまだまだ形式的な面が強いですし、地方の各省も「地方自治体」ではないからです。

しかし、中国共産党の「中央委員」の女性比率は6.4%で、ここ30年ほどは、5~6%程度で低迷しています。その上の「中央政治局員」は20名以上いるのに女性は1人だけ(11)、さらにその上の「中央政治局常務委員」には、いまだかつて女性が就任したことはありません(歴史的変化などは、本ブログの記事「中国共産党指導部の女性比率」参照)。

今秋の中国共産党大会で、劉延東・中央政治局員が、女性初の中央政治局常務委員になると予想されているようですし(ウォール・ストリート・ジャーナルの記事にもそうあります)、上で述べたように女性幹部は増加傾向にあるのですから、その意味では、女性パワーが発揮されつつ面もあるのかもしれません。

しかし、全体としてみると、中国では、女性の政治参加は、世界の趨勢に比べて、ほんとうに伸び悩んでいると言わざるをえません。この点は、やはり女性運動の自律的発展を含めた、民主主義の発展が抑えつけられていることと関係しているのだろうと思います。

(1)李斌当选安徽省省长 系该省首位女省长」中国新聞網2012年2月15日。
(2)李斌任安徽省委委员、常委、副书记 王三运不再担任」中国共産党新聞網2011年12月11日(来源:安徽日報)。
(3)中国妇女参政不进则退 史上仅产生过4位女省长」中国新聞網2012年4月20日、「中国女官员“橄榄形”格局待解」新京報2012年3月8日、杜洁「妇女参政——老议题,新挑战」中国妇女研究网2012年3月8日など。このほか、ウォール・ストリート・ジャーナルが、シンガポール大学などが作成した“Rising to the Top: A Report on Women's Leadership in Asia [PDF]”という報告をもとに、中国の女性の地位が低下していることを指摘した記事を掲載し(“Women Lose Ground Gained Under MaoThe Wall Street Journal April 23, 2012)、その中国語版(「中国女性领导比例下滑」华尔街日报中文版2012年4月23日)や抄訳(「看不见的天花板:中国女性领导比例下滑」網易新聞中心2012年5月2日)がネットにも掲載されています。
(4)(3)の3つの記事や論文がともに指摘していますが、それらが依拠しているのは、全国婦連婦女研究所編『研究信息简报』2011年第3期(总第116期)の「2010年国际妇女参政主要状况」特集です。
(5)「欧州だけでなく、アフリカ、南米、オセアニアの国々も含まれている」ことを『研究信息简报』自体が指摘しており、その点が中国にとってもインパクトになったのだろうと想像されますが、発展途上国の場合、さまざまな特殊な要因が絡んでいることは間違いありません。たとえば、1位のルワンダは、女性議員が多い背景として、ジェノサイドで男性が大量に死亡したことが挙げられます。しかし、それだけでなく、やはり女性運動の力もあったようで(「世界で最も女性議員が多い国ルワンダ」FEM-NEWS)、女性議員比率が増大したことを、単に「特殊事情」扱いして済ませるわけにはいきません。
(6)国会議員の女性比率、日本は11%、121位」asahi.com2011年6月21日。
(7)杜洁「妇女参政——老议题,新挑战」中国妇女研究网2012年3月8日も触れていますが、依拠しているのは全国婦連婦女研究所編『研究信息简报』2011年第3期(总第116期)の「2010年国际妇女参政主要状况」特集です。
(8)以上は、「中国女官员“橄榄形”格局待解」新京報2012年3月8日。
(9)省委副书记、省长 李斌」安徽省サイト。
(10)杜洁「妇女参政——老议题,新挑战」中国妇女研究网2012年3月8日。詳しくは、「机关女干部成长调查报告」『中国婦女報』2011年7月26 日。
(11)この件に関しては、「中国女官员“橄榄形”格局待解」新京報2012年3月8日、「中国女性领导比例下滑」华尔街日报中文版2012年4月23日が触れています。
関連記事

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係主要HPリスト」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。日本の問題の一部は、「ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)の労働争議・まとめ」や「館長雇止め・バックラッシュ裁判」でまとめています。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はこちらまで

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード