2018-08

中国のキャンパスセクハラ反対運動・その後

<目次>
はじめに
一 国内での運動は水面下へ
1.海外の中国人学生・学者300人以上が教育部や各大学に連名の書簡
2.政治協商会議の委員への働きかけ
3.昨年の大学生セクハラ調査の活用のためのクラウドファンディング
4.「北京大学学生セクハラ遭遇状況調査報告」
二 国際女性デーの活動の呼びかけと「女権の声」微博・微信の封鎖
 その後も続く運動 (1)南京大学 (2)同済大学
三 北京大学教授・瀋陽の事件をきっかけとした活動活発化と大学の対応
1.李悠悠、元北京大学(現南京大学)教授・瀋陽のセクハラを告発
2.各大学の対応
3.大学の対応の問題点・その1――「師徳」の問題として扱う
その2――十分な調査や討論、事実認定なしに処分だけをおこなう
その3――セクハラ防止メカニズム構築に学生や当局側以外の団体が参与できていない
その4――教員の審査基準の中に「セクハラ」が入っていない大学、訴える窓口がない大学が多い
4.南京大学での指摘と是正
5.中国人民大学での告発と運動
6.北京大学での運動、情報公開要求と弾圧
 (1)非公開で意見募集会
 (2)岳昕の活動に対する弾圧
7.「約談」制度の問題
 (1)北京大学への李一鳴らの公開書簡
 (2)ジェンダー平等のための活動家にも強要されてきた「約談」
8.中山大学での新たな告発
おわりに
1.まとめ
2.大学以外への広がりの乏しさ
3.外国メディアの論評が見落としがちなこと

はじめに

今年1月1日、北京航天航空大学卒業生の羅茜茜さんが#Me Tooに触発されて、在学時の陳小武教授のセクハラを実名で告発したことから、中国の多くの大学でキャンパスセクハラ反対運動が始まった。各大学にキャンパスセクハラ防止メカニズムの構築を要求する校友や在学生の署名は、74大学の8000人に広がった。各大学は、学生たちが作成した署名サイトを削除するなどの弾圧をおこなった。しかし、北京航天航空大学は、陳小武の教員資格を取消し、教育部と一部大学は、キャンパスセクハラ防止メカニズムの研究を表明するなどせざるをえなくなった(本ブログの記事「中国における#MeTooとキャンパスセクハラ反対運動」参照、中国における#MeTooに関しては、本ブログの記事「『中国女性記者職場セクハラ状況調査報告』」も参照)。

このエントリーでは、中国のキャンパスセクハラ反対運動のその後の状況をご紹介したい。

一 国内での運動は水面下へ

1.海外の中国人学生・学者300人以上が、教育部や各大学に連名の書簡

1月25日、「海外の中国人の学生・学者のセクハラ防止についての公開の連名の書簡」が発表された。

これは、海外在住の中国人の学生・学者が、全国人民代表大会と教育部、全国の各大学の学長に、以下の点を要求したものである(要旨)。

一、もっと多くの大学と教育部が、学生と教師のセクハラ反対の声を肯定したり、聞いたりするだけでなく、いっそう積極的に行動すること。

二、私たちが求めているのは、単なる「セクハラ防止」ではなく、全面的で有効な、可能なかぎり信頼できるセクハラ予防・懲罰のメカニズムである。それは、具体的には、1.反セクハラの理念と防止のための情報を広く知らせ、教育すること、2.教学と管理工作における職権乱用とセクハラに対する行為規範。3.教員と責任者の、セクハラについての強制的な報告義務、4.セクハラ事件に対する処置の手続きとその期限についての規定、5.セクハラ事件に対する各面での保護措置、6.加害者に対する懲罰措置(情状が重い者に対する解雇を含む)、7.報告と処置の職責を尽くさない責任者に対する懲罰措置、である。

三、教育部と各大学は、セクハラ防止メカニズムの構築を引き延ばすのではなく、期限について明確に決めること。この制度の枠組みは複雑ではないし、他の多くの国・地域に参考にできる経験があるので、私たちは、半年あれば可能だと考える。

四、セクハラ防止メカニズムの制定の過程において、学生と教員に情報公開をし、参加させること。

同時に、私たちは、全国人民代表大会にセクハラ防止立法を研究し、制定することを求める(1)

この書簡に対して、2月末までに、オーストラリア、フィリピン、ドイツ、フランス、韓国、オランダ、カナダ、チェコ、アメリカ、日本、スウェーデン、香港、シンガポール、ハンガリー、イギリスなどから、100以上の大学の60余りの専攻の339名の中国の学者・学生が署名した。

その内訳は、学部の在学生・卒業生が19%、修士課程の在学生・卒業生が30%、博士課程在学生・博士が33%、教員が9%だった。また、120人近い人が、さまざまなコメントも寄せてくれたという(2)

しかし、2月に入ると、中国国内では、大学のセクハラの問題は、当局の抑圧的対応もあって、あまり話題にならなくなった。

しかし、運動がなくなったわけではない。

2.政治協商会議の委員への働きかけ

2月11日、女子学生の樹(仮名)が、100人近い政治協商会議の委員に、「大学セクハラ防止法」を制定するよう手紙を送った。14日に1人の委員から「あなたが出した提案と結びつけて、報告を作って、両会(人民代表大会と政治協商会議)の期間に提案したい」という賛同の返答が来た(3)

3.昨年の大学生セクハラ調査の活用のためのクラウドファンディング

昨年(2017年)3月、NGO「広州ジェンダーセンター」が「中国大学在校・卒業生セクハラ遭遇状況調査」を発表した。この調査は、以下のようなものだった(4)

●調査対象
・有効回答―6592部
・女性84%、男性16%。
・異性愛75%、バイセクシュアル13%、同性愛4%

●セクハラされた経験
・68.7%がセクハラをされた経験がある。
・1回―――20%
・2-4回――37%
・5回以上―11%

●加害者
性別
・男性(複数)47.8%
・男性(1人)42.1%
・女性(1人) 1.1%
・女性(複数) 0.8%
身分
・見知らぬ人――――44.4%
・同じ大学の学生――21.8%
・ネットユーザー―――7.7%
・同じ大学の卒業生― 7.3%
・大学の上級―――― 5.2%(指導部、先生、補導員[*])
*「補導員」とは、学生の政治思想教育、学生の日常管理、就職指導、心理的健康などの面の指導をする教員。

●セクハラされた後の反応(女性)
・黙って我慢した―――――― 46.6%
・相手に止めるように言った――35.6%
・大学の管理部門に言った―― 2.7%
・警察に通報した―――――― 1.3%
・その他――――――――――13.7%

・多くの人は黙って我慢した理由の55.4%は、通報しても無駄だと思ったから。

広州ジェンダーセンターは、今年、その調査報告を出版する資金を得るために、クラウドファンディングをお願いするページをネットに掲載した。しかし、そのページは4回も削除された。同センターの創始者である韋婷婷さんは、削除されるたびにタイトルを変えてみた。たとえば、タイトルに「性騒擾(セクハラ)」という言葉があるのが検索で引っかかるのかと思って、「騒」を音で示した「性SAO擾」という語にした。さらに「セクハラ」という言葉自体をタイトルから外したりしたりした。しかし、いずれも削除された。

そこで、韋婷婷は、文章とクラウドファンディングのページをリンクするのはやめて、写真とのリンクにしたところ、ようやく削除されなくなり、2月8日までに、当初の目標の3.5万元の69%である2.4万元まで金額が達した(5)

2月22日には、金額が目標に到達し、211大学(1995年に教育部が、21世紀に向けて重点的に投資すると決めた約100大学)に調査報告を送る費用とパートタイムの職員1人の1年分の賃金が支払える額になった(6)

4.「北京大学学生セクハラ遭遇状況調査報告」

3月8日には、「北京大学学生セクハラ遭遇状況調査報告」が発表された(7)

この調査報告は、1月以来の大学でのセクハラ反対運動を契機に結成された「北京大学反セクハラ調査グループ」が、母校のセクハラ防止メカニズム構築をめざして情報やデータを集めるために、インターネット調査やインタビューによって大学内でのセクハラを調査した結果をまとめたものである。

調査対象は、北京の大学全般で、1月20日に調査を開始し、2月25日に終了した。その中でサンプル数が多く、かつ集中していた北京大学のデータを主に分析したという。その結果の一部を、以下にご紹介する。

●調査対象
・北京大学の190人
・女性64.3%、男性35.7%
・異性愛者76%、バイセクシュアル/パンセクシュアル15%、同性愛7%。アセクシュアルまたはクレスチョニング1%

●大学のセクハラ防止メカニズム構築について
・大学にはセクハラ防止メカニズムが必要だ――95%
どのようなメカニズムが必要か?
・匿名の通報制度――83.2%
・系統的な性教育課程――73.4%
・キャンパスセクハラについての宣伝システム――70.0%
・セクハラについての心理的介入・カウンセリング――78.4%
・心身の障害者などの特殊な集団に対して全面的な性教育をする措置――70.5%
・実名での通報をサポートする手段――58.9%

●セクハラにあった経験
・大学生の期間にセクハラにあったことがある――35.8%(68人、そのうち6人は指導教官から)。
・男女別――女性:37.7%、男性:32.4%(男性の場合は、特定の形態のセクハラ、たとえば「性的指向や気質に対する侮辱」などが多い)
・異性愛者が被害者の67.1%を占めるが、バイセクシュアル/パンセクシュアルも21.2%、同性愛が10%を占める。

●セクハラの被害にあった場所
・学内――51%(うち、教員の部屋4%)
・学外――25%
・インターネット――24%

●加害者
・学外の知らない人――31%
・同じ大学の学生――25%
・教員――15%
・インターネットユーザー――11%

●その後の対応(総数:54名)
・黙って我慢した―――――20人
・個人的に関係している人(パートナー、友人)に訴えた―19人
・SNSで暴露した―――――10人
・反抗した――――――――9人
・大学に助けを求めた―――4人
 →大学に訴えた4人は、誰も、実質的に肯定的な回答や援助を得られなかった。
・援助団体に助けを求めた―2人
・警察に助けを求めた―――1人

●黙っていた理由
・「被害者が非難される」世論・雰囲気―――――――――7人
・「文化的観念のために、口に出すのが恥ずかしかった」―6人
・大学に訴える窓口がなかった――4人
・公権力を信用していない――――4人
・身近に成功した事例がなかった―4人

全体として、性教育を含めた大学でのキャンパスセクハラ防止措置の必要性が明らかになったと言えよう。

二 国際女性デーの活動の呼びかけと「女権の声」微博・微信の封鎖

3月6日、1月に母校でキャンパスセクハラ防止メカニズムの構築の署名を呼びかけた38人のさまざまな大学の在校生や卒業生が、「最強の国際女性デーの過ごし方指南|必見」というタイトルで、以下のような声明を「女権の声」の微信で発した(8)

もうすぐ国際女性デーです。大学でのセクハラ反対運動の呼びかけ人が再び姿を現しました。私たちは、セクハラに反対し、ジェンダーフレンドリーな環境を創造するという希望を持って、自らのセクハラ反対宣言を発表し、みんなに行動に加わりセクハラ反対を最後まで行うよう呼びかけます。
  |
(ここに、共同発起人のうちの4人が、それぞれ以下のような「セクハラ反対宣言」を手に持ってアピールしている写真を掲載)
「セクハラ反対=真の女子力」
「女王もセクハラ反対」
「国際女性デー:(女性デーだから)割引してくれるより、一緒にセクハラ反対をしてくれるほうがいい」

▼私たちの声

私たち38人は、国内のさまざまな大学の在学生か卒業生です。私たちは、母校でセクハラ防止メカニズムを構築するための署名活動の呼びかけ人と参加者です。私たちは、この国際女性デーに、あなたにも加わって、反セクハラ宣言を出して、平等な権利を求める態度を表明することを呼びかけます。セクハラ反対には持続力が必要です。

【共同発起人名簿】
張褘(武漢大学)、鄭熹(浙江大学)、李蕙月(陝西師範大学)、魏源(復旦大学)、楠本和(対外経済大学)、肖月(中国伝媒大学)、李雨景(南華大学)、郭晶(信陽師範大学)、鄭楚然(中山大学)、王怡然(北京大学)、徐汀(華中師範大学)、梁渺(四川外国語大学)、郜憲達(香港中文大学)、段毅敏(香港中文大学)、諶蓉(大連外国語大学)、李雪寧(広西民族大学)、韋婷婷(武漢大学)、句月舟(中山大学)、肖洋(湖南女子学院)、李暁雪(天津工業大学)、顧華盈(北京大学)、高波(陝西科技大学)、趨文墨(信陽師範大学)、趙梅星(北京師範大学)、符麗萍(広州工業大学)、李子舒(西北師範大学)、宋小雨(湖北大学)、仇雪酈(北京師範大学)、侯艶(上海交通大学)、杜鈺(西安郵電大学)、任嬿如(中国伝媒大学)、李婷婷(長安大学)、李丹(西安聯合大学)、朱鑫明(滁州学院)、王昕熠(北京師範大学)、王雪瑶(遼寧師範大学)、梁暁雺(華南理工大学)

▼私たちに加わることで、あなたに何ができるのか?

中国にMe Tooがついに来ました。大学でのセクハラ反対署名が勢いよく集められた後、私たちには、セクハラ反対の知識をもっと普及し、ジェンダー平等を推進するために、何ができるのでしょうか?

この国際女性デーには、私たちは、休みを取り、買い物をし、「女神」という賛美を一言もらい、あるいは一日だけ家事を平等に分担するという「恩恵」があるほかに、どのような意義を見出すことができるのでしょうか?

もっと平等な国際女性デーを過ごすために、あなたにできるのは、次のことです。

1.実名でセクハラに反対し、セクハラしない人になることを承諾する。

2.反セクハラ宣言を書いて、SNSと微博の「@女権の声」と「@セクハラを明るみに出す」で発表し、#国際女性デー反ハラスメント(三八节反骚扰)#というタグを付ける。

3.身近な人たちに対して、一度、セクハラ反対の呼びかけをする。

私たちは、3月8日夜の24時までに3万8千の#国際女性デー反ハラスメント#を発信して、セクハラの悪に光を当て続け、もっと多くの人にセクハラ反対の行動に参加してもらうことを望みます。

かくして、3月8日には、#私の反セクハラ宣言(我的反性骚扰宣言)#ハッシュタグがあちこちに出現した。その中には「女子力」という言葉に反発したものが目立ち、「#女子力# 私に、打折(割引)してくれるより、「痴漢」に打骨折(骨を折る)してくれるほうがいい」というメッセージや「女子力」という言葉を、女性パワーという意味で使ったメッセージなどがあった(9)

しかし、3月8日から9日にかけて、「女権の声」の微信・微博アカウントは抹消されてしまった(本ブログの記事「中国最大の影響力を持つフェミニズムアカウント『女権の声』抹消とその後の『女権の声』に対する誹謗中傷」参照)。

このことを微信に問い合わせると、以下の答えが返ってきた。
「関係する法律法規と政策にもとづき、あなたのアカウントはすでにインターネットの情報内容の主管部門により永久にシャットアウトされた。
 規則違反の内容:最強の国際女性デーの過ごし方指南|必見」(10)

もちろん今回の「女権の声」の抹消は、フェミニズムに対する弾圧という大きな背景があってのものだろうが、上の記載から見ると、上の38人の呼びかけが権力の反発引き起こしたように見える。

実は、すでに2月初め、「女権の声が大学のセクハラ防止メカニズム提唱の背後の黒幕である」という流言が流さていた(11)。実際は、「黒幕」などではなく、運動の宣伝に協力しただけなのだが、そのような流言が広がっていたことは、当局の警戒心を掻き立てた(または当局の警戒心の現れだった)と言えるのかもしれない。

その後も続く運動

「女権の声」の削除は中国のフェミニズム運動にとって大きな打撃だった。しかし、「女声が削除されたことは、私たちがセクハラ反対の闘いを続けることを阻止できない。すでに、北京師範大学、陝西師範大学、湖南女子学院、北京語言大学、浙江大学、大連大学聯盟(大連理工大学、大連外国語大学、遼寧師範大学、東北財経大学)は、国際女性デーの期間に公然と学内のセクハラアンケート調査をしている」(12)という声もあがった。

(1)南京大学

3月27日、南京大学のセクハラ反対グループは、学長と大学の指導部に3通目の手紙を出している。この手紙は、再度キャンパスセクハラ防止メカニズムの重要性と必要性を説き、大学に対して、教育部の呼びかけに応えて、できるだけ速く行動して、全国の模範になってほしいと訴えている。

この手紙は、「私たちは『南京大学セクハラ防止制度を提案する手紙』の呼びかけ人として、409人の呼びかけに署名にした南京大学在学生・校友・教授を代表して、再度手紙を出して、進展をうかがいます」という文章から始まるもので、「提案の手紙を出して以後、私たちのもとには、在校生と卒業生が、自分が南京大学でセクハラを受けたという訴えや一部の教授に対する告発があり、胸が痛む」ことも書かれている(13)

1月19日に出した1通目の手紙に対しては、当時の学長から「関係部門に方案を研究させている」という返事があり、3月8日の2通目の手紙に対しても、学長の事務局から「研究の後、回答する」という返事だったので(14)、督促したということであろう。

(2)同済大学

3月、同済大学でも、白沙漠が実名で、同大学にキャンパスセクハラ防止メカニズムの構築を求める公開書簡を、100名近い署名を添えて出した。

それに対する返事は来なかったが、3月末、同済大学の建築・都市計画学院の女子大学院生が、博士課程在学生・徐蜀辰に、助手としての権力を利用されて、セクハラを受けていたことを大学に訴えた。ネットの掲示板にも、大学が加害者を庇おうとしているのではないかという批判が書き込まれた。

4月3日には、建築・都市計画学院の一部の学生と教授が、左手に白い手袋をして大学に行くパフォーマンスをし、集合写真も発表して被害者を応援した(15)

三 北京大学教授・瀋陽の事件をきっかけとした活動活発化と大学の対応

1.李悠悠、元北京大学(現南京大学)教授・瀋陽のセクハラを告発

4月5日、北京大学の1995年度の卒業生(現在はカナダ在住)の李悠悠が、北京大学教授(現在は南京大学文学院)だった瀋陽が20年前、女子学生の高岩に性暴力をふるって、自殺に追いやったことを告発した。この告発により、大学でのセクハラにふたたび社会的注目が集まった。

当時、高岩が李悠悠に語ったところでは、1996年、高岩は、学術問題を討論するという口実で瀋陽の家に招かれて、抱きつかれたり、頬ずりされたりした。その年の秋、高岩は瀋陽に襲いかかられた。彼女は裸にされ、強姦された。

瀋陽は、高岩と同じクラスの女子学生とも頻繁にデートして、性行為をしていた。瀋陽は、その女子学生には、「私は高岩のことはちっとも好きじゃない。髙岩は自分から私にくっついて、ベッドに誘惑したんだ。髙岩は精神病だ」と言った。

その話は、その女子学生の口から高岩と同じ寄宿舎の女子学生や同じクラスの女子学生に伝わった。そのデマは広がり、高岩は瀋陽先生に「片思い」していて、精神病だと噂されるようになった。それにより、高岩は性暴力とデマという二重の苦しみを負うことになり、心身を痛めつけられた。

1998年3月、高岩は自殺した(16)。以上の李悠悠の訴えについては、北村豊「中国の名門大学を騒がせたセクハラ告発運動」(日経ビジネス2018年4月20日)が非常に詳しく紹介している。

瀋陽は、今回の李悠悠の告発に対して、「当時、北京大学中国語学科党委員会と北京海淀警察が調査して、そのような事実はまったくないという結論を出した」「そのような非難は悪意の誹謗である」「それゆえ、私は告発の権利を保留する」と述べた(17)

2.各大学の対応

4月6日、北京大学は、「この事件について、大学は非常に重視し、教員職業道徳・規律委員会にただちに状況を再調査するよう求めた。関連資料を調べたところ、20年前、すなわち1998年3月、北京市公安局西城分局はこの事件について事実認定をおこない、調査の結果を出した。1998年7月、北京大学は、瀋陽に対して行政処分をおこなった」という「説明」を発表した。

同日、南京大学党委員会教員工作部も「説明」を出しし、「南京大学の関係部門は、この問題を非常に重視し、ただちに専門のワーキンググループを設置して、この事件について検討・判断をし、この事件の進展をきめ細かに注目している」と述べた(18)

4月7日には、南京大学文学院が、すでに瀋陽の講義を止めさせるとともに、南京大学文学院の教職を辞めるよう勧告したという声明を出した(19)

同日、上海師範大学も、瀋陽との契約を打ち切ると発表した(20)

北京大学は、さらに「北京大学反セクハラ関連規定(建議稿)」についての検討もすすめた。

4月8日、北京大学の林建華学長は「北京大学教員職業道徳・規律委員会専門会議」を開催した。会議は「北京大学はいかなる形態のセクハラにも断固として反対する。大学は反セクハラの制度建設を推進し、教員と学生に対して反セクハラの宣伝と教育をおこなう」とした。そして、この会議では、「北京大学反セクハラ関連規定(建議稿)」の適用範囲、大学の反セクハラ機構の設置、セクハラ行為についての訴え、調査、認定、処理手続き、反セクハラの教育・予防活動について研究討論をおこなったという(21)

この時期、南華大学や浙江大学も、学生たちの要請に対して回答をしており(22)、これも、瀋陽の事件での世論の関心の高まりの影響ではないかと思う。

3.大学の対応の問題点・その1――「師徳」の問題として扱う

「中国女性記者職場セクハラ状況調査報告」をおこなった黄雪琴は、李悠悠の告発に対して各大学が迅速に対応したことは評価しつつも、いずれの大学もそれを「師徳」の問題として処理している点を批判した。黄雪琴は、「『師風師徳』は、双方の権力とリソースの不対等、かつ有効な監督がない下において、学生の成績・プロジェクト・卒業・就職など生死にかかわる大権を持っている教員が、職権を利用して学生に対してさまざまな脅迫をしている現実を覆い隠す」ものであると述べた(23)

その2――十分な調査や討論、事実認定なしに処分だけをおこなう

陳亜亜(上海社会科学院文学研究所)は、いち早く処分を決めた南京大学が出した声明についても、「声明が出た時期から見て、この決定は、詳細な調査、十分な討論、手続きに合致した正義の結果ではなく、機構の中核的指導部だけが参与した、突発的事故に対する緊急会議、簡単な相談と評決の後に出した結果である」と指摘した。陳亜亜は、1月に陳小武が処分されたときも、「具体的にどのような調査をし、調査の結果はどのようであり、どのような事実を認定したかは、みんなにははっきりわからなかった」と述べる(24)

その3――セクハラ防止メカニズム構築に学生や当局側以外の団体が参与できていない

黄雪琴は、「私たちに欠けているのは、自由に対話をすること、透明で障害のない意思疎通、真に双方を保護するメカニズムとチャンネルである。もし教育部と各大学がこのメカニズムを研究・起草・改正する際に、学生が直接参加するルートがなければ、そのメカニズムはどうして本当に弱者の側である学生を保障することができようか?」「大学は、学生の意見を吸収して、学生の参与を歓迎しなければならない」と指摘する(25)

陳亜亜は、「このような問題を解決するためには、現行の行政機構・規律検査機構にのみ依拠するのは不十分である。最も良いのは多方面からの参与(学内のさまざまな社会組織、たとえば教員連合会、学生会など)、共同管理の管理メカニズムを打ち立て、必要な時には、第三者である調査機関を導入することであり、事実を明らかにするという基礎の上に、多方面の意見を尊重し、民主的な方法で協議し、最終的に共同で決議することである」とする(26)

その4――教員の審査基準の中に「セクハラ」が入っていない大学、訴える窓口がない大学が多い

4月16日、「NJU核真録」(南京大学ジャーナリズムコミュニケーション学院が実験的に作成しているメディア)が、「985大学(教育部が1998年5月に定めた、「211」大学の中でもさらに重点的に投資する大学)」である39大学について、師風師徳/セクハラに関す監督や訴えのメカニズムの有無を調べた。

その結果、そもそも「セクハラ」が「師風師徳」を審査する条項の中に入っていない大学が16大学であり、全体の41%を占めていた。そのうち、7大学は、「師風師徳」を審査する制度さえなく(清華大学、北京航空航天大学、北京理工大学、吉林大学、中国科学科技大学、湖南大学、国防科学科技大学)、9大学は、「師風師徳」を審査する制度はあるが、その審査項目の中に「セクハラ」が入っていなかった(中央民族大学、南開大学、天津大学、ハルピン工業大学、復旦大学、厦門大学、中国海洋大学、電子科技大学)。

また、大学のウェブサイト上に、「師風師徳」を監督する連絡先(電話番号、メールアドレス)を書いているのは、6大学であり、2割以下だった(浙江大学、北京大学、南京大学、西北工業大学、四川大学、中山大学)。そのうち、北京大学と南京大学は、瀋陽事件が起きた後にになって、監督方法を発表した(27)

4.南京大学での指摘と是正

もちろん、以上で述べられている問題を克服するための学生たちの活動はおこなわれている。

まず、ごく単純な例を挙げる。

教育部が2014年9月に発表した「健全な師徳建設の長期的メカニズムを構築することに関する意見(「教育部关于建立健全高校师德建设长效机制的意见」教师〔2014〕10号)」を受けて、南京大学は2015年9月、「南京大学の健全な師徳建設の長期的メカニズムを構築することに関する実施規則(南京大学关于建立健全师德建设长效机制的实施办法)」を発表した。

しかし、それに対して、@我也是藍鯨霊(藍鯨=シロナガスクジラ。小藍鯨は南京大学のマスコット)は、4月7日、「大学でのセクハラに対して、南京大学人は何ができるか?」という文の中で、教育部の「紅七条」から、なんと、「学生に対してセクハラをする、または不正当な関係を持つ」という個所を削除し、「紅六条」にしてしまっていることを指摘した。

また、4月6日の南京大学党委員会教員工作部の「説明」には、「南京大学は(……)監督信箱(信箱:郵便受け、メールボックス)と通報電話などの師徳に関する訴えの場を設置している」と書かれていた。

しかし、@我也是藍鯨霊は、この点に関しても、「私たちはまだ公式のウェブサイトには、その具体的連絡方法を見つけられない」と指摘した(28)

こうした@我也是藍鯨霊の指摘に対して、南京大学は、「南京大学の健全な師徳建設の長期的メカニズムを構築することに関する実施規則」の改正を発表して、「学生に対してセクハラをする、または不正当な関係を持つ」という条項を入れることを発表した。また、通報の窓口も設置した(29)

5.中国人民大学での告発と運動

4月11日、中国人民大学の経済学院の顧海兵教授に在学中にセクハラを受けたという告発が匿名でなされ、大きな反響を呼んだ。13日には、同大学の行政管理学科の張康之教授がセクハラをしていることが卒業生の微博で告発された(30)

4月13日、中国人民大学は、一部の教員の師徳師風に反する言行に関する意見について、大学は非常に重視し、専門工作グループを設置し、事実調査をするという声明を出した(31)

4月14日、同大学の学生・「頑石」(2016年度入学の哲学院の楊舒涵)が、以下の「学内セクハラ防止メカニズムに関する提案」を提出する人を募集した。

「キャンパスセクハラ防止メカニズムに関する提案」

最近、「学生の性知識の伝達と性侵害に関する状況の調査アンケート(人民大学)」が発表された。このアンケートに対し、学内で大きな関心が集まり、転送されて記入されたアンケートの部数はすでに3000部を突破した。このことは、学内の教員や学生が学内でのセクハラ問題に深い関心を寄せており、セクハラ防止のメカニズムを構築することを強く望んでいることを示している。

4月12日には、経済学院の教授・顧海兵に対する匿名の告発が知乎(ネット上の掲示板)に出現して、広く関心を集め、議論されたが、その後、知乎からこの問題は削除された。

私は、大学がキャンパスセクハラを正視して、学生の安全を保証し、教職員と学生のセクハラ防止意識を高め、セクハラ防止メカニズムを構築して、調査・処理・プライバシー保護などの面の制度を整備することを望んでいる。

これにもとづき、私は、以下の数点の提案を出す。

まず、最近一部の学生が匿名で通報した本学の経済学院の顧海兵教授のセクハラ疑惑について、大学はすでに態度を公表し、専門の工作グループをつくり、事件について事実調査をおこなっている。大学は、師徳師風に反するいかなる言行に対しても、断固反対し、どんな人であれ、絶対に見逃さず、絶対に容認しないという態度を終始鮮明にしている。

大学の態度は本当にすばらしい!

しかし、声明には、欠けている部分が2つある。1つは、大学が調査結果を公表する期限である。もう1つは、学生がキャンパスセクハラ反対に参与することについての大学の態度である。

第二に、基本的な、長期的反セクハラメカニズムを構築するべきである。

 1.大学に、キャンパスセクハラを防止・処理する専門機構か指導グループを設置する。
 2.教員と学生がともに参加して、キャンパスでの性侵害・セクハラに反対する規範と条例を討論し、制定する。
 3.匿名の通報と審査制度を構築して、学内に存在している可能性がある性侵害・セクハラ行為に対して、威嚇と監督をする。
 4.学内に反性侵害・反セクハラの公示制度を作り、通報された行為に対して調査をおこない、調査のプロセスと結果を随時詳細に公示する。
 5.正式に通報された性侵害・セクハラ行為は、大学側が期限内(たとえば10日以内)に初歩的回答をおこなう。回答は、事件が起きた経緯とその重大さについての初歩的判断についてであるべきである。
 6.防止と対応のプロセスでは、学生(教職員)代表が被害学生(教職員)と同等の立場で全過程に参与する。

第三に、本学には、公共の討論の空間がなく、教員と学生にとって必要な情報の集散地がないため、性侵害やセクハラにあった教員や学生は、公共空間から必要な援助を得られないし、潜在的被害者に注意や警告を知らせる基本的な情報のルートもない。そのため、悪質な事件の処理と解決のプロセスにも、教員と学生が参与することは難しく、悪質な事件もうやむやになってしまう。それゆえ、フォーラムを作って、全学の教員と学生の公共討論の空間にするべきである。

第四に、学外者が学内に進入して、性侵害・セクハラ事件のかなりの比率を起こしているので、以下の点を提案する。

 1.門の出入りのチェックをする。
 2.学内の、辺鄙で静かな、性侵害・セクハラの多発地区に、監視・照明設備を設置する。
 3.夜間の学内の主な道路の街頭照明の時間を12時まで延長する。

最後に、大学生段階に適応した、全面的な性教育課程を開設して、反セクハラと性教育とをともに展開することによって、反性侵害・反セクハラだけをすることでもたらされる可能性がある性観念を避けるべきである(32)

しかし、上の文章は「『中華人民共和国インターネット安全法』に違反した」として、見ることができなくなった。

それでも、中国人民大学の20学院の69人の学生(本科生、博士課程学生、修士課程学生を含む)がメールを寄せ、実名で「キャンパスセクハラ防止メカニズムを構築する」提案に賛成した。そして、少なくとも3人の哲学院以外の学生の代表が、この提案を学生代表大会に提出した。頑石(楊舒涵)は、この「中国人民大学の学内のセクハラ防止メカニズムに関す提案」を学長、書記、学生局のメールボックスにも発信した(33)

4月16日、中国人民大学は、「中国人民大学教員職業道徳規範(試行)」「中国人民大学師徳建設長期的メカニズム試行規則(試行)」「中国人民大学教職員規律処分暫定規定」を発表した。これらによって、「学生に対してセクハラをする、または不正当な関係を持つ」こと、「利益関係を持つ学生と恋愛関係を持つ」こと、「同僚に対してセクハラをする、または不正当な関係を持つ」ことを規則違反とした(34)

学生たちが要求していたものとはまだ遠いが、最低限の規定は作成したと言えよう。

5.北京大学での運動、情報公開要求と弾圧

(1)非公開で意見募集会

北京大学では、4月16日に、共産主義青年団(官制の青年組織)の委員会が、「『北京大学反セクハラ関連規定(建議稿)』意見募集会」を開催した。

この会は、北京大学学生会の常務代表委員会の会長で、歴史学系の本科生である李穎が、北京大学反セクハラ暫定規定起草専門家グループの委託を受けて主催した形をとっている。専門家は、北京大学社会学系教授・佟新、北京大学教育学院副教授・張冉、北京大学社会学系副教授・呉麗娟である。

この会では、まず、張冉が、陳小武事件の後、北京大学中外婦女問題研究センターが、北京大学反セクハラ暫定規定の起草を請け負って、何度か起草をおこなって、参加者の手元に意見募集稿を配布したことを述べている。

その後、その意見募集稿の中の、セクハラに関する概念や、反セクハラ専門委員会のメンバーの中の教師・学生の代表の比率や選出方法、調停のメカニズム、教員と学生の恋愛の問題、反セクハラ専門委員会に対する監督などについて議論した(35)

しかし、この会は非公開だった。この会の中でも、主催者が参加者に対して、「資料を持って帰ったり、ネット上で伝えたりしないようにしてください」と要請した。上で記した内容も、参加者の誰かがひそかに録音したもののようだ。

こうした状況に対して、ある学生は、「座談会をするからには、なぜ広範な熱心な学友を招かないのか?」「公開で座談会を開催することに、何か悪い点があるというのではあるまい?」「もちろん会議の収容人数には限りがあるが、出席する代表は公けに募集すべきである」「情報公開を申請した学生こそを招くべきである」と主張した。

この学生は、以下の点を要求した。
 1.なぜ全学生に事前に情報(目的、参加者の範囲、時間、場所など)を公開して、代表を募集しなかったのかを学友全体に説明すること。
 2.代表の名簿とその作成方法を発表して、それが広範な代表性と手続きの合法性などの面を満たしているか否か、みんなの質疑と監督を受けること。みんながそこに重大な瑕疵があると考えるなら、時期を選んであらためて座談会を招集すること。
 3.できるだけ早く全学の教員と学生に「建議稿」を公開し、反セクハラに関する規定が最終的にどのように決まるかのスケジュールを確定し、意見を表明できるルートを作ること(36)

(2)岳昕の活動に対する弾圧

4月23日には、北京大学外国語学院2014年度入学の女子学生・岳昕がネット上に「北京大学の教員・学生宛ての公開書簡」を発表した。その内容は、以下のようなことを記したものだった。

岳昕は、4月9日、7人の学生とともに北京大学に対して「情報公開申請表」を提出した。その内容は、瀋陽の師徳を議論した会議の記録、公安局の調査結果、瀋陽の自己批判の内容の公開を求めるものだった。

すると、その後、岳昕のところに、たえず学生工作部(学生思想政治教育工作部)の教員や指導者が話をしにやってきた。それは、午前1時や2時にまで及ぶこともあった。その中で、教員は何度も「ちゃんと卒業できるかどうか」、「こんなことをして、お母さんやお祖母さんはどう思うか」、「学生工作部の教員は直接保護者に連絡する権限がある」などといって、卒業論文を書いている岳昕に圧力をかけた。

4月20日、大学側から回答が来たが、それは以下のようなものだった。
1.瀋陽の師徳を討論した会議は、記録を残すようなランクのものではなかった。
2.公安局の調査結果は、大学が管理している範囲のものではない。
3.瀋陽の公開自己批判の内容は、中国語学科の業務ミスにより探し出せなかった。

岳昕はこの回答に失望したが、卒業論文提出の締切が迫っていたので、論文を書くことに集中するしかなかった。

4月22日の晩11時ごろ、突然、補導員が岳昕に電話をかけてきた。もう遅い時間だったので、岳昕は電話に出られなかった。すると、午前1時、補導員と母親が突然、寮にやってきて、岳昕を起こし、携帯電話とパソコンの中の事件に関するすべての資料を削除するよう要求した。夜が明けると、学生工作部の教員のところに行かされ、この件にはもう介入しないことを保証する書面を作らされた。その後、岳昕は保護者に連れられて家に帰らされた。

大学が岳昕の母親に連絡したとき、事実を歪曲して伝えたため、母親は驚き、おびえた。母親は、岳昕に向かって泣き叫んだり、ひざまずいてお願いをしたり、自殺すると言って脅したりして、岳昕を家に帰らせたのだ(37)

4月23日晩、北京大学の学内の「紅旗団委」の宣伝スペースに、「勇士岳昕に声援を送る」という壁新聞が貼られた。この壁新聞は、「湖底群魂」という署名が付されたもので、北京大学の創立記念日(5月4日)が間近であることを踏まえている。この壁新聞は、岳昕が恐れているのは、「精神上の創立記念日をダメにしたら、120年前の五四運動の先輩に申し訳ない」ことであるのに対して、大学側が恐れているのは、「ごたごた」が起きて「行政的成績としての創立記念日」をダメにすることだと指摘し、両者の矛盾を「『2つの北京大学』の間の闘争」だと述べるものだった(38)

岳昕は、一週間後、文章を発表して、一週間前の夜の状況や大学側の説明の誤り、その後の心の中の闘いなどについて説明した。そこには、岳昕の家族の気持ちは落ち着きつつあるが、それは自分がもう何もしないと思っているからであること、自分は家族の気持ちとの板挟みになって苦しんできたことなどが書かれていた。

岳昕は、自分は活動をやめれば、中産家庭の幸福な日々を送れるようになるけれども、「情報公開制度、セクハラ・性侵害防止制度、約談制度を改善する提起を公然とすることは困難になり、たとえ何らかの制度ができたとしても、それは密室での会議の産物になる」と述べた。岳昕は、「私は、後輩たちがまったく合法的な権利を闘い取るだけのために、このような思いをさせ続けるわけにはいかない。私は、次の高岩が命を断っても、我慢して黙ってい続けさせるわけにはいかない」と、今後も活動を続ける決意を表明した。

岳昕は、また、「多くの労働者家庭の不公正と苦難に比べれば、私と私の家族の苦難は取るに足りない」と労働者に思いを致している(39)

6.「約談」制度の問題

(1)李一鳴らの北京大学への公開書簡

4月25日には、北京大学の学生の李一鳴らが、北京大学指導部に「一部の学友が情報公開を申請したことについて約談(*)されたことについての北京大学当局への連名の手紙」という公開書簡を送った。(*)「約談」とは、文字通りの意味は「時間の約束をして話をする」ということだが、「中日辞書 北辞郎」では、その他に「事情聴取」とか「取り調べ」という訳も書かれている。「百度百科」では、「約談とは、すこぶる中国独特の制度である。具体的な行政的職権を持つ機関が、話をして意思疎通する、政策法規を学習する、分析・講評するなどの方法で、下級組織の運行に存在する問題に対して、是正し、規範に合わせる具体的行政行為」と解説されている。

李一鳴らは、以下の点を北京大学指導部に要請した。

1.約談の行為によって岳昕を傷つけたことに対して、適切な埋め合わせをすること。

2.約談制度に対する制約を強めること。全学の教員・学生に対して、北京大学の約談制度を明確にし、約談の施行細則を制定し、「学生を中心にする」という思想を具体化し、学友たちの正常な学習生活が影響を受けないようにすること。「学友に関心を寄せる」などの名目で意のままに学友と約談して、みんなの合法的権益を侵害することを厳禁すること。

3.学友の合法的権利を十分保障すること。約談の活動の前に、誠心誠意状況を説明し、約談される者に断る自由があることを告げて、学友本人を越えて、学友の家族に圧力をかけてはならないこと。

4.約談制度の大衆の監督と制度的制約を整備すること(40)

この署名には、北京大学の在学生と教員、卒業生200名近くから署名が集まったという(41)

(2)ジェンダー平等のために活動家にも強要されてきた「約談」

岳昕の事件によって、今回、「約談」制度が広く注目されたが、それ以前から、ジェンダー平等のために活動してきた学生と青年も「約談」という手段で抑圧されてきていたことを「広州新メディア女性ネットワーク」が指摘している。その中のいくつかの例をご紹介する。

1. 秋白(同性愛に対して差別的な教科書についての教育部の責任を追及する裁判を起こしたレズビアン)の場合

秋白は、裁判の準備中から圧力をかけられ、裁判を起こして以後、無数に約談されたという。

大学の補導員は、秋白に対して、「外国メディアの取材を受けてはならなし、自分がどの大学なのかも言ってはならない」「外国メディアには下心がある。きっと利用される」とか、「あなたはひどく大学の面子をつぶした」と言って圧力をかけた。

さらに秋白の父母を大学に呼んで、「大学の指導部は怒っている。これではあなたの子供の将来によくないし、卒業できるかどうかもかわからない」と言って父母を怖がらせた。父母は秋白を家に連れて帰り、いくつもの精神病院に連れて行って、心理的問題がないか検査させた。

2.小宇(広州外語外貿大学で、卒業式の日に小宇はレズビアンのパートナーに求婚するパフォーマンスをおこなった女性)の場合

小宇も、活動が大きく報道されたことで学院の副書記から電話がかかってきた。小宇は電話に出られなかったが、すると、副書記は父母に電話をして、小宇に事務所まで来るように言った。

副書記は「私は同性愛を差別しないが、国外の勢力に利用され、だまされる」「拘束に違反したから、しばらく学位証はあげられない」と言った。

また、父母が烈火のごとく怒ったので、小宇は父母としばらく連絡を取らなかったら、副書記と父母は、「小宇が失踪した」と警察に言って、警察は、小宇が借りている部屋のドアをこじ開けて、部屋を無茶苦茶にした。

小宇が学位証をもらうために、再度副書記に会いに行ったら、副書記は「同性愛をやってはいけないとは言わない。しかし、家に帰ってからやれ。公衆の面前でやって、大学のイメージを傷つけるな」と言った。

3.小皮(ジェンダー平等のための団体の職員)の場合

小皮は、ジェンダー平等関連の演劇(《ヴァギナ・モノローグス》の中国版のことであろう)のチケットを売ったり演出をしたりしたために、文化局から二回、約談された。

一度目は劇をしている場での面談であり、活動の参加者や活動の責任者について尋ねられたが、小皮は答えなかった。

二度目は文化局に連れて行かれた。このときは、男の課長が訊問し、すべて記録にとられ、指紋も押させられた。主要な参加者の微信をすべて出すように言われた。

約談で小皮が最も印象に残っているのは、男の課長が「なぜみっともない話題を上演するのか(上演には性と情欲が関係している)?」と尋ねたので、小皮が「あなたにはお嬢ちゃんやお坊ちゃんがいないのか? 性教育をするときには、性器の名前を言わないわけにはいかないでしょう?」と言うと、彼は「生殖器官の名称は非常に下品だ」と言ったことだった(42)

以上3つの例を挙げたが、「外国に利用される」「大学のイメージを傷つける」などと言われていること、大学生の場合、父母にも圧力をかけていることなどが、複数の事例で共通している。

7.中山大学での新たな告発

中山大学でも、1月1日の羅茜茜の告発をきっかけに、キャンパスセクハラ反対運動がおこった。1月8日には、118人の卒業生と77人の在校生が、大学に対して、セクハラ防止のための「5つの1」(43)を求める提案をおこなったが、なしのつぶてであった。

しかし、そうした中、4月28日、中山大学の人類学科の卒業生が、同大学の某人類学系教授が農村でのフィールドワーク中に女子学生にセクハラをしていたことを告発した。その卒業生が学生だった3年前の夏、その教授は、1ヶ月のフィールドワークの期間に、酒を飲んで女子学生の部屋に入って、布団をはいで胸を触ったりしていた。酒を飲んでいないときも、後ろから女子学生に抱き着いたり、女子学生の尻を叩いたりしていた。

そのことを知った彼女は、大学院生の男性に協力を求めて、教授とその女子学生らを接触させないようにした。しかし、その教授は他の事情を知らない女子学生にターゲットを変えた。また、フィールドワーク終了後、その教授は彼女に対して冷淡になった。

なぜ彼女が3年前のことを告発しようと思ったのかと言えば、その教授の指導下の大学院生と話をしていたら、彼が、教授のセクハラについて「教授が成長した文化的環境が私たちとは異なるからかもしれない」と弁護したことに怒りを感じたからだという(44)

その日の午前10時には、この告発は削除されたが、他のあちこちに転載された。

さらに同日、その告発に対して、ネットの掲示板で、数人の匿名のユーザーが「自分はその学科の学生だが、その事件は事実だ」という趣旨の書き込みをおこなった。

しかし、それらの転載や書き込みも削除された。

それでも、4月30日、中山大学社会学・人類学学院人類学科の卒業生と学生が、学院内部に建議の手紙を送るという動きが起きた(45)

おわりに

1.まとめ

中国では、今年1月、74大学で8000人以上(多くの人が実名)が、母校に対してキャンパスセクハラ防止システムの制定を求める署名に加わるなど、運動が大きく広がった。しかし、2月以降は、大学当局の抑圧によって、運動にはそうした勢いと広がりとはなくなった。

4月に北京大学で卒業生の李悠悠が元北京大学教授の瀋陽のセクハラを告発したことは大きな話題になり、それによって運動も少し活発化したが、学生たちの運動には強い圧力がかけられ続けている。

ただし、そうした中でも、北京大学以外でも教員のセクハラに対する告発は続いており(同済大学、中国人民大学、中山大学など)、大学によっては、学生たちによってセクハラについての調査(北京大学、中国人民大学)やキャンパスセクハラ防止システム構築を求める運動が続いている。

北京大学のようにセクハラ防止規定の制定をすすめている大学もある。その際、学生たちは、学生や教員の参加を要求しているが、大学当局の弾圧は厳しい。

また、セクハラ反対運動で女性が主力になっており、3月6日には、「女権の声」の微信で38人のキャンパスセクハラ防止システムを求める運動の呼びかけ人が、広範な人々に3月8日にネット上などでのセクハラ反対の行動を呼びかけた。しかし、3月8日夜には「女権の声」の微信と微博は抹消されてしまった。このことは、セクハラ反対の運動が、女性と権力とのたたかいという性格を強く持っていることを示していよう。

なお、当然ながら、セクハラ事件の背景には、大学の制度全体、すなわち指導教員と学生との関係のあり方全般に問題があるという指摘も出ている。たとえば、指導教員が大学院生を安いアルバイトとして使うとか、教材の代筆をさせるといったことである。その背景には、論文発表や学位獲得、就職などに関して指導教官の力が大きいために、人身的な依存関係ができるという状況がある。そうした状況に対して、学生の権利を保護する体制はきわめて不十分である(46)

それ以外に、以下のような指摘にも注目したい。

2.大学以外への広がりの乏しさ

陳亜亜は、中国のMetoo運動と外国のMetoo運動とを比較すると「欧米(韓国など、いくらかのアジアの国を含む)では、セクハラ反対運動が全面的に開花して、多くの領域に及んでおり、とくに映画・テレビ業界、文学界、政界の反響が最も強烈で、多くの人の関心を引いている。しかし、国内では学界(大学)だけで類似した効果が生じているにとどまり、他の領域では(……)基本的にセクハラ反対の声は聞こえない」と指摘している。

陳は、この点について、「その原因は複雑」だが、「当事者がニュースとしての価値を持っていない」場合があるとし、その例として「女工」の場合を挙げている。たとえば、2013年には「広州女工セクハラ調査研究報告」が、大多数の女工がセクハラを受けており、15%はセクハラのために「自分から辞職した」ことがあることを明らかにした。また、2018年には、某民間団体のセルフメディアが、フォックスコンの女工がセクハラ反対の活動をし、それに「#MeToo中国」のタグを付けたが、メディアや公衆の関心を引かなかった。

陳は、それに対して、大学で起きたセクハラ事件は、多くの関心を引いたとし、その理由として、以下の3点を挙げる。

(1)「これは、メディアが大学に対して構築してきたイメージ、公衆の大学に対する心理的期待と関係している。多くの人の目には、大学は神聖な知識の殿堂であり、この殿堂に入る学生は神の寵児のように映る。(……)社会が大学に高い期待をしているために、彼らは大学教員に対してもより高い道徳的期待をする。こうした背景があるので、大学に性的スキャンダル(教員の学生に対する性暴力など)が暴露されれば、とりわけ人の注目を引く」

(2)「大学、とくに名門大学は選り抜きの人材を集めたところであり、教員の中の少なからぬ人は、社会のエリート、著名人であり、社会からの関心が高い。学生の資質も高く、多くの卒業生がいる業界は影響力が大きい。一言で言えば、彼らは社会で相対的に発言権を持った人である。これらの人のネット上での訴え、呼びかけ、弁論は、記述が明確で、観点が鮮明で、読みやすく、情報量が多く、訴えが的確であるという優れた点がある」

(3)「大学の学生(若い卒業生)は、国内のジェンダー平等運動の主力軍である」(47)

3.外国メディアの論評が見落としがちなこと

大学でのセクハラ反対運動について多くの発信をしてきた@七隻小怪獣は、外国メディアの評論を読んで、気がふさいだという。なぜなら「(中国の)審査制度については書かれていても、いきいきとした主観的能動性を持った個人が、どのようにして、困難を前にして、創意と知恵を用いてネットワークを通じてより多くの力を集めて制度の確立を監督し推進しよう試みていることがほとんど書かれていない」からだ。「もしみんなが運動の評価について、失敗/成功という結果を見るだけならば、成功する希望はごくわずかで、大半は失敗だ。しかし、そうした見方は、『審査制度と政府の権力を中心に置き、市民の行動の効果に関心を持たず』、グループ形成の中で民主を体現していることを軽視し、公民の積極的参加とそれがもたらす変化、次の爆発のために蓄積するエネルギーを軽視している」と批判する。そして「『このような『不成功すなわち失敗』という見方は、私の身近にも溢れており、『中国は困難すぎる、必ず失敗する』から『きっと無駄だ』』という(48)

中国報道において、政府の弾圧の類を中心にし、市民の運動自体には注目しないという傾向は、日本のメディアにもかなり当てはまるのではないか。また、@七隻小怪獣は、それは、中国の人々の変革へのあきらめとも共通したものだと指摘しているが、中国に対する政府の権力を中心にした見方は、日本の変革に対する同様の見方にも通じるものでないか。

(1)海外中国学生学者就性骚扰防治的公开信」思考者iThink 2018-02-07 20:57:55。
(2)来自全球联名者的声音」七隻小怪獸的微博小怪獸2018-02-28 16:03:56。
(3)一封政协委员的回信:会将高校性骚扰防治以提案上交两会」鱼里鱼闯江湖的微信2018-02-14、新媒体女性「两会在即,你应该关注的五大性别提案」新媒体女性2018-03-02 18:40:09。
(4)广州性别中心「调查显示:大学生中七成人曾被性骚扰」新媒体女性的微博2017-03-08 19:37:45。
(5)发布高校性骚扰报告之后,她成立了广州性别中心,她会遇到多少挑战?」新浪看点(作者:好奇心日报) 2018-02-09 02:02:13。
(6)爱你的「新年开工+筹款成功!我们开始干活儿啦」广州性别中心的微信2018年2月22日。
(7)反性骚扰调查小组「北京大学学生遭遇性骚扰状况调查报告」顶个球公社2018-03-08七隻小怪兽的微博3月9日 01:29。
(8)女权行动派「最强妇女节过节指南|必看」女权之声2018-03-06七隻小怪兽的微博3月7日 00:37。
(9)女权之声的微博3月8日 13:21。
(10)女声消失51天,我们和编辑聊了聊」@新媒体女性04月28日 16:25。
(11)「反性骚扰,停止“幕后黑幕”思维吧,看见青年的力量」2018年2月10日。
(12)七隻小怪獸的微博3月9日 16:37。
(13)「【第三封致校长信】南京大学校友、学生和教授实名请求建立校园性骚扰防治机制的公开联名信」七隻小怪獣的微博3月28日 12:00。
(14)我也是蓝鲸灵的微博3月27日 10:15。
(15)以上は、「致每一个关心徐蜀辰涉嫌性骚扰同济女研究生事件的我们」白沙漠的微信2018-04-04、「时间轴——徐蜀辰涉嫌性骚扰同济女研究生事件」白沙漠的微信2018-04-05、「同济CAUP博士性骚扰事件,希望不要不了了之……」新浪看点2018-04-08 10:21:18(筆者:清南师兄)。
(16)「现南京大学文学院语言学科主任、长江学者沈阳教授,女生高岩的死真的你无关吗?」「北京大学李悠悠实名揭发长江学者沈阳教授」头条校园2018-04-05 15:07:29。
(17)前北大教授被指性侵女生致其自杀 独家回应:均为恶意诽谤」2018-04-05 21:50(『新京报』より)。
(18)南京大学:已成立专门工作组对沈阳被举报事件进行研判」『新京报』2018年4月6日。
(19)南京大学文学院关于北大校友网上发文的声明」南京大学文学院公式サイト。
(20)上师大声明:终止与南大教授沈阳签订的校外兼职教师聘任协议」上师大人事在线2018-04-07 13:36。
(21)“沈阳事件”最新进展! 北大开会研究反性骚扰制度」人民网-人民日报2018年04月08日15:06。
(22)4月6日、南華大学は、キャンパスセクハラ防止のために、以下の4つの措置を取ると回答した。1.セクハラ防止を新入生の教育内容に入れる。2.関係するテーマの専門の教育をおこなう。毎年、専門家を招いて、セクハラ防止および自尊自愛などの関係するテーマの講座をする。3.心理的健康の面の調査をおこない、学生のセクハラの悩みを知り、心理的指導をする。4.専門や兼職の隊伍を強化し、キャンバスの巡視を強める。
 また、浙江大学からは「党委員会教員工作部は、教育部の指導意見にもとづき、関係部門と共同でセクハラに関するメカニズムを研究する」という回答が来た(鱼里鱼闯江湖的微博4月8日 14:31)。
(23)黄雪琴「高岩们不能白死 我们需要怎样的反性骚扰侵害机制?」广州性别中心2018-04-10。
(24) voiceyaya「陈亚亚:我为什么无法为南大文学院的声明鼓掌」新媒体女性2018-04-08 20:12:47。
(25)(23)に同じ。
(26)(24)に同じ。
(27)调查独家调查39所985高校,超八成还未设立性骚扰监督渠道」NJU核真录2018-04-16。
(28)面对高校性骚扰,南大人能做什么?」我也是蓝鲸灵的微博2018年4月7日 14:33:53。
(29)我也是蓝鲸灵的微博2018年4月26日 15:50。
(30)一封呼吁调查人大顾海兵教授的倡议书:面对性骚扰,拒绝包庇和隐瞒」端点星2018-04-13、「中国版#MeToo持续震荡 人民大学两教授卷性丑闻」2018-04-14、「人大教师被指性骚扰女学生 举报女生:相信学校可以作出公正处理」中国妇女报的微博2018-04-17 12:58:53。
(31)人大校友举报长江学者张康之性骚扰 校方表态」凤凰网2018年04月16日 06:52:00。
(32)顽石「就关于校园性骚扰防治机制的提案发起征集」东门顽石2018-04-14七隻小怪獸的微博4月14日 13:12
(33)杨舒涵「关于校园性骚扰防治机制提案提交情况的说明」东门顽石2018-04-15七隻小怪獸的微博4月15日 23:40。
(34)中国人民大学印发《师德建设长效机制实施办法》等文件 进一步加强师风建设」人大新闻网2018-04-15 20:04:41。
(35)小Q「北大反性骚扰意见征集会都讲了什么?」境外事例2018-04-17我也是蓝鲸灵的微博4月17日 22:08。
(36)以上は、普通北大同学「反性骚扰座谈会,为何我不知道?」北门不说话2018-04-15七隻小怪獸的微博4月16日。
(37)岳昕「致北京大学师生的一封公开信」博谈网2018-04-24 06:07(来源:岳昕)、「北京大のセクハラ、情報公開求めた女子学生が軟禁状態」『朝日新聞』2018年4月25日06時39分。
(38)北大百廿校慶前再現『大字報』,微博將『北大』列為敏感詞」端媒体2018-04-24、「女生要求信息公开遭警告 “北大”成敏感词」BBC2018年4月24日。
(39)木・田:我在公开信后的一周里(原载于公众号“木田君的鎬头”)
(40) Shawn Zhang「就部分同学因申请信息公开被约谈一事致北大校方的联名信」Apr24
(41)(39)に同じ。
(42)性别平等倡导者:我们被约与被谈」新媒体女性 | 05月07日 19:46。
(43)(「5つの1」とは、1.毎年、全学の各教職員に対して、1回、セクハラ防止に関する研修をすること。2.各学生に、1回、反セクハラの授業を受けさせること。3.毎学期に1回、セクハラのインターネット調査をして、学生がセクハラ、憂鬱、焦慮などの状況について匿名でフィードバックできるようにすること。4.セクハラの通報・訴えを受け付けるルート(郵便箱、メールボックス、電話など)を1つ、設置すること。5.セクハラ行為の訴えを受理する部門1つと、責任者1人を明確にすること。以上は、さまざまな大学で要求された
(44)。「田野裡的『叫獸』」看中國2018-04-30 08:32。
(45)大学生「中大人在行动田野里的“叫兽”后续」MetooinSYSU2018-04-30dianaloves-object的微博2018-04-30 12:38。
(46) 吴余 朱不换「比起沈阳,更应该关心的是高校制度问题|大象公会」大象公会的微信2018-04-08。
(47)voiceyaya「职场性骚扰小调查|如何将#Metoo效应从学界扩散出去?」新媒体女性2018-04-12 14:08:11。
(48)写在#metoo在中国#被删一个月之际」七隻小怪兽的微博2018-02-18 15:32:45。

中国における#MeTooとキャンパスセクハラ反対運動

<目次>
一 北京航天航空大学卒業生の羅茜茜さん、#MeTooに触発され、在学時の陳小武教授のセクハラを実名で告発
 1 告発の内容と大学に訴えるまでの経過
 2 腰が重い大学、陳の圧力――実名での告発へ
 3 大学が陳の停職などを発表、それに対する懸念
 4 問題を否認する陳に対して他の女子学生の証言や録音も公開
二 さまざまな大学の卒業生と在学生が、各大学に対して、キャンパスセクハラ防止システム確立を実名の連署で訴え
 1 昨年から訴えていた何息さんが、西安外国語大学に対して
 2 広州新メディア女性ネットワークが、教育部と北京航空航天大学とに対して、キャンパスセクハラ防止のための規定の案を付して
 3 羅茜茜さんも、北京航空航天大学に対して
 4 半月余りの間に74大学で延べ8000人が署名
 5 大学当局の警戒、署名サイトは次々に削除
 6 削除されても続けられる運動、一部大学からは返答
 7 全国大学教員反セクハラ宣言
三 #MeTooに触発された女性記者・黄雪琴さんの「中国女性記者セクハラ状況調査」。黄さんと羅さん、万弁護士の協力
 1 黄雪琴さんの「中国女性記者セクハラ状況調査」
 2 黄雪琴さんと万淼淼弁護士が羅さんに協力
四 羅さんの告発は成果、教育部も対応
 1 北京航空航天大学、陳の教員資格取り消し、セクハラ防止システムの整備を表明
 2 全国の大学生が教育部にも要求
 3 教育部は、陳の「長江学者」称号取消、セクハラ防止システムの研究を表明
 4 フェミニスト活動家の教育部への要求
五 これまでのキャンパスセクハラ反対運動の積み重ね
 1 厦門大学のセクハラ事件をめぐる運動(2014年)
 2 中国の大学生のセクハラに遭遇状況調査(2017年)→今後は、全国的ネットワークの構築を呼びかける
六 さまざまな論評
 1 欧米のMeToo運動との相違
 (1)芸能界や政界ではなく、大学が中心
 (2)欧米に比べて困難な点――セクハラ防止のための制度のなさ、インターネット規制・社会的統制の強さ、フェミニズムの蓄積の短さ
 2 中国における変化――若者や女子学生と高等教育の家父長制との矛盾の顕在化、セクハラ認識の高まり
 3 「師徳師風」という枠組み、システムの整備だけでは不十分

[要旨]
 北京航天航空大学卒業生の羅茜茜さんは、今年1月1日、在学時に陳小武教授に受けたセクハラを実名で告発した。羅さんは、昨年10月から、アメリカでの#MeTooの呼びかけに触発されて、SNSで自らの被害を公表し、他の被害者たちとも話し合って、大学に陳を告発してきた。しかし、大学の動きは鈍く、陳が被害者に圧力をかけはじめたので、それに対抗するために、実名で告発したのだ。
 当日のうちに、大学は、この問題は調査中であり、陳をとりあえず停職にしたと発表した。しかし、大学は「セクハラ」の語を回避して「師徳師風」の問題として捉えていた。また、今まで他の大学では、調査の結果がうむやになったこともしばしばあった。陳も問題を否認した。そこで、羅さんらは、他の被害者の証言も発表し、セクハラの録音も公表した。
 また、羅さんを先頭に、さまざまな大学の卒業生と在校生が、各大学に対して、キャンパスセクハラ防止システム確立を実名の連署で訴える動きが起こった。この動きは、20日までに74大学、のべ8000人に広がった。しかし、多くの大学は、署名サイトを削除するなど、運動に対する警戒心をあらわにした対応をした。
 しかし、それにもめげず運動は続けられたし、きちんとした対応をした大学もあった。また、教員による宣言も出されたり、全国的ネットワークを呼びかける動きが起きたりもした。
 そして、羅さんの告発に対して、12日、北京航天航空大学は、陳の教員として資格を取消し、今後セクハラ防止システムを整備すると表明した。教育部もそうしたシステムを研究することを表明した。
 昨年11月に、やはり#MeTooに触発されて、自らの被害を訴えた女性記者・黄雪琴さんが「中国女性記者セクハラ状況調査」を開始していたのだが、今回の羅さんの告発には、その黄さんらも協力した。
 また、すでに2014年に、厦門大学などを中心に全国でセクハラについての学生や学者の運動が起きており、その際に作成された「高等教育学校セクシュアルハラスメント防止管理弁法」や「厦門大学セクシュアルハラスメント防止規範」は、今回の運動でも活用された。さらに、2017年、民間のグループが発表した中国の大学生のセクハラ遭遇状況調査も、今回の運動で活用された。
 今回の中国の運動について、欧米の#MeToo運動と比較すると、芸能界や政界ではなく、大学が中心であることが指摘されている。また、欧米に比べていくつも困難な点(セクハラ防止のための制度のなさ、インターネット規制・社会的統制の強さ、フェミニズムの蓄積の短さ)があることも指摘されている。しかし、同時に中国でも、若者や女子学生と高等教育の家父長制との矛盾が顕在化し、セクハラ認識の高まってきたことも、今回の運動の背景として指摘されている。

一 北京航天航空大学卒業生の羅茜茜さん、#MeTooに触発され、在学時の陳小武教授のセクハラを実名で告発

1 告発の内容と大学に訴えるまでの経過

2018年1月1日、羅茜茜さんは、インターネットの微博で、博士課程時代の副指導教官の陳小武教授が、自分在学中に、自分を含めた女子学生に対してセクハラをしていたことを告発した(1)

陳教授は、「長江学者」(中国の教育部が、国内外の優秀な学者を中国の高等教育機関に招致して、国際的にトップレベルの学術界のリーダーを養成することを目的とした「長江学者奨励計画」(2)によって招致された学者)の1人でもあった。

羅さんが微博に書いたのは、以下のような内容である。

羅さんは、2000年に北京航天航空大学に入学し、2004年には直接博士課程に入り、2011年に博士課程を卒業した。現在は、アメリカ在住である。

2017年10月15日、羅さんは、ハリウッドの大物プロデューサーのハーヴィー・ワインスタインが多くの女性にセクハラをしていたことが明るみに出た事件をめぐって、アリッサ・ミラノがツイッターで、性暴力の問題の巨大さを示すために自らの被害を公表する「#MeToo」の活動を呼びかけたことを知った。

そのとき、羅さんは心の中で「me too」と言った。羅さんは、北京航天航空大学の学友のグループチャットの中の「北航の陳小武先生をどう評価するか」というスレッドを開いてみた。

すると、ある匿名の女性が、陳小武から「あなたが数年間、私に一途になって、ボーイフレンドを作らず、私に対して絶対的な忠誠を誓ったら、ほしいものを何でもあげる」と言われ、今後の進路のことも言われて、ホテルに誘われたことを書いていた。それを断ったら、口をきいてくれなくなったという。また、別の匿名の女性は、2人きりのデートに誘われたことを書いていた。また、陳が女子学生に対しては軽薄なことを言って、ひどいからかいをするという投稿も、いくつも匿名でなされていた。

羅さんは呆然とするとともに、ついに立ち上がった人たちが出てきたことに感激した。

2日後、羅さんはそのスレッドに匿名で、今から12年前の2004年末~2005年初めに、自分が陳からセクハラを受けたことを、おおむね以下のように書き込んだ。

私が博士課程に進学したばかりのある日の午後、陳は私に「姉が外国に行って、姉の家の花の面倒を見る人がいなくなった。女子学生は生まれつきそういうことが上手だから、来てほしい」と言った。私は、「私は上手ではない」と言ったが、陳がどうしても、と言うので、陳の機嫌を損ねるのを恐れて、彼の姉の家に行った。陳は「妻との関係がうまくいっていない」「その原因は、妻が保守的すぎて、性生活が不調和だからだ」と言い、「あなたは知ってるか? 実際はとてもおもしろいんだ」と言って、性行為を強要しようとした。私はすっかり怖くなって、泣きながら「陳先生、やめてください。私はまだ処女です。私は何もわかりません」と言った。陳は私が処女だと聞いて少しためらったようで、その後も私はずっと泣き続けたので、ようやく諦めた。陳は、私を送って帰るとき、助手席に座らせて、手をなでながら、「今日起こったことは、誰にも言ってはならない」と口止めした。

これ以後、私は陳にずっと反発の気持ちを持つようになり、陳も私にずっと意地悪をした。その後出国する機会ができたら、私はすぐに出国した。それは彼の魔手から逃れるためだった。彼の下で勉強していた数年間は、私の人生の悪夢だった。なぜなら、陳にひどくいじめられて、出国前には、うつ病になって、幻聴や幻覚も出ていた。抗鬱剤を飲むことで、どうにかやってこられた。

私が知るところでは、現在少なくとも5人の女子学生が彼にセクハラを受けたことがあることが明確である。ますます多くの人が立ち上がるにしたがって、精神的被害者の人数は増えつつある。私は学位のために、長い間立ち上がる勇気がなかったことをずっと後悔してきた。もし立ち上がっていれば、その後これほど多くの被害者が出なかっただろう。私が最初のセクハラの被害者に違いない。姉妹たちに対して、私の告発が遅くなったことをおわびする。

以上の陳述には絶対に嘘はないことを私は保証する。もし今後必要になれば、私は実名で通報する。アメリカはセクハラについて非常に厳格な法規と通報システムがあるが、私たちの中国にはない。そのことこそが、このような恥知らずが無法の限りを尽くす機会を与えている。私は社会の関心を呼び起こして、このような学術の恥知らずを追放するとともに、女子大学院生という弱者たちを保護する措置を導入したい。

羅さんが自分の被害について訴えると、続々と以前同じ実験室にいた学友が羅さんに連絡を取ってきたという。

羅さんは、自分一人の証言だけでは不十分なので、陳にセクハラにあった女性の校友とともに「Hard Candy」というグループを作った。この名称は、少女が性犯罪者に報復をする映画からとったものだった。といっても、彼女たちは私的に陳に報復しようと思ったわけではない。当初はその後の行動についてまでは考えておらず、ただ事実を知りたかった。そのグループで女性たちは、自分がセクハラをされた経験について語り合った。

しかし、セクハラの被害について語るのは難しい。グループの中にも、以前陳にセクハラの被害に遭ったけれども、グループでは自分の被害について訴えずに沈黙を守った女性もいた。陳さんは、その女性の気持ちがわかった。

羅さん自身も、陳にセクハラの被害にあったときは、陳を告発できなかった。羅さんは父母にそのことを言ったのだが、保守的な父母は、それを不名誉なことだと思った。また、父母は、羅さんが勉学に努力して大学から推薦をもらっていたので、陳のセクハラを告発したら、陳に報復されて推薦を取り消されることを心配した。

「北航の陳小武先生をどう評価するか」というスレッドでの話は盛り上がり、ある卒業生からは、友人が「陳に大金を貸した。その金は、陳が女子学生を妊娠させて、家族に怒鳴りこまれたので、口止めをするための金だった」と言っているという情報も入ってきた。

また、グループの中のBさんは、陳のセクハラの証拠になる録音を提出してくれた。Bさんはセクハラをされていた2年間、自己防衛のために、陳の発言を録音していた。そこには、陳がBさんに「私の愛人になれ」、「同棲しよう」、「ホテルの部屋を取った」と言ったり、からかったりしていたことが記録されていた(3)

証言や証拠がそろったので、羅さんはこの男を徹底的に打倒するときだと思った。そこで、北航の校友会の会長に連絡をとって、北航の指導者に引き合わせるよう求め、陳を女子学生にセクハラをしたことを実名で通報したいと言った。

すると、すぐに北航の規律検査委員会の教員から陳さんに連絡があった。羅さんは北航の規律検査委員会に、陳のセクハラには、3つの証拠があると言った。1.私たち被害者の証言、2.女子学生Bの録音、3.陳が女子学生を妊娠させたとき、金を借りて口止め料を払った際の、その貸借過程を証明する第三者である。

2 腰が重い大学、陳の圧力――実名での告発へ

10月下旬に羅さんは実名で北航の規律検査委員会に通報したのだが、同委員会は、もっと多くの証拠が必要だとずっと言っていた。

規律検査委員会は、Bさんの録音について、陳の声と非常に似ていることは認めたが、まだ技術的な鑑定が必要だと言った。また、規律検査委員会は、陳を問いただしたときに、陳がさまざまな理由を見つけて、取り繕うことを心配した。たとえば、「これは、私がおしゃべりしているときの映画の中のセリフだ」とか「以前のガールフレンドと恋愛していた時のものだ」とか言うのではないかというのだ。

また、陳は、自分のセクハラについて書かれたスレッドを削除し始めた。

さらに、陳は、Bさんに電話をして圧力をかけた。Bさんは、今後、仕事の必要上、以前の指導教官だった陳の署名をもらわなければならなかったので、Bさんは、陳が、Bさんが大学から学位や学歴の証明をもらうことを妨害することを恐れた。Bさんは、また、陳が家族に報復するのではないかということも恐れた。

しかし、Bさんは、録音を弁護士に渡すことは同意した(4)

また、規律検査委員会は、被害者と面談したいと何度も言った。しかし、羅さんは、被害者の情報が漏れるのを警戒して、面談は断った。同委員会の調査にははっきりした進展はなかった。

その間に、以前は積極的に活動してきた1人のメンバーが、家族に心配され、反対されたために、グループから抜けるということも起きた。

そのため、羅さんは、これ以上待てないと思い、大学に催促をするために、ネット上で暴露することが必要だと考えた。「Hard Candy」グループは、みんなで投票するというやり方で、この決定を支持した(5)

3 北京航空航天大学が陳の停職などを発表、それに対する懸念

北京航空航天大学は、1日の午後7時に、以下の声明を出した(6)

大学はずっと最近のSNSの本学の教員の陳小武の師徳師風(教師としての道徳、態度)問題の評判と実名の通報を重視してきており、まず工作組を設立し、迅速に調査と事実確認をおこない、すでに陳小武をとりあえず停職にした。北京航空航天大学は、師徳師風に反する行為に対しては一切容認しない。事実であることを確認したら、断固として厳しく処分し、けっしていい加減にはしない。

しかし、この大学側の声明に関しては、以下の2点について、疑問や懸念が出た。

第一に、李钘瀅さんという人が「四年間に13件の大学教員のセクハラ事件が明るみに出ているが、その1/3は調査結果が不明である」という文章を発表し、今回もそれらと同様の結果にならないか、危惧の念を表明した(7)。北京航空航天大学以外の12件の事件の一覧は、以下である。

2014年
・5月、広西財経学院の女子学生が、論文の指導教官の容某の猥褻行為を警察に通報した→警察は容某を行政拘留5日にした。
・6~7月、新浪微博のIDが「汀洋」と「青春大蓬車」の2人が、厦門大学歴史系考古学専攻の博士課程指導教員の呉春明が女子学生にたびたびセクハラをしていたことをネット上で告発し、呉春明が半裸でホテルで熟睡している写真も公表した→厦門大学は、7月、呉春明の博士課程の指導教員の資格を停止し、10月には、党から除名、教員資格をはく奪する処分をした。しかし、2015年12月、呉は、中国考古学会新石器時代考古専門委員会の委員に当選した。
・10月、四川美術学院の副教授・王小箭が食事の時に、左右の女子学生に頬ずりしたり、手を握ったりしている写真がネットに掲載された。王は何度も2人の女性の身体に接触し、抵抗されてもやめなかった。→王は謝罪、四川美術学院は、王の教学・研究・学術活動への参加を禁止した。
・10月、北大国際関係学院の女性留学生が、同院の副教授・余万里が性暴力によって友人の女子学生を妊娠させたとネットで告発。北京大学にも微信の証拠を付けて告発。→北京大学、余万里を党から除名。

2015年
・6月、天津工業大学の女子学生が、同校の男性教員のセクハラと脅迫を微博で、微信の証拠付きで告発。→天津工業大学の公式微博が、事実調査がはっきりする以前は、教員の身分と関係するすべての仕事をとりあえず停止し、調査結果が出るのを待って、法律・法規に照らして処理すると回答。●この事件は、調査結果が不明である。
・8月、巣湖音楽学院の卒業生が、学生局の趙尚松局長が、卒業証を使って脅迫、言語によるセクハラをおこなったことを告発。微信のチャットの記録も付ける。→大学の党委員会が、趙を厳重警告処分にし、学生局局長を解任。

2016年
・8月、北京師範大学の学生が、同大学の某学院の副院長の教授が女子学生にセクハラをしていたことを暴露。→同大学は、すでに調査を始めたと表明。●しかし、この事件も、調査結果は不明である。
・5月、北京連合大学生物化学工程学院の卓球の代講教員が女子学生に対してセクハラをしている写真がネットで公表される。→同学院の微信、事件の調査処理の期間は、学院はその教員の授業停止にすると回答。●この事件も、調査結果が不明である。
・10月、南京師範大学教師教育学院の教授・李某がセクハラをしている微信がネットで暴露される。→同学院当局は、現在調査中であり、事実であることを確認したら、けっしていい加減にはしないと回答。●この事件も、調査結果が不明である。

2017年
・5月、北京映画学院の女子学生が、大学のクラス担任の父親に性暴力の被害を受け、そのことを訴えたら、逆に教師と学生に攻撃・排除されたと訴える。6月、あるアカウントが、宋靖・呉毅を頭目とする教授たちがしばしばセクハラをしてきたと通報。→●数日後、そのアカウントの内容は削除され、この事件もその後どうなったのか不明である。
・7月、「女権の声」の微博が、電子科学技術大学通信学院の張翼徳教員が、セクハラをし、たびたび、試験の成績や優秀な学生に対する大学院の試験免除制度を利用して、女子学生を脅してきた疑いがあるという情報を発信した。
・12月、南昌大学の卒業生が、同校の国学研究院副院長・周斌に性暴力を受けてきたことを大学に訴え、院長・程水金による事件揉み消しも通報。→南昌大学、程を院長から解任、周を副院長から解任するとともに、周の教学研究業務をとりあえず停止。

第二に、フェミニスト活動家の猪西西さん、張累累さん、waiting(韋婷婷)さんが、大学が陳小武の事件について「師徳師風の問題」と述べており、明確には「セクシュアルハラスメント」と言っていないことを批判した。彼女たちは1月4日に声明を出し、その中で、「私たちは、セクハラは先生の道徳や態度の問題ではなく、女性の権益に対する重大な侵害であり、教育環境の性差別と違法な犯罪であると考えている。私たちは、大学が、陳小武が女子学生を侵害した事件のセクシュアルハラスメントとしての性質を正視・承認し、『セクシュアルハラスメント』という言葉を回避しないよう希望する」と述べた(8)

4 問題を否認する陳教授。それに対して他の女子学生の証言や録音も公開

1月1日、『北京青年報』の記者が陳教授に連絡を取ると、陳教授は、「第一に、私はその(ネットで言われている)ことを知っているが、私は、私は違法なことや規律に反することはやったことがない。第二に、大学がすでにそのことを調査しており、具体的な状況は大学の調査結果を基準にする。第三に、このことは私個人の名誉に関わるのだから、私はすべての合法的権利を保留する」と述べた(9)

それに対して、1月3日には、記者の黄雪琴さん(後述)が「沈黙を打ち破る、羅茜茜は勇気を12年間蓄積した」という文章をネットに発表した。

黄さんの文章は、陳のセクハラについて、他のさまざまな女子学生による証言を詳しく伝えるものだった。

たとえば、大学院生のDさんによると、陳は女子学生を、出張や会議、食事などにつき合わせ、食事の席では、陳が注いだ焼酎を飲み干すよう強要していた。Dさん自身も、陳に呼び出され、罵倒されて、泣いたら、きつく抱きしめられた。ある先輩は、陳に罵られるのに耐えきれず、退学しようとしたら、みんなの前で、「亭主と勉強のどちらが重要なのか」「勉強を続けたいなら、離婚しろ」と言われたという。

さらに、この文章の中で、黄さんは、陳がBさんにセクハラをしている録音のファイルもネット上に公開した。

また、黄さんによると、羅さんがネットで告発をおこなった翌日、羅さんの父母の家に「陳の従姉」と称する見知らぬ人から電話がかかってきて、すぐに微博を削除するように言われたという。こうした陳のさまざまな圧力についても、黄さんは暴露した(10)

二 さまざまな大学の卒業生と在学生が、各大学に対して、キャンパスセクハラ防止システム確立を実名の連署で訴え

中国における#Me Too運動の特徴は、各大学におけるキャンパスセクハラ防止システム構築を求める運動が進められている点である。

1 昨年から訴えていた何息さんが、西安外国語大学に対して

まず、1月2日、西安外国語大学を2017年に卒業した何息さんという女性が、同大学に対して、キャンパスセクシュアルハラスメント防止システムを早く構築するように、「西安外国語大学ジェンダー平等促進会」の微信をつうじて訴えた。すると、2時間後には、王鉄軍学長から積極的な回答が返ってきた(11)

何さんが学長にそのように訴えたのは、これが初めてではない。昨年6月にも、何さんは、当時、学校の病院でセクハラの疑いのある事件があったので、キャンパスセクハラ防止システムを設立するように王学長にメールで訴えた。卒業の前日の7月4日にも、学長に同様のことを訴えていた。

今年1月1日、何息さんは羅茜茜さんの微博を見て、その時のことを思い出して、今回も学長に訴えたわけである(12)

2 広州新メディア女性ネットワークが、教育部と北京航空航天大学とに対して、キャンパスセクハラ防止のための規定の案を付して

1月3日、広州新メディア女性ネットワークも、教育部と北京航空航天大学に対して、キャンパスセクシュアルハラスメント防止システムを作るように建議の手紙を送った。教育部宛ての手紙には、「高等教育学校セクシュアルハラスメント防止弁法」(「弁法」は、「規則」というような意味)を付し、北京航空航天大学宛ての手紙には、「北京航空航天大学セクシュアルハラスメント防止規範」の試案をもした。

「高等教育学校セクシュアルハラスメント防止弁法」の内容を紹介すると、まず、第1章「総則」では、セクハラの定義などについて規定している。

第2章「校内セクシュアルハラスメント防止管理制度」では、大学に「セクシュアルハラスメント防止工作小組(委員会)」を設立することや、大学内のセクシュアルハラスメントに関する相談制度、通報制度、調査制度、処罰などについての制度、報復防止制度などについて規定している。

第3章「セクシュアルハラスメント事件校外処理制度」では、学内の制度は、訴訟や警察への訴えを妨げるものではないことなどを規定している。

第4章「セクシュアルハラスメント防止教育」では、教職員と学生に対するセクハラ防止教育について規定している。

第5章「責任および処罰」では、大学がセクハラ防止についての職責を果たさない場合は、教育部が命令を出したり、処罰したりすることを規定している。

「附則」では、義務教育や中等教育に関しては、別の弁法を制定することなどを規定している。

また、「北京航空航天大学セクシュアルハラスメント防止規範」は、個別の大学向けのものであり、より詳細なものである。

たとえば、セクハラなどに対処する「ジェンダー平等工作小組」は、日常の活動を3名の委員が担い、そのうち少なくとも2名は女性とし、少なくとも1名は女性の権利やジェンダーについての研究者にし、少なくとも1名は学外者にするなどとしている。また事件が起きたときは、9名のメンバーで構成する委員会を設立し、そのうち女性委員が少なくとも5名、男性委員が少なくとも3名、学外の委員が少なくとも3名とするなどとしている。

広州新メディア女性ネットワークは、上の「弁法」や「規範」を含めた手紙の全文を公開して、多くの人々が自分の母校に対して建議の手紙を送るように訴えた(13)

3 羅茜茜さんも、北京航空航天大学に対して

1月4日、羅茜茜さん自身が、北京航空航天大学に対して、以下のような公開書簡を出した(14)

北航への連名の手紙――私たちの勇気と期待を無にしないでください

尊敬する北航の指導部ご高覧:

2018年1月1日、卒業生の羅茜茜が実名で北京航天航空大学の陳小武教授が女子学生にセクハラをしていたことを通報していたことは、すぐにホットな話題になりました。この、最初に沈黙を打ち破り、実名で通報したことは、羅茜茜が12年間蓄積した勇気によるのです。また、陳小武にセクハラを受けていた他の女子学生も、学業、事業、家庭にマイナスの影響が生ずる危険を冒しています。しかし、彼女たちが道義上あとに引けず通報したのは、心の中では北航に対して深い愛情があるからであり、北航に健康で向上を目指す大学の気風を取り戻してほしいからです。

キャンパスセクシュアルハラスメントは、偶発的で低確率な事件ではありません。

2014年の某有名高等学府での「性暴力事件」の後、西華師範大学の李佳源副教授が四川・安徽の2つの大学の129名の女性院生に対しておこなった調査によると、女性院生の32.56%がセクハラを受けたことがありました。

2017年、広州ジェンダー教育センターが6592部の「中国の大学の在校生・卒業生がセクハラにあった状況調査」の結果を公表しました。調査の結果は、7割近い調査対象者が、程度はさまざまですが、セクハラにあったことがあることを示しています。なかでも女性がセクハラにあった比率は75%であり、セクハラをした者の9割が男性です。

全国113の211大学に情報公開申請をしておこなわれた調査もあり、各大学がセクハラに関する訴えや通報を受けたことがあるかどうかや、大学内でセクハラ防止の研修教育と処理システムがあるかどうかを尋ねています。受け取った回答によると、セクハラを処理する専門の部門またはプロセスがある大学は全国に1つもありませんでした。

反セクハラのシステムや信頼できる空間がないこと――これが、キャンパスセクハラが次から次へと尽きることのない最も根本的な原因です。このことも、私たちがなぜこの手紙を連名で書いたかという理由です。

何がセクハラなのか? どのようにしたらセクハラが起きる前に潜在的ハラッサーを震え上がらせることができるのか? どのようにしてセクハラをする者に対して勇敢にNOを言うのか? セクハラを受けたら、どのようにしたら傷をいやすことができるのか? 私たち広範な学生は、これらの知識を普及することを必要としています。

それゆえ、私たちは連名で、大学に対して、通報した学生の身分を秘密にするという前提の下で、できるだけはやく陳小武に対して調査をして、その結果を公表しすることと、有効なキャンパスセクハラ防止システムを打ち立てることをお願いするのです。

私たちは、以下のことを希望します。

1.大学はセクハラを防止する教員の行為準則を出して、教員は直接の権力関係がある学生と性的に親密な、恋愛関係になってはならないと明示すること。なった場合は状況に応じて処分する、あるいは教学のポストから離れさせること。

2.毎学期、定期的に反セクハラに関する講座、課程を開設し、予防と対応などの面について、教員と学生にそれぞれ研修をおこなうこと。

3.毎学期、定期的にインターネット上でキャンパスセクハラの研修とテストをおこない、学生がセクハラ・憂鬱・焦慮などの状況について、オンラインで匿名でフィードバックできるようにすること。

4.大学の指導部、職業的専門家、法律関係者などによって構成される教職員と学生の平等権益機構を設立し、セクハラの通報・訴え・調査・問責・懲戒などのシステムを打ち立て、教師と学生のセクハラの通報と訴えに責任を負う専門的機構を設立して、監督の力を強め、スムーズに通報・訴えができるようにし、セクハラの被害者に対して有効な援助を提供すること。

5.心理的援助をおこなう事務局を設立して、セクハラ被害者のための援助プロジェクトを導入すること。

6.セクハラ行為の訴えを受理する部門の責任者を明確にすること。

私たちは、キャンパスセクハラは「生活の態度」の小事でなく、ましてや個人の私事ではなくて、教育の「たましいの若死」であると信じています。私たちは、北航には厳格な教師としての道徳(師徳)の審査監督システムがあることは知っています。しかしながら、科学的なセクハラ防止と対応のメカニズムを打ち立てることは、教員の職業倫理に関わる公共の事務であり、教育の公平を保障し、権力の濫用を防止し、従業員と学生の権益を保障し、性差別を制止するために必要な手段です。私たちは、この事件を契機にして、セクハラに関する政策を出し、セクハラ防止のための制度を打ち立て、北航が、公正な気風の労働・教学・生活環境がある大学になることを望んでいます。

私たちは、北航が率先してキャンパスセクハラに防止し対応するシステムを作ることを期待しています。

北航は、私たちの勇気と期待を無にしないでください。私たちはもっと北航を誇りにしたいと思います。

北航の学生がたてまつる
2018年1月4日

連署人:
羅茜茜 6系2004級

姓名(    )
何か私たちに言いたいことがありますか(        )

4  半月余りの間に74大学以上で延べ8000人が署名

1月4日には、何息さんに賛同した西安外国語大学の校友も、同大学に対してキャンパスセクハラを防止することを求めて、セクハラ防止規定の草案を付した連名の手紙を発表して、署名を求めた(15)。他のさまざまな大学でも、同様の活動が始まる。

以下、私が読むことのできた公開書簡について、大学名と手紙の執筆者、連署人を列挙する。ここではスペースの関係で連署人については数字で示しているが、実名も公開されている。なお、日付は、その手紙のネットでの公開が確認された日であり、実際にはより以前に執筆、公表されていたものが多いと思われる。

また、以下の連名の署名人数は、ネットで公開された時点でのものであり、後述のように、その後集まった署名を合わせると、これよりはるかに多くの人が署名している。

1月4日
西安外国語大学←―2017年卒業・何息ら18人の連名

1月5日
南華大学←―2015年卒業・李雨景、連署人:2012年~2015年卒業・9人(16)
北京師範大学←―2017年卒業・趙梅星(17)

1月6日
山東大学←―1994年卒業・呂頻(18)
南京師範大学←―2013年入学・張雨欣(19)
西安培華学院大学←―2016年卒業・宋逸飛。連署人:2010年入学~2017年入学・14人(20)
長安大学←―2012年卒業・李婷婷(21)
湖北大学←―2011年卒業・宋小雨(22)
西南大学←―2015年修士卒業・邱汐羽(23)
北京郵電大学←―1994級学生・常立(24)

1月7日
西北大学←―2014年卒業・陳紅麗(25)
東北師範大学←―2014年卒業・鄧亜娟(26)
汕頭大学←―2013年~2017年入学・陳敏芝ら13人(27)

1月8日
北京大学←―2012年卒業・顧華盈、連署人:2011年入学~2017年入学・14人(28)
上海交通大学←―本科2001年入学で修士2005年入学・侯艶、連署人:1998年入学~2016年入学の36人(29)

1月9日
清華大学←―2017年修士入学・蒋家齢と2003年卒業・黄溢智、連署人:2002年~2017年入学・20人。伝言欄に2011年~2017年入学・99人の実名書き込み(30)
華南理工大学←―2014年入学・梁暁雯、2013年入学・劉憚(?)文(31)
広東外語外貿大学←―1970年入学~2012年入学の4人の連名(32)
厦門大学←―2013年度卒業生・劉新童、連署人:1月9日だけで、2011年入学~2017年入学の74人(33)
復旦大学←―校友151人、在学生176人、合計327人が実名で連署(34)

1月10日
遼寧師範大学←―2012年卒業・鄭熹(35)
山東財経大学←―2008年入学~2014年入学の4人の連名(36)
広東工業大学←―2007年入学~2017年入学の55人の連名(37)
四川大学←―2012入学・肖斯琦、連署人:2004年入学~2014年入学の25人(38)

1月11日
広州大学←―2017年入学・区媚婷(39)
信陽師範学院←―2010年入学・郭晶、連署人:2010年入学~2016年入学の4人(40)
天津商業大学←―2016年入学・劉輝(41)
江漢大学文理学院←―2016年卒業・甘雨辰ら3人(42)

1月12日
中国海洋大学←―2014年入学・謝瑞鑫(43)
大連理工大学←―2001年入学・陳紅偉、連署人:は1981年入学~2003年入学の8人(44)

1月16日
南京大学←―1996年入学~2017年入学の269人(45)

1月19日
中国政法大学←―2007年卒業~2017年卒業の197人(名前を出している人は (46)

私が原文を確認できたのは以上だが、この運動は、1月10日までに「全国45大学」(47)ないしは「47大学」(48)に広がり、1月12日に「61大学」(49)、1月17日までに「71大学」(50)、20日までに「74大学」(51)にまで広がっている。

また、署名したのは、20日までに「のべ8000人」(52)にのぼったという。

原文を確認できた手紙を見ると、その内容はさまざまではあるが、パターンとしては、以下のものが多い。

まず、自分の卒業年次とジェンダー平等に関心を持っていることを書く。

次に、羅茜茜の陳小武に対する告発について述べ、陳のような者は一人だけではないことを、2014年、厦門大学の女子学生が、指導教官の呉春明にセクハラを受けていたことを訴えた事件や、2017年、北京映画大学の女子学生が、多くの教授が女子学生にセクハラをしていたことを告発した事件を例にして述べる。しかも、それらの事件では、加害者がきちんと処分されていないことを指摘する。

さらに、2017年4月に広州大学ジェンダー研究センターが発表した調査結果によると、女子学生の75%がセクハラを受けたことがあるなど、セクハラはどこでも起きていることを述べる。

そのうえで、自分の大学の状況や自分の在学中の経験について述べている。

そして、大学に対して、以下の「5つの1」を提案する。

1.毎年、全学の各教職員に対して、1回、セクハラ防止に関する研修をすること。
2.各学生に、1回、反セクハラの授業を受けさせること。
3.毎学期に1回、セクハラのインターネット調査をして、学生がセクハラ、憂鬱、焦慮などの状況について匿名でフィードバックできるようにすること。
4.セクハラの通報・訴えを受け付けるルート(郵便箱、メールボックス、電話など)を1つ、設置すること。
5.セクハラ行為の訴えを受理する部門1つと、責任者1人を明確にすること。)

最後に、署名を求める。

最初に呼びかけたのは卒業生が多いが、連署人として名前を出したり、名前を書き込んだりしている人の中には在学生も非常に多い。

1月4日に羅茜茜さんが出した北京航空航天大学への建議の手紙は、同大学の学生でなくとも署名できるようにしたこともあり、翌5日までに、2000人近い署名が集まった(53)。署名をした人の中には、同大学の第1期の学生で、82歳になる金如山元教授もいた(54)

対象を各大学の在校生や卒業生に限定した署名でも、多数の署名が集まっている。

上記にも327人(復旦大学)、269人(南京大学)という数字があるが、南京大学では、1月16日に公表したところ、初日だけで350人の校友と在校生が署名し、翌日には、410名に達した。そのうち約180人は匿名だったが、約230人は公開だった。三日目には、教授からも署名が来た。1月19日に大学に提出する予定だという(55)

また、精華大学では出された翌日の午後4時42分までに358人が連署し(56)、四川大学では半日で270人を越えた(57)。北京大学でも、200人余りの署名が集まった(58)。さらに、中国政法大学では、19日までに851人の校友の署名が集まった(59)

5 署名サイトは次々に削除、大学当局の警戒

しかし、現在、多くの署名サイトはアクセスできなくなっている。個人の微信などで発信した場合は必ずしもそうではないが、署名を書き込むサイトのほとんどはアクセスできなくなっている。これは、大学当局が、運動の広がりを恐れていることを示していると言えよう。

そのことをはっきり示しているのが北京大学の事例である。

11日、北京大学からも返信は来た。しかし、それは、「大学はセクハラ防止システムに関する提案には留意する。皆さんの大学に対する関心と非常に感謝している」と述べたものの、その後は、「近年、大学は師徳師風を強化する制度建設にはたえず注意している」と言って、「師徳師風」に関する規定など、これまで大学がしてきたことを述べるだけの返信だった(60)

北京大学の学生が書いたと思われる「失望と憤怒:北京大学反キャンパスセクハラ提案の手紙その後」という一文によると、その後、大学側の態度として、以下のようなことがわかったという。[1]大学は、提案に対してもう別の回答はしない。なせなら、大学は、セクハラに関しては、すでにある制度によってすでにカバーしていると思っているからだ。[2]大学は、提案の手紙を支持した学友たちを、誰かに利用されていると思っている。というのも、多くの大学で同時にこうしたことをしているのは、(背後に)組織があるからだと考えているのだ。[3]大学は、教育部に出した反セクハラの手紙(後述)の中で、北京大学の名前が最初に書いてあるのは、故意に北京大学の名前を利用して、ことを起こそうとしているからだと思っている。

そうした大学の姿勢に対して、この文の筆者は、おおむね、以下のように反論している。[1]もし今ある制度でセクハラの問題がカバーできているのなら、なぜ学内でさまざまなセクハラが起きるのか? 制度に抜け穴や盲点があるからこそ、セクハラが起きるのだ。[2]まさか組織があったら何か問題があるというのではあるまい? ピクニックをするにも組織が必要なのに、制度建設には組織が必要ではないというのか? 1人や数人だけで声を上げても、大学はとりあってくれるのか? [3]すべての大学をピンイン順に並べた結果、北京大学の名前が最初になっているだけである。ピンイン順になっていることにも気が付かないほど、大学は、何を恐れ慌てているのか?(61)

「フェミニスト行動派」の微信がリンクを発信したものは、すべて削除されているとのことだ。4年前の厦門大学の呉春明のセクハラ事件のときは、フェミニストの連名の公開の建議の手紙(後述)が主流メディアにも争って報道されていたのと比べても、がっかりさせられる状態だという(62)

6 削除されても続けられる運動、一部大学からは返答

それでも、いちおう12校では、電子メールなどの形式で返答があったという(63)

なかでも、大連外国語大学の回答は最も積極的だった。同大学では、劉宏学長(女性)が、連署に参加した1人の在学生に連絡を取って会談をした。その際、大学側は、学長を含む5人の管理層の人が出席した。学長は「あなた方の『5つの1』については、私は非常によく書けていると思う」と言い、「『5つの1』で述べられている内容については、一部は責任者が大学にすでにいるが、もっと完全な制度あるいは措置にしなければならない」と述べて、学生たちの意識を肯定し、その活動を支持すると表明したという(64)

また、四川大学も、「あなたが手紙の中で述べている『キャンパスセクシュアルハラスメント防止システム』を構築することに関する建議は、建設的なものであり、母校は今後関連する活動の中で、取り入れ、参考にする」という回答をした(65)

また、1月8日には、南京師範大学から「あなたが提出した提案については、大学は専門家を招聘して、検討する」と返信があった(66)

復旦大学・北京林業大学・信陽師範大学も「すでに関係する制度を研究しているところである」と表明した(67)

また、やや特殊な例だが、1月8日、youthさん(仮名)は、北京師範大学・香港浸会大学連合国際学院に対して、公開の手紙を出した。すると学内の教員から電話がかかってきて、「大学にはすでに英文のセクハラ防止制度と処理プロセスがある」と言った。これは、同学院が香港の大学との合同の国際大学だから、ということのようだ。9日午後には、大学からyouthさんに連絡が来て、10日に面談をすることになった。もっとも、11日の朝になっても、その件での連絡がまだないというが(68)

また、注目したいのは、次々に削除されても、新しい大学で署名運動が開始されていることである。10日までに40数大学で署名が開始されたのに比べると、11日以降は若干勢いが衰えたとはいえ、5で述べたように、その後も30大学ほどの伸びを示している。

7 全国大学教員反セクハラ宣言

1月19日には、以下のような、「全国大学教員反セクハラ宣言」が発表されている(69)。これは、必ずしも全国規模のものではないが、教員からの声明として貴重である。

最近、北航長江学者・陳小武、南昌大学国学院副院長・周斌、対外経貿大学副教授・薛原が長期にわたって女子学生にセクハラをしてきたことが明るみに出た。私たちは大学教員として、これに対して強い怒りを感じ、彼らに対して最も厳しく譴責する。私たちの学生を保護し、類似の事件を予防するために、私たちは連署を出して、以下のように訴える。

私たちは訴える。教育部と各大学、各小中学校が、精緻で厳格な反セクハラの政策と規定を制定することを。

私たちは訴える。全国人民代表大会が、精緻で厳格な反セクハラの法律を制定し、セクハラ、とくに学生に対するセクハラを厳罰にすることを。

私たちは要求する。各大学と小中学校が毎年度、すべての学生と教員に対して、一時間、反セクハラの政策と規定についての講演をおこない、学校の指導者を含めた全員が必ず参加することを。

私たちは要求する。すべての系・院・校の指導者はセクハラの通報を受けたら、必ず上級へ報告し、学校によって真剣に調査をすること、そうしない各クラスの指導者は一律に解任することを。

私たちは要求する。セクハラが調査によって事実だとわかったら、セクハラをした者を必ず解雇し、教員の資格を取消し、教育部に通報し、大学内のインターネット、権威あるメディアに通告を出し、犯罪の疑いがある者は、必ず司法機関に引き渡すべきことを。

私たちは承諾する。私たちは、絶対に学生や同僚、部下に対してセクハラをしないことを。

私たちは承諾する。もしどの学生や同僚、部下が他の人にセクハラをされていても、私たちは直接大学の学長に通報することを。

私たちは承諾する。セクハラの被害者を断固としてサポート・保護し、セクハラ被害者・セクハラ通報者・セクハラ暴露者に報復する、いかなる行為及び機関、個人も暴露することを。

2018年1月19日

この宣言には、21日の時点で、武漢大学ジャーナリズムとコミュニケーション学院の教授ら12人と他のさまざまな大学の教授・副教授・講師ら32人が連名で名を連ねている。

新メディア女性ネットワークが取材したところでは、発起人は、武漢大学ジャーナリズムとコミュニケーション学院・特任教授の徐開彬さんである。彼は、アメリカで博士号を取って教員になったために、アメリカの大学のセクハラに関する制度・政策を体験していて、教員と学生との権力関係についても問題意識を持っていたことが、今回の宣言を出すことに結び付いたようだ(70)

三 #MeTooに触発された女性記者・黄雪琴さんの「中国女性記者セクハラ状況調査」。黄さんと羅さん、万弁護士の協力

1 黄雪琴さんの「中国女性記者セクハラ状況調査」

話は昨年にさかのぼるが、2017年11月20日、女性記者・黄雪琴さんも、#MeTooに触発されて自らや周囲の女性記者のセクハラ被害を微博・微信で発表した。これが、中国での#MeToo運動の最初の公然としたあらわれのようだ。

黄さんは、ずっと以前に、セクハラのために某有名メディアを辞職したが、その本当の辞職理由は誰にも言わなかった。黄さんは、周囲の女性記者たち(A~Eの仮名)もセクハラが原因で辞職していることを述べ、「今回、私は沈黙を破ることを決めた。たとえ自ら傷跡をさらしても、たとえ続いて荒れ狂う風雨がこようとも」と書いている(71)

さらに黄さんは、ネットでアンケートを取るという形で「中国女性記者セクハラ状況調査」を開始し(72)、1カ月で260通が集まった(73)

2 黄雪琴さんと万淼淼弁護士が羅さんに協力

羅茜茜さんも、黄さんと連絡を取った。

さらに、羅さんは国内の法律関係者にも積極的に相談をし、とくに万淼淼弁護士に援助してもらった。万弁護士は、中国の1990年代から現在までのセクハラ反対運動を整理しており、外国の法律や判例の比較もおこなっていた(74)。また、万弁護士は、長年DV被害を受けていた李彦さんが夫を殺した事件や、国内で初めて女児に対する性暴力について心理的リハビリの費用を含めた賠償を認めさせた事件を担当してきた(75)

羅茜茜さんは、黄雪琴さんに「私は実名で告発したい」と伝えたが(76)、羅さんが陳教授を告発した際には、黄雪琴さんや万淼淼弁護士も協力した。

たとえば、1月1日の羅茜茜さんの告発はもちろん羅さん自らが書いたものだが、黄さんは、羅さんの告発の中の細部に関して、女子学生や証人に手を尽くして取材し、告発が真実であるという裏付けをした。万淼淼弁護士は、法律面での詳細な提案や意見を出し、告発に虚構や曲解、他の人を傷つける内容が混じっていないかどうかをチェックした。

そのうえで、1月3日に、黄さんは、自らの文章として「沈黙を打ち破る、羅茜茜は勇気を12年間蓄積した」を発表した。

また、黄さんの「北航への連名の手紙――私たちの勇気と期待を無にしないでください」は、黄さんが羅さんと万弁護士の同意を得て初稿を書き、羅さんと万弁護士が補充や修正をした。そのうえで、黄さんが発起人・第一署名人になり、人々に署名を求めたのである(77)

四 羅さんの告発は成果、教育部も対応

1 北京航空航天大学、陳の教員資格取り消し、セクハラ防止システムの整備を表明

1月12日、北京航空航天大学は、微博で以下のように発表した(78)

最近の本学教員・陳小武についての実名の通報とメディアの報道について、本学は、非常に責任を持って、事実にもとづいて真相を明らかにするという態度で、調査・事実確認を真剣かつ綿密におこなった。調査の結果、陳小武が学生に対してセクハラ行為をしたことは現在すでに明らかになった。

陳小武の行為は、教師の職業道徳と行為規範にはなはだしく背いており、劣悪な社会的影響を与えた。国家と大学の規定にもとづいて検討した結果、陳小武の大学院常務副院長の職務を解任し、大学院生指導教官の資格を取り消し、教員の職務を解任し、教員の資格を取り消すことを決定した。

「徳才兼備・知行合一」が、北航の人間が追求する価値であり、大学は師徳師風に違反する行為に対して一貫して一切容認してこなかった。大学は、これを教訓にして、施行細則を制定し、関係するシステムを整備し、師徳師風の構築をいっそう強化し、人民が満足する教育をしっかりおこなうよう努力する。

この決定について広州新メディアネットワークの李思磐さんは、「厦門大学の事件と比べて、北航の処理には、2つの良い点がある。陳のしたことを『セクシュアルハラスメント』と規定していて、『正当でない関係』と規定して被害者に汚名を着せるようなことをしていないこと。セクハラ防止システムという事後の手立てを講じていることの2つである。1つ変わっていない点は、教員の資格を取消し、各種の職務を解任したが、まだ加害者を解雇していないことである。呉春明は、教員の資格を取り消された一年後に、公的な学会の委員になり、かつまだ学内で学術資源を掌握している」と指摘した(79)

2 全国の大学生が教育部にも要求

1月13日、上の北京航空航天大学の発表を受けて、44大学の53人の卒業生や在学生が実名で「キャンバスセクシュアルハラスメント防止システムを訴える教育部への公開の手紙」を発表した。

この手紙は、以下のことを要求している。

1.教育部は、陳小武の「長江学者」の称号を取消し、既に支給した奨励金の返還を求め、陳小武を事業編制から外すべきである。

2.教育部は、対外経貿大学が薛原のセクハラ疑惑事件に対して徹底的に調査し、被害者のプライバシーは保護するように督促すること。

3.教育部は、先頭に立ってキャンバスセクシュアルハラスメント防止実施弁法を制定・公布し、同時に各クラスの学校に実施を督促すること。

4.教育部は、キャンパスセクハラ防止活動を学校の審査の中に入れること(80)

3 教育部は、陳の「長江学者」称号取消、セクハラ防止システムの研究を表明

1月14日、教育部は、陳小武の「長江学者」の称号を取消し、奨励金の支給停止および既に支給した奨励金の返還を求めることを決定した。

教育部はさらに、関係部門と共同で大学でのセクシュアルハラスメントを防止する持続的システムの研究をするとも述べた(81)

4 フェミニスト活動家の教育部への要求

1月20日には、フェミニスト活動家として著名な25歳の張累累さんが、肖美麗さんとともに、教育部に宛てて公開の手紙を出した。

その手紙は、まず、この半月の間に非常に多くの大学の卒業生や在校生が各大学にセクハラ防止システムの整備を求めて署名に参加したこと、それは私たちの怒りの現れであることを述べている。次に、そうした動きに対して積極的な回答を寄せた大学もある一方で、少なくない大学が学生の声に耳を貸さなかった中、教育部が陳小武の「長江学者」の称号を取消し、セクハラ防止メカニズムを研究することを表明したことを歓迎の意を表している。そのうえで、以下の点を教育部に要求している。
 1)教育部は、キャンパスセクハラ防止システムの構築プロセスに、学生を十分に参加させること。
 2)教育部が先頭に立って、キャンパスセクハラ防止実施弁法を制定・公布し、同時に各レベルの学校に実施を督促すること。
 3)教育部は、キャンパスセクハラ防止活動を学校の審査の中に入れること(82)

今回のキャンパスセクハラ反対運動では、各大学における運動でも、猪西西、張累累、韋婷婷、李婷婷、呂頻、梁暁雯(梁小門)、郭晶、黄溢智(弁護士)といったフェミニスト女性が先頭に立っており、行動派に属するフェミニストが大きな役割を果たしていると言える。

また、陳小武は断罪されたが、中国の大学にはまだ多くの「陳小武」がいる。しかし、それを実名で公然とは告発できない状況もある。そこで、微博アカウント「@让性sao扰见光[https://www.weibo.com/u/6453223392](セクハラを明るみに出す。「性騒擾」の「騒」が「sao」となっているのは、当局の検索よけのためであろう)」が、全国各地から寄せられたセクハラの訴えを、匿名で発信する活動を始めた(83)

五 キャンパスセクハラ反対のためのこれまでの活動の積み重ね

もちろん中国でも、以前から性暴力やセクハラに対する取り組みはおこなわれてきた。さまざまな調査研究、セクハラに対する裁判、法制度についての提案、企業内の制度を確立するためのNGOの取り組みなどである。

また、2014年以後は、キャンパスセクハラについての運動が高まっており、そうした運動の到達点は、今回の事件にも生かされている。

1 厦門大学のセクハラ事件をめぐる運動(2014年)

そのきっかけになったのが、以上でもたびたび言及されている、厦門大学のセクハラ事件である。これは、2014年7月から8月にかけて、新浪微博のIDが「汀洋」と「青春大蓬車」の2人が、厦門大学歴史系考古学専攻の博士課程指導教官の呉春明が女子学生にたびたびセクハラをしていたことをネット上で告発したことに端を発する(84)

この際すでに(同年7月24日)、厦門大学の76名の在校生と卒業生が、大学に対して、キャンパスセクハラ防止規範の制定などを求める連名の手紙を学長に送っている(85)

さらに「教師の日」(9月10日)の前日の9月9日には、256名の学者や学生が、教育部に対して「高等教育学校セクシュアルハラスメント防止管理弁法」を制定するように連名で手紙を出し、厦門大学の学長に対しても、「厦門大学セクシュアルハラスメント防止規範」の制定を要請する手紙を出した(86)

この時の「高等教育学校セクシュアルハラスメント防止弁法」と「厦門大学セクシュアルハラスメント防止規範」は、今回、広州新メディア女性ネットワークが教育部に出した「高等教育学校セクシュアルハラスメント防止弁法」と各大学に出した「セクシュアルハラスメント防止規範」のほぼ同一である。すなわち、この時に、すでにそれらの「弁法」や「規範」が出来ていたからこそ、今回、羅茜茜さんが告発した際に、すばやく提案ができたと言えるだろう。

また、このときの256名の中には、王政、沈睿、蔡一平、馮媛といった著名なフェミニスト研究者や活躍しているフェミニスト活動家が入っている点も注目される。

さらに、「教師の日」には、10の大学(厦門大学・天津大学、東北師範大学・北京外国語大学・西北大学・武漢大学・西北師範大学など)の門前で、女子大学生たちが「赤ずきん」の扮装をして、キャンパスセクハラ防止を訴えるというパフォーマンスアートもおこなった。彼女たちは、全国116カ所の「211プロジェクト大学(1995年に教育部が、21世紀に向けて重点的に投資すると決めた約100大学)」の校長に、彼女たちが起草した「中国大学セクハラ防止規範」を提案する手紙も送った(87)

この時の「赤ずきん」は、右手に剣を、左手に盾を持ち、その盾には「自由と夜を女子学生に返せ」と書かれていた。なぜそうしたのかというと、この活動に参加した「小五」さんは、「伝統的な理解では、赤ずきんが狼に食べられたのは、彼女が警戒していなかったからだとされており、この物語は、家にいなければならず、どこにも行ってはならないことを教えているとされてきました。セクハラや性暴力の事件がおきるたびに、それは女子学生が警戒していなかったからだと言われてきました」、「私たちが赤ずきんの扮装をして、手に剣と盾を持ったのは、私たちは、家にいてどこにも出かけない人になるつもりはない、と言いたいからです」と述べた(88)

10月9日、教育部は「大学教員の健全な師徳建設を推進する長期的メカニズムに関する意見」を出し、その中で大学教員の「紅七条」の一つとして「学生に対してセクシュアルハラスメントをする、あるいは学生と正当でない関係になる」を挙げた(89)

10月14日、厦門大学は、以下のような発表をした(抜粋) (90)

呉春明は一名の女性大学院生とたびたび正当でない性関係を持ち、別の一名の女子大学院生に対してセクシュアルハラスメント行為をおこなった。

(このことは)教員が持つべき基本的職業道徳と態度に非常に背いており、師徳師風を損ない、教員の隊列全体のイメージを非常に損ない、学生の心身の健康に対してきわめて大きな損害を与え、劣悪な社会的影響を生じさせた。

呉春明を党から除名し、教員の資格を取り消す処分を決定した。

この処分について、広州新メディア女性ネットワーク代表の李思磐さんは、「厦門大学は、呉春明の教員の資格を取り消したけれども、解雇はしなかった。このことは、(呉が)間接的に学術的資源を掌握し続けるかもしないことを意味する」と批判した。

さらに、李思磐さんは、厦門大学が、呉春明が1人の当事者とは「正当でない関係を持ち」、別の1人の当事者に対しては「セクシュアルハラスメントをした」と認定している点に関しても、次のように批判した。「呉春明は、2人の当事者に対して、同じように、指導教官であり、学科のリーダーであるという公職の身分を利用して、非常に似た手段によって、支配し、接近し、セクハラをおこなった。違うのは結果だけで、1人は孤立無援な状況の下で呉と性関係を持ち、もう1人は、困難な中、抵抗し、幸いにしてそれを免れた。(……)こうした認定のロジックは、被害者に口をつぐませる効果を非常に強め、また、被害者に汚名を着せるものである」(91)

彼女の危惧は当たり、2015年12月、呉春明は、中国考古学会新石器時代考古専門委員会の委員に選出された(92)

こうした負の教訓も、今回の事件に際して生かされたと言えるのではないか。

2 中国の大学生のセクハラ遭遇状況調査(2017年)→今後は、全国的ネットワークの構築を呼びかける

その他にもさまざまな事件をめぐる活動があるが、調査として重要なのが、2017年3月8日に、民間団体である「広州ジェンダー研究センター」という小さなグループの韋婷婷さんらが発表した「中国の大学の在校生と卒業生がセクハラに遭遇した状況調査」である(93)。この調査も、上述のように、今回の運動で言及されている。

この調査は、2016年9月に始めたもので、6592部のアンケートと500人以上に対する取材をもとにしている。調査対象は約84%が女性である。学外であったセクハラも調査対象になっている。

その結果は、「北航への連名の手紙」などで記されたことのほか、以下のような点ものである。
・非異性愛者のほうが、異性愛者よりもセクハラにあう比率が高い。
・学生から遭ったことがある人が21.8%、大学の上級(教員など)から遭ったことがある人が5.2%。
・大半が黙っていたり、我慢したりしており、大学に報告・通報したのは4%未満。6割の人が「報告しても無駄だ」と考えている。
・被害者の12.4%は、人間関係や学業に重大な影響があり、鬱になったり、自殺などの状況もある。

韋婷婷さんは、2015年3月に公共交通でのセクハラ反対運動をめぐって刑事拘留されたフェミニスト五姉妹の一人でもある。

韋さんは、「広州ジェンダー教育センター」を設立した後、「セクハラと侵害予防ネットワーク」という小さなグループを作り、2017年1月にキャンパスセクシュアルハラスメントについての茶話会をした。その時に黄雪琴さんも来て、その後も彼女と交流を深め、陳小武の問題にもかかわっていった。

しかし、ある女子学生は羅茜茜さん同様に、男性の副教授にセクハラの被害に遭っていたが、彼女は彼を告発できないという話を韋さんは聞いた。その副教授も、陳同様に陳小武同様に何人もの女子学生にセクハラをしていながら、陳のように証拠を残していなからだ。つまり、「羅茜茜」以外に、多くの「羅茜茜」がいるのだ。

韋さんは言う。「Me Tooでは不十分だ。Everyone Inをしなければならない」。

また、次のようにも言う。「Me Tooは『声を上げる』ことしか解決しない。声を上げたのちに何をするのか、必要なのは、もっと多くの人がI’m Inすることだ」。

韋さんは、だから、今後、私たちは以下のようなことをしなければならないと言う。

その目標は大きく、下のようなものである。
 1.全国的な、セクハラを予防し、反対するために助け合う場を設立し、さまざまな都市でボランティアのサービスの場を提供し、お互いに交流する。
 2.心理的・法律的サービスを提供する。
 3.セクハラを予防するための研修を提供し、平等なジェンダー/セクシュアリティの意識を唱導する。
 4.反セクハラに関する教育、研修、予防メカニズムを呼びかけ訴える。

新しい年の目標としては、以下のことを掲げている。
 1.調査報告の中のすべての211大学に大学調査報告と建議の手紙を送る。
 2.このネットワークのクラウドファンディングのコーディネーター1人分の賃金。
 3.もっと多くの関心を持った仲間を募集し、一緒に仕事をする!

そのために、韋さんはクラウドファンディングを呼びかけている(94)

六 さまざまな論評

今回の運動については、さまざまな論評がなされている。呂頻さんの見解などを中心に、最後に、それらを見ていきたい。

1 欧米のMeToo運動との相違

(1)芸能界や政界ではなく、大学が中心

まず指摘されているのは、欧米の#MeToo運動は芸能界や政界が中心だったが、中国では反セクハラ運動は、まず大学で発生したということである。

この点について、呂頻さんは「それは、時期がまだ早いのかもしれない。なぜなら、中国の父権制にもとづく利益共同体はとても強固なので、現在はまだ周縁部分の、若い女性が声を上げているということかもしれない」と述べている(95)

(2)欧米に比べて困難な点――セクハラ防止のための制度のなさ、インターネット規制・社会的統制の強さ、フェミニズムの蓄積の短さ

また、中国では、欧米ほどにはMeToo運動が盛んにならないのではないかという指摘は何人もの人からなされている。その原因としては、以下のような点が挙げられている。

・セクハラ防止のための制度の有無

呂頻さんは、欧米でMeToo運動が盛んになった1つの背景として、欧米にはセクハラ防止制度がすでに存在していることを挙げている。「“MeToo”は(……)具体的な政策的訴えがない。これは、アメリカにはすでにセクハラ防止制度が存在するという社会的条件があるからである。しかし、その一方で、長い間存在している制度――体制内処理のシステムがいまだにセクハラをなくすことができていないので、強力で集団的な運動と公然とした告発によって、より有効に個別の事件を解決するとともに、社会全体を広範に教育している。」(96)

馮媛さんも、中国の女性が羅茜茜のように自分が性暴力にあったことを公にしようとしても、ハードルが高く、そのことは、制度的な欠陥を示していると指摘している。すなわち、国家の法律にも、大学や企業にも、セクハラ防止制度がなく、女性が訴えても梨のつぶてになるかもしれないというのである(97)

・インターネット規制・社会的統制の強弱、フェミニズムの蓄積の長短

また、呂頻さんは、欧米でMeToo運動が盛んになった背景として、他にも、「完全に開放的なインターネット」、「政治や会社における管理の相対的な透明性」、「1970年代の第二波フェミニズム以来、セクハラについて相対的に広範な認識の基礎」を挙げる(98)

呂頻さんは、「これを中国と対比すると、いくつかの点で中国はまだかなり不利ではないか? だから、北航事件は、インターネットの自発性に基づいているという類似性はあるとはいえ、“中国版MeToo”というラベルを貼れるかは不確かだ」(99)と言う。

Leta Hong Fincher(洪理達)さんも、中国におけるMeToo運動の障害として検閲を挙げる。彼女は、「もし公憤が一定程度に達したら、当局は『社会的不安定』とみなして、躊躇なく検閲をするだろう。」「アメリカのMeToo運動で引きずり降ろされた男の中には、政界の人物も少なくないが、中国共産党の指導者にとっては、これは非常に怖いことだ」と述べている。

彼女は、中国では近年フェミニズム運動を含めた社会運動が弾圧されていることについて、「さまざまな都市にはフェミニスト活動家がいて、彼女たちが互いに協力して、広範な支持を集めることを、中国当局は、政治的脅威とみなしている」と指摘している(100)

2 中国における変化――若者や女子学生と高等教育の家父長制との矛盾の顕在化、セクハラ認識の高まり

この点については、すでに本稿でも、五「キャンパスセクハラ反対のためのこれまでの活動の積み重ね」で触れたが、さらに呂頻さんは、今回の事件に至るまでの、中国の女性のソーシャルメディア上での活動に注目している。呂頻さんは、2017年5~6月の北京映画学院事件でも、教員の行為に対する広範で、強い憤りが示されたが、その背景には、高等教育の体制の中の父権的ないじめがあり、学校の教員の学生に対する暴力を庇護し隠蔽する官僚主義があるという。ソーシャルメディアの主なユーザーである若者は、そうした問題に敏感であると呂頻さんは述べている。

呂頻さんは、また、フェミニズムの視点から言えば、現在、中国の大学では女子学生の比率が50%に達している一方で、大学のほうはと言えば、教育部が女子学生の人数を規制したり、教授が性差別発言をしたりしているという状況を指摘する。すなわち、女子学生の成長と教育における家父長制との矛盾が、今回の反セクハラ運動の背景にあったということである(101)

また、中国でも、この数年、社会のセクハラに対する共通認識はすでにかなり高まってきた。セクハラの若干の基本理念、たとえばジェンダーにもとづく権力関係によるものであることや、被害者を責めてはならないことなどを多くの人が理解するようになってきた(102)。こうしたことも指摘されている。その一端は、本文で触れた「赤ずきん」のパフォーマンスアートにも現れているだろう。

そのうえで、呂頻さんは、MeTooのインパクトについて、「しかし、微博上の“MeToo”というタグはすでに450万アクセスあり、“MeToo”運動の情報が、中国においてセクハラというテーマの合法性と関心度を強めたし、中国の若者にさらに自信を与えた」と述べている。

また、「ただ、私たちの基盤は非常に限られている。だからこそ、中国の女性の知恵と勇気は讃嘆に値する」とも呂頻さんは指摘する(103)

インターネットの検閲に関しても、検閲からあるから諦めるのではなく、「私が見たところ、検閲によって、人々が話をするのを放棄したことはない」(呂頻)、「検閲に対しては、みんな多くの対策をしている。たとえば、生放送とか、火星文(一般の中国語とは異なるさまざまな文字の用法によって意味をあらわす)とか、文字を図版にするとか」(肖美麗)、「削除されても、人々の記憶には残る」(呂頻)といったことが指摘されている(104)

3 「師徳師風」という枠組み、システムの整備だけでは不十分

この点は、すでに猪西西さん、張累累さん、韋婷婷さんも指摘していたことだが、呂頻さんも、セクハラの問題を処理する政府側の枠組みが「師徳師風」になっていることを問題にしている。呂頻さんは、「この枠組みは、まず回避しているのは『性』である」と指摘し、また、「道徳の角度から、セクハラの原因を個人化することは、ちょうど完全で無辜の体制の中にいくつかネズミの糞があるようなものとして理解することになる」と批判している(105)

また、呂頻さんは、単にスクールセクハラ防止システムを整備するだけでは不十分であることも強調している。

「制度は必須だが、私たちに必要なのは条文のプロセスの官僚主義ではなく、陳情のような消耗と苦しみの迷宮ではない。(……)制度がユートピア的に機能することは不可能である。父権的ないじめに満ちた体制内では、『セクハラ投書郵便箱』をしても何の役にも立たない。たとえば、北航はたしかに調査を開始し、通報者が提供した陳小武の録音を受け取ったが、『陳はモノローグの公演の練習をしていたと言うかもしれない』という思考回路で対応した。/このような、誠意がない調査で明らかになったことは、男権的な個人と男権的なシステムが、再度結びついて、いっしょに責任を拒否することである。/私は、制度を作ることに意義がないと言っているのではなく、広範な抗争と監督の意義を軽視してはならないと言っている。」(106)

1月23日には、フォックスコンの女性労働者からも、反セクハラの声が上がった。

「大きな声でエロ話をし、体つきや容姿によって身近な女性の同僚をからかう。『仕事を指導する』という理由で、まったく必要がない身体の接触をする。工場の現場では、どこにもこのような『セクハラ文化』が存在している。未婚の女性労働者は、セクハラにとくによくあう。また、多くの人がこれを当然のことと考え、もし被害に遭った女性労働者が反抗したら、かえって『敏感すぎる』、『冗談が分からない』と責められる」

この女性労働者は、こうした文化だけでなく、制度も問題だとし、会社に対しても、作業現場にセクハラ防止の標語を貼る、組長や管理職、新入従業人にセクハラ防止研修を受けさせる、訴えを受け付けるチャンネルを設置するなどの対策を求めている(107)

こうした階層的な広がりを含めて、注目していきたい。

(1)我要实名举报北航教授、长江学者陈小武性骚扰女学生」cici小居士2018-01-01 08:16:22。以下、とくに典拠が明記していない一―1の記述は、これによる。
(2)長江学者奨励計画」高等教育の現状と動向 Science Portal China(科学技術振興機構)。
(3)この段落とその上の2つの段落については、「陈小武:你敢说没持续性骚扰女学生?没乱纪?」cici小居士2018-01-02 08:34:03。
(4)以上は、「陈小武:你敢说没持续性骚扰女学生?没乱纪?」cici小居士2018-01-02 08:34:03。
(5)以上は、张奕涵 邓晖「女博士讲述举报教授性骚扰始末:受害群体投票决定曝光」新媒体女性2018-01-05 10:52:46(首发于谷雨实验室(guyulab))。なお、「打破沉默,罗茜茜积累了12年的勇气」(2018-01-03 黄雪琴 ATSH)には、このとき他の人が羅さんの決断に賛意を表して挙手した微信のスクリーンショットが掲載されている。
(6)北京航空航天大学的微博1月1日 18:57
(7)四年内曝出13起高校教师性骚扰事件,1/3查无后续」2018-01-02 编辑组 NGOCN君。
(8)为北航点赞👍全世界都期待你的行动,请将性骚扰追查追责到底」猪西西爱吃鱼2018-01-04 17:30:32。
(9)北航教授回应举报性骚扰女学生:没做过违法的事」网易新闻2018-01-01 19:59:32(来源: 北京青年报)。
(10)打破沉默,罗茜茜积累了12年的勇气」2018-01-03 黄雪琴 ATSH。
(11)女权之声的微博1月3日 10:48
(12)以上は、「“#Me Too” 在中国的一次大范围流行:学姐学长们出手了」好奇心日报(魏倩)1月11日。
(13)建议母校建立反性骚扰机制,支持北航罗茜茜,第一枪已经打响!」新媒体女性1月3日 23:50(現在閲覧不能)。
(14)给北航的联名信—请别辜负我们的勇气和期待」2018年1月4日。(現在閲覧不能)→(転載)「给北航的联名信—请别辜负我们的勇气和期待」雪鸟-黄小懒人2018-01-04 11:16:32。
(15)建立预防校园性骚扰机制,让西安外国语大学变得更好」2018-01-04 西外校友 以何西言。
(16)「南华大学校友李雨景实名建议建立校园性骚扰防治机制的公开信」鱼里鱼闯江湖 2018-01-05 18:04:30(現在閲覧不能)。
(17)「北师大|北师大,希望你不要辜负我们的勇气和期待」2018-01-05 赵海星 女权行动派很好吃(現在閲覧不能)。
(18)山东大学校友吕频实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」吕频的微博2018-01-06 17:24:21。
(19)「南京师范大学校友张雨欣实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」妇女张的微博1月6日 18:15(現在閲覧不能)。
(20)「西安培华学院大学校友宋逸飞实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」93趙雲的微博1月6日 18:36(現在閲覧不能)。
(21)【公开信】校友李婷婷实名呼吁长安大学建立防治性骚扰机制」麦子家2018-01-06 22:14:01。
(22)湖北大学校友宋小雨实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」2018-01-06 宋小雨 我们与平权(現在閲覧不能)。
(23)致西南大学|实名建议母校建立校园性骚扰防治机制的公开信」(現在閲覧不能)。
(24)北京邮电大学校友常立实名建议母校建立校园性骚扰防治机制的公开信」2018-01-06 常立 嗓音(現在閲覧不能)。
(25)「致西北大学郭立宏校长的公开信」大栗子要不负时光的微博1月7日 11:20(現在閲覧不能)。
(26)「东北师范大学校友邓亚娟实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」马户陪你打官司的微博1月7日 23:44(現在閲覧不能)。
(27)给母校汕头大学的公开信:为了那些可能正在默默忍受的学生」(現在閲覧不能)。
(28)联名信 | 北京大学学生实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信 」2018-01-08 PKU的北门静悄悄。
(29)上海交通大学校友实名倡议建立校园性骚扰防治机制的公开信」JaneHY2018-01-08 20:45:24。
(30)「清华大学学生、校友关于建立校园性骚扰防治机制的建议信」黄溢智律师的微博1月10日 14:29
(31)华南理工大学校友梁晓雯实名建议母校建立反性骚扰机制」梁小门_的微博2018-01-09 05:54:22。
(32)「广外校友实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」小海豚在北极的微博1月9日 22:11
(33)「厦门大学校友刘新童实名呼吁建立校园性骚扰防治机制的公开信」「# Metoo | 厦门大学学生&校友致校长建议信」2018-01-10 厦门大学学生校友 厦大言炎。
(34)「复旦大学学生校友提议建立建立校园性骚扰防治机制的公开信」桃莉格日勒在路上的微博1月9日 22:24
(35)「辽宁师范大学校友郑熹实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」猪西西爱吃鱼的微博2018-01-10 16 44(現在閲覧不能)。
(36)迟来的Me Too|实名呼吁山东财经大学建立校园性骚扰防治机制」网红社工2018-01-10 16:27:11。
(37)#Me Too丨广东工业大学校友关于“建立学校防治性骚扰机制”的倡议书」。
(38)「四川大学校友学生实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」七隻小怪獸的微博【联名信有了一次有意义的修改】1月10日 15:37
(39)广大青年,这有封寄给校长的公开信,你一块儿吗?」。
(40)「信阳师范学院,反性骚扰,我们不能输!」社工郭晶的微博1月10日 11:27
(41)「天商人 不冷漠」(現在閲覧不能)。
(42)江汉大学文理学院校友实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」。
(43)「中国海洋大学要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」北京时间七点半的微博1月12日 22:43
(44)「大连理工大学校友陈红伟实名实名呼吁母校建立校园性骚扰防治机制的公开信」Nov0304的微博1月12日 09:39
(45)七隻小怪獸的微博1月16日 13:42、「南京大学校友、学生实名请求建立校园性骚扰防治机制的公开信」。
(46) YakiShare的微博1月19日 15:02、「呼吁中国政法大学建立校园性骚扰防治机制的联署」。
(47)「厦门大学校友刘新童实名呼吁建立校园性骚扰防治机制的公开信」「# Metoo | 厦门大学学生&校友致校长建议信」2018-01-10 厦门大学学生校友 厦大言炎。
(48)七隻小怪獸的微博【联名信有了一次有意义的修改】1月10日 15:37(「四川大学校友学生实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」)。
(49)罗茜茜“赢”了,反性骚扰征途仍在继续」新媒体女性2018-01-12 20:15:22。
(50)在逆风中前进的反性骚扰行动者 」2018-01-17 李钘滢 李钘滢。
(51)万人致信母校反性骚扰发起人张累累给教育部的一封信」2018-01-20 张累累 削美丽。
(52)同上。
(53)校长亲启|中国Metoo在大学,母校能否承载罗茜茜们的勇气和期待?」2018-01-09 枣枣 女权之声。
(54)北航已与4名性骚扰举报者联系 82岁校友力挺罗茜茜」2018年01月09日 18:57:28来源:红星新闻。
(55)我也是蓝鲸灵的微博1月18日 13:55
(56)黄溢智律师的微博1月10日 14:29
(57)「四川大学校友学生实名要求建立校园性骚扰防治机制的公开信」七隻小怪獸的微博【联名信有了一次有意义的修改】1月10日 15:37
(58)“#Me Too” 在中国的一次大范围流行:学姐学长们出手了」好奇心日报(魏倩)1月11日。
(59) YakiShare的微博1月19日 15:02、「呼吁中国政法大学建立校园性骚扰防治机制的联署」。
(60)关于提议建立校园性骚扰防治机制的说明」校长信箱。
(61)「失望和愤怒:北大反校园性骚扰倡议信的后续」十六盈的微博1月17日 04:07
(62)罗茜茜“赢”了,反性骚扰征途仍在继续」新媒体女性2018-01-12 20:15:22。
(63)罗茜茜“赢”了,反性骚扰征途仍在继续」新媒体女性2018-01-12 20:15:22。
(64)校长亲启|中国Metoo在大学,母校能否承载罗茜茜们的勇气和期待?」2018-01-09 枣枣 女权之声。
(65)七隻小怪獸的微博汇报【川大校长办公室对呼吁建立高校性騷擾防治机制的邮件回复】1月17日 18:35
(66)妇女张的微博1月10日 10:59
(67)罗茜茜“赢”了,反性骚扰征途仍在继续」新媒体女性2018-01-12 20:15:22。
(68)“#Me Too” 在中国的一次大范围流行:学姐学长们出手了」好奇心日报(魏倩)1月11日。
(69)全国高校教师反性骚扰宣言:武大、浙大、中山、复旦等已加入 」2018-01-21 14:35。
(70)高校反性骚扰机制,教授们站出来了!」新媒体女性2018-01-22 15:07:31。
(71)我也被性骚扰过—中国女记者性骚扰调查」2017-11-20 黄雪琴 ATSH。
(72)中国记者性骚扰状况调查
(73)中国の記者も#MeToo セクハラ被害調査に260通」『朝日新聞』2017年12月24日。
(74)我要实名举报北航教授、长江学者陈小武性骚扰女学生」cici小居士2018-01-01 08:16:22。
(75)从北航性骚扰到校园反性骚扰机制:律师、专家和行动者怎么说」女权之声2018-01-03 17:02:54。心理的リハビリのための費用を含めた賠償を認めさせた事件については、「六旬教师48小时数次性侵13岁少女被判11年 法院:心理康复费3000」未来网2017-12-08 10:15:00(新京报などによる)参照。
(76)张奕涵 邓晖「女博士讲述举报教授性骚扰始末:受害群体投票决定曝光」新媒体女性2018-01-05 10:52:46(首发于谷雨实验室(guyulab))。
(77)以上は、「我们写联名信的动机」(現在閲覧不能)。
(78)北京航空航天大学的微博1月12日 23:05
(79)罗茜茜“赢”了,反性骚扰征途仍在继续」新媒体女性2018-01-12 20:15:22
(80)鱼里鱼闯江湖的微博1月13日 12:36
(81)教育部决定撤销陈小武“长江学者”称号,停发并追回已发奖金」澎湃新闻2018-01-14 18:01。
(82)万人致信母校反性骚扰发起人张累累给教育部的一封信 」2018-01-20 张累累 削美丽。
(83)“导师带我们去陪酒,想要读博就不能拒绝”| 陈小武的十八个分身」女权之声2018-01-16 11:25:54
(84)对话“青春大篷车”:我只想说出真相」、「举报人专访2:爆料者“汀洋”:6年的漫长缠斗」网易号2014年8月7日 18:28。
(85)新媒体女性的微博2014-7-24 10:36【76名校友联署呼吁厦门大学建立机制防治校园性骚扰】
(86)新媒体女性的微博【教师节256名学者致信教育部及厦大校长:建立高校性骚扰防范机制迫在眉睫2014-9-10 11:13
(87)女权之声的微博【“小红帽”现身大学 十地女大学生要求校长反性骚扰】2014年9月10日 11:27 、「十地女大学生起草性骚扰防治规范 致信百所“211”高校校长呼吁禁止“师生恋”」法制日报——法制网2014年9月10日。
(88)Group Urges Action Against Sexual Harassment on University Campuses,The New York Times,September 10, 2014→「与中国校园性骚扰斗争的“小红帽”」2014年9月11日。当時の「赤ずきん」を使ったパフォーマンスアートに関しては、本ブログの記事「広州で若い女性たちが公共交通の痴漢対策について交通管理委員会、地下鉄公司、警察、婦女連合会などと会談――各地で「赤ずきん」姿で痴漢・セクハラ反対活動」参照。
(89)新媒体女性的微博【教育部出台规定禁止高校教师性骚扰学生 厦门大学博导性骚扰案尚未公布处理结果】2014-10-11 09:34
(90)新媒体女性的微博【你对厦大事件“吴春明被开除党籍 撤销教师资格”的处理结果怎么看?】2014-10-15 08:30
(91)新媒体女性的微博【厦大性骚扰处理结果令人失望】2014-10-16 11:30
(92)吴春明满血复活出任中国考古学会委员 他们知道他性骚扰多名女学生吗」新媒体女性2015年12月23日 18:20。
(93)广州性别教育中心「调查显示:大学生中七成人曾被性骚扰」新媒体女性2017-03-08 19:37:45、「报告称高校性骚扰中过半的人选择沉默和忍耐」界面新闻2017/04/13 13:42。
(94)以上は、「【众筹】给高校寄性骚扰调查报告,筹建反性骚扰网络 」 2018-01-21 韦婷婷 广州性别中心。
(95)教育部表态“零容忍”,反校园性骚扰大功告成了吗?」2018-01-18 吕频、美丽、大兔 女权之声。
(96)吕频「中国式反性骚扰的新女性前途」女权之声的微博1月10日 11:08
(97)北航女博士举报教授性骚扰 能推动中国的#MeToo运动吗」BBC中文网2018年1月5日。
(98)95に同じ。
(99)96に同じ。
(100)97に同じ。
(101)96に同じ。
(102)95に同じ。
(103)96に同じ。
(104)95に同じ。
(105)95に同じ。
(106)96に同じ。
(107)尖椒部落的微博1月23日 18:10

反痴漢アクションに対する弾圧強化の一方で、公的機関による反痴漢ポスター登場

<目次>
はじめに
一 反痴漢アクションの呼びかけ人らに対する警察の執拗な広州からの引っ越し強要
二 北京での警察の痴漢取締り活動が報じられる
 1.各紙が痴漢取締り活動を報道
 2.警察の対応の問題点に対する批判
三 被害者が痴漢に重傷を負わされる事件
 1.北京でバスの中の痴漢が、反抗した被害者に重傷を負わせる
 2.フェミニスト団体の反応
四 公的機関などによる、痴漢に警告するポスターが各地に登場
 1.上海 2.北京 3.成都 4.深圳
おわりに

はじめに

広州市を中心にした中国の行動派フェミニストたちは、2014年から、公共交通(バス・地下鉄)の痴漢問題に対して、交通管理委員会や地下鉄会社に、痴漢反対ポスターを掲示するなどの痴漢対策を要求する運動をしてきた。

しかし、2015年3月、バスの中で痴漢反対ステッカーを配布しようとしたフェミニスト活動家の五女性(女権五姉妹=フェミニスト・ファイブ・シスターズと呼ばれる)が刑事拘留されるという事件が起きるなど、当局は、彼女たちの運動に対する弾圧を強めてきた。

そうした中でも、張累累さんらは、広州の地下鉄に掲示するための痴漢反対ポスターを制作して、広州市交通管理委員会にポスターを出すように要請した。彼女たちは、そのポスターの製作費や広告料をクラウドファンディングまで集めたのだが、掲示は許可されなかった(本ブログの記事「広州で若い女性たちが公共交通の痴漢対策について交通管理委員会、地下鉄公司、警察、婦女連合会などと会談――各地で『赤ずきん』姿で痴漢・セクハラ反対活動」「広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対ポスターを掲示する試みなど――2016年の女性たちの公共交通での痴漢反対運動」参照)。

そこで、今年5月1日から、張累累さんらが呼びかけて、全国各地の街頭、大学、電車、バス、駅の中で、合計100人近い若い女性のフェミニストたちが、それぞれの場で、掲示を断られた痴漢反対ポスターを貼った掲示板を身につけて歩いて、痴漢防止措置をするようアピールした 。

一 反痴漢アクションの呼びかけ人らに対する警察の執拗な広州からの引っ越し強要

しかし、5月17日、張累累さんの家に警官がやってきて、「あなたが呼びかけたこの反痴漢アクションを止めさせなさい」「広州では今年後半にフォーチュン・グローバルフォーラム(全球財富論壇)があるから、引っ越して、広州から出ていきなさい」と要求した。これは、累さんがこの一年間で求められた3回目の引っ越し要求だったという。かくしてこのアクションは中止に追い込まれた(「自作の痴漢反対ポスターを身につけて街頭や地下鉄・バス内で見せる全国各地のフェミニストのアクション」参照)。

当時、張累累さんと肖美麗さん(北京から広州までの性暴力反対の「フェミニズム・ウォーク」をしたことで有名)、鄭楚然さん(女権五姉妹の一人)は、広州で家を借りていっしょに住んでいたのだが、6月22日には、大家が電話をしてきて、「あなたがたは!必ず!3日から7日以内に!引越しなさい! 警察はあなた方には問題があると言っている 良くない文字を印刷した服(=痴漢反対ポスターを印刷したTシャツ)を持っていると! 私は大家だ!あなた方に引越しを要求する権力を持っている!!!! 警察が引っ越さなくていいと言わないかぎりは!」と言った。

鄭楚然さんが、大家の言った警察の電話番号に電話をかけてみると、警官が「張累累と肖美麗があなた方を巻き添えにしている。彼女たちは過激で騒いでいる。あなた方はまあいい、それほどひどくない」と言った(1)

けれど、引越ししなればならない理由を説明するよう求めると、自分に道理がないことがわかっていたのか、私たちが住み続けてもいいと妥協して言ったという(2)

そこで、3人は、家主にも警察に問い合わせるように言うと、家主の娘が電話をしてきて「警察は『赤色の髪と青色の髪をした2人は、地下鉄やバスで国家に不利なものを配布したから、家にいさせてはならない』と言った」という。張累累さんは髪を赤く染めており、肖美麗さんは髪を青く染めていたので、警察はやはり張累累さんと肖美麗さんを追い出したがっていたということだ。

しかし、鄭楚然さんは、張累累さんや肖美麗さんと絶交しろという警察の要求を拒否し、「共通の価値観を持った友情は、人生の中で非常に価値のある財産であり、フォーチュン・グローバル・フォーラムよりも重要だ」と述べた。

さらに鄭楚然さんは「今後わが家に遊びに来る人は、必ず青色か赤色の鬘をかぶらなければならない!」と宣言した(3)

6月27日には、朝9時に、郭晶さんと鄭楚然さん、熊仔さんが住んでいる家(上記の家と同一か否かはわからない)に、家主と制服を着た人がやってきた。この制服を着た人は、海珠区公安分局の陳剣陶という輔警(補助警官)であり、「消防検査をしなければならない」と言った。しかし、彼は家に上がると、「印刷機を持っているか」と尋ねたり、床に置いた服をひっくり返したりした。しかし、何の問題も発見できなかった。後に来た警官と輔警も、捜査をする合法的な理由を何も言わなかった。

しかし、家主は、また、借家契約を無視して、かたくなに、7月20日までに引っ越すように言った。警察がここ数日ずっと家主に電話してきて、よく眠ることさえできないのだという。

警官の大きなパトカーもやってきて、住宅地の入り口に12時近くまで停まっていた。警察は、型どおりの検査だと言ったが、郭晶さんたちの家だけを検査して、隣近所は検査しなかった。

郭晶さんは「女性がバスの中で痴漢に会ったとき、あなた方はどこにいるのか? 女性がDVの被害にあったとき、あなた方はどこにいるのか? あなた方は、良い人を弾圧するのに時間を使っているから、そんなときは登場しないのだ」と怒りを表明している(4)

その日にやってきたのは4人で、派出所から来たと言い、彼女たちを「警務室」(という小さな一階建ての建物)に連れて行った。

彼らは、自分のはっきりした身分を言わなかった。

警官たちは「あなた方がやったことは、彼女たち五人の娘がやったことと実際は本質的な区別はないではないか?」、「あなた方がやったことはそれよりもっと大きい。もしこれが北京だったら、とっくに彼女たちと同じことになった」と言った。

警官たちは、張累累さんらのインターネット上の活動を非難して、「(張累累を指して)毎日、あんなにたくさん写真に出てはいけない」と言ったり、「毎日、お互いにリアクションしている」と言ったしたりした。

それに対して、肖美麗さんは、「あなた方がそう言うなら、なぜ私たちを捕まえないのか?」と尋ねると、警官は「ここに座って話をして解決できるならば、私たちはその以外の方法で解決したくない。この解決方法は、あなた方にとっても私たちにとっても、有利な点だけがあり、欠点はない」と言った。

肖美麗さんは「もし私たちが違法なことをしたのなら、直接捕まえることができるはずだ」と言った。

つまり警察は、彼女たちがしているのは違法行為でないのに止めさせようとしているわけだ。本当は、かつて五姉妹のように拘留したいのだろうが、そのときのような国際的批判を浴びるようなことはやりにくいのだろう。

張累累さんは警官に、「私がこの活動をしているのは、私が[反痴漢広告のためにクラウドファンディングで]集めた4万元を使えないためだから、もしあなたが私にこの4万元を使う[って反痴漢広告を出す]のを助けてくれたら、私はこんなことをしなくてもよくなる」と言ってみたら、警官は「広告はだめ。」「女性の問題については、婦女連合会に言えばいい」などと言ったので、張累累さんは「私たちは婦連にも、直接電話した」と答えた。

警官は、「婦連も女性の権利を守っている。実はあなた方のやっていることも同じだ。しかし、あなた方の現在の主体がこのようなことをするのはふさわしくない」と言った。肖美麗さんが「私たち自身はこの活動には何の問題もないと思っている。だからこそやっている」と言うと、警官は「若干のことは、同じことをやっても、異なる人がやるなら、異なる。主体の身分が重要だ」と述べた。

つまり、女性の権利を守る活動も、官制の団体がやるのはよくて、民間の女性がやるのはよくないというわけだ。

そして、警官たちは、執拗に彼女たちに広州から引っ越すように要求した。

警官たちは、「引っ越したときは、微博で一言、言ってほしい。『私たちはもう広州から引っ越しました』と。微博で一言言ってくれれば、私たちは指導者に知らせる」、「警察のことは言ってはいけない。あいまいに言いなさい」、「ある人がハラスメントをしたと言ってもいいが、警察のことを言ってはならない」と厚かましい要求をした(5)

二 北京での警察の痴漢取締り活動が報道される

1.各紙が痴漢取締り活動を報道

7月ごろから、北京の警察が地下鉄で痴漢取り締まり活動をおこなっていることが報じられた。

7月8日、『北京青年報』が、北京の警察が地下鉄で痴漢取り締まり活動をおこなっていることを報じた。具体的に言えば、北京市公安局公共交通総隊の四恵駅派出所がそのためのチームを作って、6月16日から、20日あまりで、22人を捕まえたという(6)

8月3日付『北京晨報』の記事によると、四恵駅派出所では、私服警官が、毎日朝夕のラッシュアワーのときに地下鉄をパトロールしたという。この記事では、男女1組の警官が、怪しい行動をしている男を監視して痴漢行為に及んだところを捕まえようとしたことが記されている。

隊員は最初10人くらいだったが、隊員が痴漢を捕まえると、周囲の人たちが喝采をおくったり、微博で賞賛されたりするので、活動に熱が入り、隊員もしだいに増えたという。

隊員は、痴漢を捕まえても、自分が痴漢行為をしたとはっきり認める人はほとんどいないといった苦労もあると語っている(7)

8月7日付『北京晩報』も、この四恵駅派出所の痴漢取締り活動について報じた(8)

報じられているのがすべて四恵駅派出所の活動であるのは、北京での痴漢取締り活動のすべてを公にしないためであるのかもしれないが、他の派出所ではしていないからなのかのかもしれない。

ある記事は、「夏になって以後、北京では気温の高い日が続き、人々のだんだん薄着になった」(9)ことと痴漢とを結び付けているので、夏だけの活動である可能性もある。

けれど、こうした活動が開始された(ひょっとしたら以前からやっていたことが報道されるようになっただけかもしれないが)背景には、フェミニストたちの痴漢反対運動の影響があるのかもしれない。

2.警察の対応の問題点に対する批判

しかし、その一方、7月11日、北京の地下鉄で、自分で痴漢を捕まえて警察に通報したのに、警察の対応がまったく不十分だったことを批判する記事が「橙雨傘公益」という女性に対する暴力に反対する団体の微博に同月18日に掲載されている。

その女性は、やってきた警官に、警察に行って調書を作成することを求めたにもかかわらず、警官は、監視ビデオを見るなどして証拠を集めるのは大変だ、などと言い訳をしたり、「何か賠償をさせたいのか」と尋ねたりした。女性が「何もいらない! 私は彼に前科をつけて、再犯させないようにしたいのだ」と言うと、やっと痴漢を警察に連行した。警察に行った後も、警官は、手で口を隠して笑いながら、「その男はどのようにして尻を触ったのか」と尋ねたりしたという(10)

三 被害者が痴漢に重傷を負わされる事件

1.北京でバスの中の痴漢が、反抗した被害者に重傷を負わせる

7月17日、バスで痴漢の被害にあった女性が痴漢を平手打ちしたら、刃物で刺されて重症を負うという事件が起きた。

その日の8時ごろ、北京のバスの中で、通勤中の女性が、年上の男に痴漢をされて、すぐさま相手を平手打ちした。すると、その男が果物ナイフでその女性を刺した。その男はその場で運転手と乗客に取り押さえられたが、その女性は救急車で病院に運ばれた。彼女は、出血多量で意識を失っており、手術後ただちにICUに運ばれた。医師の診断によると、頚部の静脈と付近の神経が切断されていて、背中を4回刺されており、傷は肺に達していたという(11)

2.フェミニズム団体などの反応

この事件は、さまざまなメディアが報じ、痴漢の凶暴さをに知らしめ、それ対する怒りを巻き起こした(12)

フェミニズム団体「新メディア女性ネットワーク」の微博は、この事件について、「私たちは何度も女の子たちに『痴漢にあったときは黙って我慢するのではなく、勇敢に立ち上がらなければいけない』と言っているが、それはけっして、このような一幕を見るためではない」と言った(13)

フェミニズム団体「女権の声」のサイトは、痴漢にあったある女性の経験を掲載した。彼女は、痴漢にあったとき、大声で叫ぶようなことはできず、逃げるのが精いっぱいで、まわりの人も関わろうとしなかったことを記した。地下鉄の職員には、警察に通報するかどうかを聞かれたが、職員は、もし警察に通報しないのならば、痴漢を捕まえても、痴漢に説教するだけだと言った。また、監視カメラを見るように訴えても、警察でなければ権限がないと言われた(14)

「女権の声」の微博は、「痴漢がこんなに猛威を振るっているのに、公共交通の痴漢防止宣伝はまだ不十分だ。いつになったら北京地下鉄は自分で反痴漢広告を出すのか」と述べた(15)

後述の『中国婦女報』の記事もこの事件に言及しているところを見ると、この事件も下の反痴漢広告の出現に少し影響を与えたのかもしれない。

四 公的機関などによる、痴漢に警告するポスターが各地に登場

6月以後、いくつかの都市の地下鉄に、公的機関による痴漢に警告する広告が登場した。

1.上海

以前のべたように、6月14日、上海地下鉄に痴漢に警告する広告が掲示されたことが、微博アカウントで報じられた。それは、「今日の咸猪手(口語で痴漢の意)は、明日にはブタの頭になる」という文字が大きく書かれて、鳥がブタを食べようとしているように見える漫画が描かれていたものである。広告を出したのは「看看新聞」であり、上海テレビ・ラジオ局傘下のメディアなので、中国では公的機関であり、公的機関による初の痴漢に警告する広告だと言える(「自作の痴漢反対ポスターを身につけて街頭や地下鉄・バス内で見せる全国各地のフェミニストのアクション」の)。

2.北京

8月3日、北京市婦連が地下鉄に反痴漢広告を出していることを李麦子さんが微博で伝えた。その広告は、「痴漢を防止するために、共に声を上げよう」「沈黙した子羊にはならない 冷淡な見物人にはならない」というスローガンが書かれたものだった(16)。この広告には、伸ばした手を、何人もの手がつかんでいる写真も添えられていた。これは、痴漢行為を何人もの人が止めようとしているありさまを示しているのだろう。

このデザインは、2016年4月にフェミニストたちが作成した、痴漢の手を女性の手がつかみ、周りの者たちが「やめろ!」「やめろ!」「やめろ!」と声を上げているものと似ているように思う(写真→「广州公共交通工具应加强反性骚扰宣传」2016-04-29 01:48:25 来源: 新快报(广州))。

北京市婦連によると、この広告は、北京地下鉄の1、2、5、6、7、10号線と八通線、亦荘線の計8路線に出したという。この広告は、8月1日から14日まで出すという(17)

張累累さんは「とてもすばらしい! 北京婦連が痴漢反対のために立ち上がった。フェミニストの行動がついに政府当局部門を促して反痴漢広告を出させた」と述べた(18)。鄭楚然さんも、「北京婦連は張累累が呼びかけた地下鉄の反痴漢広告アクションに積極的に応えた」と述べた(19)

武嶸嶸(女権五姉妹の一人)さんも、「すばらしい、今の苦しみは無駄ではなかった。これは、涙と汗の積み重ねの2年間だ」と述べた(20)

張累累さんは、「全国各地がみな学んでほしい」とも訴えた(21)

ただし、張累累さんは「しかし、期間は8月1日-14日だけだという。なんで反痴漢広告がずっとあったらいけないか?」という疑問も呈した(22)

また、肖美麗さんは微博アカウント「@広州公安」に対して、「提唱者に無理やり引越しさせることしか知らないようではだめだ」と言って、痴漢反対ポスターの提唱者をむしろ弾圧している広州の警察を批判した(23)

3.成都

8月10日、成都地下鉄もポスターを掲示していることが微博アカウント「@古敏怡」によって伝えられた。そのポスターは、「この地には『痴漢』はいない」というスローガンが書かれた下に、パンダの姿をした女の子とブタの手を禁止するマークの絵を描いて、「マナーを守った外出 地下鉄はあなたとともに」と書いてあるものだった(24)

郭晶さんは「張累累が呼びかけた反痴漢広告のクラウドファンディングと掲示板を持って歩く反痴漢の活動は、巨大な進歩を勝ち取った。北京地下鉄に反痴漢広告が出現した後、成都の地下鉄にも出現した。広告の中のブタの手は、張累累の広告のブタの手にそっくりだ。@広州市婦連と@広州地下鉄は行動しなさい!」と微博で述べた(25)。李思磐さんも「累累の広告が元になっているように見える」と微博で指摘した(26)

韋婷婷(女権五姉妹の一人)さんは、「女性車両を設置した広州と深圳はしっかり学ぶべきだ」と述べて、女性車両という手段を使った広州と深圳の地下鉄を批判した(27)(女性専用車両批判については、本ブログの記事「中国における女性専用車両導入とフェミニストによる批判」参照)。

4.深圳

8月20日、深圳の購物公園駅に、ゲーム会社「テンセント(騰訊)」がその人気ゲーム「王者栄耀」のキャラクターになった花木蘭を使った反痴漢広告を出したことを微博アカウント「@反性別歧視(反性差別)」が伝えた。それは、花木蘭が刀を抜いて「女は男に及ばないと誰が言ったのか? また痴漢をするなら、みておれ」と言っているものだった(28)

張累累さんは、「王者農薬(王者栄耀の別名)の反痴漢広告はとてもすばらしい! 痴漢反対の宣伝はますます増えている。商業でも、政府でも、フェミニストたちの行動と努力はたえず見られている」と述べた(29)

肖美麗は、再び、「@広州公安」に対して、「他の人の善意を悪意とみなしてはならない。つまらぬことにびくびくすることは本当に不必要だ」と言った(30)

おわりに

以上、フェミニストたちが痴漢反対ポスターの掲示などを要求した運動への弾圧が強化される一方で、公的機関によって、痴漢に警告するポスターが上海、北京、成都などで掲示されたことがわかる。

全国的な反痴漢アクションが5月におこなわれた後の、6月以降になって公的機関による痴漢に警告するポスターが各地に登場したというタイミングから見ても、北京市婦連や成都地下鉄が掲示したポスターがフェミニストたちのポスターと似ているという点から見ても、フェミニストたちの活動が公的機関の痴漢対策に一定の影響を与えたことは明らかだろう。

一方で運動を弾圧しつつ、一方でその主張を取り入れるという手法は、フェミニストたちが公共トイレの男女比の是正を要求した運動に対して、運動自体は弾圧しつつ、その要求はある程度とりいれたということにも見られた。

こうしたことは、フェミニストたちの運動の意義や影響力を示しているともいえるし、いかに民間の運動の要求が正当でも、中国当局は民間の下からの運動はあくまで否定していることを示しているともいえるだろう。

また、フェミニストの痴漢反対運動に対する弾圧が、彼女たちをいきなり逮捕せずに引っ越しを要求するという形をとっているのは、彼女たちがしていることは違法行為でないのに弾圧しようとしているという面でも、かつてのように刑事拘留をして国際的批判を浴びることを避けようとしているという面でも、巧妙かつ卑劣なものだといえよう。

(1)大兔纸啦啦啦「我宣布,以后来我家玩必须佩戴红蓝色假发」大兔纸啦啦啦的微博2017-06-23 12:13-04。
(2)社工郭晶的微博6月27日 17:59
(3)大兔纸啦啦啦「我宣布,以后来我家玩必须佩戴红蓝色假发」大兔纸啦啦啦的微博2017-06-23 12:13-04。
(4)社工郭晶的微博6月27日 17:59
(5)肖美腻的微博6月30日 09:59
(6)北京开展大规模打击地铁“色狼”行动 便衣藏客流中」中国新聞網2017年7月8日 05:41(来源:北京青年报)。
(7)晨报记者直击便衣地铁擒狼」『北京晨报』2017年8月3日。
(8)北京“猎狼行动小组”成立 民警地铁擒色狼」新华网2017-08-07 20:01:18(来源:北京晚报)。
(9)北京开展大规模打击地铁“色狼”行动 便衣藏客流中」中国新聞網2017年7月8日 05:41(来源:北京青年报)。
(10)我在北京地铁上亲手抓了一个咸猪手还报了警,但这根本不够」橙雨伞公益2017/07/17 15:49(界面新聞)→「我在北京地铁上亲手抓了一个咸猪手还报了警,但这根本不够」2017-08-03 Zoe 橙雨伞。
(11)北京女子掌掴“公交色狼”被割颈,失血过多送进ICU 」李阳煜/法制晚报2017-07-18 18:13。
(12)北京一女子掌掴“公交色狼”竟遭对方割颈,咸猪手已经这么猖狂了?」捜狐2017-07-19(北京青年报)、「公交上反击色狼 北京女乘客反被刺伤」联合早报2017年7月20日。
(13)新媒体女性的微博7月19日 15:07
(14)“下一次,我绝不放过你!”|记我的一次地铁被性骚扰经历」女权之声 2017-07-19 11:22:26。
(15)女权之声的微博【反抗公交性骚扰有风险?】后续 7月19日 11:47
(16)麦子家的微博【北京惊现反性骚扰广告,系北京妇联推动】8月3日 09:50
(17)以上は、中国妇女报的微博【防止性骚扰,共同发声!一一北京8条地铁线现反性骚扰拉手】8月3日 17:42(写真あり)→「北京地铁八条线路现反性骚扰拉手 北京市妇联呼吁:不做沉默羔羊 不做冷漠看客」『中国婦女報』2017年8月4日(写真あり)。なお、この広告を報じたこれらの記事には、先に述べた通州区の事件に言及して、「これに対して、北京の市・区の2つのクラスの婦連組織は、緊急に関係部門と連絡を取って、事件の状況を知り、態度を表明し、終始被害者の状況と事件の進展状況に関心を寄せ、随時援助を提供した」とも書いてあった。なお、より大きな写真が、大魔宙的微博8月4日 11:51に掲載されている。
(18)张累累累累的微博8月4日 16:21
(19)大兔纸啦啦啦的微博8月4日 17:51
(20)小社工大社会嵘嵘的微博8月4日 16:22
(21)张累累累累的微博8月4日 16:39
(22)同上。
(23)肖美腻的微博8月4日 17:52
(24)古敏怡的微博8月10日 13:18
(25)社工郭晶的微博8月10日 17:12
(26)李思磐的微博8月17日 17:25
(27)韦婷婷waiting的微博8月18日 08:21
(28)我遭遇了性别歧视的微博8月20日 17:21
(29)张累累累累8月20日 17:35
(30)肖美腻的微博8月20日 23:02

中国における女性専用車両導入とフェミニストによる批判

<目次>
一 女性専用車両に対するフェミニストの批判
1.女性専用車両導入の提案とその実施
2.女性専用車両を導入の発想について
 (1)痴漢防止のためというより、「女性を思いやり、女性を尊重する」ため
 (2)強制ではなく「提唱」
3.全体的には賛成が多数
4.「新メディア女性ネットワーク」の調査に回答した3000人以上の女性は、不支持が圧倒的
5.「女権の声」の女性専用車両批判
6.他のフェミニストの論説
7.日本の「女性専用車両」をどう見ているか?
8.主流メディアにもフェミニストの意見
9.まとめ
二 女性車両の実施状況
1.深圳――宣伝が不徹底で誘導もなく、有名無実
2.広州――かなり実施されているが、不徹底
3.まとめ

中国の若いフェミニストたちは、地下鉄・バスにおける痴漢の問題に対して、2012年以後、さまざまな運動をおこなってきた。2015年以後は5人の活動家が刑事拘留されるなど、彼女たちの運動に対する弾圧が強まるが、そうした中でも、地下鉄・バス内に痴漢反対ポスターを掲示することを求めるなど、会社や政府に痴漢防止措置を要求してきた(本ブログの記事「痴漢を女性の服装のせいにする上海地下鉄ブログに対する、ネット内外での女性たちの抗議のうねり」「各地の弁護士・市民が地下鉄会社に対して痴漢防止策の建議・署名運動」「広州で若い女性たちが公共交通の痴漢対策について交通管理委員会、地下鉄公司、警察、婦女連合会などと会談――各地で『赤ずきん』姿で痴漢・セクハラ反対活動」「広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対ポスターを掲示する試みなど――2016年の女性たちの公共交通での痴漢反対運動」参照)。

しかし、そうした要求に対して、地下鉄やバスの会社、政府は応えようとしなかった。

そのため、今年5月には、全国各地の街頭、大学、電車、バス、駅の中で、合計100人近い若い女性のフェミニストたちが、それぞれの場で、自作の痴漢反対ポスターを張った掲示板を身につけて歩いて、ポスターなどによる痴漢防止措置を取る要求をアピールした 。けれども、警察は、この活動を中止させてしまった(「自作の痴漢反対ポスターを身につけて街頭や地下鉄・バス内で見せる全国各地のフェミニストのアクション」参照)。

しかし、さすがに彼女たちの要求自体を無視できなかったからだろうか、6月から、中国でも女性専用車両が導入されたり、痴漢反対ポスターが電車内に掲示されるようになったりした。

今回は、そのうち、女性専用車両をめぐる動向、とくにそれに対するフェミニストの批判と女性専用車両導入後の状況の2点について述べたい。

一 女性専用車両に対するフェミニストの批判

最近、日本のネット上で、イギリスにおける女性専用車両導入案に対する批判が話題になった(「「女性専用車両の存在は性犯罪を認めることと同じ行為? 女性議員が導入案に猛反発 英国」(ZUU online 2017.8.29、「女性専用車両導入は敗北?英国で国民的議論に 日本で乗車経験のある記者は賛成」NewSphere2015.8.31)。

中国のフェミニストも、女性専用車両に対して同様の批判をしている。

1.女性専用車両導入の提案とその実施

2017年1月、広東省政治協商会議11期5回会議で、委員の蘇忠陽さんは、「広州地下鉄に女性専用車両を設置することに関する提案」をした。

蘇さんのその提案は、「広州の夏は猛暑が長く続くので、女性はみな涼しい身なりをするから、『地下鉄の痴漢』によって、女性が地下鉄に乗って外出するときに非常に困惑する」ので、「ヒューマナイズな管理を強化し、女性に対する保護と尊重をより体現するために」、列車の先頭や最後尾に「女性専用車両」を設置して、女性に安心して乗車してもらう、というものだった。

6月7日、広東省政治協商会議の主席・王栄さんが同会議の調査研究グループとともに、広州地下鉄グループ、深圳地下鉄グループに行って、蘇さんの提案について調査研究活動をおこなった(1)

6月23日、広州地下鉄は、6月28日から広州地下鉄1号線で、平日の7:30~9:30と17:00~19:00に、広州東駅方面行きの最後尾の車両と西朗方面行きの先頭車両を「女性車両」にすると発表した(2)

6月26日には、深圳地下鉄が、1・3・4・5号線の計4路線で「女性優先車両」の試験的実施を開始した。深圳の場合も、女性優先車両の位置は列車の先頭や最後であるのは同じだった。しかし、広州ではラッシュアワーのときだけ女性専用車両を設置したのとは異なり、深圳では、時間の制限はなく、一日中実行する(3)

私は、この時期に女性専用車両の導入が具体化した背景には、5月にフェミニストグループが公共交通の痴漢問題についてのポスターを身に着けて見せて回る活動を全国各地で展開したことがあるのではないかと思う。

2.女性専用車両を導入の発想について

(1)痴漢防止のためというより、「女性を思いやり、女性を尊重する」ため

6月7日、上述のように広東省政治協商会議の委員たちが広州と深圳の地下鉄公司グループに行って調査研究をした際、以下のような疑問が出された。

(1)広州地下鉄公司:「痴漢は一部の現象にすぎない」
(2)広州地下鉄公司と深圳地下鉄の部門の責任者:「女性車両の特定の集団のためだけのものだから、運輸能力の浪費にならないか?」、「他の車両が混雑するので、地下鉄の正常な運営にマイナスになる」
(3)ある政治協商会議の委員:「女性専用車両の設置は、新たな男女不平等を生み出して、男性乗客の不満を引き起こすかもしれない」(4)

私は、どの疑問の根底にも、痴漢問題に対する軽視があるように思う。しかし、それに対してきちんとした反論がなされたとはとても言えない。

すなわち、(1)の疑問に対しては、当日、委員たちは、「痴漢問題は女性専用車両設置の最も重要な理由ではない」と述べて批判をかわしており(5)、後日、蘇さんは、その点について、「実際は『女性専用車両』の設置は、ヒューマニスティックな思いやり――すなわち、女性に対する思いやり、レディーファーストである。一部のメディアが世論を間違った方向に導いて、焦点を、女性に対する思いやりではなく、痴漢と性差別に当てているが、実際はまったく逆で、これらのことは、女性に対する思いやりであり、性差別とは無関係だ」と言っている。もっとも、蘇さんも、「痴漢防止も『女性専用車両』設置の重要な要素である」とは言っているのだが、その際、「広東の夏はたまらなく暑いために、女子学生はしばしば薄着になり、多くの女子学生がスカートをはくので、混雑したときは具合が悪い」と女性の服装との関係を述べている(6)

広州地下鉄が女性専用車両を導入した公式の理由も、「広州の都市文明の窓口として、広州地下鉄は(……)女性車両の設置を通じて、『女性を思いやり、女性を尊重する』という文明的理念を不断に発揚することを希望する」というものだった(7)

(2)強制ではなく「提唱」

また、(2)の「運輸能力の浪費になる」「他の車両が混雑する」といった疑問に対しては、6月7日には、蘇さんは、「私がしているのは提唱であって、強制ではなく、完全に男性を入れなくするのではない」と反論した(8)

広州地下鉄も、女性車両導入を発表したときの公式のQ&Aで、「女性車両は、女性専用という性格のものか?」という質問に対して、「公共交通において異なる乗客に対して強制的に区別して対応することには、現在はまだ法律的根拠はない。また、女性専用にすると、男女が連れ立ったり、年寄りと若者や家族が連れ立ったりして外出するという実際の状況に合わない。だから、女性車両は『提唱する』という性格のものである」(9)と答えている。

ネーミング自体も、深圳では、女性専用車両ではなく、「女性優先車両」となっている。また、広州では、「女性車両」と表記されている。

2.全体的には賛成が多数

世論の動向はどうかというと、『南方都市報』のネット調査によると、女性専用車両の設置に対して、67%の市民が「賛成」と答え、「反対」は16%、「どちらでもない」も16%であった。男女別に見ると、「賛成」は、その74%が女性で、26%は男性だった。また、「反対」は、その34%が女性、男性が66%であった(10)

この調査の回答者は女性が多かったようだが、回答者の2/3、女性に限定すればそれ以上が女性専用車両に賛成していたと言える。

4.「新メディア女性ネットワーク」の調査に回答した3000人以上の女性は、不支持が圧倒的

しかし、広州のフェミニスト団体「新メディア女性ネットワーク」の微博アカウント「@新媒体女性」も、6月8日の夕方、「深圳地下鉄が女性専用車両を設置しようとしているが、あなたは支持するか?」という質問をしたのに対して回答を寄せた人々は、まったく異なる傾向を示した。

この調査では、1日たらずの間に3000名以上の人から回答を得ている。この点がまず注目される。

そして、回答者のうち、女性で賛成した人は479人(全体の13.8%)だけで、不賛成だった人が2854人(82%)を占めた。つまり、大半の女性が賛成しなかったのだ。なお、男性の比率はごくわずかだが、賛成44人(1.3%)に対して、不賛成は104人(3%)であり、女性ほどではないが、やはり不賛成が多い。

不賛成の理由としては、以下のような点が述べられていた。

(1)やり方が難しい――ex.「一本の列車の一両だけを女性車両にするのか。半分ずつにするのか。もし女性が非女性車両で痴漢に遭ってもかまわないのか」、「設置するなら比率を半分ずつにすべきだ。すべての女性が一両に乗るのなら、豚積車のようにならないか?」

(2)女性車両に行かない女性が責められる――ex.「女性が『普通の』車両で痴漢にあったら、『わざとあった』『なぜ女性専用車両に行かないのか』と責められないか?」

(3)方法が間違っている。解決すべきは痴漢である――ex.「犬が人を咬むことの解決方法として、人を籠に閉じ込める(ようなものだ)」

(4)女性のスペースを圧迫する――ex.「断固として支持しない、生存空間をさらに縮めるだけである」

(5)隔離と差別を招く――ex.「すでに『保護』の名の下に隔離をして女性の職場空間を縮小しているのに、同じ理屈で女性の社会空間を縮小するとは、人種差別のときに『黒人車両』を設置したようなものだ。隔離を打破すべきときに、あわてて囲いを築いている」

(6)文化的偏見を強める――ex.「断固不同意であり、不支持である!!!! なぜ女性が第二の性にならなければならないのか? 特殊な保護は、すなわち隠れた性差別である!!!」、「もし本当にそのような車両を設置したら、女性は『特殊』で、彼女たちは『保護』が必要だと思われるようになる」

(7)明らかにもっと良い方法がある――ex.「反痴漢広告をネットに上げさせず、呼びかけ人を広州から追い出し、その後で女性車両を設置して女を囲い込むとは、本当に痴漢を解決するいい方法だ!」、「1/3の車両を男性専用車両にして、すべての男性をそれらの車両に押し込めて、もし押し込められなければ、次の車両を待たせても、他の車両には乗せにないようにする」、「正しい方法は、各車両にたくさんライブカメラを設置して、痴漢事件をいったん確認したら、犯罪者に対する処罰を強め、拘留および多額の罰金を課して、痴漢を骨の髄まで痛めつけてこそ、恥知らずな痴漢は減る」(11)

これらは、今回報道されたイギリスでの女性専用車両導入反対論とほぼ同じだといえるだろう。

注目すべきは、ごく一部の理論家や小さなフェミニズム団体のメンバーだけが反対しているのではなく、何千もの女性たちがこの問題に回答を寄せて、反対の意を表明したことであろう。これは、それまでに、そうした発想が受け入れられるような活動が展開されていたからであろう。

5.「女権の声」の女性専用車両批判の論説

6月26日、別のフェミニズム団体「女権の声」(「女性メディアモニターネットワーク」)が「『女性車両』は、地下鉄の痴漢を防止できるのか?」という論説を発表した(以下の小見出しは、遠山によるもの)。

この論説は、「女性車両は応急処置であり、根本的な治療ではない『絆創膏』である」と言う。すなわち、「一面では、女性だけが入ることができる空間は、たしかに多くの女性に安全だと感じさせるし、彼女たちも歓迎する」と述べつつも、「その一面で、多くの人が納得できずに、『女性車両』の現実性とその背後のロジックに疑問を呈している」と言う。

(1)現実性――女性を収容しきれないし、トランスジェンダーや男にも女にも見えない人はどうするのか

まず「現実性」という点については、「2016年の公衆の地下鉄の一日あたりの平均の乗客は延べ701.7万人である。その混雑の程度から見て、女性専用車両は、すべての女性乗客を収容するにはまったく足りないから、実際に解決するのは難しい。それに、男性の家族と一緒に出かける女性はどうするのか? またトランスジェンダーの人、あるいは伝統的な性別ではない姿をしていて、見たところ『男でも女でもない』人はどうするのか?」と述べる。

(2)背後のロジック――「女性を思いやり、女性を尊重しよう」

また「その背後のロジック」について言えば、広州地下鉄が、「女性専用車両の設置をとおして『女性を思いやり、女性を尊重しよう』という文明的理念を発揚しよう」と言っていることなどに対して、この論説は、こうした議論は「たとえ主観的には善意によるものだとしても、『女性車両』は依然として女性を保護される弱者の位置に固定するものであり、真に痴漢問題を解決しないだけでなく、痴漢に対抗する女性の意識と能力を養成することもない」と批判している。

そして、「この『試験的措置』の考え方から見て、このような解決法は典型的な『保護的平等、すなわち保護するように見えて、実際には制限する措置によって女性が遭う権力的侵害に対処するものであり、侵害自体には対処せず、女性が不利な境遇を根本的には変えようとしないものだ』」と述べる。

(3)「女性車両」を設置している国は、女性の地位が低い

また、「女性車両」の提案が国外の経験を援用していることに対しては、この論説は、まず、「女性車両」を設置している都市は多くなく、それらの国の女性の地位は低いことを指摘する。

具体的には、まず、世界に200近くある軌道交通を有する都市のうち、「女性車両」を設置している都市はけっして多くなく、日本、インド、エジプト、イラン、ブラジル、インドネシア、フィリピン、マレーシア、アラブ首長国連邦などの国に分布していること、その主な理由は、宗教的理由による性別隔離と痴漢防止であることを述べる。

この論説は、「ジェンダー平等の角度から見ると、これらの国の状況は良くない」と指摘する。「世界経済フォーラム」が発表した「2016年グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」の順位から見ると、フィリピンを除いて、これらの国はみな70位より下で、大多数は100位より下だからだ。

(4)ニューヨーク地下鉄の経験

次に、2014年にトムソン・ロイター財団が世界16都市の交通機関に安全状況について各都市400人の女性のアンケートによって調査した結果をもとにして、最も安全だと女性が感じたニューヨークの地下鉄はいかにしてそうなったのか? について以下のように述べる。

1990年代には、ニューヨークの地下鉄は、駅は暗くて危険で、犯罪率は高かった。状況が変わったのは、地下鉄の管理者であるニューヨーク運輸管理局(MTA)が、一連の有効な措置をとったからである。具体的には、監視ビデオを多数設置する、パトロールをおこなう警官を増やす、反痴漢教育の広告(痴漢は犯罪である、混雑は不当な接触の口実にはならない、など)や助けを求めるための広告(痴漢にあったら、許さずに、恐れず職員や警官に言おう、など)を出す、随所に助けを求めるための通話機を設置する、および地下鉄職員と警官に対して反痴漢教育をおこなうことである。

また、運輸管理局のウェブサイトの中に、専門のページを設けて、乗客に対して、どのような行為がセクハラであるかや、安全のための戦略、助けを求めるリソース、および、目撃者はどのようにすれば安全に介入できるかや、乗客はネット上でも匿名で痴漢を報告することもできることなどが述べられている。

この論説は、結論として、「公共交通での痴漢の問題を解決するために最も良い方法は、性別隔離のきらいがある「女性車両」を設置することではまったくなく、痴漢防止措置を強めるとともに、公衆教育を強めて、社会全体に痴漢防止問題をもっと重視させるようすることである。暴力との対抗のプロセスにおいては、積極的な行動が最もよい措置である」と述べて、これまでのフェミニストたちの痴漢反対のさまざまな活動を振り返っている(12)

6.他のフェミニストの論説

他にも、フェミニストは女性車両の設置を批判する論説を発表しているので、以上と重複もあるが、少し挙げてみよう。

たとえば、「澎湃新聞」という上海のニュースサイトに掲載されたある論説は、女性専用車両に対して批判として、以下のような点を述べている。

・女性専用車両は、「男性の欲望は猛獣のようなもので、制御できない」、「女性は生まれつきの弱者であり、自分を保護できない。男性と一緒にいないと女性は危険である」といった女性と男性のステロタイプなイメージを強化する。

・「女性専用車両は、痴漢の被害者は永遠に女性であると仮定しているが、この見方は事実に合致しない」、すなわち被害者には男性もいる。

・さらに重要な点は、トランスジェンダーに対する考慮が欠けていることである(13)

また、中山大学社会学・ソーシャルワーク系の副教授・丁瑜さんは、蘇さんが提案の中で「広東の夏は長いので、女性は涼しい服装をする」ことを強調していることに対して、「実際の痴漢の発生理由はけっしてそうではない。このような言い方は、痴漢を『客観的』な原因によるものとすることになり、また責任を女性に押し付けており、不適切だ」と批判している(14)

ただし、もちろん、「女性車両は、それが必ずしも完全なものではなくとも、女性にとって一定の積極性を持っている」と述べる論説もある。その論説は、以下の2つの事実を考慮すべきだとする。第一に、「中国の大都市で地下鉄に乗ることは、けっして楽で愉快なことではなく、とくにラッシュアワーのときはそうである」こと、第二に、「中国の都市の家庭の共働き比率は全世界で最高であり、とくに深圳のような移民都市では、大量の職業女性が地下鉄で通勤している」ことである。

しかし、その論説の筆者も、反対する者の懸念も理解できると言う。

といっても、「男性に対する差別であるという類」の反対意見は、「一笑にも値しない」とする。なぜなら「このような懸念は、過酷な税を取り立てている富豪階層が、赤貧の者に対する手当てを『金持ちに対する差別だ』と言うようなものであり、こっけいすぎる」からだ。

けれど、筆者は「反対する者の懸念が一概に根拠がないとは言えない」とも指摘する。「なぜなら、中国は典型的な男権社会なので(……) 『女性車両』の設置が、『女性車両』に乗ることができない女性の乗客に対して不利な副作用をもたらす可能性がある」からだとする。それが、普通の車両に乗っている女性の乗客が痴漢にあった場合、「なぜ女性車両に行かないのか」と責められるという状況だとする。

また、「『女性車両』の設置が社会の管理者と法律執行者に『政策的怠慢』の口実にされるかもしれない」ことも問題だという。「地下鉄でのセクハラ・性暴力は、『女性車両』の設置によってなくせるものではない」のに、である。

それゆえ、筆者は「たとえ『女性車両』の設置が論駁できない積極的意義を持っているとしても(……)、私は、多元的な観点がぶつかることによってこそ、『女性車両』を隠れ蓑に堕させず、その政策的副作用を防ぐことができると思う」と述べる(15)

7.日本の「女性専用車両」をどう見ているか?

女性専用車両に批判的な女性たちは、日本が「女性専用車両」を導入していることをどう見ているのかについては、以下の3点にまとめられるようだ。

(1)日本の女性の地位の低さを示している。
(2)日本はラッシュアワーの混雑が非常にひどいので痴漢防止が難しい。
(3)日本では、反痴漢広告を掲示していたり、警察が取り締まりに力を入れている点が中国とは異なることを強調する。

(1)の点は先述の「女権の声」が述べていた点だが、別の論説も、「女性専用車両」がある国の女性の地位がいかに低いかを説いている。挙げられているのは、日本、インド、イラン、アラブ首長国連邦、エジプト、サウジアラビアである(16)

(2)と(3)の点を主張しているのは、女性車両反対の論陣を張っている新メディア女性ネットワークの微博に掲載された論説で、以下のように述べている。

日本の女性専用車両は、実際はやむをえない措置である。これは日本の鉄道運輸の混雑、繁忙さと大きな関係がある。日本の軌道交通は世界的にも発達していることで有名だが、一部の路線は、ラッシュアワーのときは超満員で、そのように混雑している車両の中では痴漢を捕まえるのは難しい。犯人は混雑している状況を利用して逃げやすく、逆に被害者の近くにいる無辜の男性が痴漢だと誤認される可能性もある。

1980年代から、公共交通の痴漢問題が重視され始め、日本の警察は痴漢に対する処罰に力を入れるようになり、各大鉄道会社(現在日本の鉄道の多くは私営である)は、車両内に反痴漢広告を出している(…)。しかし、これらの措置の効果はわずかで、痴漢がはびこっている状況を阻止できていない。このような特殊な状況の下で、日本の鉄道運営者は女性専用車両あるいは専用席を設けて、公共交通の痴漢を減らしている。

中国の類似した政策に対する啓示として言えることは、以下のことである。
・日本の鉄道が極めて混雑しているという現実の下では、公共交通の痴漢問題は他の方法では解決が難しいことが、女性専用車両を導入した主な理由である。
・日本政府(ここでは警察)と社会はすでにその他の面から痴漢反対の努力をしている(反痴漢広告)(17)

この論説は以上のように述べているのだが、私(遠山)は、中国も世界経済フォーラムの指数では女性の地位は世界99位であり、地下鉄やバスが超満員であることもよく言われるので、中国における女性専用車両の有効性自体は否定できないと思う。

8.主流メディアもフェミニストの意見を取り上げる

メジャーなサイトでもフェミニストの声は取り上げられ、一定の影響を及ぼしている。

たとえば、鳳凰網に掲載され、中国網という中国を代表するニュースサイトに転載されたある論説は、「ネットユーザーが女性車両の設置についておこなった討論と論争の主要点」として、1. 女性車両は、痴漢問題に対するその場限りの対処であり、根治ではないのか? 2.痴漢をする人に新たな口実を与えて、さらなる問題を引き起こすか? 3.女性についてのステロタイプなイメージと差別をさらに深刻化するか? 4.無辜の男性に対して不公平さと差別を引き起こすか? を挙げている。

この論説の筆者は、結論としては、痴漢にあった女性の経験などをもとにして、女性車両の設置は女性にとって良い点もあると述べているが、1~3の論点について、フェミニストの主張を詳しく紹介している(18)

中国共産主義青年団の機関紙『中国青年報』にも、「張国」という人が、「普通の車両に乗った女性は、痴漢にあってあたりまえなのか?」、「『レディーファースト』は実は危険な言葉である。それは『女性は弱くて小さい性別だ』というステロタイプなイメージを強める可能性がある」、「差別は、通常無知かステロタイプな印象がもたらす偏見から生じる」など、フェミニズムの観点にもとづいて女性優先車両を論じている(19)

しかし、さすがに、中国の国営通信社である新華社のサイト「新華網」に掲載された「常江」という人の論説は、フェミニストの批判に否定的であり、「性別の強者である男性が女性に対して礼儀を尽くして女性に譲ることは、どの文化でも尊重に値する公序良俗である。広州と深圳の地下鉄が設置した女性専用車両には(……)十分な必要性と合理性があり、疑いなく二つの都市の文明の程度のメルクマールである」と述べている(20)

強くフェミニストの主張に反論している論説もある。たとえば、『新快報』に掲載されたある論説は、「このヒューマニスティックな思いやりにもとづく措置を『性差別』と関係付けるのは牽強付会である。私たちはずっと社会に女性と子どもを尊重し愛護する文明的な気風を作り上げるよう呼びかけてきた。地下鉄・バスなどの公共のリソースに女性車両を設置するのは、女性を思いやる具体的な行動である」、「女性車両を設置した初心は、『男性の体臭を避ける』『痴漢を防止する』というような『せまい意味』や『俗っぽいこと』とだけ理解してはならない」と述べている(21)

しかし、こうした論説も、フェミニストの批判を一つの主張として取り上げている点は、その影響力が無視できないことをあらわしている。

9.まとめ

中国のフェミニストの女性専用車両批判は、だいたい以下のようにまとめられるだろう。
・問題は痴漢なのに、女性のほうを女性専用車両に閉じ込めるのはおかしい。女性の空間がさらに圧迫される。
・女性車両以外で痴漢にあった女性は、女性専用車両に乗らなかったことを責められることになる危険がある。
・「男性の性欲は抑制できないものであり、女性は保護される存在だ」というステレオタイプを強める。
・被害者には男性もいる。また、トランスジェンダーなどの存在を無視している。
・女性専用車両を設置しているのは、イスラム諸国や日本など、女性の地位が低い国々だ。


以上に見られるようなフェミニズムの立場からの女性専用車両批判は、イギリスにもあった。また、女性専用車両がすでに導入されているブラジルやエジプトでも、同様のフェミニズムの立場からの女性専用車両批判はある(22)

日本では、「一笑にも値しない」レベルの女性専用車両反対論が多く、フェミニズムの視点からの女性専用車両に対する批判はそれほど表には出ていない。

しかし、そうした日本でも、たとえば、2007年に堀井光俊氏がおこなった女性専用車両についてのアンケートに対して、「女性に対して不公平」だから女性専用車両の導入拡大を望まないと述べた意見があったという。それは、「痴漢をしているのは男性なのに、なぜ被害者の女性が何かをしなければいけないのか」、「行動を改めるべきは男性であり、被害者に女性専用車両まで歩かせるような不便を強いるべきではない」というものだったという(23)

また、「性暴力を許さない女の会」も、2008年に、大阪府立大学大学院の研究グループによるインタビューに対して、「会として女性専用車両の導入を直接鉄道会社に要求したことはない」、その理由として「会の中で意見が分かれていた(根本的な解決にはならないのではという反対意見があった)こと」や「女性専用車両に乗らない女性が責められてしまうのではという懸念もあった」ということを述べている。

ただし、同会は、「現在、会の中で女性専用車両に反対するメンバーはいない。もちろん女性専用車両の必要がない世の中が一番いいが、現状としては必要である。女性専用車両のお陰で出歩けるようになったという性暴力サバイバーの声も多く聞く」という(24)

上野千鶴子氏は、女性専用車両は「後ろ向き」の対策であると表現している(25)

また、中国の場合、フェミニストに、女性車両の設置に批判の声が強い理由として、以下のような点も挙げられるだろう。

第一に、当局側が女性専用車両を導入した理由が、痴漢対策それ自体よりも、「女性に対する思いやり、女性の尊重」「レディーファースト」といったものだったことである。

第二に、中国のフェミニストの痴漢反対の活動
が、2012年に上海地下鉄内で1人の女性が全身を黒いベールで覆って、「涼しさは欲しいけど、痴漢はいらない」と書いたパネルを持ち、もう1人の女性が、乳房の形をした金属の器を二つ胸に付けて、「私はふしだらでもいいが、あんたのセクハラは許さない」と書いたパネルを持つパフォーマンスアートをおこなったことに始まったことに見られるように、女性の自由を拘束するような発想を拒否してきからであろう。

今回の女性専用車両を取り上げた記事の中にも、「『私はふしだらでもいいが、あんたのセクハラは許さない』というフェミニズム運動の名言は、いくらか偏見と独断があるとはいえ、地下鉄に女性車両の設置に適用すれば、風を通さない長衣で車両の中の女性を包んでしまうように見える」と述べられているところである(26)

第三に、すでに述べているように、この時点では、政府当局が、反痴漢ポスターを車両内に掲示することを拒否し続けてきており(6月14日ごろ、上海で掲示されたのが最初である)、そうしたフェミニストの活動を弾圧する一方で、女性専用車両を導入したからであろう。

ただ、中国でも、今後、日本の「性暴力を許さない女の会」が紹介しているような「女性専用車両のお陰で出歩けるようになったという性暴力サバイバーの声」がフェミニストの元に届くようになれば、若干、見解が変わっていくのかもしれない。

二 女性(優先)車両の実施状況

さて、女性(優先)車両が導入はうまくいっただろうか?

1.深圳――宣伝が不徹底で誘導もなく、有名無実

○6月26日(初日)

6月26日から、深圳地下鉄が女性優先車両の試験的実施を開始したが、広州の地下鉄とは異なり、深圳では、公式のインターネットや公式の微博では事前の通知がされなかった。これは、深圳の場合、あくまで「女性優先車両」だったからかもしれない。

それでも、プラットホームのホームドアや車両内にピンク色の「女性優先車両」という標識を貼ることによって、女性優先を示した。

しかし、少なくとも導入初日は、「女性優先車両」について、ネットで「少なくない男性が見て見ぬふりをしており、何の区別もしてない」とか、「車両の中の6割が男性だという」とかいう状況だったという(27)

実際に、午前11時、ある人が、4号線の女性優先車両に乗ってみると、車両内の乗客は、男性9人、女性8人だった。通過する各駅のプラットホームを見ても、ラッシュアワー時も、ラッシュアワーでない時も、「女性優先車両」の標識の前で待っている乗客の男女比は、他と変わらなかった。

その原因として述べられているのは、「『女性優先車両』という案内が多くないので、乗客は、最初はその存在に気づきにくい」(市民・張さん[女])ことだった。「みんな乗ってからその変化に気づいた」(市民・馬さん[男])とか、「ラッシュアワーのときは人が多すぎて、放送も聞こえなかったし、プラットホームの標識も見えなかった」(市民・李さん[女])とか言われている(28)

○6月28日(3日目)

導入3日目の6月28日にも、ある人が、広州地下鉄四号線の始発駅に女性優先車両の情況を見に行っている。

その人は、女性車両が停車するホームドアには「女性優先車両」という掲示の前で「張り込み」をした。

しかし、1分たち、2分たち、3分たっても、その車両に入る女性はいなかった。というのも、女性車両は一番前と後ろにあるので、みんなそこまで行くのが面倒だったのだ。

地下鉄に乗り込む人が増えて、はじめて女性車両にも人が乗るようになった。しかし、女性だけでなく男性も乗り込むようになり、一般の車両と変わらない状態になった。みんなは、あたかも「女性優先車両」という掲示と放送を無視しているかのようだった。しかし、車両の中の掲示自体、目につきにくく、顔を上げなければわからないかもしれないものだった(29)

その後の状況については、報じた記事が見当たらない。

しかし、少なくとも女性優先車両の設置初期の段階においては、深圳の場合、事前の告知もなく、掲示も目に付きにくく、職員の誘導もないために、有名無実だったいえよう。

2.広州

広州は、深圳といささか様子が違う。

○6月28日(初日)

広州で女性車両が設置された初日の6月28日、地下鉄の職員たちは、女性車両の前に並んでいる男性に声をかけて普通の車両の前に誘導した。また、プラットホームで宣伝チラシを配布している職員もいた(30)

ただし、けっしてすべての乗客が「女性優先車両」を理解したわけではなかった。おじさんが職員に対して「女には配慮して、老人には配慮しないとは、そんな馬鹿な話はない」と怒鳴ったりしたようだ(31)

この日、女性車両の停車位置で待っている乗客や女性車両内の乗客の男女比は、2:8だったという(32)

○6月30日(3日目)

3日目の6月30日、『南方周末』の記者が乗車したときも、地下鉄の職員が、女性車両の乗車位置に並んでいる男性に対して「これは女性車両です」と声をかけていた(33)

○7月4日(1週間後)

女性車両設置1週間後の7月4日、『羊城晩報』の記者が報じたところでは、現場の職員とボランティアの努力によって、大多数の男性乗客は女性車両ではなく、普通の車両の場所で電車を待ち、乗車するようになっていたという。

午前8時のラッシュアワーのときに記者が取材すると、乗客が多い公園前駅でも、女性車両に乗り込む男性はほとんどおらず、間違って女性車両の停車位置に並んでいた人も、職員に促されて他の車両に乗り込んでおり、女性車両に乗り込んだのは8名だけだったという。体育西路駅では、普通の車両と隣接したホームドアに1、2名男の乗客がいたのを除いて、女性車両の前で行列していたのは、みな女性だった。特に子ども連れで外出している女性と妊娠している女性は、女性車両が来るのを待っている人も少なくなかった。

体育西路駅で、西朗のほうに行く列車の女性車両を数えてみると、男性は4名だけで、楊箕駅では6名だった。東山口駅では、乗客が増加するのに従って、男性も15名に増えた。

夕方のラッシュアワーのときの状況も比較的似ていた。18時に記者が、体育西路駅と楊箕駅に行ってみると、プラットホームの職員とボランティアが、階段の入り口のところから、男性は普通車両を待つように誘導を始めていた。

女性車両の内部でも、女性の乗客が大多数を占めており、18時から西朗方面行きの3本の列車の女性車両内の男性は、平均5人以下だった。広州東駅方面行きの3本の列車では、それぞれ4人、8人、11人だった(34)

この記事では、大多数の男性は理解していることが強調されているが、客観的な数値を見ると、必ずしも徹底されているとはいえない。

○7月19日(3週間後)

『広州日報』の記者によると、7月19日の午前8時半、広州地下鉄1号線の楊箕駅の女性車両を待つ場所で待っているのは女性が主で、車両内でも女性が9割以上を占めていたという。

ただし、地下鉄が混み始めると、少数の男性が女性車両にも乗ってきて、楊箕駅でも先に乗ろうとした男性が、女性に車両から降ろされて、ばつが悪い思いをしたという。

広州と深圳を行き来しているある男性は、深圳の地下鉄は「女性優先車両」と書いてあるが、広州では、「女性車両」と書かれているので、女性専用か否かがはっきりわからないと言っている(35)

また、同日、『羊城晩報』の記者は、午後5時30分、楊箕駅では、女性車両に「混入した」男の乗客は「少数ではなかった」と報じている。車両内でも、並んで待つ乗客も、女性車両の男女比率は、他の車両とはっきりした差はなかったという。

記者は、その原因として、女性車両の隣の車両が女性車両より混雑しているという点を挙げている(36)

広州では、全体としてみれば、職員の誘導などがあるために、女性車両がある程度定着しているといえそうだ。しかし、まだまだ徹底しているとは言えないし、時間が経過すれば徹底するというものでもないようだ。

3.まとめ

以上、深圳と広州で大きな違いがあることは明らかであり、広州の場合は女性車両がある程度実質化しているといえそうだ。

ただし、まだ広州の場合も、まだ不徹底である。

その背景には、一で述べたように、女性専用車両は、「強制」ではなく、あくまで「提唱」だという姿勢があるのかもしれない。さらにその背景には、フェミニストが批判したように、女性車両の理念が「女性の尊重」や「レディーファースト」にとどまっている問題があるのかもしれないと思う。その意味では、この一と二の問題はつながっているのかもしれない。

さらに言えば、広州の地下鉄が女性車両の導入理由として「広州の都市文明の窓口として、『女性を思いやり、女性を尊重する』という文明的理念」を提唱してることと、広州の警察が、フェミニストたちの痴漢反対アクションの呼びかけ人の張累累さんに対して「広州では今年後半にフォーチュン・グローバルフォーラムがあるから、引っ越して広州から出ていきなさい」と言ったことは、広州の「文明的」な体面を重視するという意味で、どこかつながっているのかもしれないとも思う。

(1)以上は、「地铁要不要设女性专用车厢? 针对省政协委员提出“地铁设女性专用车厢”提案,“南都马上问”记者随省政协调研组赴广深调研」『南方都市報』2017年6月8日。
(2)6月28日起,广州地铁一号线试点女性车厢」广州地铁2017-06-23。
(3)深圳女性优先车厢,女性并不优先???」新媒体女性2017-06-26 13:50:33。
(4)(1)に同じ。
(5)同上。
(6)深圳地铁将设女性车厢 广东省政协委员苏忠阳:出发点是关爱无关性...」界面(作者:梁宙) 2017-06-16 18:04:00。
(7)(2)に同じ。
(8)(1)に同じ。
(9)(2)に同じ。
(10)(1)に同じ。
(11)以上は、「“关爱”女性的女专厢,居然遭到八成女性反对!」新媒体女性的微博2017-06-09 18:14:59。
(12)以上は、「“女性车厢”能治地铁性骚扰吗?」女权之声的微博2017-06-26 14:15:43。
(13)广州地铁设女性专用车厢:性别隔离能创造“安全空间”吗?」澎湃新闻2017-06-28 11:23:00。
(14)保护女性还是浪费资源:女性车厢防得住咸猪手吗?」中国网(作者:敏)2017-06-23 09:58:06。また、丁瑜さんも、「痴漢に遭うかもしれない人々を『閉じ込める』ことになりかねないやり方は、根本的な解決法ではない。痴漢をなくす最も根本的な方法は、市民に公共の場での性暴力について理解させることである。女性車両は、痴漢を男女両性の間のもので、男が女にするものと考えている。しかし、実際には、男と男の間、女と女の間、成人の子どもにおこなうものなど、もっと多くの状況がある」ことを指摘している。
(15)人民性 | 女性车厢不是遮羞布,也不是稻草人」唐映红 晒爱思PsyEyes 2017-07-07
(16)小寒Eirene「女性需要保护吗?——有“女性专用车厢”的国家,那里的女性都生活得怎么样?」小寒Eirene的微博2017-06-09
(17)日本有女性专用车厢,也有反性骚扰的法律和广告」新媒体女性(作者:@蒲公英的小白伞)2017-06-24 21:22:45。
(18)地铁开设女性车厢 只是打击性骚扰最不坏的第一步」中国网 2017-06-28 14:45 (来源:凤凰网)。
(19)中青报:设女士优先车厢是以保护名义行歧视之实」2017年07月05日 07:04 来源:中国青年报。
(20)我们争论女性车厢时,我们在争什么」新华网2017-07-07 08:38:36。
(21)地铁女性车厢:用试验回应争议」新快网2017-06-26 01:44(来源:新快报)。
(22)居永正宏 川端多津子 寺野朱美 橋爪由紀『女性専用車両の学際的研究 性暴力としての痴漢犯罪とアクセス権の保障』(大阪府立大学大学院人間社会学研究科人間科学専攻発行 2008年)47頁(寺野朱美執筆部分)。
(23)堀井光俊『女性専用車両の社会学』(秀明出版会 2009年)、32-33頁。
(24)居永正宏ほか前掲書、95-96頁。同会も、「痴漢対策として理想的なのは、やはり取り締まりのための人員(特に女性)の増加を行い、痴漢発生防止とともに、痴漢犯罪が起こった時に被害者が声を上げやすい環境を作ることである」と述べている。
(25)『朝日新聞』2005 年5 月9 日。ただし、原文は未見で、Wikipediaによる。
(26)地铁设女性车厢,为什么阿伯和姑娘都跑过来吐槽」『中国青年报』(作者:王钟的) 2017-06-29 18:09:00。
(27)深圳女性优先车厢,女性并不优先???」新媒体女性2017-06-26 13:50:33。
(28)尴尬了!地铁首开“女性车厢”结果塞满了男乘客」 凤凰网视频2017-06-29 14:43:00 2017年06月29日11:15。
(29)震惊!“女性优先车厢”很可能不是为了反性骚扰!」尖椒部落的微博2017-06-28 18:06:16。
(30)广州地铁女性车厢首日男女比例2:8」奥一网2017-06-29 08:11来源:南方都市报。
(31)广州地铁试行女性车厢,老伯被阻后大骂:照顾女人不照顾老人」 澎湃新闻2017-06-28 17:03(微信公号“中新社广东发布”)。
(32)(30)に同じ。
(33)广州地铁“女性车厢”体验记」『南方周末』(作者:关丽明) 2017-07-04 13:00:26。
(34)广州地铁试点女性车厢首周 女性车厢男士真的少了很多」『羊城晚报』(作者:李佳文) 2017-07-06 07:13:00。
(35)广州地铁女性车厢:一位男士把另一位女士挤下车」中国新闻网2017年07月22日 10:51 来源:广州日报。
(36)广州地铁女性车厢试设三周 仍是“混装”」金羊网2017-07-20 13:25 来源:金羊网。

自作の痴漢反対ポスターを身につけて街頭や地下鉄・バス内で見せる全国各地のフェミニストのアクション

<目次>
はじめに
一 今年も公共交通での痴漢防止対策を求めて人民代表大会の議員に提案
二 なぜ作成した反痴漢ポスターが掲示されないのか?――「市民のパニックを引き起こす」「公益広告は政府しか出せない」
三 全国各地で一人ひとりが反痴漢広告の掲示板になる活動

 1.道行く人にポスターを見せる張累累さんの発想と活動 /2.「百人が反痴漢広告の掲示板になる」活動 /3. 全国各地の街頭、大学、電車・バスや駅の中で /4.通行人にポスターといっしょに写真に写ってもらう、賛同署名を集める /5.多い大学内での活動 /6.アンケートや取材も /7.グループとしての取り組み /8.ポスターを使った動画 /9.当局からの監視の目 /10.大型の固定掲示板よりは効果が低いが、それでも多くの人にアピールする活動として /11. 小括――運動の広がり、若い女性、多くは1人で
四 警察が呼びかけ人に中止を命令
五 上海地下鉄に反痴漢広告が登場
おわりに


はじめに

広州市では、地下鉄での痴漢(中国語では鉄道内のセクハラについても「セクハラ(性騒擾)」の語を使うが、本文では原則として「痴漢」という日本語訳を使う)の問題について、2012年9月、若い女性が広州地下鉄に痴漢防止措置を求める署名を利用者から集める運動をしたり、柯倩婷さん(中山大学中文系副教授)が広州市交通管理委員会と広州地下鉄総公司に対して、痴漢防止措置について情報公開申請や建議をおこなったりした(本ブログの記事「各地の弁護士・市民が地下鉄会社に対して痴漢防止策の建議・署名運動」参照)。

2014年11月には、中山大学の女子学生と市民が2人で、広州市交通管理委員会に行って、「公共交通でのセクシュアル・ハラスメントの防止についての建議の手紙」を手渡した(これは、前年の柯倩婷さんの建議の内容とほぼ同じだとのことだ)。12月には、その2人を含む5人が、広州市の交通管理委員会、地下鉄総公司、旅客輸送管理処、公安局(地下鉄分局・公共交通分局)と会談し、職員の研修などの点で前向きの回答を得た。その中で、万欽(万青)さんらの「痴漢防止の宣伝を強化する」という提案については、市の交通管理委員会と市の旅客輸送管理処の代表が、「もし婦女連合会が宣伝活動を主導して、ポスターや標語、ビデオ広告などの宣伝材料も提供してくれるなら、宣伝スペースを提供したい」と述べた(以上は、本ブログの記事「広州で若い女性たちが公共交通の痴漢対策について交通管理委員会、地下鉄公司、警察、婦女連合会などと会談――各地で『赤ずきん』姿で痴漢・セクハラ反対活動」参照)。

2016年の3~4月には、張累累さんらが設立した「F女権小組」が、広州の地下鉄に痴漢に反対する公益広告を出すためのクラウドファンディングをおこなった。「F女権小組」とは、広州で《陰道之道》(ヴァギナ・モノローグスの中国語版)の上演活動などをしてきたグループである。

4月28日、3人の青年が広州市交通管理委員会陳情事務局に行って、広州の公共交通でセクハラ反対の宣伝をするよう要求し、公共交通の中にセクハラ防止システムを作ること、ジェンダー平等意識を有する公益広告を出すよう申し入れた(13)

彼女たちは、自分たちが作成したポスターのパネルを持って行った。それは、痴漢の手を女性の手がつかみ、周りの者たちが「やめろ!」「やめろ!」「やめろ!」と声を上げている絵の右に、「誘惑は言い訳にならない。痴漢をやめろ」というスローガンが書かれたものだった(以上は、本ブログの記事「広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対ポスターを掲示する試みなど――2016年の女性たちの公共交通での痴漢反対運動」参照)

一 今年も公共交通での痴漢防止対策を求めて人民代表大会の議員に提案

2017年1月12日、張累累さんは、今年は広東省の人民代表大会の代表[議員のこと]325人に対して、公共交通の痴漢防止システムを整備する提案をするように要望する手紙を送った。これまでも、3年続けて、フェミニスト行動派は、両会(全人代と全国政協)の議員に公共交通の痴漢防止システムを整備することを求める建議の手紙を送ってきたが、今年は、広東省の人民代表大会の代表に要請したのである。

その具体的内容は、以下のとおりである。

1. 交通部門は、公共交通関連部門にセクハラ防止工作制度を制定するよう督促すること。この制度は以下の点を含む。防止の原則、訴えへの対応、職責の分担、処置のプロセス、監督・審査など。また、この制度を、下級の会社の従業員の研修と審査に組み込むこと。

2.交通部門は、公共交通関連部門に従業員のセクハラ防止研修をおこなうよう督促すること。研修の中では、次のことをおこなう。・会社にはセクハラを防止する法定の義務があり、従業員は会社を代表してこの義務を履行することが自分の仕事の責任であることを知らせる。・セクハラに関する認識の誤りを正す(「露出が多いとセクハラが増える」など、研究や証拠によって誤りが証明されている、いわゆる「常識」を正すことを含む)。・従業員のセクハラ防止業務の分担とプロセスを明確にする。・セクハラ事件に応対する具体的な方法を訓練する。

3. 公共の場所、公共交通の乗り物に、セクハラの訴えの方法を設置・公表する。たとえば、ホットラインを設置し、処理の責任者を公表して、それを地下鉄の目立つ場所に貼る。

4. 簡単に証拠をつかむ手段を設置する。現在、わが国の大多数の公共の場所と公共交通の乗り物には監視カメラがあり、痴漢が発生したら重要な証拠を提供できる。被害者が録画を調べる必要があるときには、責任者が簡単に証拠をつかむ手段を提供すること。

5. セクハラ防止の宣伝を強化する。地下鉄の中に不法分子を震え上がらせるスローガンを貼ると同時に、市民に主体的に制止あるいは通報することを呼びかける、たとえば、「セクハラは違法行為です、制止と通報にご協力ください」などと。

6. セクハラの「首問責任制 (最初に対応した職員が最後まで責任を持って対応すること)」を実行する。職員はセクハラの訴えを受けたら、直ちに制止して、加害者を取り押さえ、証拠を固め、すぐに警察に通報して、被害者にその他の必要な援助を提供しなければならない。

7. 微博(中国版ツイッター)のセクハラ防止の宣伝窓口としての機能を強化する。微博でセクハラ防止の訴えの方法を公表し、積極的に回答をし、微博上でのセクハラの訴えを処理する。被害者を責めたり、乗客の私的言論を暴露したりすることを杜絶し、公衆の監督を誠実に受け入れる。

8. 先進国・地域の公共の場でのセクハラ防止に関する合理的なシステムを参照する。

9. 公安部門と交通部門が協力して、公共運輸関連部門にセクハラ防止措置の整備を急がせること。(1)

2016年2月にも、全国8の省・市のフェミニストらが、10あまりの省の郵便局から合計一千通余りの公共交通の痴漢防止システムを作る提案を提出してもらうよう人民代表大会の代表と政治協商会議の委員に建議の手紙を出したが、上はその提案の内容とほぼ同じである。

二 なぜ作成した反痴漢ポスターが掲示されないのか?――「市民のパニックを引き起こす」、「公益広告は政府しか出せない」

広告会社は「商工審査部門は、この広告は『市民のパニックを引き起こす』と言っている」と述べた。何度も問いただすと、広告会社は彼らが修正したバージョンを出してきた。

そのバージョンは、「やめろ!」「やめろ!」「やめろ!」というセリフは同じだった。しかし、次の点が異なっていた。
(1)痴漢しようとする男の手を女の手が掴んでいる絵はなくなり、その代わりに、握りこぶしが2つ並んでいるだけの絵に変えられていた。
(2)「誘惑は言い訳にならない。痴漢をやめろ」というスローガンは、「誘惑は言い訳にならない。マナーを守った乗車を」に変えられていた。

これでは、痴漢の問題についての広告であることがわからない。ポスターに近づいて子細に観察すると、非常に小さな字で下の方に、これは痴漢問題について言っていることが書かれているが、パッと見た場合は全然わからない。

F女権小組は、修正するなら自分たちでやりたいと述べ、いくつかのバージョンを作った。たとえば、以下のようなバージョンである。
(a)絵は握りこぶしの絵に変えたが、スローガンは元通り「誘惑は言い訳にならない。痴漢をやめろ」のままにしたもの。
(b)絵は、元通り痴漢しようとする男の手を女の手が掴んでいる絵にしたが、スローガンを「痴漢を制止しよう 安全はみんなの力で」に変えたもの。

長い間待った後に、商工部門からの回答が帰ってきたが、それは「公益広告は、政府しか出せない」というものであった。すなわち、商業広告として出すしかないが「商業広告で出すのなら、画面を変えなければならない。こぶしの絵は、比較的デリケートであり、政府が出すとしてもきつすぎる。商業広告ならばもっと厳しい」と広告会社は言った。「どのように修正すればいいか」と尋ねると、広告会社は「こぶしや身体の部位はダメで、画面をもう少し柔らかくする(修正をする)」と言った。

そこで、F女権小組は、身体の部位の絵はやめて、可愛い小動物の絵にすることにした。

すなわち、猫が豚の手を押さえて「NO!」と言い、周りの犬や馬たちが見つめている絵の右に「誘惑は言い訳にならない。痴漢をやめろ」というスローガンを書いたポスターにした。「為平女性サポートホットライン」の電話番号も入れた。

広告会社は、このポスターならばOKだと言ったが、その前提は政府部門か類似の機関の名前を広告の上に入れることであり、そうしないと政府が監督する公益広告にならないと述べた。

しかし、文化局はF女権小組の要求を拒否した。ある女性協会もF女権小組の要求を拒否した(2)

三 全国各地で一人ひとりが反痴漢広告の掲示板になる活動

 1.張累累さんの道行く人にポスターを見せる発想と活動

張累累さん(以下、累さん)が自分に何ができるのかを考えていたとき、突然、次のことを思い出した。去年、累さんが広州市交通管理委員会に行ったとき、広告のポスターを印刷して持って行った。その帰り道、そのポスターを持って人ごみの中を歩いたり、地下鉄に乗ったりしたとき、累さんは、ポスターが非常に多くの人の目を引いていることに気づいた。

累さんは、そのことを思い出して、一人ひとりが掲示板になることを思いついた。「私たちは毎日多くの人とすれちがう。もしポスターを身につけていたら、多くの人が見るだろう!」と。

それから一カ月、累さんは、外出するときには、中国初の反痴漢ポスターになるはずだったポスターを身につけるようになった。「私はポスターを身につけて、出かけ、地下鉄に乗り、バスに乗り、活動に参加し、食事をし、酒を飲み、集会に参加し、散歩をし、服を買い、他の都市にも行った」。30日間、累さんは、毎日、それを微博に書いて、自分の一日の経験を写真と文字で伝えた。

 2.「百人が反痴漢広告の掲示板になる」活動

累さんは、もっと多くの人にそれをやってほしくなった。

5月1日、累さんは、NGO「広州新メディア女性ネットワーク」の微博である「@新媒体女性」とともに、「百人が反痴漢広告の掲示板になる」活動を呼びかけた。その具体的な進め方は、以以下のとおりだ。

1 参加希望者は、まず@新媒体女性の微博が今回の活動を呼びかけたエントリをリツイートするか、またはそのエントリを引用してコメントをする。次に、自分の住所と今回の活動に申請する理由や、ポスターを受け取ったら何をするかといった「申請理由」を一言書いて、私信で@新媒体女性に参加を申請する。

2 .@新媒体女性は、申請者の中から抽選で100人を選んで、ポスターを貼ったボードを発送する。多くの都市で活動をおこなうために、一つの都市の定員は5人までとする。

3. ポスターを貼ったボードを受け取った参加者は、それを身につけた自分の姿を自分の都市を象徴するような建築物の前か公共交通機関に中で撮った写真を微博で発信する。その際には、「#私が掲示板だ。歩く反痴漢#」というハッシュタグを付ける。

この活動の最終的な目的は、1カ月後、つまり6月1日までに、集まったすべての写真と各人の活動、累さんが書いた政策の建議の手紙を、広州市交通委員会、広州市の地下鉄・バス会社に送ることだった。それらは同時に国の交通運輸部にも送り、政府部門が主導して全国に反痴漢広告を出すよう提案する(とくに広州で反痴漢広告を先行して掲示し、全国の先駆けにするように要望する)予定だった(3)

翌日の5月2日夕方には、申し込みをした人は50人を越え、全国の27市に及んだ(4)

5月3日には、申し込みが100人に達したので、ポスターを貼ったボードの提供を打ち切った。申し込みがあった都市は、北京・唐山・青島・ハルピン・ウルムチ・上海・成都・重慶・深圳・長沙・南京・西安・広州・仏山・蘇州・福州・武漢などだった。しかし、申し込みはまだ続いていたため、新メディア女性ネットワークは、申し込みが来たら、その人にポスターの原版を提供して、プリントアウトしてもらえるようにした(5)

さらに、ポスターの絵を描いたTシャツの注文の受け付けも開始した。送料込みで38元(≒600円)である(6)

なお、累さんは、女性たちの痴漢被害の経験――「いつ、どこで痴漢に遭ったか」「何が起こったか」「どのように感じたか」――を集めたエントリも書いて、女性たちが経験を分かち合えるようにした(7)

 3.全国各地の街頭、大学、電車・バスや駅の中で

累さんの微博(张累累累累)の中や「#私が掲示板だ。歩く反痴漢#」のハッシュタグの下に、5月2日から17日まで連日、さまざまな人が全国各地の街頭や電車・バス・駅の中、大学、ショッピングセンターなどでポスターを貼った掲示板(以下、基本的に「ポスター」と略す)を身に着けて歩いたり、手に持ってアピールしたりしている微博のエントリが掲載された。以下、それらのエントリをすべて見ていく(以下は、中国大陸内にかぎる(8))。

(なお日時については、その行動がおこなわれた日が微博の中に記されているものは、その日を記し、行動した日が記されていない記述については、微博で発信された日を記して、「(微博)」と付記する。ただし、微博は携帯電話などから手軽に発信するものであり、また、その日の夕方から夜にかけての発信が多いので、行動がおこなわれたその当日に発信されているケースが多いと思われるため、以下の記述ではその両者をあまり区別しない。)

浙江省の杭州では、5月2日、ある男性がポスターを貼ったボードを背中に付けたり、ときに手に持ったりしながら、大学を出発して、バスに乗り、宝石山に登り、西湖・保俶塔にも行った。ポスターは路上で振り返られる率がとても高かったという(微博)(9)。同日、別のある女性も、杭州で、掲示板を背中に付けて、バス停でバスを待ち、バスに乗り、あちこちの街頭を歩いた写真を微博に掲載している(10)

同日、別のある女性は、広東省の広州市の地下鉄の鷺江駅やゲームセンターでポスターを掲げた。彼女は、子どもの頃、多くの友だちがゲームセンターで痴漢に遭ったのに、どうしてよいかわからず、教師や親にも話せなかったので、小学教育からセクハラ問題を正視すべきであると記した(微博)(11)

5月2日には、内蒙古自治区の包頭でも、ある女性が、ポスターを商業施設らしき建物の駐車場で掲げた(微博)(12)

5月4日にも、広州市で、ある女性が、観光バスが走っているような街頭でポスターを掲げたところ、多くの人に周りから見られたと記した(微博)(13)

5月5日、江蘇省の無錫で、ある女性が、映画を見た後、映画館で広告を掲げた。残念だったのは、一緒にやってくれる人かなかったことだという(微博)(14)

同日、江蘇省の南京でも、ある女性が、他の方と2人で、ポスターを身につけて、南京大学から地下鉄二号線を回った(微博)(15)

5月5日には、広東省の恵州でも、ある女性がポスターを背中につけて、恵州学院から、恵州西湖、恵州商業歩行街、華貿天地に行った(微博)(16)

5月6日、上海で、ある女性がポスターを持って、人民広場に行き、喜茶(カフェの名称)の行列に並び、地下鉄8号線と1号線、2号線に乗った(微博)(17)。。

5月6日には、深圳でも、ある女性がポスターを掲げて、平安金融センター、地王大廈(別名は信興広場で、超高層ビル)、京基100(超高層ビル)、市民センター、kkmall(深南東路)、鄧小平の画像という新旧の名所に行った。彼女は地下鉄で写真を取っているとき、職員に阻止された。しかし、多く人が写真を撮り、これは何の活動かと問い、それに答えると、多く人が支持してくれたという(18)。深圳では、5月3日にも、別の女性が信興広場前で、ポスターを掲げている(19)

5月6日、江西省の南昌でも、複数の女性が、八一館~万寿宮~八一大橋~銅鑼湾広場を回った(微博)(20)

5月6日、長沙市で、ある女性は、ポスターを掲げてあちこちを回った。太平街では、ポスターを掲げて中を歩いてはならないと警告されたが、見ていないところで掲げようと、地下鉄に乗って、五一広場、黄興広場、7UPビルに行って掲げた(21)

5月6日、吉林省長春市で、ある男性が中東市場のブタの像の前にポスターを置いた(微博)(22)

5月7日、広州で、ある女性がポスターを持って、地下鉄、バス、映画館など人が密集している場所に行ったら、多く人の目を引いたという(微博)(23)

5月7日、南京の新模範馬路で2人の女性が、ポスターを掲げている写真を微博にそれぞれ掲載した(微博)(24)

5月8日、湖南省長沙市で、ある女性が、地下鉄の中を含めた通学路で、ポスターを掲げて歩いたところ、見知らぬ人が何人も写真に撮ってくれて、長沙はけっして思ったほどひどく保守的ではなかったと述べている(微博)(25)

5月8日、新疆ウイグル自治区のウルムチでも、ある女性が、ショッピングセンターの中でポスターを背中に掲げて回った(微博)(26)

5月9日、湖北省の宜昌市でも、ある女性がポスターを身につけてバスに乗って、多くの人の目を引きつけた。ただ、乗客には小さい字は読めないので、大学内では人が多い場所にポスターを置いておいて自由に見てもらい、最後は教学楼の壁に張った(微博)(27)

5月12日、武漢で、ある女性がバスの中や地下鉄の駅などでポスターを掲げたところ、見た人はさまざまな表情を浮かべ、写真に撮る人もいて、楽しかったという(28)

5月12日、広東省の仏山で、ある女性が、同僚といっしょに、万達広場(中国の大都市にあるショッピングセンター)と千灯湖公園に行ってポスターを掲げた(29)

 4.通行人にポスターといっしょに写真に写ってもらう、賛同署名を集める

単にポスターを身につけて歩くだけでなく、通行人や友人にポスターといっしょに写真に写ってもらったり、ポスターを貼っているボードの裏に署名をしてもらったりすることによって、ポスターに賛同の意を表明してもらったりした人も多い。以下では、そうした活動を報告している微博を紹介したい。

ある女性は、5月5日から北京で3日間行動した。1日目は北京大学のキャンパスで活動した。彼女は、自分は「社交恐怖症の患者」だが、勇気を振り絞って行動したという。すると、ある学友が駆け寄ってきて、ポスターといっしょの写真を撮影させてくれて、心が温まったという。微博のエントリに添付されている写真の中には、本人がポスターを背負って構内を歩いている写真とともに、さまざまな人と本人とがポスターと一緒に写っている写真が10枚近くある(30)

2日目は、誰か2人で活動したようだ。た。その人はポスターを付けた掲示板を背負って映画を見に行った。本人は地下鉄に行ったところ、ラッシュアワーに間に合ったので、多くの人に写真を撮られて、とても楽しかったという。映画館やデパートの入り口でも、多くの人の目を引いた。ただ、昨日と異なって、いっしょに写真に写ったり、署名をしてくれたりする人はいなかった(31)

3日目は、ポスターを付けた掲示板を背負って地下鉄や街頭に出かけて、署名や写真撮影などを求めた。そうして撮ったのであろう、街の人がポスターを前に掲げた記念写真も掲載されている。しかし、34回目の拒絶にあったときには、街頭で号泣したくなったという。「けれども、スーパーマーケット、街頭、地下鉄、バスの停留所で、私たちのポスターが多く人に見られさえすれば、私は勇気を奮い起して続ける」とその女性は書いている。なお、午後にはBCome小組(後述)のワークショップに出席したとのことであり、その写真も掲載されている(32)

山西省の太原では、大学生らしき女性が少なくとも7日間連続して行動している。微博で報告されているのは初日と7日目だけだが、初日は教室にポスターを持って行き、7日目には、街頭で、署名やポスターと一緒に写真に写ってもらうことをお願いしたようだ。拒絶されたことも多かったが、激励や支持をもらうことも少なくなかったとのことだ(33)

5月13日、ある女性が、浙江省の寧波のショッピングモールである天一広場でポスターを掲げて歩いたところ、多く人がこの活動を支持して一緒に写真に写ってくれて、感激した(34)

著名な活動家の中では、5月7日、李麦子さんが、北京の西壩河で活動して、さまざまな人がポスターを掲げている写真を撮った(微博)(35)

5月2日、猪西西さんも、杭州の小中学校補習センターで子どもたちにポスターを掲げてもらった写真を微博で発信した(36)

 5.多い大学内での活動

学生が多いのだろうか、これまでも触れてきたように、大学内での活動が目立つ。以下では、もっぱら大学内で活動した微博の報告を挙げていこう。

5月2日、広州大学城(大学関係者のニーズにもとづいて形成された町・地区)で、ある女性が、さまざまな場でポスターを掲げた写真を微博で発表した(37)。同日、別の女性も、広州大学城で、別の男性と協力して、ポスターと風景が一緒に写った写真を撮影して回っている(38)

5月3日、ある女性は、長沙市の大学(湖南女子学院と思われる)の図書館やバス停、街頭で本人や他の人がポスターを手に持ったり背中に付けたりしている写真を微博で発表した。教室に集まった学生たち26人が、ポスターを前にして腕でバッテンを作って痴漢にノーの意を表明している写真もある(39)

その女性は、5月5日も、同じ長沙市の中南林業科技大学に遊びに行ったとき、背中にポスターを貼ったボードを背負って歩いた。そのグラウンドに行ったときには、多くの人が見に来て、多くの人に活動が知られてうれしかったという(微博)(40)

5月8日には、湖南女子学院の社団連合会大会に持って行ったら、教室いっぱいの60人程度が手でバッテンを作って、セクハラにノーの意を表してくれた(41)。また、屋外の授業では、先生が音頭をとって、40人近くが手でバッテンを作った(42)。こうしたことが起きるのは、女性学教育が盛んな湖南女子学院だからだろうか。

また、5月4日には、杭州のある女性セクシュアルマイノリティが、浙江大学紫金港校区を、ポスターをバイクの後ろに付けた写真を微博で発表している(微博)(43)

5月6日には、山西省の太原市でも、ある女性が、ポスターを持って学校に行き、帰りは汾河公園に行って、夜になるまであちこちでポスターを掲げた(微博)(44)

同日、広東省の汕頭大学の学生の女性も、ポスターを背負って大学を一周した(微博)(45)

5月9日には、安徽省の馬鞍山市のある女子学生が、ポスターを教室に持って行ったところ、先生が話す時間をくれ、多くの学友も自分の意見や経験について話してくれて、感動したそうだ(微博)(46)

5月9日には、先述の、5月5日に恵州学院からポスターを背中に付けて外に出かけた女子学生が、学内でもその格好で授業に出たら、多くの学友が支持してくれて(署名が40筆ほど集まっている)とても感激したという(47)

5月9日には、福建省の漳州の大学地区でも、ある女性がポスターを掲げて回り、他の人にもポスターを掲げてもらった(微博)(48)

5月11日には、河北省唐山市の華北理工大学で、ある女性が、学校内を、ポスターを掲げて歩いた。多く学友が見てくれて、「それは何か」と問う人もいたので、私は「これはパフォーマンスアートだ」と答えた。しかし、ある女子学生が「あの人は病気だ」と言ったのは嫌だったという(49)

5月第2週の週末、ある女性が、ポスターを広東省広州市の広東培正学院で持って歩くと、学友たちがみんな支持してくれて、ポスターと一緒に写真に写ってくれて、広州のバスや地下鉄駅でも掲示してほしいと言われた(50)

写真を見るかぎり、今回の活動を全国でおこなった人のほとんどは若い女性である。また、大学生と思われる人も多い。

大学内では、そうした女性たちに人間的つながりがあったり、ときにはフェミニズムに好意的な教員がいたりするせいか、比較的好意的反応が集まりやすいようだ。あるいは、大学には年齢的にとくに痴漢被害に遭いやすい若い女性が多いという要因もあるのかもしれない。

 6.アンケートや取材も

今回の活動をした中には、アンケート用紙を自分で作って通行人からアンケートを集めながら、その場で話をした人もいた。上海のある女性は、5月7日の日曜日には、一日中ポスターを身につけて街を歩き回って人々の視線を集めた。そして、翌週の日曜の14日には、60人を目標にアンケート調査をして、26部集め、そのアンケート結果は累さんに送るとのことだ。体力的にも心理的にも大変だったが,通行人がポスターと一緒に写真を撮るなどしてくれたことに励まされたと記している(51)

5月7日、西安でも、ある女性が、広告ボードを掲げて、街頭や地下鉄の車内・構内で注目を集めて宣伝しながら、取材もした(微博)(52)

5月10日、広東省の東莞では、ある女性が、バスの運転手に痴漢への対応を取材した(微博)(53)

 7.グループとしての取り組み

5月13日、武漢で、ある女性が、仲間たちと一緒に1日に二万歩歩いて、武漢大学、中南財経政法大学、武漢科学技術館、武漢美術館、戸部巷、公園などに行って、ポスターの裏に署名を集めたり、ポスターと一緒に写真に写ってもらったりした(54)

このように仲間たちとともに活動した女性たちもいる。グループとして取り組んだことが微博でわかるのは、以下の団体である。
・「BCome小組(@BCome小组)」――『ヴァギナ・モノーグス』の中国版である『陰道之道』を上演してきた北京の劇団。
・「PLUS青年空間」――西安でジェンダー/セクシュアリティの問題に取り組んでいる団体。
・「蘇州大学青春同伴教育社(蘇大青同社)(@苏大青同社)」――以前は、「蘇州大学ジェンダー性的指向平等促進協会」と称していた団体。
・恵州反セクハラグループ
・「トランスジェンダーセンター(@跨性别中心)」――2016年5月に、広州にF女権小組のh.cらによって設立された団体。
・雲南大学ジェンダー平等促進グループ

5月7日、Bcome小組のメンバーは、ポスターを手に持って北京の各地を駆け回って、通行人に私たちへの支持を呼びかけた(55)。そうすると、子どもからも署名が集まったり、年上の女性が痴漢の被害者を責めることに強く反対する意見を述べたりした。また、最初は「性教育は子どもとお母さんの問題だ」と言っていたお父さんもいたが、彼も説得して自らの責任を感じてもらったりした(56)

5月8日には、西安で「PLUS青年空間」のメンバーとボランティア5人が、西安培華学院、陝西師範大学、西安郵電大学、西安政法大学、西安財経学院、西京学院と付近の繁華街やバスステーションを回った。西安地下鉄2号線では、多くの駅で車両を行き来して、ポスターを掲げ、大きな声で「セクハラに反対する! 痴漢をやめろ! 勇気を持ってNOを言おう!」というスローガンを叫んだ。後ろで嘲笑する人もいれば、拍手する乗客もいた。大学では「キャンパスはこんなにきれいなのに、セクハラがあるのか?」と尋ねられることもあれば、うなずいて賞賛され、好意的に見られることもあった(57)

5月11日にも、PLUS青年空間の満文雅さんという女性が、西安の曲江文化聚集地~西安欧亜学院~城南バスステーション~地下鉄の三爻駅~地下鉄の南稍門駅~西安ホテル~飛行場バス~咸陽国際飛行場~東大街と回って、ポスターを掲げた(58)

5月15日には、PLUS青年空間の満三順(=満文雅?)さん、在如さん,アメリカから来たDevidyal(雅心)さん、Beth Gulleyさんがいっしょに西安で、ポスターを持って歩いた。当日のルートは、小寨、鐘楼、ショッピングセンター(賽格、金莎、世紀金花付近)、地下鉄(スタジアム~南稍門~鐘楼駅),回民街(イスラム人街)だった(59)

江蘇省の蘇州大学青春同伴教育社は、5月13日に蘇州地下鉄の車両内や、蘇州の街頭・広場で宣伝活動をする計画を立て(60)、当日、少なくとも地下鉄1、2、4号線とその駅で、5人が宣伝をしたことが記されている(61)

広東省の恵州でも、セクハラ反対の小さなグループの6人ほどが、さまざまな場所でポスターを掲げた(62)

5月2日、広州のトランスジェンダーセンターも、屋外での活動は確認できなかったが、メンバーがポスターを持った写真を微博に掲載した(微博)(63)

5月7日、雲南大学ジェンダー平等促進グループが、ポスターを前に持ってみんなの写真を写した(微博)(64)

また、各大学から来た大学生の競歩のトレーニングキャンプが、5月7日、福建省の福州大学でおこなわれたが、それに同大学から参加したある女子学生が、ポスターを背中に掲げて参加した。彼女は、ポスターの由来を説明して、参加者に宣伝に協力してくれよう頼み、15人が、ポスターを前に置いて、手でバッテンを作って痴漢に「ノー」の意を示した。そうした事例も生まれている(65)

 8.ポスターを使った動画

数人で、歌と踊りを交えて、ポスターを使って痴漢反対を訴える動画を作成した人々もいる。羅志祥の曲「你干嘛(何するの?)」の替歌だそうだ(動画→「【反性骚扰MV之你干嘛?!】」九拾一个人工作室2017年6月1日)。

 9.当局からの監視の目

広州市従化区のある女性は、ポスターを持って外出すると「特別な安全感を感じる」と言っている(66)。セクハラに「NO!」を言う意思が周囲に伝わるので、セクハラに遭いにくい感じがあるのだろう。

しかし、その一方、警備員や警官から監視や追跡を受けた女性たちもいる。

5月13日、ある女性は、北京の三里屯で若い仲間といっしょにポスターを掲げた。彼女たちは噴水の中央に立って、周りの多くの通行人から注目されたが、ショッピングンセンターの警備員と私服警官にもじっと見られていた。彼らは、「ショッピングンセンターでプラカードを掲げて写真を撮ってはいけない」と言った。彼女たちが歩くと、虎視眈々と見ていた(67)

さらに、5月6日、成都で活動したある女性は、「プラカードを掲げて街を歩かなれければ、国家の女性に対する『関心』はわからないし、なぜ反痴漢広告が封殺されているかもわからない。私たちが広告ボードを持って通りを行くと、あちこちに警備員が虎視眈々と見ていて、駆け寄ってくる警備員や、付いてきて観察する警備員もいて、本当に怖かった」(68)と述べている。

 10.大型の固定掲示板よりは効果が低いが、それでも多くの人にアピールする活動として

武漢の武漢大学や万林芸術博物館でポスターを掲げたある男性は、「このポスターは小さすぎて、歩いていても、あまり関心を持つ人がおらず、社会的影響は比較的小さい。今後はそれぞれ都市のバスステーションと地下鉄の駅にみな、痴漢反対の大型の固定掲示板を設けてほしい」とのべており(69)、この意見に対しては累さんも同意している(70)

しかし、まだ公の場でポスターが掲示できない状況の下では、そうした影響力の比較的低い宣伝であっても、全国各地で様々な女性たちが取り組んだのである。

蘇州大学青春同伴社も、「街頭宣伝の影響力は結局限られているけれども『最も難しいことだが、やる人は必ず必要だ』。一面では、私たちは街頭活動を放棄するべきではない。大規模なデモがない社会では、当然手段を尽くして目立つ方法で私たちは大衆の目に入るようにしなければならない」と指摘している。

ただし、蘇州大学青春同伴教育社が、それに続けて、「もう一方で、私たちは意識を育てることも放棄してはならず、対談会・講座・ワークショップ・社会的サービスなどを組織することを通じて、私たちの理念をその中に入れ、知らず知らずのうちに影響を与えて、一人ひとりの公民の素養を高めなければならない」(71)と述べているように、街頭以外での活動も重視しているのは当然である。

 11.小括――運動の広がり、若い女性、多くは1人で

この活動の参加者は、微博で活動を発信したことが確認できる人数だけで50人以上にのぼっている。その中には、グループとしての活動を報告している人もいるので、そうしたグループの一人ひとりを含めれば、70人程度はいるように思われる。

ポスターを見せて歩くと注目を浴びた場合が多いことは、さまざまな人が述べている。すなわち、現場でポスターを目にした人数も、相当に多い。

また、活動の参加者は、道行く人や友人にポスターとともに写真に写ってもらったり、ポスターの裏に署名をしてもらったりすることによって、賛同の意思表明も、かなり集めている。もちろん、それを断った人も大勢いるだろうから、働きかけた人数はかなりの数になると思われる。

活動に参加した人は、写真で見るかぎり、大半が若い女性である。先述のように、大学内での活動が多く、学生の比率もかなり高いようだ。

この活動をグループでおこなったケースもあることは、運動として重要だ。ただし、全体としては、1人でやっているケースが目立つ。1人でやるのはとくに勇気が必要だっただろう。

もっとも、微博の中には、周りに人が写っていない場所で建物とポスターを写した写真を掲載している例もわりあいある。そのケースでも微博に掲載することで広く発表していることにはなるので、それなりの意義もあり、勇気も必要だと思われる。

いずれにしても、中国の場合、日本に比べても権力からの監視が強いし、露骨なのだから。

地域としては、北京市、河北省唐山市、山西省太原市、内蒙古自治区包頭市、吉林省長春市、上海市、江蘇省の南京市、無錫市、蘇州市、浙江省の杭州市、寧波市、安徽省馬鞍山市、江西省南昌市、湖北省の武漢市、宜昌市、長沙市、広東省の広州市、東莞市、恵州市、仏山市、汕頭市、深圳市、福建省の福州市、漳州市、陝西省西安市、新疆ウイグル自治区ウルムチ市、四川省成都市、雲南省雲南市の27市に及んでいる。

多いのは、広州市、杭州市、北京市、長沙市などフェミニズムの活動が盛んな地域であるが、先述のように、より多くの都市でおこなうために、ボードの提供は1都市5人以内にしたので、さほど特定の都市が突出しているわけではない。

四 警察が呼びかけ人に中止を命令

5月17日、張累累さんの家に彼ら(と書かれているが、警官であることが後述されている)がやってきて、次のように言った。
「あなたが呼びかけたこの反痴漢アクションを止めさせなさい」
「広州では今年後半にフォーチュン・グローバルフォーラムがあるから、引っ越して広州から出ていきなさい。仏山の千灯湖に行けばいい。近いし、にぎやかだ」

これは、張さんがこの一年間で求められた3回目の引っ越し要求だった。

彼らは言った。
「あなたのこの活動は、影響が大きくなりすぎた。必ず止めるように」
「女権五姉妹が反痴漢のアクションで捕まったが(2015年3~4月、フェミニスト活動家の五女性が刑事拘留されたことを指す(72))、あなたのこの行動の性質は、彼女たちとどこが違うのか? あなたはそう思わないのか?」

張さんには警官が言うことがわからなかった。
「私にはわからない。彼女たち[女権五姉妹]は乗客に反痴漢の宣伝をして、その後、乗客が望んだら、反痴漢のステッカーを身につけてもらおうとした。なぜそれが捕まえられるようなことなのか? もし彼女たちが捕まえられなくても、あなたは法を犯していると言うのか?」
「私にはわからない。なぜ、すでに金を集めて作成してある反痴漢広告を出すのがこんなに難しいのか? なぜ、最後には私たちの身体をメディアにして出したこの広告も、阻止されるのか?」

張さんは、正式に「私は反セクハラ広告ボードのアクションから手を引く」と宣言し、その後、全国の動きもストップした(21日に、先述の汕頭大学の女子学生がポスターを付けた掲示板を背中に付けて何かの「サロン」に行き、そのサロンの仲間が室内で自分の前に掲げたくらいである(73))。

しかし、張さんは、セクハラの被害にあったことがあるのは自分一人ではないし、多くの女性が被害にあっても、「あなたは悪くない」と言ってもらえず、サポートされない状況があると述べる。

だから、張さんは、「今日、外出する前、しばらく躊躇したが、私は反痴漢のTシャツを着た。私は広告ボードを身につけて外出しないけれども、私は何を着るかを決めることができる」と言っている。

張さんは、「この1年間に、私は3回、引っ越しするように迫られた。去年の6月初め、関係部門は私たちに3日以内に引っ越しするよう要求した。11月には、また協警(治安維持のために半職業的な警察業務の協力者)の暴力的な法律執行にあって、片警(地区を担当する警官)は家主に私たちのことをバラした。それを公開して訴えたため、どうにか引っ越しをしなくて済んだ。今回、彼らはまた、広州を代表して、私を歓迎しないと言って、私と肖美麗を仏山か他の都市に引っ越すよう言った。私は自分が路頭に迷わないかどうかわからない。みんなに注目してほしい」と言っている(74)

なお、その後、この中止命令について書いた張累累さんの記事と、二で記した広告会社との交渉についてF女権小組の記事は、いずれも閲覧できなくなった。

六 上海地下鉄に反痴漢広告が登場

上海地下鉄に「今天咸猪手 明天变猪头」という広告が掲示されたことが6月14日、「女権の声(フェミニズムの声)」と「女権行動派(フェミニスト行動派)」の微博アカウントで報じられた(75)。私は中国語のニュアンスはよくわからないが、「今日の咸猪手(口語で痴漢の意)は、明日にはブタの頭になる」という文字が大きく書かれており、鳥がブタを食べようとしているように見える漫画が描かれている。

広告を出したのは「看看新聞」であり、上海テレビ・ラジオ局傘下のメディアなので、中国では公的機関だと言えるだろう。

上の「女権の声」の微博のエントリは、460を越える「いいね」が付き、50回以上転載され、「女権行動派」の微博のエントリは、280を越える「いいね」が付き、550回以上転載されているので、かなりの反響があったといえよう。

「女権の声」の微博は、このポスターについて、「人を驚かせ、喜ばせるものだと言える。張累累#私が掲示板だ。歩く反痴漢#活動に啓発されたものかどうかはわからない」と述べ、「この広告の言葉について、どう思うか」と問うた。

それに対しては、このエントリを転載しつつ、歓迎するコメント(「良い」「悪くない」「進歩だ」「上海は国際都市に恥じない」)をする人々がいたとともに、以下のような注文を付けるコメントもあった。
・「明日ではなく、今日」でなければならない。
・「もっとはっきり書くと良くなる。婉曲すぎる」

「女権行動派」の微博は「痴漢に反対するもっと多くの広告を」と書いた。

張累累さんは、このエントリを転載しつつ、「ああ、ついに反痴漢広告が登場した。少し感激している」とコメントした。

張さんのエントリには、「地下鉄の痴漢ホットラインも設ければ一番いい」といった注文がついた。

おわりに

これだけ全国各地で多数のフェミニストが街頭行動をしたことは、少なくとも女権五姉妹事件以後はなかった。いや、参加者数と広がりにおいては、2012年のフェミニスト行動派の活動開始以後すべての活動の中でも、有数のものではないか。

もっとも、マスコミが報道しなかったので、広く知られなかったと思う。また、ポスターはそれほど大きいものではなかったし、スローガンを叫ぶような音の出る活動は少なかったようなので、現場でも、あまり大きなインパクトは与えなかったかもしれない。

しかし、警官が「あなたのこの活動は、影響が大きくなりすぎた」と述べたように、多くの人が参加した広がりがある活動だったからこそ、警察の弾圧を引き起こしたという面は見ておかなくてはならない。

そして、一部で要求が実現した! 下からの活動は禁止しつつ、要求は一部取り入れるというのは、当局が下からの活動をいかに忌避しているかを示しているが、それと同時に、曲がりなりにも要求が一部実現したのは、運動が大きく広がった成果であろう。

活動への弾圧という点だけ見ると、「中国はひどい」とも言える。弾圧については、見過ごせない。

しかし、かたや日本でも、牧野雅子氏らが明らかにしているように、鉄道に掲示されている痴漢防止ポスターには、本当に女性の立場に立ったものはほとんどなく、マスコミにも電車内での痴漢問題の深刻さを伝える記事や痴漢の加害をなくすための考察はほとんどないのだから、「五十歩百歩」の状況だと言えよう。

むしろそうした中で、中国でも、ある意味日本以上に勇敢に、この問題について活動がおこなわれていることにこそ、注目しなければならないと思う。

(1)以上は、「我们要反性骚扰广告!要在公共空间安全出行的自由!」女权之声2017-01-13(女权行动派很好吃 [ID:genderequality ]の微信からの転載)。
(2)以上は、「中国第一支反性骚扰广告为何历时一年人无法上架?」2017-03-15 F小组 F女权小组(現在閲覧不能)
(3)以上は、累/新媒体女性「行动!这个女孩将成为中国首个反性骚扰肉身广告牌」新媒体女性2017-05-01 14:27:05。
(4)累/新媒体女性「加入反性骚扰百人计划,改变你的城!」新媒体女性2017-05-02 16:09:36
(5)新媒体女性的微博【#我是广告牌,行走反骚扰#百人征集活动报名已截止】【没申到?别着急,求原图和T恤的看下文 】5月3日 18:00
(6)炒鸡可爱反性骚扰t恤【38包邮!】
(7)张累累累累「短故事征集|关于性骚扰,每个女人都有一些事情要分享」新媒体女性2017-05-08 20:59:04。なお、張累累さんは、この文で、女性専用車両の類については、「こうしたやり方は、女性は弱いから保護が必要で、男性全体を潜在的加害者と見なすステロタイプなイメージにもとづいて、女をある空間に入れるものである。もし女性がそれに従わずに痴漢にあったら、非難される。管理者は明らかに安全の責任を女性の乗車の自由を束縛する権力に転化している」と述べている。これは、いささか単純な考え方のようにも思うが、女性専用車両の類の限界や問題点を明らかにした原則的な発想だとは言えると思う。
(8)Eveeeeeen 的微博5月5日 07:21、dvd二号机的微博5月5日 13:02は、カナダのバンクーバーでの活動を報告し、明燚feminist5月7日 19:47は、香港での活動を報告している。
(9)Owen-Zhang1995 的微博5月2日 15:25
(10)老年人_哆啦A英的微博5月2日 21:30
(11)嘛都不董斯拉特國際的微博5月2日 16:01
(12)牛田地主家的天海祐世 的微博5月2日 12:09
(13)夶棋的微博5月4日 19:39
(14)LP____萍的微博5月5日 23:50
(15)Brainy-TheNewSexy的微博5月5日 20:26
(16)GVHY的微博5月5日 23:02
(17)希姫_荣安的微博5月6日 14:50
(18)PePper_GrAss的微博5月6日 20:46
(19)AnnaChung0206的微博5月3日 19:17
(20)小姬顿时大喜的微博5月6日 14:59
(21)彭慧玉是个坏小孩的微博5月6日 20:19
(22)娘才女貌的微博5月6日 16:03
(23)東尼瀧谷神父的微博5月7日 00:31
(24)花绮妍是花花也是发发的微博5月7日 10:11、汰渍想立白的微博5月7日 15:18
(25)嚼梦_ 的微博5月8日 20:22
(26)justfymm的微博5月8日 18:12
(27)骄傲的雯雯酱的微博5月9日 09:13
(28)腿毛該刮了的迷之少女_的微博5月12日 16:14
(29)迷踪疯子的微博5月13日 10:47
(30)一坨的一坨世界的微博5月5日 19:32
(31)一坨的一坨世界的微博5月6日 20:50
(32)一坨的一坨世界的微博5月7日 21:11
(33)探夏aube 的微博5月8日 22:58 、探夏aube的微博5月14日 23:07
(34)车轱辘同志的微博5月13日 20:43
(35)麦子家的微博5月7日 18:28
(36)猪西西爱吃鱼的微博5月2日 20:22
(37)2791639x的微博5月2日 16:49
(38)FatFat1的微博5月2日 20:03
(39)不减肥就不买衣服的羊不羁的微博5月3日 05:55
(40)不减肥就不买衣服的羊不羁的微博5月5日 23:15
(41)不减肥就不买衣服的羊不羁的微博5月8日 14:12
(42)不减肥就不买衣服的羊不羁的微博5月8日 16:09
(43)阿园是比利提斯的女儿的微博5月4日 14:57
(44)然并卵菇凉的微博5月6日 22:26
(45)生命的意义在于静止x的微博 5月6日 22:51
(46)Echova的微博5月9日 21:13
(47)GVHY的微博5月9日 22:25
(48)何宝荣sage 的微博5月9日 21:54
(49)柯基不是狗的微博5月11日 09:11
(50)大牛benben的微博5月13日 23:43
(51)总有刁民想上我松潤的微博5月7日 22:47、总有刁民想上我松潤的微博5月14日 19:08
(52)小旗lilililian的微博5月7日 15:14
(53)萱娇女爵1979的微博5月10日 23:38
(54)碳酸烧酒粥的微博5月13日 21:47
(55)Bcome小组的微博5月7日 21:02
(56)Bcome小组的微博5月7日 21:14
(57)满文雅的微博 5月9日 22:44
(58)满文雅的微博5月11日 00:26
(59)满文雅的微博5月16日 03:02
(60) #我是广告牌,行走反骚扰# 」苏大青同社2017-05-12 02:19:01
(61)苏大青同社的微博5月14日 11:29
(62)Jane_雯雯的微博 5月7日 00:22
(63)跨性别中心的微博5月2日 16:09
(64)susie629的微博5月7日 19:55
(65)停止咸猪手,我们不仅仅在跑步 」2017-05-07 大学生跑步训练营 大学生跑步俱乐部
(66)拒绝炮灰iii的微博5月6日 14:08
(67)爱吃玉米的兔子君的微博5月15日 13:47
(68)古敏怡的微博5月6日 17:53
(69)呼吸困难生存更困难的微博5月6日 16:08
(70)张累累累累的微博5月6日 16:11
(71)苏大青同社的微博5月14日 11:29
(72)本ブログの記事「国際女性デー直前に中国の若いフェミニスト活動家10人逮捕、5人が今も釈放されず」「拘留中のフェミニスト活動家5女性の状況、国内外の支援運動、弾圧の背景など」「フェミニスト活動家5女性の釈放とその後の困難、闘い、弁護士によるセクハラ」参照。
(73)生命的意义在于静止x的微博5月21日 00:04
(74)以上は、「他们说:你必须叫停你发起的反性骚扰行动」张累累累累2017-05-18 23:30:14(現在閲覧不能)
(75)女权之声的微博6月14日 07:42 、女权行动派吃不完的微博6月14日 07:53

あるNGOでのセクシュアル・ハラスメント事件が女性たちの連帯で解決へ

目次
 一 「1980青年学社」の曹小強によるセクハラに対する告発と曹の形だけのお詫び
 二 告発の広がりと被害女性8名の共同声明、1980青年学社も声明
 三 曹小強の3通目のお詫び、被害女性8名の応答
 四 趙思楽による事件の分析――とくにフェミニスト刑事拘留事件の際の弁護士によるセクハラとの比較

一 「1980青年学社」の曹小強によるセクハラに対する告発と曹の形だけのお詫び

「1980青年学社」は民間の教育団体(NGO)である。1980青年学社は、たとえば今年の夏は、北京・天津と広州で、10日ほど、大学生や高校生を集めて合宿をし、学者や専門家、NGO関係者などの話を聞いて議論をしたり、民間のNGOを訪問したりするなどの活動している(1)。1980青年学社は、この活動を「留学(游学)」と呼んでいるが、これまでもこうした活動をすすめてきた。曹小強は、1980青年学社で、年長の先輩として活動してきた。

ところが、この曹小強が女子学生に対して「微信」(インスタントメッセンジャーアプリの名称)によるメッセージでセクハラをしたことを、今年6月4日、その女子学生の友人が、証拠となるスクリーンショットを付して告発した。そのスクリーンショットによると、曹は、まず詩歌の議論をして、その女子学生に対して「詩歌があまりうまくない」と言い、彼女に「恋愛をしたことがあるのか?」、「セックスをしたことがあるのか?」と尋ねて、セックスの話を持ちかけた。さらに、曹は、性器の写真や男女が性交しているポルノ写真を送りつけ、その女子学生が嫌がっているにもかかわらず、何度もそうした写真を送りつけた。この告発の中には、被害者自身の訴えも書かれており、彼女が言い表すことができないほどの苦痛や驚き、羞恥、恐怖を感じたこと、その後も生活に深刻な影響を受けていること、こうした人が教育界と公益(=現在の中国では、民間のNGOというニュアンスがある語)界にいることが許せないこと、他に被害を受ける女性を出したくないということが書かれていた(2)

6月5日、曹小強は、女子学生に対する謝罪のメール2通を発表した。しかし、それはごく簡単なもので、自らの責任の取り方についても、具体的なことは記していなかった。また、1通目では、自らの行為の原因を「私個人の若年の衝動」に帰しており、2通目では「女性の人格と意思の尊重が不足していた」ことには触れたが、「異性との交際の基準の理解が不当だった」とも言っており、自らの教育者としての身分を利用したことなどには触れていなかった(3)

二 告発の広がりと被害女性8名の共同声明、1980青年学社の声明

上のような曹のお詫びでは、話は終わらなかった。

最初の告発が出てから12時間経たない間に、5人の女子学生が「自分も曹小強にセクハラされた」と訴えた。

そのうちの1人は未成年の高校生だった。彼女は、曹小強から無理やりキスをされ、胸に触られて、強姦されそうになった経験を述訴えた。すると、さらに6時間経たない間に、被害を訴えた女性は合計11人に増えた。

6月7日、そのうち8名の女性が共同声明を出した。

この共同声明では、曹のお詫びのおざなりさや、彼がそのお詫びを自分のネットワークの中には発表せずに自分と無関係な場に発表しただけであること、お詫びの後も上のような被害の訴えが相次いでいることなどを指摘し、「私たちは曹小強のお詫びを受け入れない。以下のことを厳しく要求する」と述べて、次のことを求めた。

1.曹は必ず新たに心のこもったお詫びの手紙を出して、自分の行為が劣悪なセクシュアル・ハラスメントであったことを認めること。

2.お詫びの手紙は必ず自分のSNSの場(影響を及ぼすことができる関係団体・グループの微信の公式アカウント、微博、自分の友人グループを含むが、それに限らない。自分の友人グループでの完全な発表を必ず含むこと)と少なくとも一つの公衆メディア、公益のセルフメディアで発表すること。

3.私たちは、法律にもとづく追加的な処罰をする合法的な権利を保留する。

4.私たちは、セクシュアル・ハラスメント行為についての社会団体の、事件の後の手立てとして、活動の規約に反セクハラ条項を入れ、セクハラ研修をおこない、セクハラ防止システムを構築することを提案する。

5.私たちは、適切な場で、曹のセクハラの常習犯としてのやり口を公開すし、被害者たちのため相互の心理的サポートを提供する。

6.この一連のセクハラ事件は、青年が学習と親善に力を尽くす公益の場で発生したものである。私たちは公益団体が、その流動的で偶発的な教師-学生/権力関係において、参加者の社会経験の乏しさを利用して、セクハラやその他の不法な侵害をしたものであることを重視するように訴える。私たちは公益圏全体がセクハラ防止のための制度の建設を重視するよう提案する。

私たちは以下のように考える。

曹小強はその教育者としての身分を利用として、指導・教育される身分の私たちにセクハラをおこなった。また、未成年の女子学生に対しても少しもはばかることなくセクハラをしており、その性質は劣悪である。その謝罪も、重要な点を避けており、いかなる反省も欠乏している。

曹小強は自分が公益圏の中で被害者よりも「キャリアが長く」、「地位が高く」、「いささか名声がある」という実際状況を利用して、意識的に権力関係を利用して、職権を使って、女子学生の指導者という名目で、女子学生と会ったり、ものごとをする機会を求めたりし、被害者に対して不適切な性の暗示/明示をした。たとえ彼が行政関係上は被害者と直接の関係はなくとも、権力関係上、彼は、居心地の悪い世論・環境を作り出したり、ひそかに報復したり、プライバシーを漏らしたり、デマを流すなどの方法によって、被害者に直接拒絶できなくさせた。公民の自律的な権力関係において上位の者は、権力関係で下位の者に対して自分から性の要求をする権利はない。

社会の構造を顧みることができる公民として、以下のように考える。

私たちは、この事件の本質は、けっして男女のいちゃつきが誤解を生じたことにはなく、権力関係が対等でない下で起きたセクハラ行為であることを見なければならない。権力関係が上の者の性の要求は、権力関係が下の者にとっては誘導と支配を意味する。曹小強は意識的・無意識的に自分の権力関係を利用し、まったく反省することなく多くの女子学生にセクハラ行為をおこない、その後の謝罪の中では、「年が若くて無知だった」という理由でセクハラ行為における支配欲と権力による放埓を覆い隠している。この点はすべての人が警戒し、対策を建てる必要がある。

声明人:8名の曹小強のセクハラの当事者
2016年6月7日(4)

6月7日には、1980青年学社も声明を出した。

1980青年学社声明

まず、私たちの活動グループ全体として再度おわびをする。私たちは曹小強個人の品行のためにお詫びをするのではなく、私たちを信じ、私たちを支えてくれている人にお詫びをする。私たち自身が問題をすぐに発見して適切に処理できず、学生及びその他の人を傷つけたことに、深くおわびをする。

第二に、曹小強の行為は、被害者を傷つけただけでなく、1980青年学社の名誉を大きく傷つけた。私たちは、1980青年学社は、人を用い管理する問題について全責任を負っており、友人各位の批判と提案を聞いて、完全な運営システムを作り上げることを厳粛に声明する。

第三に、私たちは、すでに不断に弁護士・先生・友人各位の援助を求めており、真剣かつ理性的にこの問題を解決する。私たちは、学社に反セクハラシステムを作って、もし学社のメンバーがいかなる類似の問題を起こした場合でも、私たちは全力で調査に協力し、解決のための意見とリソースを提供して、いかなる人であっても庇わず、遊学の安全を守ることを承諾する。この点については、各界の意見と援助を受けて、意見を積極的に採用する。

第四に、1980青年学社は、かつて初歩の段階において、資金・理念・経験・実践などのさまざまな要素の制約を受けていた。第一期の遊学の中で、私たちは曹小強に指導に来てもらい、曹小強も資金の面でサポートしてくれて、第一期の遊学活動の助けになったことがある。だからこそ、第二期の遊学活動をする際にも、私たちは彼を招いた。これについては私たちも承認した。私たちは、彼がかつて援助したことには感謝している。

第五に、曹小強がかつて学社に指導と援助をしたことは否定できないが、1980青年学社の管理クラスではけっしてなかったし、1980青年学社の活動および遊学活動の組織と運営に参与したことはない。私たちは2日前に曹小強のことについて知ったばかりである。彼の行為は、公益人と教育探索者としてのあり方にきわめて反している。1980青年学社は、2016年6月4日以降は、曹小強にはいかなる指導活動にも参与するような招待しないし、いかなる援助と参与も拒絶する。私たちは夏の北京・天津の遊学活動は、予定通りおこなう。(以下略) (5)

三 曹小強の3通目のお詫び、被害女性8名の応答

6月8日、曹小強は、以下のお詫びを発表した。

すべての人へ

私、曹小強は、被害を受けたすべての女性とこの事件に関心を持っているみなさまに対して深いお詫びの意を表明する。

私は、私の行為が劣悪なセクシュアル・ハラスメントだったことを認める。2013年から、私は、インターネット上で言葉によって、20人あまりの女性に次々にセクシュアル・ハラスメントをした。この一連の事件において、私は主に言葉、写真、動画などを利用するやり方で、自分のSNSアカウントを使って、女性たちに対して公然と言葉によるからかいと侮辱をおこなって、心理的な満足を得ようとした。さらに一部の女性に対しては、彼女たちが望んでいない状況の下で、公の場で身体の接触をした。

ここに、インターネット上に既に共同声明を発表している8名の女性に対して、心から申し訳ありませんでした、と述べる。同時に、まだ共同声明に名前を出していない被害者、および名前を出すことを望まない人に対しても、私がお詫びの意を伝える機会を与えていただくことを希望する。私はすべての懲罰を受け賠償をしたいと思う。

この3年間、私は自分の行為がセクハラになっていることを意識しておらず、2015年になって、私は自分のこのような行為は私に心理的問題があるかもしれないとある程度意識しはじめたが、恐るべき惰性になっていたために、今日のようにコントロールできない程度になり、6月4日、この事件が明るみに出た。そのとき、私はどうしてよいかわからず、どうすべきかを知らず、一度はそこから逃れようとした。数日間の反省を経て、現在私は、事件が起こした劣悪な影響がよくわかった。また、この事件の背景にある私の心理上の良くない、暗い、完全に間違った認知や、非常に低俗な、女性に対してまったく尊重しない誤った認識については、いっそうわかった。さらに私が自分の指導者・文化人・思想家という役割を利用・標榜して、性別・年齢・キャリアの差によって自分を飾り立てていたことが、私がセクハラをする道具になった。

現在、私はすでに社会におけるすべての職務・仕事・事務を停止している。私がかつて職務に就いたり勤めたりしたすべての組織と企業に対して、私は深くお詫びをする。私は、あなた方の信頼と期待に背いた。私がひそかに女性に対してハラスメントをしたために、それらの組織は私の行為についてずっと知らなかった。だから、私はほしいままに出鱈目なことをし、最後には大きな誤りをしでかしたのである。

私は私がこれまでに傷つけた女子学生に対して、すべての責任を取りたい。それは以下の点を含むが、これらにとどまらない。

1.すべての被害者にお詫びする。また、このお詫びの手紙は私の自身の友人グループなどのSNS上でおこなう。

2.負うべき法律的責任を負う。

3.女子学生が求める心理的援助の費用と精神的損失の賠償をする。

4.第三者の、信頼性がある場でも発表する。

5.社会各界からの譴責と批判を受け入れる。

6.心理の医者の治療に積極的に協力する。

7.正面から責任を引き受け、逃避や責任逃れをしない。

同時に自分が泣いてお詫びを述べている動画も公表した(6)

この謝罪を受けて、6月9日、先に共同声明を出した被害者8名は、以下の応答を発表した。

私たちは、最大の善意によって、曹小強のこのたびの謝罪が自己反省の意識を持ち、私たちの訴えも尊重したものであると信じる。慎重な考慮を経て、私たちは曹小強の謝罪を受け入れることに決定し、今後曹小強が彼の承諾したことを一つ一つ実現するよう希望する。私たちも、適切な方法で彼が自分の承諾したことを実行するかを監督する。また、曹小強が謝罪の手紙の中で、「この三年間、私は私の行為がセクハラになっていると意識していなかった」と反省しているのであるから、私たちは彼が主体的に反セクハラワークショップに参加し、この面の認識を強めることを望む。私たちも彼に具体的なワークショップの情報を提供できる。

承諾の中の第3条の「女子学生が心理的援助のための費用と精神的損失の賠償をする」という点に関しては、多くのセクハラ事件は発生して数年がたっているが、現在また明るみに出されたため、当時心理的な傷を負った女子学生が自己の損失をあらためて評価しなければならない。また、一部の当事者はいまなお精神的・心理的な悩みを抱えている。私たちは、各自の具体的情況にもとづいて、いっそう意思疎通と相談をして、具体的な賠償の案を作成する必要があると考える。私たち以外の被害者に対しては、曹小強はお詫びの手紙の承諾のとおり、彼女たちと連絡を取り、誠実に謝罪と相応の賠償をするべきである。

最後に、私たちはまだ法に訴える合法的な権利を放棄していない。

私たちは、曹小強に対して人身攻撃や報復をするつもりはなく、ネット上で彼に対する悪意の推測がおこなわれることも望まない。しかし、私たちがいっそう望まないのは、私たちが公けしたことによる二次被害を受けることである。私たち女子学生に対してエリート的な説教や悪辣な攻撃をする人は、セクハラは社会問題であり、曹小強一人だけが「悪魔」なのではなく、私たちのような被害者は珍しくないということを認識してほしい。私たちを攻撃しているとき、あなたがたの身の回りの女性――それは娘や妻、母親かもしれない――も、セクハラにあったことがあるか、あっている危険がある。

私たちは、セクハラ事件に関心を寄せる人は、まず何がセクハラであるかをはっきり認識して、セクハラの形態は多様で、情況は複雑であることを知ってほしいとずっと思っている。(……)

ある人は、公の場で公然と他人にセクハラをする。たとえば、公の場で身体をさらけ出したり、微博で言葉によるセクハラをする。ある人は、公の場では、自分のイメージを良くするよう気をつけているが、私的に被害者と一人で接触するときには、行きすぎた性の要求をする。けれど、事件が発覚すると、彼らの今までのよいイメージによって、公衆は彼に同情しがちだ。しかし、私たちは必ずセクハラという事実自体を正視しなければならないと考える。過ちや罪を犯した人の良いイメージは、彼に免責を与える特権にはなりえず、年が若いことも、すぐれた才能も、後ろ盾も、特権になりえない。もしこれらのいわゆる技能が免責の通行証になるのならば、この社会は何の公正さがあると言えるのだろうか。

(……)私たちは、こうした議論が多くの人にセクハラの危険性を認識させ、セクハラ防止措置と正しいジェンダー教育が広く採用されることにつながることを望む。(7)

四 趙思楽による事件の分析――とくにフェミニスト刑事拘留事件の弁護士によるセクハラ事件との比較

フェミニストの趙思楽さん(2014年に、セックスワーカーを裁判なしで拘留できる「収容教育制度」についての情報公開申請を、裁判という手段を含めておこなったことで有名な女性)は、今回の曹小強によるセクハラ事件について、「事件の勃発から基本的解決まで1週間もかからなかった。その過程では被害者を責める言論もあった(8)とはいえ、去年の『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件と比べて、その結果も、速度もずっと良かった」と評価した。

「『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件」とは、以下のような事件である。

2015年3~4月、フェミニスト活動家5女性が刑事拘留される事件が起きたが、その際、彼女たちについた王秋実弁護士が、職権を利用して、当事者の家族や仲間に対してセクハラをおこなったことが明るみに出た。5人の拘留中は、捕まっている人の救援に悪い影響があることを怖れて被害者や支援者も黙っていたが、フェミニストで5人の支援者の一人である猪西西さんが公開書簡を出して、王弁護士に対して、公に声明を出して謝罪し、二度とそうしたことをしないことを表明するよう求めた。

ところが、多くの人は、それに対して、「なぜこの公開書簡を出す必要があったのか」、「この書簡が王秋実に対してどんな影響を与えるのか心配だ」などと言った。

こうした状況に対して、やはりフェミニストで5人の支援者の肖美腻(肖美麗)さんは、「私は性暴力に反対する活動をしているので、被害者を責めるロジックはよく知っている」が、「ほんとうにフェミニズムの話題が私たち自身に起きたときの、多くの友人の行為には、失望したし、辛かったし、傷ついた。」「もし私たちがセクハラを受けても声をあげることさえしなければ、その反セクハラ運動の意義はどこにあるのか?」と訴えた。

4月23日、王弁護士は声明を出して謝罪し、二度とこうした事件を起こさないと述べた。

しかし、猪西西さんや肖美腻さんは、この声明は、セクハラを「冗談」だと言って、自分の職権を利用したことも反省していないので、「お詫びではなく、弁解だ」と批判した。さらに、彼は、別の場では、批判について「意に介していない」、「どうしようもない」と言っているのに、彼が所属する北京紀安徳(紀安徳=ジェンダー)相談センター(LGBT団体)は、彼を「給与停止と反省」ですませたことも批判した(本ブログの記事「フェミニスト活動家5女性の釈放とその後の困難、闘い、弁護士によるセクハラ」参照)。

しかし、猪西西さんや肖美腻さんの訴えは、受け入れられることなく現在に至っている。

趙さんは、「『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件は、集団のセクハラに対する容認度が低く、声を上げる自覚が強かったからこそ、明るみに出た。実際は、民間グループでのセクハラと性差別という現象はよくあることなのに、大部分はうやむやになっており、公になることさえ少ない。このたびの曹小強のセクハラ事件をこのような結末にすることができたことは、現在のところ最も良いセクハラの解決の事例だと言いうる」と述べた。

趙さんは、今回の事件が良い結果になった原因には、客観的な要素もあるし、処理のプロセスが妥当だったためでもあると言う。

趙さんは、「客観的な要素」としては、以下の2点を挙げている。

(1)この事件が基本的には公益教育領域の内部で発生しており、異なる集団の相互関係という要素はなかったこと。王秋実のセクハラ事件は、フェミニストグループと人権派弁護士グループとの両者が関係していて、事件が最初からグループ間のある程度の不信と衝突を引き起こした。

(2)曹小強は公益教育領域の中で「一定のキャリアのある先輩」にすぎず、「業界内の有力者」ではなかったこと。しかし、問題が、リソースを掌握していたり、ジャンルを象徴する名誉ある人物に向けられたら、どのような結果になるだろうか? この点は検証する必要がある。

趙さんは、「処理のプロセス」という要因に関しては、以下の2点を挙げている。

(1)もっとも力になったのは、被害者が共同で声を挙げて、権利を守ったことである。それによって相互のサポートと保護ができたし、問題の重大さが体現でき、訴えの力が倍増した。

(2)当事者の友人や曹小強と関係がある機構が、事件の勃発から、隠しだてをするのではなく、援助を求めることを選択し、彼女たちが相談したジェンダーと法律の専門家、NGO内部のセクハラ問題を処理した経験のある公益人(9)が、問題を解決する上で不幸を生じさせなかった。

趙さんは、「全体として言えば、民間のセクハラ問題については、以前は沈黙が守られていた。『フェミニスト事件』弁護士セクハラ事件で沈黙は破られたが、権利を守るのは難しかった。しかし、『曹小強事件』では、是非の上では基本的に解決した。比較的早く欧米のNGOの活動規範と倫理に接触した公益領域で真っ先に前進があったのは、女性の権利団体の過去20年間における研究や意識の養成と不可分である」と述べた(10)

趙さんの分析に付け加えれば、王秋実弁護士の事件の場合は、今回よりも、運動がより体制批判的で、権力からより強く弾圧されている中での事件だったために、加害者への追及がやりにくかったという背景もあるように思う。

日本においても、「労働運動でもその他の社会運動でも、野宿の問題でも、もうセクハラだらけモラハラだらけ」(11)と言われるような現状がある。また、最近の東京都知事選の野党共同候補のセクハラ疑惑についての発言の中にも、性暴力を軽視した見地からのものが少なくなかったことが指摘されている。

そうした意味では、社会運動内部のセクハラは、日本も中国も取り組みはまだ端緒的だし、それだけに、お互いに参考にしうる経験があるだろうし、ともにそうした経験を積み重ねていくことが求められていると思う。

(1)@兔子走丢了「 1980青年学社暑期游学招募(京津部)(报名截至5.20) 」NGOCN(公益服务网)5月12日 12:15、@兔子走丢了「1980青年学社暑期游学招募(广州部)(报名截至5.31)」NGOCN(公益服务网)5月12日12:04。
(2)曹小强?懒叔?青年才俊?性骚扰女同学你还要不要脸」青年思潮2016年6月4日。
(3)8名曹小强性骚扰事件当事人联合声明」女权之声的博客2016年6月7日 18:47、「8名曹小强性骚扰事件当事人联合声明」女权之声的微博 2016年6月7日 18:47。
(4)同上。
(5)1980青年学社声明」微头条2016年7月16日 05:54。
(6)以上は、@豆沙边「独家:曹小强回应性骚扰事件」NGOCN(公益服务网)2016年6月8日 18:14:55より。
(7)以上は、「公益圈性骚扰丑闻8名受害人联合声明:性骚扰概念急需普及」新媒体女性的微博2016年6月9日 21:13:12。
(8)この点は、上の被害者8名の応答の中でも触れられている点だが、公開された微信のやり取りを見て、「被害者があまりきっぱり拒絶していない」と責める人などがいたようだ。それに対しては、加害者と被害者の地位や権力の違いを見落としている、などの批判がなされている(「问句“约吗”有多难? | 公益界性骚扰丑闻男方公开道歉」新媒体女性2016年6月8日 18:04:28)。
(9)1980青年学社の夏季遊学の指導者の中に、趙思楽さんが「フェミニスト活動家、コラムニスト」という肩書きで名を連ねている。また、黄葉韻子(黄葉)さんも、「大学読書サロン黄油詩社の一人、フェミニスト行動派」という肩書きで名を連ねている(@兔子走丢了「1980青年学社暑期游学招募(广州部)(报名截至5.31)」NGOCN(公益服务网)5月12日12:04)。黄葉韻子(黄葉)さんは、2015年に、うつ病の治療方法にもジェンダーバイアスがあることや、女性には外出やスポーツが奨励されない状況を批判するために、北京から広州までの徒歩旅行を試みたことで有名である(本ブログの記事「林鯨らの『性暴力反対・海南島一周自転車ツアー』と黄葉らの『直男癌に抗する、うつ病女性のフェミニズムウォーク』(北京~広州)」参照)。彼女たちが力になったのかもしれない。
(10)以上は、赵思乐「思乐女谈 -性骚扰的民间解决方案」東網2016年6月11日。
(11)[共同討議] 山下耕平、馬野骨介、高橋淳敏、野崎泰伸、上間愛、生田武志、栗田隆子「『自立』そして『支援』とは何か―反貧困運動と自立支援をかえりみる」(『フリーターズフリー』第3号)の馬野骨介の発言より(16頁)。

広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対ポスターを掲示する試みなど――2016年の女性たちの公共交通での痴漢反対運動

目次
はじめに――2012年~2015年の痴漢防止措置の要求運動
一 人民代表大会と政治協商会議の議員への痴漢防止措置要請
二 広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対広告を出す運動
 1.地下鉄が措置を取らないので、自分たちでクラウドファンディング
 2.広州市交通管理委員会への申し入れ
 3.フェミニスト行動派の役割と彼女たちの微博の一時封鎖
おわりに――日本の痴漢撲滅ポスター、公共広告のあり方など

はじめに――2012年~2015年の痴漢防止措置の要求運動

広州市では、地下鉄での痴漢の問題について、2012年9月、若い女性が広州地下鉄に痴漢防止措置を求める署名を利用者から集める運動をしたり、柯倩婷さん(中山大学中文系副教授)が広州市交通管理委員会と広州地下鉄総公司に対して、痴漢防止措置について情報公開申請や建議をおこなったりした(本ブログの記事「各地の弁護士・市民が地下鉄会社に対して痴漢防止策の建議・署名運動」参照)。

また、2014年11月には、中山大学の女子学生の万欽(万青)さんと市民の于磊さんが、広州市交通管理委員会に行って、「公共交通でのセクシュアル・ハラスメントの防止についての建議の手紙」を手渡した(これは、前年の柯倩婷さんの建議の内容とほぼ同じだとのことだ)。12月には、万欽さんと于磊さんを含む5人が、広州市の交通管理委員会、地下鉄総公司、旅客輸送管理処、公安局(地下鉄分局・公共交通分局)と会談し、職員の研修などの点で前向きの回答を得た。その中で、万欽(万青)さんらの「痴漢防止の宣伝を強化する」という提案については、市の交通管理委員会と市の旅客輸送管理処の代表が、「もし婦女連合会が宣伝活動を主導して、ポスターや標語、ビデオ広告などの宣伝材料も提供してくれるなら、宣伝スペースを提供したい」と述べた。

同年の年末には、「フェミニスト行動派 (行動派フェミニスト、女権行動派)」の微博(中国版ツイッター)が、バスや地下鉄のセクハラ反対運動をするためのボランティアを募集し、来年、広州や杭州、北京などで活動をおこなうと述べた(以上は、本ブログの記事「広州で若い女性たちが公共交通の痴漢対策について交通管理委員会、地下鉄公司、警察、婦女連合会などと会談――各地で『赤ずきん』姿で痴漢・セクハラ反対活動」参照)。

毎年2~3月、中国では各地および全国の人民代表大会や政治協商会議が開催される。中国のフェミニストたちは、この2つの会(両会)の代表や委員(日本で言う議員)たちに向けて、女性のための政策を提案してもらうよう働きかけをおこなう。

2015年1月、万欽さんたちは、広州市の人民代表大会の代表に、彼女たちが書いた「公共交通のセクハラ防止メカニズムを構築する建議」を審議するように求めて、119通の書留と140通の電子メールを送った(1)

その結果、多くの代表が彼女たちに回答を寄こして建議に関心を示し、その半数近い人が、大会に提案か建議を出すことを考えたいと述べた(2)

ところが、フェミニスト活動家5女性が、国際女性デー前日(3月7日)にバスの中でステッカーを配布するなどの痴漢反対アクションを計画していたところ、3月6日~7日に、警察に拘束される事件が起きた。

彼女たちは4月に釈放されたが、その後、こうした若い行動派フェミニスト(フェミニスト行動派)の活動は非常に困難になった。

一 人民代表大会と政治協商会議の議員への要請

しかし、2016年も、全国のフェミニストが、人民代表大会の代表や政治協商会議の委員に公共交通の痴漢対策についての議案を提出するよう要請する手紙を送った。

すなわち、2月2日、全国8の省・市のフェミニストらが、10あまりの省の郵便局から合計一千通余りの公共交通の痴漢防止システムを作る提案を提出してもらうよう建議の手紙を出した(3)

広州、淄博、重慶など8地の十人余りがこの活動に参加した。その中の一人の張累累さん(仮名)がこの活動に参加したのは、「メディアで女性が痴漢にあったという報道がしょっちゅうあります。また、自分がバスや地下鉄に乗ったときの経験からも、公共空間にはこういう多くのまだ明るみに出ていない危険が存在しており、女性にきわめて大きな不安を与えています。しかし、有効な救済システムはないので、痴漢にあっている女性はいつも助けがない状況に置かれています」という理由からだった(4)

この手紙の中で、彼女たちは、以下のような建議をおこなった。

1. 交通部門は、公共交通関連部門にセクハラ防止工作制度を制定するよう督促すること。この制度は以下の点を含む。防止の原則、訴えへの対応、職責の分担、処置のプロセス、監督・審査など。また、この制度を、下級の会社の従業員の研修と審査に組み込むこと。

2. 交通部門は、公共交通関連部門に従業員のセクハラ防止研修をおこなうよう督促すること。研修の中では、次のことをおこなう。・会社にはセクハラを防止する法定の義務があり、従業員は会社を代表してこの義務を履行することが自分の仕事の責任であることを知らせる。・セクハラに関する認識の誤りを正す(「露出が多いとセクハラが増える」など、研究や証拠によって誤りが証明させているいわゆる「常識」を正すことを含む)。・従業員のセクハラ防止業務の分担とプロセスを明確にする。・セクハラ事件に応対する具体的な方法を訓練する。

3. 公共の場所、公共交通の乗り物に、セクハラの訴えの方法を設置・公表する。たとえば、ホットラインを設置し、処理の責任者を公表して、それをバス・地下鉄の目立つ場所に貼る。

4. 簡単に証拠をつかむ手段を設置する。現在、わが国の大多数の公共の場所と公共交通の乗り物には監視カメラがあり、痴漢が発生したら重要な証拠を提供できる。被害者が録画を調べる必要があるときには、責任者が簡単に証拠をつかむ手段を提供すること。

5.セクハラ防止の宣伝を強める。バス・地下鉄の中に不法分子を震え上がらせるスローガンを貼ると同時に、市民に主体的に制止あるいは通報することを呼びかける、たとえば、「セクハラは違法行為です、制止と通報にご協力ください」などと。

6.セクハラの「首問責任制 (最初に対応した職員が最後まで責任を持って対応すること)」を実行する。職員はセクハラの訴えを受けたら、直ちに制止して、加害者を取り押さえ、証拠を固め、すぐに警察に通報して、被害者にその他の必要な援助を提供しなければならない。

7.微博(中国版ツイッター)のセクハラ防止の窓口としての機能を強化する。微博でセクハラ防止の訴えの方法を公表し、積極的に回答をし、微博上でのセクハラの訴えを処理する。被害者を責めたり、乗客の私的言論を暴露したりすることを杜絶し、公衆の監督を誠実に受け入れる。

8.先進国・地域の公共の場の痴漢防止に関する合理的なシステムを参照する。

9.公安部門と交通部門が協力して、公共運輸関連部門に痴漢防止措置の整備を急がせること。(5)

以上の建議は、2014年11月の万欽(万青)さんと于磊さんの広州市の交通部門に対する建議と内容はほぼ同じである。ただし、緑色の箇所が変更ないし付加されている。この点は、一つには、2014年11月の建議は広州市の交通部門に対するものであったのに対して、今回は、国の交通部門に対するものだったからであろう。また、「4」の点は、中国におる監視カメラの普及と関係があるのかもしれない。

張累累さんは、「もうすぐ春節です。人民代表大会の代表が手紙を受け取ったら、返事やフィードバックをしていただくとともに、女性の権益のために的確な行動をして、女性が安全な空間の中で生活できるようにしてほしいと思います」と述べた(6)

これに対して代表たちがどのように反応したかについての報道は見当たらない。実際に回答がなかったのか、回答があっても報道されなかったのかは不明だが、この点は、前年のフェミニスト5女性の刑事拘留以降の運動に対する抑圧の強化と関係しているのかもしれない。もっとも、馮躍さんという男性の代表が、この年、全国人民代表大会で公共交通の痴漢問題で立法の提案をしているが、これは法律上の責任や賠償の問題で改善を図る提案であり(7)、彼女たちの建議とは少し異なるもののようだ。

二 広州地下鉄にクラウドファンディングによって痴漢反対広告を出す運動

1.地下鉄が措置を取らないので、自分たちでクラウドファンディング

2016年の3~4月には、「F女権小組」が、広州の地下鉄で公共空間でのセクハラ(痴漢)に反対する公益広告を出すためのクラウドファンディングをおこなった。「F女権小組」とは、広州で《陰道之道》(ヴァギナ・モノローグスの中国語版)の上演活動などをしてきたグループである。

F女権小組がこのクラウドファンディングをしたのは、「国内のフェミニストの仲間が公共空間のセクシュアル・ハラスメントに反対するために政策提言活動をたくさんしているにもかかわらず、関係部門は何の行動しない」という状況に対して、「それなら、自分で広告スペースを買って地下鉄の状況を少しでも変えたほうがよい」と考えたからだ。

以前から中国のフェミニストも指摘しているように、外国には痴漢を制止するための公共広告がたくさん出されている(8)

彼女たちは、まず3月8日―3月15日の期間に、広告のスローガンを募集した(9)

彼女たちは、広州地下鉄の乗降客の多い「S級」・「A++級」と呼ばれている駅に3.5m×1.5mの横長の広告を出そうと計画し、そのために4万元集めることを目標にクラウドファンディングをおこなった(10)

F女権小組は、資金集めのためのパーティーも4月24日におこなうと発表している。その呼びかけ文やポスターは、「みだら (騒)」という言葉を前面に打ち出している。これは2012年に上海地下鉄の痴漢反対パフォーマンスアートで唱えられた「私はみだらでもいいが、あなたのセクハラは許さない」というスローガンとも関係があろう。このパーティーでは、バニーガールや民謡歌手が出演したり、仮装高潮大会をするなど、いろいろ企画が立てられたようだ(11)

彼女たちは、4月27日までに、1100人余りの人から3.8万元あまりを集めることができた。また、デザイナーは無償で広告のデザインをしてくれた。資金を出してくれた多くの人は収入のない大学生であり、数元、数十元を寄付してくれた(12)

2.広州市交通管理委員会への申し入れ

彼女たちは、上述のように2014年12月に、市の交通管理委員会(市交委)が「もし婦連が私たちに痴漢に反対するスローガンとポスターを提供するなら、私たちは宣伝の方法とスペースを提供してもいい」と述べたことを思い出した。宣伝に参加した高原さん(仮名)は、「私たちにはもうデザインのプランがあるのだから、市交委に行って、本当に私たちにスペースを提供するのか尋ねたほうがいい」と述べた。

4月28日、3人の青年が広州市交通管理委員会陳情事務局に行って、広州の公共交通でセクハラ反対の宣伝をするよう要求し、公共交通の中にセクハラ防止システムを作ること、ジェンダー平等意識を有する公益広告を出すよう申し入れた(13)

彼女たちは、「誘惑は言い訳にならない。痴漢をやめろ」というスローガンの入ったポスターのパネルを持って行った。そのポスターでは、痴漢の手を女性の手がつかみ、周りの者たちが「やめろ!」「やめろ!」「やめろ!」と声をかけている(写真はこの記事の一番上→「广州公共交通工具应加强反性骚扰宣传」)(14)

市交委の陳情事務局の人は、このことを指導部に知らせた。市交委は1時間議論し(彼女たちは、その間待って)、建議の手紙を受け取ったものの、明確な回答をせず、15日以内に受理するか否かを考え、60日以内に処理した結果を考えると述べるにとどまった。

張累累さんはクラウドファンディングもおこなってきたのだが、彼女は、「私や私の身近な友人を含めた多くの女子学生は、みな痴漢にあったことがありますが、有効なサポートをいつも得られていません。これが、私たちが何とかして現状を変えたい理由です」と述べた(15)

張累累さんによると、セクハラ反対運動をする仲間は2~30人いて、その大部分は大学を卒業後あまりたっていない1990年代以後の生まれで、少なくない人が自分自身か周りの友人が痴漢に遭ったことがあるという。張累累さんは1993年生まれで、去年武漢大学の出版専攻を卒業して、今は広州で生活している(16)

残念ながら、彼女たちが申し入れをした後、進展があったという情報は見当たらない。

たしかに2014年に広州市交通管理委員会は宣伝スペースを提供したいと述べた。しかし、それは官制の女性団体である婦女連合会がポスターなどを提供することが前提だった。純粋の民間グループがポスターを作成しても、掲示はできないということなのだろうか?

3.フェミニスト行動派の役割と彼女たちの微博の一時封鎖

このクラウドファンディングと広州市交通管理委員会への申し入れに関しては、「フェミニスト行動派(女権行動派)」の微博アカウントとヴァギナ・モノローグスの中国語版の上映運動をおこなった「F女権小組」が中心的な役割を果たしている。ここから見て、行動派が中心になって行った活動だと考えられる。

ところが、上の運動をすすめている最中の3月末、フェミニスト行動派(女権行動派)の新浪微博のアカウント「女権行動派更好吃(女权行动派更好吃、女権行動派はますますおいしい)」が抹消された。新浪微博のユーザーサービスセンターは、その理由について、「有害情報の発信などの規約違反をしているから」だと述べた。行動派の女性が運営してきた「AntiPETD女権博士組織」のアカウントもログインできなくなった。

張累累さんは、「この微博は、フェミニズム活動とフェミニズムの文章以外の情報は発信してないのに、不当だ」と思った。張累累さんたちの分析によると、その原因は、最近、「広州地下鉄の反セクハラ広告のクラウドファンディング」をしたことかもしれないと言う(17)。この活動は、現在のところ、広告費のクラウドファンディング以外の行動はしていないのだが、彼女たちの一人の友人は、この活動のために、警察が家に来たという(18)

やむなく張累累さんは、「女権行動派吃不完(女权行动派吃不完、女権行動派は食べきれない)」(これは、女権行動派抓不完[女権行動派は捕まえきれない]のもじりで、弾圧に屈しないという意味が隠されている)という新しいアカウントを登録しようとした。だが、「このニックネームは登録できない」という表示が出た。張累累さんは、さまざまな似たような名称を試したが、「女権」という二字が入っていると登録できない。「人権」の二文字が入っていても登録できるのに、「女権」ではだめなのだ。張累累さんは、やむなく「権(权)」の文字を「木」と「又」の2つに分けて、「女木又行動派吃不完」という微博を登録した(19)

この事件は、日本の『朝日新聞』でも取り上げられた(20)

趙思楽さんは「『女権』が禁句(敏感詞、政治的にデリケートな言葉)になった」と述べた。趙さんぱ、中国の公式の場では、「婦女」が最も使われ、「男女平等」がそれに次ぎ、「女性の権益」「女性の権利」はあまり使われず、「女権」や「ジェンダー平等」はほとんど使われないことなどについて分析している(21)。ただし、4月13日には、「女権行動派吃不完」アカウントの登録に成功し、現在も発信を続けているので、「女権」の語が登録できないということ自体は一時的な現象だったようだ。

また、地下鉄に広告を出すためのクラウドファンディングに関しても、反逼婚広告を出すためのクラウドファンディングは、表現こそ穏健にされたものの、弾圧はされていない(「家族などからの結婚圧力(逼婚)を批判する若い女性たちの運動――2014年~2016年」参照)。

とすると、この微博に対する弾圧は、当時おこなわれた広州地下鉄に痴漢反対広告を出す運動が、微博アカウント「女権行動派」が前面に出た行動であり、前年に刑事拘留の口実にもされた公共交通での痴漢反対運動だったことと関係がありそうな気がする。

おわりに――日本での痴漢撲滅ポスター、公共広告のあり方など

日本では、警察などによって痴漢撲滅を呼びかけるポスターが鉄道に貼られている。しかし、「『痴漢撲滅系ポスター』調査プロジェクト」(ツイッター)は、それらにはさまざまな問題点があることを指摘している(具体例の分析)。

それらに比べて、F女権小組が作成したものは、効果のほどは不明だが、被害者非難を含まないのはもちろん、強姦神話も批判しており、口調やデザインからは、真剣に痴漢をなくそう意図がストレートに伝わっているように見える。

日本でも民間の女性団体・人権団体がこうした広告を出す試みがあってもいいように思える。ただし、日本では公共広告と言えば、ACジャパンなどが出すものであり、民間団体が出すものではないと思われている。この点がネックになるのだろうか? だとしたら、それでいいのだろうか?

「意見広告」として出す方法はあるかもしれない。しかし、公共交通機関は、意見広告を掲載することをあまり認めていないように思う。それ自身正当かどうか疑問だし、痴漢反対の広告は政治的な意見広告と同一に扱うべきではないとも思う。日本では、前回取り上げた「逼婚(父母などからの結婚催促・強要)」に反対するポスターを公共交通機関に掲示することも難しいのではないか。

もう少し調べてみる必要があるが、こんな疑問が出てくる。

といっても、日本ではすでに曲がりなりにも公的機関に痴漢撲滅ポスターを作らせる段階にいっており、実際、欧米では日本よりきちんとした痴漢反対のポスターなどもあるのだから、いま日本で最も大切なのは、痴漢取り締まりをしている警察などに正確な認識を持ってもらい、効果的なポスターなどを作らせることだ、とは言えるのだろうが‥‥。

(1)女乘客游说人大代表建立公共交通性骚扰防治机制」2015年1月16日 13:15:42 (来源:女权行动派很好吃微信公众账号)。
(2)防治公共交通性骚扰 从立法做起 数名人大代表阳光回复女乘客公共交通性骚扰建议信」女权行动派很好吃的微博2015年1月29日 16:32
(3)女权行动派很好吃「反对公交性骚扰,TA们给一千多名人大代表寄了信」女权之声的微博2016年2月4日 14:12
(4)八地青年致信千余名人大代表:我们要公交防治性骚扰机制」就业性别歧视监察大队 2016-02-03 20:05:30。
(5)女权行动派很好吃「反对公交性骚扰,TA们给一千多名人大代表寄了信」女权之声的微博2016年2月4日 14:12
(6)八地青年致信千余名人大代表:我们要公交防治性骚扰机制」就业性别歧视监察大队 2016-02-03 20:05:30。
(7)全国人大代表建议完善公共交通性骚扰立法」南方网2016年3月30日 20:22:43(来源:重庆时报)。
(8) 以上は、F女权小组「广州地铁反性骚扰广告众筹」女权之声的微博2016年3月16日 11:42。
(9)女权行动派很好吃的微博3月10日 20:38
(10)广州地铁反性骚扰广告众筹
(11)F女权小组「【广州反性骚扰愁款趴】4月24日晚体育西路, 购票即送醉熊!」2016年4月24日。
(12)广州公共交通工具应加强反性骚扰宣传」新快网2016年4月29日。
(13)女权行动派吃不完「90后青年约谈广州市交委,要求公交反性骚扰宣传」女权之声的微博4月28日 15:07
http://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309403969253463207504→(ほぼ同じだがタイトルなど変更) @小田切菜「90后女生约谈广州市交委,要求公交反性骚扰宣传」2016年4月28日 15:13:22
(14)广州公共交通工具应加强反性骚扰宣传」新快网2016年4月29日。
(15)以上は、女权行动派吃不完「90后青年约谈广州市交委,要求公交反性骚扰宣传」女权之声的微博4月28日 15:07 http://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309403969253463207504→(ほぼ同じだがタイトルなど変更) @小田切菜「90后女生约谈广州市交委,要求公交反性骚扰宣传」2016年4月28日 15:13:22
(16)广州公共交通工具应加强反性骚扰宣传」新快网2016年4月29日。
(17)女权之声的微博【“女权”二字不能提,新浪微博这是要封杀女权?!】3月31日 12:17
(18)趙思樂「思樂女談:當「女權」成為敏感詞」東網2016年2月4日。
(19)女权之声的微博【“女权”二字不能提,新浪微博这是要封杀女权?!】3月31日 12:17
(20)(消される言葉 天安門事件から27年)デモ参加後、消えた戸籍」朝日新聞デジタル2016年6月2日。
(21)趙思樂「思樂女談:當「女權」成為敏感詞」東網2016年2月4日。

広州で若い女性たちが公共交通の痴漢対策について交通管理委員会、地下鉄公司、警察、婦女連合会などと会談――各地で「赤ずきん」姿で痴漢・セクハラ反対活動

<目次>
 はじめに
 一、2014年11月27日 若い女性2人が、広州市交通管理委員会にバス・地下鉄での痴漢防止についての建議を手渡す。同委員会の前でも「赤ずきん」の扮装でアピール
 二、12月5日 5人が、広州市の交通管理委員会、地下鉄総公司、旅客輸送管理処、公安局(地下鉄分局・公共交通分局)と会談、前向きの回答を得る
 三、12月5日に会談した四者に加えて広東省の婦連と婦女児童工作委員会にも六者会談への招待状を送る。12月23日、招待状を持って婦連を訪問し、痴漢対策について権益部長と会談、前向きの回答を得る
 四、12月31日 公共交通の痴漢反対の活動をするボランティアを正式に募り、2015年の運動開始へ
 五、2015年1月10‐12日 広州市の人民代表大会の代表に公共交通の痴漢対策を義務づける法規の制定を訴える手紙とメール
 六、他の地方でも、「赤ずきん」の扮装でセクハラ・性暴力反対の活動
 おわりに――今回の運動の特徴

はじめに

地下鉄の痴漢問題に関しては、2012年6月、上海地下鉄の公式微博(中国版ツイッター)が痴漢を女性の服装のせいにする発信をしたことに対して若い女性たちが抗議したことをきっかけに運動が起こり、同年9月には広州でも運動が起きました。その中では、若い女性たちが「私はみだら(ふしだら)でもいいが、痴漢はいけない」と訴えるパフォーマンスアートをしたり、地下鉄会社に痴漢対策を求める署名運動をしたりしました。また、弁護士や大学教授も、地下鉄会社などに痴漢対策を求める建議などを送りました(本ブログの記事「痴漢を女性の服装のせいにする上海地下鉄ブログに対する、ネット内外での女性たちの抗議のうねり」「各地の弁護士・市民が地下鉄会社に対して痴漢防止策の建議・署名運動」参照)。

この問題について、昨年12月から広州で、若い女性たちが交通管理委員会や地下鉄会社、公安局(警察署)、婦女連合会と会談をおこなうなど、新しい動きが起きています。

一、2014年11月27日 若い女性2人が、広州市交通管理委員会にバス・地下鉄での痴漢防止についての建議を手渡す。交通管理委員会の前でも「赤ずきん」の扮装でアピール

2014年の11月25日~12月10日の「国際女性に対する暴力防止16日期間」の最中の11月27日、中山大学の女子学生の万欽さん(@羊驼青)と市民の于磊さん(@我形象好气质佳)が、広州市交通管理委員会に行って、「バス、地下鉄でのセクシュアルハラスメントの防止についての提案の手紙」を手渡しました(「バス」の原文は「公共交通」ですが、地下鉄も公共交通に含まれるので、ここでは市内の公共交通として地下鉄と並ぶ重要な役割を果たしている「バス」と訳してみました)。2人は、女性の権利保護グループ(妇女权益保护小组)のメンバーだとも報じられています。

2人は、まず、広州市交通管理委員会の入口で、「赤ずきん(中国語では「小紅帽」)」の扮装をして、右手に「公共交通の会社さん、地下鉄さん、こんにちは。4割の河南の女性が痴漢にあっています。60%近い女性が恐怖やばつの悪さなどの理由で、沈黙を選択しています。痴漢行為の処理に対して不満を持つ者の39%は若い女性です」と書いたボードを持ち、左手には「女が助けを求めたとき、“関係部門”は何と言っているのか?」と書いたボードを持って自らの主張をアピールしました。赤ずきんの扮装をしたのは、色狼(中国で痴漢の意味)に襲われる存在であることを示すためでしょう。

万欽さんは、記者の取材に対して、「インターネットで少し探しただけでも、公共交通の車上でセクハラに遭った話はいくらでもあるのに、多くの場合は、うやむやになったり、禁じても止まらなかったり、です。助けを求めても、バスや地下鉄の職員はきちんと対応しないと被害者は言っています」と述べました。

2人が書いた「バス・地下鉄でのセクシュアルハラスメントの防止に関する建議の手紙」(1)は、広州市交通管理委員会と広州地下鉄道総公司に宛てたもので、多くの女子大学生が公共交通でセクハラに遭っていることや、「都市のバス電車旅客運輸管理規則(城市公共汽电车客运管理办法)」第28条には「乗客は安全で速い旅客運輸サービスを得る権利を有する」とあり、「安全」には、セクハラや性暴力を受けないことも重要であることを述べたうえで、以下の6カ条の建議を記していました。

1.セクハラ防止工作制度を制定する。この制度は以下の点を含む。防止の原則、訴えへの対応、職責の分担、処置のプロセス、監督・審査など。また、この制度を、下級の会社の従業員の研修と審査に組み込むこと。

2.従業員のセクハラ防止研修をおこなう。研修の中では、次のことをおこなう。・会社にはセクハラを防止する法定の義務があり、従業員は会社を代表してこの義務を履行することが自分の仕事の責任であることを知らせる。・セクハラに関する認識の誤りを正す(「露出が多いとセクハラが増える」など、研究や証拠によって誤りが証明させているいわゆる「常識」を正すことを含む)。・従業員のセクハラ防止業務の分担とプロセスを明確にする。・セクハラ事件に応対する具体的な方法を訓練する。

3.セクハラの訴えのルートを設置・公表する。たとえば、ホットラインを設置する、処理の責任者を公表する、バス・地下鉄の目立つ場所に貼る。

4.セクハラ防止の宣伝を強める。バス・地下鉄の中に不法分子を震え上がらせるスローガンを貼ると同時に、市民に主体的に制止あるいは通報することを呼びかける、たとえば、「セクハラは違法行為です、制止と通報にご協力ください」などと。

5.セクハラの「首問責任制 (最初に対応した職員が最後まで責任を持って対応すること)」を実行する。職員はセクハラの訴えを受けたら、直ちに制止して、加害者を取り押さえ、証拠を固め、すぐに警察に通報して、被害者にその他の必要な援助を提供しなければならない。

6.微博(中国版ツイッター)のセクハラ防止の窓口としての機能を強化する。微博でセクハラ防止の訴えの方法を公表し、積極的に回答をし、微博上でのセクハラの訴えを処理する。被害者を責めたり、乗客の私的言論を暴露したりすることを杜絶し、公衆の監督を誠実に受け入れる。

2人は、「実はこの建議書は、2年前にある大学の教授が手渡したものですけれども、今日までずっと何も改善されていません」と述べています。2人は元の建議書(2)を修正・改善して、自ら手渡すことを決めたとのことです。

事前にアポイントメントを取っていたわけではなかったので、広州市交通管理委員会ではしばらく待たされましたが、万欽さんらは、交通管理委員会の職員と会うことができました。その職員は、「正規の手続きにのっとって、広州市の交通管理委員会の陳情室に行って渡すべきだ」などと言いつつも、万欽さんらが手渡した建議の手紙を受け取り、旅客輸送管理処に渡して処理することを承諾し、「陳情条例の規定にもとづいて60日以内、早ければ次週にも回答する」と述べました(3)

二、12月5日 5人が、広州市の交通管理委員会、地下鉄総公司、旅客輸送管理処、公安局(地下鉄分局・公共交通分局)と会談、前向きの回答を得る

12月4日、広州市交通管理委員会(以下、「市交委」と略す)から、于磊さん(@我形象好气质佳)に電話がかかって来て、翌日、市交委や公安局(警察署)、地下鉄公司が面談することが伝えられました。

かくして12月5日、中山大学の女子学生の万欽さん、小鐘さんと市民の于磊さん、小鄢さん、小胡さんが、市交委の陳情応対所で、地下鉄やバスでのセクハラ問題について、市交委、広州市地下鉄総公司、広州市旅客輸送管理処、広州市公安局地下鉄分局、広州市公安局公共交通分局の職員と会談しました(4)

万欽さんらは、6カ条の建議の内容について説明しました。さらに、各部門がセクハラ防止の研修をやりやすいよう、広州在住のセクハラについての専門家や学者の名簿を、建議の手紙とともに、それぞれの部門に手渡しました。

当日の会談では、万欽さんらの建議について、すぐに同意が得られたわけではありません。公安局地下鉄分局の代表は、「セクハラ事件は自分から通報する人が少ないので、重視されていない」と言いました。それに対して、万欽さんらは、「通報する人が少ないのは、この問題についての宣伝が不十分だからだ」と述べました。また、広州市地下鉄総公司の代表は、「さまざまな人が旅客輸送業務に要求を出しているので、その一つ一つには応えられない」と述べました。それに対して、于磊さんは、1年の12カ月でそれぞれ別のテーマを宣伝する、たとえば毎年特定の時期にセクハラ防止の宣伝をするなら、宣伝しないのに比べれば進歩であると言いました。

良い反応もありました。会談の中で、市交委など、部門・公司の何人かの代表は、公共交通でのセクハラはたしかに関心を寄せるべき社会問題なので、それぞれの部門・公司で、セクハラ防止のために何ができるかを検査すると表明しました。

なかでも、万欽さんらがおこなった、セクハラ防止研修の提案に対しては、多くの部門から回答が得られました。市交委と市の公安局公共交通分局の代表は、おのおの、今後、セクハラ防止について、職員に対する講座などの形で研修をおこなうことができると表明しました。さらに、市交委の代表は、もし出席している他の政府部門がセクハラ防止研修を必要とするなら、市交委が手助け・仲介できると表明しました。市の旅客輸送管理処の代表も、もし研修をやるなら、広州市の各公共交通公司に強く推薦したいと表明しました。

セクハラ防止の宣伝を強化するという提案については、市交委と市の旅客輸送管理処の代表は、もし婦女連合会(以下、婦連と略す)が宣伝活動を主導して、ポスターや標語、ビデオ広告などの宣伝材料も提供してくれるなら、市交委と市の旅客輸送管理処は、宣伝に協力して、宣伝スペースを提供したいと述べました。これに対して、万欽さんらは、省や市の婦連と話をして、婦連に公共交通系統やその関係部門と協力してもらって、セクハラ防止の面でもっと多くのことができるようにしたいと表明しました(5)

三、12月5日に会談した四者に加えて広東省の婦連と婦女児童工作委員会にも六者会談への招待状を送る。12月23日、招待状を持って婦連を訪問し、痴漢対策について権益部長と会談、前向きの回答を得る

12月5日の話し合いで、もし婦連がセクハラ防止活動をするなら市交委なども協力する、という話が出たことから、12月23日、于磊さん(@我形象好气质佳)と小魏さんが、広東省の婦連の主席で、同省の婦女児童工作委員会(女性・児童政策の調整・推進機関。以下「婦児工委」と略す)の副主席でもある閻静萍さんへの会談への招待状を持って、広東省婦女連合会を訪れました。

その招待状は、婦連、婦児工委、市交委、広州地下鉄、公安局、および民間で公共交通のセクハラ防止に関心を持つ広州の女性たちという六者が公共交通のセクハラ問題に対して、それぞれ、するべきこと、できることを話し合う会談に閻静萍さんを招待するものでした。

この招待状は、その会談について以下のように述べています。

一、このたびの会談は、けっして「上訪(上級機関に陳情に行くこと)」や「信訪(=来信来訪の略。投書・陳情)」ではなく、民間と政府側の機構との最初の公共の対話です。ですから、私たちは、省婦連の主席であり、婦児工委の副主任としてのあなたや、関係する業務部門の責任者と顔を合わせて交流と検討がしたいのであって、業務を管轄する職能がない陳情事務局に応対してもらいたいのではありません。

二、このたびの会談には、婦連、婦児工委、市交委、広州地下鉄総公司、公安局と私たちという六者が参加するように、私たちはそれぞれに招待状を出しています。もし婦連・婦児工委がイニシアチブをとって、交通管理委員会などの部門に連絡をとってもらい、六者面談の時間の場所を決めてもらえるならば、私たちは非常に感謝いたします。そうしてもらえれば、私たち普通の女性も、婦連・婦児工委がセクハラ防止問題に注目していると感じるでしょう。

三、私たちは会談の中で、省婦連、婦児工委および市交通管理委員会などの多くの部門・公司と、以下の問題で交流ができることを期待しています。
 1.公共交通のセクハラ防止について、法律・法規は、各部門に対して明確な職責を規定しているか?
 2.省婦連、婦児工委などの部門は、現在すでにどのような措置をとって、セクハラ防止のメカニズムを構築しているのか?
 3.現在とっている措置及び宣伝は、有効で十分なものか? それとも、問題がいささか存在しているのか? (実際の事例)
 4.他の国家・地区の公共交通のセクハラ防止の経験は、広東省で実施することができるか?
 5.公共交通のセクハラ防止システムを制定し、関係人員に研修をし、宣伝をし、警告や注意をする掲示を貼り、責任を明確にするなどの面で、出席した五部門は、長期的な協力メカニズムを構築することができるか?


その次に、「四」として、面談の時間は、遅くとも2日前には私たちに知らせてほしいということ、「五」として、面談の場所は、プロジェクターが使えるような、ゆったりとした場所にしてほしいということ、「六」として、公共の対話として、メディアの傍聴や取材もできるようにしてほしいことなどが書かれています。

上で、「一、このたびの会談は、けっして『上訪(上級機関に陳情に行くこと)』や『信訪(=来信来訪の略。投書・陳情)』ではなく~」と述べているのは、市民と政府との関係についての彼女たちの理念を示していると言えますが、後の―(2)で述べるように、「陳情」では、なかなかラチがあかないこととも関係しているのだろうとも思います。

この申し入れに対して、省婦連からは権益部の楊世強部長が出てきて、于磊さんらに応対しました。楊部長は、于磊さんらの招待状と建議について肯定し、「もし5つの部門・公司と女性の乗客の代表がこの問題について交流できるなら、公共交通のセクハラ防止を推進する上できわめて大きな進歩になる」と述べました。さらに、市婦連に対して、市婦連が市交委・市地下鉄総公司、公安局などの部門を仲介・連絡をして、この問題の措置について座談をするように指示することも承諾しました。省婦連も座談会に参加するとともに、この問題の進展に関心を持ち続けたいとも表明しました。

ただし、楊部長は、セクハラ防止のための宣伝を公共交通や地下鉄などでおこなうことは、宣伝経費の面で実際には困難であるとも述べました。それに対して、于磊さんは、「現在、鄭州・香港などの都市では、すでに公共交通の車両に『痴漢にあったら、職員に助けを求めてください』などの警告や援助の標語が貼ってあって、これらの標語は、コストがかからない宣伝方法だけれども、すでにある程度、普通の乗客をサポートし、犯罪者に警告を発するという働きができている。また、市交委はすでに12月5日の会談の中で、宣伝スペースを提供したいと言った」と述べました。

于磊さんと小魏さんは、婦連・婦児工委に招待状を手渡しただけでなく、上の招待状の文中にもあるように、市交委、市の地下鉄総公司、市の公安局の3部門にも郵送しました(6)

12月31日、公安局から電話があり、公安局が招待状を地下鉄分局に送ったところ、地下鉄分局は六者会談に参加したいと言ったと伝えてきました(7)

四、12月31日 公共交通の痴漢反対の活動をするボランティアを正式に募り、2015年の運動を開始

12月31日、「行動派フェミニスト(女権行動派)」の微博は、バスや地下鉄のセクハラを防止するための「小紅帽(赤ずきん)」ならぬ「大紅帽(大きな赤ずきん)」のボランティアを募集しました。「大紅帽」というのは、台湾のテレビドラマ「大紅帽與小野狼」(大きな赤ずきんと小さな狼。日本名「逆転! 赤ずきん」)という、SPという職業で背も高く強いヒロインと、彼女を狙うちょっと弱い御曹司とのラブコメディから取ったもののようです。あえて「大紅帽」を名乗るということは、女性が単に弱くて守られる存在ではないということを意味しているのだと思います。

その募集の文は、以下のようなものです。

今年12月から、広州では、童話と同じ身なりをした「小紅帽(赤ずきん)」が市交委、公安部門、公交公司、地下鉄公司、婦連などの機構に招待状を送って、バスや地下鉄のセクハラ問題について共に話をするように求めてきました。ボランティアたちは、自らを「大紅帽(大きな赤ずきん)」と称しています。さまざまな部門がさまざまな態度で大紅帽(大きな赤ずきん)に回答していますが、これらの機構の態度をまとめるならば、「セクハラは問題だから、なくさなければならない」ということです!! それらの機構は、それぞれが、セクハラをなくしてジェンダーフレンドリーな乗車環境を作り上げるために努力しなければならないことに同意し、もう一度セクハラ防止の方法について話し合いをすることを計画しています。

あなたも、その中の1人の赤ずきんになりませんか?
私たちは、あなたも赤ずきんになることを期待しています!!

公共交通のセクハラ反対のボランティアの募集を正式に開始します。

・計画1:バス・地下鉄のセクハラの状況および解決するための措置の調査研究をしよう!!
・計画2:大紅帽(大きな赤ずきん)の建議を両会(人民代表大会と政治協商会議)の代表や委員に提出してもらうよう説得しよう!!
・計画3:交委、バス・地下鉄公司、婦連、公安に行こう!!
・計画4:おもしろいパフォーマンスアートをして、厳重なセクハラ防止システムを提起しよう!!

大紅帽のボランティアたちは、不定期に集会をおこない、演劇や弁論、飲食などさまざまなやり方で、自分や身近な公共交通のセクハラの話をして、みんなで創意や才能を生かして、各部門に提案をおこないます。

活動期間:2015年の1年間、不定期に、ボランティアは興味を持った活動を選んで参加します。

活動地点:広州や杭州、北京など。詳しくはメールボックスに申し込んで、尋ねてください(8)

2015年1月8日にバス・地下鉄セクハラアフタヌーンティー討論会をおこなうことも鄭楚然さんが告知しました(9)

五、2015年1月10‐12日 広州市の人民代表大会の代表に公共交通の痴漢対策を義務づける法規の制定を訴える手紙とメール

2015年1月10‐12日、万欽さんたちは、もうすぐ開催される広州市の人民代表大会の代表(日本で言う議員)に、「公共交通のセクハラ防止メカニズムを構築する建議」を審議するように求めて、119通の書留と140通の電子メールを送りました。彼女たちの建議の内容は、以下のようなもので、要するに、彼女たちがこれまで主張してきた痴漢防止の具体策を法律で規定することを求めるものだと言えます。

1.当地の法規に、公共交通のセクハラ防止工作の制度を入れる。各部門の職責を明確にし、防止の原則、訴えへの応対、職責の分担、処理のプロセス、監督審査などを明確にする。この制度を各部門の下級の公司の従業員の研修と審査に組み入れる。

2.立法によって、各部門、とくに公共交通管理運営部門の従業員の研修にセクハラ防止の内容を加えることを規定する。

3.立法によって、セクハラ防止の宣伝を強化することを規定する。バス、地下鉄などの公共交通施設の中に標語を貼り、セクハラ防止とその法律的根拠のビデオを定期的に放送して、音声による注意を増やして、不法分子を震撼させ、通報・訴えのシステムを作ることを規定する。

4.セクハラ処理の「首問責任制 (最初に対応した職員が最後まで責任を持って対応すること)」を実施すること。公共交通の施設運営部門の職員がセクハラの訴えを受けたら、ただちに制止し、セクハラした者を確保し、証拠を固め、すぐに警察に通報し、被害者のために必要な援助を提供する。

(10)

六、他の地方でも、「赤ずきん」をかぶってセクハラ・性暴力反対の活動

なお、「赤ずきん」が登場したのは、広州市だけではありません。

 (1) 9月10日 10大学の門前で女子大学生が「赤ずきん」の扮装でキャンパスセクハラ防止を訴える

すでに2014年の9月10日の「教師の日」に、10の大学(厦門大学・天津大学、東北師範大学・北京外国語大学・西北大学・武漢大学・西北師範大学など)の門前で、女子大学生たちが「赤ずきん」の扮装をして、キャンパスセクハラ防止を訴えたことがありました。彼女たちは、全国116カ所の「211プロジェクト大学(1995年に教育部が、21世紀に向けて重点的に投資すると決めた約100大学)」の校長に、彼女たちが起草した大学でのセクハラ防止規範を提案する手紙も送りました(11)

この時の「赤ずきん」は、右手に剣を、左手に盾を持ち、その盾には「自由と夜を女子学生に返せ」と書かれていました。なぜそのようにしたのかというと、この活動に参加した「小五」さんは、「伝統的な理解では、赤ずきんが狼に食べられたのは、彼女が警戒していなかったからだとされており、この物語は、家にいなければならず、どこにも行ってはならないことを教えているとされてきました。セクハラや性暴力の事件がおきるたびに、それは女子学生が警戒していなかったからだと言われてきました」、「私たちが赤ずきんの扮装をして、手に剣と盾を持ったのは、私たちは、家にいてどこにも出かけない人になるつもりはない、と言いたいからです」と述べました(12)

上の説明は、2014年の年末に、「小紅帽」ではなく、「大紅帽」を名乗ってボランティア募集の呼びかけをしたことと相通じるものがあると思います。

 (2) 12月4日 北京の教育部に李麦子さんと肖美腻さんが陳情

12月4日には、李麦子さんと肖美腻(肖美麗)さん、王宇弁護士が、スクールセクシュアルハラスメントの問題の解決を求めて、教育部に行きました。その際、李麦子さんと肖美腻さんは、教育部の前で赤い頭巾をかぶった写真を撮影しています。

王宇弁護士が訴えたかったのは江西省瑞昌市の事件についてです。2013年、江西省瑞昌市で、小学校の教師が多くの女子児童に対して性暴力をおこなっていたことが発覚しました。この事件の犯人は投獄されましたが、保護者は、事件が起きた江源小学校とともに、瑞昌市政府と瑞昌市教育局を裁判所に訴えて、管理責任を問うとともに、今後の治療費と精神的損害賠償(慰謝料)を要求しました。ところが瑞昌市の蒋賢智副市長は、「もし私の子どもがそういう目にあったら、黙って治療を受けさせて、政府には一銭も要求しない」と述べるありさまでした(13)

彼女たちは、教育部に行こうとしたのですが、陳情事務局が教育部を代表していると言われて、陳情所に回されました。また、弁護士は入ることが許されず、担当者に、名前や職務を尋ねても答えてくれず、スクールセクシュアルハラスメントについての事件や対策について質問しても、まともな答えは返ってこず、具体的な議論はまったくできなかったようです(14)

 (3) 12月15日 北京で、石畳に水で字を書くパフォーマンスアートによって、家族内の性暴力は隠蔽される現状を批判

また、12月15日にも、北京の後海の銀錠橋のそばで、「赤ずきん」の扮装をした2人の若い女性(「女声網」には、「小猫」と「児玉」という仮名が書かれています)が「家族が円満ならば、何事もうまくいく」と書かれた大きな扁額を背中に背負って、石畳に水で字を書いていくパフォーマンスアートをしました。水で書いた字は、時間が経つにつれて消えていきます。2人は、このパフォーマンスアートによって、家族の中の子どもに対する性暴力が「家庭内の醜いことは外へは出してはいけない」といった観念によって隠蔽されている現状を批判したのです(15)

おわりに――今回の運動の特徴

先に述べたように、地下鉄の痴漢問題については、2012年にも運動がおこなわれましたが、今回の運動は、それと比べて、いくつかの点で新しい展開があると思います。

第一に、地下鉄だけでなく、バスなどを含めた公共交通全体を問題にしたことです。

第二に、2012年は、若い女性たちは主にパフォーマンスアートや署名運動をしており、地下鉄会社へ建議などを出したのは主に弁護士でした。今回は、2012年の建議を元にしているとはいえ、若い女性が中心になって建議を出しています。

第三に、今回は、行政機関(交通管理委員会、旅客輸送管理処、公安局)、地下鉄会社、婦女連合会と会談をおこない、しかも、それらの機関・企業や団体から、ある程度前向きの反応を得たことです。また、彼女たちは「陳情」ではなく、民間と政府側機構との「公共の対話」を主張しており、実際、12月5日の会談は、陳情所で行われたとはいえ、実質的には対話になっていると思います。

第四に、この件で、公にボランティアを募集したりしている点も新しいと思います。人民代表大会の代表への働きかけも、2015年の働きかけは、痴漢対策の要請としては、従来にない系統的なもののように思います(16)

また、「赤ずきん」について興味深いのは、彼女たちは、狼に襲われる存在としての「赤ずきん」の扮装をしていて、この点は一般にもわかりやすいのですが、それは必ずしも旧来の「赤ずきん」ではなく、旧来の男女像を逆転させた「大紅帽(大きな赤ずきん)」を称したり、剣や「自由と夜を女子学生に返せ」を書いた盾を持って、女性の権利をアピールしたりしていることです。

なお、2014年は、2013年に続いて、スクールセクシュアルハラスメントについても、さまざまな運動が繰り広げられた年でもありました。そのことについては、また別にまとめたいと思います。

(1)全文が羊驼青的微博2014年11月28日 11:41に掲載されています。
(2)2012年には、複数の弁護士や大学教員が地下鉄公司などに対して、痴漢対策に関する情報公開申請や建議を送りましたが、そのうち、8月に、10人の男性弁護士が上海申通地下鉄集団有限公司に出した建議を、本ブログの記事「各地の弁護士・市民が地下鉄会社に対して痴漢防止策の建議・署名運動」の「8月 10人の男性弁護士が上海地下鉄に痴漢防止策を建議」の箇所に書いています。この建議は、今回提出されたものとほとんど同じ内容の6項目です。ただ、今回の2人の発言には、「教授」とありますので、これは、同年9月、広州市の中山大学中文系副教授で、中山大学ジェンダー教育フォーラムの柯倩婷さんが、広州市交通管理委員会、広州地下鉄総公司に提出した情報公開申請にも同じような事項が書かれていたのかもれません。
 なお、上で「ほぼ同じ」と書きましたが、2012年のものは「地鉄」となっていた箇所が、今回は「公交、地鉄」となっていますので、バスなどを含めた公共交通全体を問題にするようになったという違いはあります。
(3)以上は、「妇女权益保护小组约谈广州市交委」南方快报2014年11月27日(来源:南方日报)、「中大女生化身 “小红帽” 吁请关注公交性骚扰交委 请设防堵截公交“大灰狼”!」『羊城晚报』2014年11月28日、「中大女生化身 小红帽求惩公交地铁“射狼”」『南方都市报』2014年11月28日。
(4)女权行动派很好吃的微博【进展:市交委再次来电】2014年12月5日 15:11
(5)以上は、女权之声的微博【广州女大学生“约谈”市交委,交委携公安局应约,共谈性骚扰防治机制】2014年12月6日 14:24
(6)我形象好气质佳的微博2014年12月23日 16:00、女权行动派很好吃的微博 2014年12月23日 17:32、女权行动派很好吃的微博「“反公交地铁性骚扰,约吗?” 女乘客约谈妇联妇儿工委 望积极推动公共交通性骚扰防治机制」微博文章2014年12月23日 17:30
(7)女权行动派很好吃的微博【小红帽作战公交咸猪手之公安回电】2014年12月31日 15:36
(8)以上は、女权行动派很好吃的微博2014年12月31日 21:56
(9)大兔纸啦啦啦的微博1月7日 11:15
(10)以上は、「女乘客游说人大代表建立公共交通性骚扰防治机制」2015年1月16日(来源:女权行动派很好吃微信公众账号)、「广州女乘客呼吁公共交通系统建性骚扰防范机制打击咸猪手」Radio Free Asia2015年1月16日。以下の建議の内容は、上記の「女乘客游说人大代表建立公共交通性骚扰防治机制」に書かれています。
(11)女权之声的微博【“小红帽”现身大学 十地女大学生要求校长反性骚扰】2014年9月10日 11:27 、「十地女大学生起草性骚扰防治规范 致信百所“211”高校校长呼吁禁止“师生恋”」法制日报——法制网2014年9月10日。
(12)Group Urges Action Against Sexual Harassment on University Campuses,The New York Times,September 10, 2014→「与中国校园性骚扰斗争的“小红帽”」2014年9月11日。
(13)女权行动派很好吃的微博【幼女遭受性侵害――小红帽在哭泣】2014年11月19日 17:09
(14)以上については、麦子家的微博【行动派+律师约谈教育部】2014年12月3日 16:02、肖美腻的微博2014年12月4日14:51
(15)小猫,儿玉「她们用清水写下受害者故事,呼吁重视家庭内性侵害」女声网2014年12月16日。
(16)ただし、すでに2013年の全人代にも、公共交通のセクハラ防止に関して、弁護士らや万欽さんらが提案した6項目とほほ同様の内容の提案を、全人代代表で阜陽師範学院外国語学院副院長の盧凌さんが提出していますので(「【直击两会】卢凌:公共交通系统建性骚扰防范机制打击咸猪手」今视网2013年3月15日)、昨年時点から人民代表大会の代表への働きかけ自体はおこなわれていた可能性もかなりあるように思います。

学校教師による性暴力と行動派フェミニスト――「強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな」

今年5月8日、海南省万寧市の小学校で、校長らによる女子児童への性暴力が明るみに出ました。同じ5月には、河南省桐柏県でも、小学校の教師が多数の女子児童に対して性暴力をおこなっていた事件が明らかになったほか(1)、安徽・山東・湖南・広東など、中国各地の小学校などで同様の問題が次々と明るみに出ました(2)

海南万寧の事件に対する女性運動の対応については、以前述べたことがありますが(本ブログの記事「海南万寧の女子小学生の性侵害事件と女性運動」)、今回は、昨年来さまざまな運動を続けてきた若い女子大学生たちと女性知識人たちの「フェミニスト行動派」(これまでの活動についての年表やブログのエントリは、「ジェンダー平等唱導・アクションネットワーク(中国)年表」)の、こうした問題に関する運動についてまとめてみました。

彼女たちの運動は、加害者を処罰するだけでなく、校内の性侵害防止システム構築(教師の研修など)、性教育の充実、被害者に対する心理的ケア・損害賠償、被害者に対する偏見・差別の是正、性暴力防止のための立法などを求めていることや、性被害防止のために女性の自由を奪う措置や女性の自由を奪われている現状にNoを言っていることに特徴があります。

その方法は、建議書、パフォマンスアート、署名などさまざまです。この運動には、NGOも重要な役割を果たしていますが、先頭に立って運動をしているのは若い女性だということは、いつものとおりです。

以下、できるだけ時系列順に見ていきたいと思います(「7」の「フェミニズムウォーク」は、学校での性暴力だけに焦点を当てたアクションではありませんが、このエントリに書いておきました)。

<目次>
 1.校内での性侵害防止システム構築を求めるNGOの意見書、女子大学生たちのパフォーマンスアート――広東省、武漢市
 2.性教育の必要性を訴えるパフォーマンスアート――河南省
 3.河南省桐柏県の事件について千人の母親から署名を集める運動(徹底的調査・処罰、子どもへの心理的ケア・損害賠償、性教育など)
 4.弁護士が女子児童の現状について報告――外出できない、学校に行けない
 5.被害者が学校に通えるための有効な措置などを求めるパフォーマンスアート――広東省
 6.女子学生寮の「閉鎖式管理」を打ち出した教育部・公安部に対して、「強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな」と訴えるパフォーマンスアート(石家荘市、鄭州市)と8省・市での情報公開申請
 7.肖美麗さんがフェミニズムウォーク(北京~広州)に出発――性侵害反対と女性の自由を主張

1.校内での性侵害防止システム構築を求めるNGOの意見書、女子大学生たちのパフォーマンスアート――広東省、武漢市

6月7日、広東省の25のNGOが共同で広東省の教育庁に、「全省の教育システムに校内の性侵害防止システムを構築することに関する広東省の女性・児童権益擁護団体の共同の建議書」を提出しました。

その建議書は、以下の4点を要求しています。
 1.教育管理部門は、学校・幼稚園(とくにその法人の代表)の校内の安全における責任および職責失当・不当の行為に対する懲戒と処罰を明確にすること。
 2.教育管理部門は、細則を制定して、各レベルの学校・幼稚園・託児所に未成年者人身安全防護教育と防止措置を責任を持って実施させること。
 3.教育管理部門は、学校のジェンダー平等教育の建設を推進すること。
 4.教育管理部門は、積極的に他の政府部門や社会団体と協力して、未成年者の性侵害の防止・探知メカニズムの建設を推進すること。

建議書では、以上の点を実現するために、短期(1年以内)・中期(1-3年)・長期(3-5年)の任務も提起しています。短期的任務としては、性侵害防止のためのカリキュラムの開発(身体の知識、人身の安全、暴力反対、ジェンダー平等など)、教職員に対する研修、「校内安全・未成年者保護委員会」の設置、学外の組織との協力、調査研究、未成年者保護のための電話相談開設などが挙げてあります。中期的任務としては、性侵害防止のための教材を作成して、子どもにそうした教育を受けさせることなどが挙げてあり、長期的任務としては、地方的法規の制定などが挙げてあります。

この建議書を提出した25団体の冒頭には、「中山大学ジェンダー教育フォーラム」と「広州越秀区思瑾文化研究センター」という、それぞれ、柯倩婷さん(中山大学副教授)、李思磐さん(ジャーナリスト)がリーダーをつとめる民間団体が書いてありますので、この意見書の提出には、フェミニスト行動派のこのお2人が大きな役割を果たしたのだと思います。といっても、その次からは、大学の女性(ジェンダー)研究センターや子ども関係の団体が名を連ねていますので、多くの人々の共同のたまものであることは間違いありません(3)

広東省教育庁の事務局の責任者は、この建議書を提出したNGOの代表に応対して、お互いに交流をしました。彼は、建議書の内容を賞賛し、関係部門の指導者にも送ったということです(4)

この建議書に刺激されて、武漢の女子大学生たちも行動を起こしました。

6月19日、武漢市武昌区の教育庁の前で、6人の女子大学生ら(猪西西さん、小棗さんら)が「怪傑ゾロ」の扮装をして、歌を歌い、校内での性侵害をなくすように訴えました(発起人は、鄭観尓さん)。彼女たちが歌ったのは、《上学歌》(小さな子どもが学校に行って勉強するのを励ます歌)の女の子バージョンとして自作した《小女孩上学歌》(5)です。この歌は、校長や教育部長に対して、責任を持って狼を追い出して、安心して学校に行けるようにしてくれ、といったことを訴えています。歌を歌っている女性たちの傍には、2人の人が、「女子児童が性侵害を受けた。教育部門には、逃れられない責任がある」「校内の性侵害を防止しよう」といったプラカードを掲げて立ちました。この女子大学生たちのアクションは、広東省の教育庁の積極的な回答に励まされて、武漢や湖北の教育庁も児童の性侵害に対して有効な行動をとってほしいと願ってのものでした(6)

歌を歌って要求するという、この方法は、昨年、「クレイジー・イングリッシュ」という英語学習法の創始者の李陽さんのDVに対して、クレイジー・イングリッシュ総本部(広州)に抗議をした際にも用いられました(このビデオ[初めに広告が出ます]の50秒ころから)。彼女たちは、このやり方を中国語で「投诉合唱团(訴える合唱団)」と呼んでいます。「投诉合唱团」は、英語では「Complaints Choir」と呼ばれているのですが、これはヘルシンキのテレルヴォ・カルレイネンとオリヴァー・コフタ=カルレイネンが始めた世界的なプロジェクトで(Complaints Choirs of the World)、日本でもおこなわれたことがありますが(7)、彼女たちの場合は、日本などとは違って、具体的な運動のために合唱をしている点が特徴だと思います。

2.性教育の必要性などを訴えるパフォーマンスアート――河南省

7月19日には、河南省の鄭州市にある、河南省教育庁の前で、数名の大学生が、学校の中での性教育の充実と性侵害の防止を訴えるパフォーマンスアートをしました。

このパフォーマンスアートの第一のシーンは、両目と両耳をふさがれた女の子(の役割を演じている大学生)が、空中を手探りしているというものです。その近くには、一人の女性が、「性教育」というタイトルの書物の模型を持って立っているのですが、女の子の手には届きません。女の子の後ろには、一人の男性が、「見ることを許さず、聞くことを許さず、話すことを許さない」というプラカードを持って立っています。

次のシーンでは、「性侵犯が来た」という紙を背中に貼った男性が、ある女性の手を引っ張っています。その女性の背中には「私はどうしたらいいの??」と書いた紙が貼ってあります。2人の左側には、「校内での性侵犯を防止しよう」と書かれたプラカードを持って立っている人がおり、右側には、「私たちには性教育が必要だ」と書かれたプラカードを持って立っている人がいます。

要するに、性教育が不十分であるために、性侵犯を受けてもどうしたらいいのかわからないという状況を批判しているわけです。

この活動の発起人の小羽さんは、教育部は、以下のようなことをすべきだと語りました。
 ・小中学校に性侵害を防止するための監督のメカニズムを作ること。
 ・学校に、性教育、とくに性侵犯防止教育を強化させることによって、教師や生徒、保護者の性侵害防止意識を高めること。
 ・学校の中の性侵害の被害者に対する差別に反対する宣伝をすること。(8)

3.河南省桐柏県の事件についての千人の母親から署名を集める運動(徹底的調査・処罰、子どもへの心理的ケア・損害賠償、性教育など)

7月31日、「フェミニスト行動派」の微博などが呼びかけて、河南省桐柏県の事件に関して、「子どもの権利に関心を持ち、桐柏の女児の性侵害事件に関心を持て――女の子がもう傷つき苦しまないための1000名の母親の連名の署名」という署名運動が開始されました。

その署名の具体的要求は、以下の5点です。
 1 警察はこの事件を徹底的に調査し、犯罪を処罰することによって、より多くの被害者の権益を保護すること。
 2 黄崗郷政府、桐柏県政府、桐柏県教育局は、心理学の専門家を招聘して、被害を受けた子どもに対して心理的なケアをし、また、そのためにかかる費用を支給すること。
 3 黄崗郷政府、桐柏県政府、桐柏県教育局の関係者の管理責任を追及し、被害を受けた児童に対して損害賠償をすること。
 4 南陽市桐柏県黄崗鎮斗称溝 希望小学校の教師を更迭し、良識ある、思想・人品・徳性が高尚な教師を招聘して、就任させること。
 5 政府が費用を出して、南陽市桐柏県黄崗鎮斗称溝 希望小学校の教師と生徒に、法律知識普及・性保護などの専門の講座を、期日を決めておこなうこと。(9)

署名はオンラインとオフラインの両方で集めましたが、署名サイト(关注儿童权利,关注桐柏性侵女童案——1000名妈妈联名签署,让女儿不再承受伤害之痛)を見ても、署名できるのは「母親」か「妊婦」に限られていますので、1000人から署名を集めるためには、ある程度の努力が必要だろうと思います。

しかし、彼女たちは1058名から署名を集めました。10月15日、保護者らが起こした民事訴訟について審理されたとき(10)、李麦子さんや小美さん[2人とも仮名]たちが南陽市中級人民法院前に駆けつけ、集まった署名を大きく広げて保護者たちに声援を送りました(11)。この日の審理では、小学校と黄崗郷政府、桐柏県政府、桐柏県教育局は、いずれも自らの賠償責任を否定しましたが……(12)

下が、彼女たちの裁判所前での行動についての報道のビデオです。
桐柏性侵案15日开庭 志愿者递交千名妈妈签名声援被害者(中国网河南频道)

4.弁護士が女子児童の現状について報告――外出できない、学校に行けない

海南省万寧市の事件については、6月20日、元小学校長に強姦の罪で13年6ヶ月の懲役などの判決が下り(13)、7月11日には、二審でもこの判決が確定しました。

しかし、その一か月後の8月11日、海南省万寧市の事件に関心を持ってきた北京の王宇弁護士(女性)らが、被害者に遭った女子生徒の保護者4人に会って、女子生徒と保護者のその後について尋ねたところ、以下のような状況が明らかになりました。

 ・ある女子生徒は、外に出て人に会うのが嫌で「一日中、家の中でぼーっとしている」。逆に、ある女子生徒は外で友だちと遊びたいのに、父母が心配して、それを止めている。
 ・彼女たちは卒業試験も終えて中学校にもうすぐ進学するはずなのに、校長にホテルに連れ込まれたことを同級生たちに口汚く言われたり、あざ笑われたりするのが怖くて、学校に行こうとしない。
 ・保護者たちは、万寧市の政府に、子どもたちを適当な中学に入学させてくれるように頼んだのに、ずっと返事がない。万寧市の政府の教育部門や婦女連合会は、女子生徒のその後の心理や勉強に関して、保護者と話をしたこともない。

王宇弁護士は、女児の進学のために集めた1万元を保護者に渡してきたのですが、彼女は、この事件について、「刑事事件としては一部の判決は確定したけれども、女の子たちは実質的な賠償はまったく得られていない。社会はもう彼女たちのことをもう忘れ始めているが、彼女たちの人生はこの事件によって大きく変わってしまうかもしれない」と語りました(14)

5.被害者が学校に通えるために有効な措置などを求めるパフォーマンスアート――広東省

上のような状況を受けて、授業開始の9月1日まであと10日に迫った8月21日、広州にある、広東省の教育庁の前で、数名の女子学生(小美さん[仮名]ら)が、「鑑湖女侠(=秋瑾[清末の女性革命家]の号)が教育庁の玄関前に姿を現した。性侵害を解決する6つの神剣を伝授する」と題するパフォーマンスアートをおこないました。

彼女たちは、鑑湖女侠の扮装をして、中国全体の地図を描いた大きなキャンバスを、自動車の側面に垂れさせる形で広げました。その地図には、各省ごとに、最近半年間にメディアが報じた性侵害事件の数が書き込んであります。たとえば、雲南省のところには「9件」と書いてあり、江蘇省のところには「8件」と書いてある、というふうにです。

そのキャンバスの上の方には、泣いている男の子と女の子の顔の絵が描いてあり、左側には、「今年9月、学校に行っていない」と書いてあり、右側には「入学するには、性侵害を防がなければならない」と書いてあります。つまり、このパフォーマンスアートは、性侵害の防止を訴えるとともに、被害者が学校に通えるように、教育部門に有効な措置を取ることを求めたものです。

キャンバスには、教育部が重視するべき措置として、以下の6点が書かかれていました。1.賠償、2.謝罪、3.立法、4.心理治療、5.プライバシーの保護、6.持続的教育(15)

6.女子学生寮の閉鎖式管理を打ち出した教育部・公安部に対して、「強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな」と訴えるパフォーマンスアート(石家荘市、鄭州市)と8省・市での情報公開申請

9月24日、今回の事態を受けて、教育部・公安部・共産主義青年団中央・全国婦連が「少年・児童の性被害防止工作を立派におこなうことに関する意見」(9月3日付)を出しました。

その「意見」には、「一」として「科学的な性侵犯予防教育をおこなう」とあるのですが、その中には、「学生、とくに女子学生に警戒心を高めさせ、外出時はできるだけ連れ立って出かけ、家を離れる時は、必ず父母に帰る時間や、誰と一緒であるかや、連絡方法などを言うように教育する」ということも書かれていました。

「四」として「女子学生寮を厳重に管理する」ともあります。この項目では、「各地の教育部門と寄宿生学校は、すべての女子学生寮に対して『閉鎖式』管理を実行しなければならない」として、「宿舎の管理者の許可なくして、あらゆる男性(教師と保護者を含む)は女子学生寮に入ってはならない」「学生の夜間の点呼活動をしっかりやり、理由なく寮に帰らない者を見つけたらすぐに報告しなければならない」などと書いてあります(16)

10月5日、この「意見」に対して、石家荘市の第十二中学の門前で、5人の若い女性(肖美麗さん、猪西西さんら)が、「強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな」と訴えるパフォーマンスアートをおこないました。

このパフォーマンスアートでは、1人の女子学生(猪西西さん)が、「夜間の点呼」「一人での外出は禁止(=斜線によって打ち消している)」「夜道を歩くことは禁止」と書いたラベルが貼ってある発泡スチロールの板で囲まれた狭い空間にしゃがんで、「強姦犯を閉じ込めろ! 私を閉じ込めるな!」と書いたプラカードを掲げました。他の4人の若い女性は、道行く生徒たちに、この件に関する宣伝資料を配りました。

肖美麗さんは、「データによると、強姦の過半数は、知人間で起きています。このことは、相対的に安全で閉鎖的な環境の中であっても、強姦の発生を避けることができないことを示しています。女子学生寮の閉鎖式管理は、女子学生の安全な空間をいっそう縮小するものであり、こうした『地面に円を描いて監獄にする』ようなやり方では、性侵犯の発生をきちんと抑制できないだけでなく、『性侵犯を防止するには、女子学生の接触と活動の範囲を制限しなければならない』という社会的な偏見を強化します。これは、女性の権利の保護に無益なだけでなく、むしろ女性解放のプロセスを後退させます。また、この措置は、身近に起きている幼女に対する性侵害を無視させる可能性もあります」と述べました(17)

10月14日には、鄭州市の河南省教育庁の玄関前で、数人の女子大学生が、同様の形式で、「性侵害を防ぐために女子学生の自由を制限してはならない」と訴えるパフォーマンスアートをおこない、性侵害を防止するには、被害者ではなく、強姦犯と外部環境の安全整備とに着目しなければならないと訴えました(18)

同じ10月14日には、8つの省・市(北京・湖北・浙江・四川・山東・河南・甘粛・広東)の女子大学生が、いっせいに、公安部と教育部と8つの省・市の公安庁と教育庁に、政府情報公開申請を提出して、「少年・児童の性被害防止工作を立派におこなうことに関する意見」の具体的な執行レベルについて質疑を出すとともに、公安部と教育部に対して、校内の性侵犯防止のために閉鎖式管理をする根拠を公開するよう要求しました(19)

7.肖美麗さんがフェミニズムウォーク(北京~広州)に出発――性侵害反対と女性の自由を主張

9月15日、肖美麗(肖美腻)さんは、北京から広州までを徒歩で行くフェミニズムウォークを開始しました(ブログ「美丽的女权徒步」、微博「美丽的女权徒步」)。このウォークの趣旨について、肖さんは以下のように述べています。

美麗のフェミニズムウォーク――性侵害に反対する、女子学生には自由が必要だ!

なぜウォークをしなればならないのか?

私は女子学生である。私は旅行が好きだ。

今年(2013年)、私は、「長期の徒歩旅行に行く」という狂気じみたことを思いついた。この素晴らしい考えによって、私はとても愉快になった。けれども、それを思いつくのとほとんど同時に、私は、自分が性的に侵害され、誘拐され、強姦されて殺されることを心配しはじめた。私は、ほとんど断念しようかと思った。

本当に断念しなければならないというのか?

私は最初、ネットで長期のウォークに関するニュースを検索した。探し出せた旅行者は、おじいさんから小学生まで、ほとんどみな男性だった。女性は本当にウォークができないのか? 女性がウォークをしたことがないのではない。しかし、男性よりも少ないし、彼女たちが直面したのは、男性よりも大きな困難だった。私は想像した。もし徐霞客(明代の地理学者・旅行家・探検家)が女だったら、彼女はおそらくウォークをする機会はなく、嫁に行って子どもを産んだだろう。もし玄奘とその弟子がみな女だったら、この「男児の国」で、彼女たちは行き詰って、一歩も進めなくなったのではないか?

昔から、この社会は、女性に対する監禁と暴力に満ちている。女性は室内にいれば「安心」だと言うが、それは、実際には、ウソである。学校の中にいる小さな女の子は、校長や教師に性的侵害を受け、オフィスの中にいる女は、上司や同僚にセクハラをされ、公共交通機関の中では、多くの女が痴漢にあい、家庭の中では、婚姻内の強姦は法律では罰せられない。女子学生には安全な「天蓋」はなく、女性に対する忠告があるだけだ。

私は、女性に対して自重を要求し、女性に対する傷害を女性のせいにするような言論には、本当にあきあきしている。セクハラのことを言えば、女性は行動力がまったくない弱者だと思われることにも、あきあきしている。女子学生には自由が必要だ! 性が侵害されない自由も、性の自由も必要であり、やりたいことをする自由はもっと必要だ。しかし、これらはすべて、私たち自身が勝ち取らなければならない。

だから、私がしなければならないことは、ウォークの計画を放棄することではなく、可能な限りそれを実現することである。また、そのウォークによって、たとえほんの少しであっても、この社会を変えることである。ウォークは、それによって、非常に興味深く、意義のあるものになる。これは、とても長いゲームである。性的侵害に遭うかもしれないと思われる行動によって、性的侵害に反対することは、その可能性を探り、広げることである。これは単なる苦行ではない。私たちがこの土地を歩くとき、その一歩ごとに、この残酷な社会の抑圧と女性の反抗との張力が働くのである。

どのようにして変えるのか

1.通った各市・各県で、私は必ず、その政府に情報公開を申請する。教育局と公安局には建議の手紙を出す。

 私は、教育局に対しては、以下のことをお願いしたい。・生徒に対して、セクシュアリティとジェンダーに平等な人身安全教育をおこなうように学校を指導すること。・学校に校内の安全な秩序を維持するよう促すこと。・性侵害を予防するのに役立つ教師の行為規範を作成し、教師に対する研修をおこなうこと。・教師の性侵害事件を、責任を持って処理すること。・学校が差別のない環境を作って、性侵害の被害者を思いやり、被害者が学校を中退したり、差別されたりすることがないよう指導すること。

2.北京から広州に行くまでに、私は多くの小さな町を通るだろう。それらの町は、一線の都市と比べて、フェミニズムの情報はずっと少ないだろう。私がそれらの町で、ジェンダー平等を宣伝し、性侵害に反対する活動をすることは、とても意義があると私は信じる。

3.ウォークをすること自体が変革である。私の一歩一歩によって、女子学生もウォークできるということを証明するし、私はちゃんと歩ける自信がある! 「女性は出張できないし、冒険できない」という迷信を打ち破る。(以下略)(20)


肖美麗さんは、一部でも一緒に歩いてくれる人(できれば女性またはトランスジェンダーの女性)も募集し、寝床の提供や寄付もお願いしています。

下が彼女が作成した動画です。
美丽的女权徒步

肖美麗さんは、1989年生まれで、2012年に中国メディア大学芸術デザイン学科を卒業したばかりです。ネットで古着店をしたり、絵を教えたりしつつ、フェミニズム運動をしているNGO(ジェンダー平等活動グループ)でパートタイムの勤務もしています。

肖さんは、これまで性差別反対を訴えるために、さまざまなパフォーマンスアートをしてきました。公共トイレの男女の便器数の不公平是正を訴えるために「男子トイレ占拠」をしたり、DVを批判するために「血染め(のように見える)のウェディングドレス」を着たり、大学入試の男女差別を正当化する教育部に抗議するために、坊主頭になったりしてきました。

肖さんは、北京から、河北、河南、湖北、湖南を通って、広州までの2000キロを半年ほどかけて歩く予定です。

9月15日(日曜)の午後、肖さんは、北京の「一元公社」という民間のNGOなどの活動センターを出発しました。この日、一元公社では、午前中、「中国フェミニズム学校」という民間の女性運動についての講座の終講式がおこなわれ、それとセットで、昼食をはさんで、「美麗のフェミニズムウォーク」の出発式がおこなわれています(21)。つまり、肖さんのウォークは、ある程度、広く女性運動が支える企画として捉えられているということでしょう。

上で述べたように、肖さんは一緒に歩く人を募りつつ歩いていますが、このウォークには多くの女性運動仲間が参加しているようです。肖さんは、出発時は女性10人で一緒に歩き始めました。その日は一元公社から14km離れた自宅に泊り、16日は、呂頻さんや張婷婷(@徒步于生活)さんといっしょに歩きました。その晩は、張紅萍さん(中国芸術研究院中国文化研究所研究員)の家に泊まっています(もちろん、その後は、旅館などにも泊まっています)。@二猫帰来さんも一緒に歩いたようですが、彼女も北京の自宅に帰り、その後しばらく、肖さんは、呂頻さんと2人で一緒に歩いたようです。28日からは、房小熊(房小熊Nancy)さん、艾可(布拉耳)さん、小電熊(轻松熊吉)さんと一緒に歩いています(22)

予定表から通過する市を抜き書きすると、9月15日 北京→18日 涿州市→20日 高碑店市→23日 保定市→27日 定州市→28日 新楽市→10月1日 石家荘市→10日 沙河市→11日 邯鄲市(以上は河北省)→18日 鶴壁市→22日 新郷市→26日 鄭州市(以上は河南省)となっています。だいたい1日に20~25㎞を歩いているようです(23)

その途上では、ひざが痛くなったり、自動車がまき散らす灰塵に悩まされたり、旅館でぼったくりにあいそうになって、そのあげくに殴られたりなど、さまざまな苦労をしています。

さて、肖さんたちは、上述のとおり、各地で政府と教育局、公安局に手紙を出しています(24)。直接届けに行った場合もあります。

もっとも、それらに対しては、たとえば、「わが機関は、あなたが公開を申請した情報の作成・保存機関ではない」(保定市政府)(25)といった回答しか返ってこないとかいう具合で、まだ、それほど良い反応はないようです。ただし、高碑店教育局の王局長からは肖さんに電話がかかってきて、「あなたの手紙は受け取った。指導部は重視しており、きちんと回答するつもりだ」と言いました(26)。といっても、具体的な回答がかえってきたわけではありませんが、肖さんは「回答をしたということは、重視しているあらわれ」として喜びました(27)

また、肖さんは、各地で、先述の河南省桐柏県の事件についての署名を集めることにも力を入れています。

10月1日には、全国各地から次の5人の友人がやって来て、一緒に歩きました。
 ・猪西西さん(武漢広埠屯フェミニズムレズビアングループ[广埠屯女权拉拉协会])
 ・子舒(@夏日的第十三章)さん(蘭州桜桃フェミニズムレズビアングループ[兰州樱桃女权拉拉小组] )
 ・@白小枫_先生さん(〃)
 ・小雨(@Makarina)さん(〃)
 ・李麦子(@麦子家)さん(ジェンダー平等活動グループ[性别平等工作组])(28)

先に述べた石家荘市の第十二中学の門前での「強姦犯を閉じ込めろ、私を閉じ込めるな」のパフォーマンスアートは、この5人でやったようです。

肖さんは、10月20日現在、河南省安陽市に到達し、安陽工学院で署名活動をしているところです(29)

昨年に比べて、パフォーマンスアートがマスコミに報道されることは減っているように思いますが、それでも、中国のフェミニストはパフォーマンスアートに工夫を凝らすとともに、他のさまざまな行動も通して、性差別社会の変革を目指していると言えるでしょう。

(1)56歳小学校教師、1~3年生のほぼ全員に性的暴行=小学校校長、6年生4人をホテルに連れ込む―中国」KINBRICKS NOW2013年5月26日、「56歳の小学校教師が10数名の女子児童に性的暴行、逮捕される―中国メディア」レコードチャイナ2013年5月26日、「河南桐柏一小学教师猥亵案」百度百科など。
(2)校長がホテルに生徒を連れ込む……教員による女子児童暴行事件が続々発覚―中国」レコードチャイナ2013年5月31日。
(3)以上は、「广东省妇女儿童权益机构关于在全省教育系统建立校园性侵害防治体系的联合建议书」樂施會網站。
(4)广东25家公益机构给省教育厅递建议书,建言校园性侵害防治 防治校园性侵 专业社会组织可进校园」『南方日报』2013年6月9日。
(5)歌詞は以下のとおりです。
小呀小女孩呀
背着书包上学堂
不怕太阳晒
不怕风雨狂
只怕校长找我开房
受到伤害无处话凄凉

小呀小女孩呀
哭着喊着叫爹娘
爹娘痛心无处伸冤枉
学校无辜教育无罪
教育部长真是太好当

小呀小女孩呀
你们可有小剪刀
学校教我们要做乖小孩
奈何没人保护我们
拿起武器自己打材狼

小呀小女孩呀
教育部有责任为你唱
敲锣打鼓轰走色狼
总有一天孩子不用拿刀上学
因为学校有担当

某吖某校长吖,
某某教育部长
保护学生不是登天堂
担起责任赶走豺狼
不用剪刀也敢上学堂
(6)呼吁建立校园性侵害防治体系 大学生教育厅前唱《小女孩上学歌》」社会性别与发展在中国2013年6月19日(来源:邮件)、「武汉大学生化身 “佐罗”,教育局前唱歌呼吁建立校园性侵害防治体系」女声网2013年6月19日、「广东大学生教育厅前上演“投诉合唱团” 呼吁建立校园性侵害防治体系」女声网(新浪微博@女权之声)2013年6月19日(以上の3点は、プレスリリースのようでの内容はだいたい同じでずか、写真が異なります)、「大学生改编《上学歌》呼吁建校园防性侵体系 志愿者在省教育厅门前上演行为艺术」『南方都市报』2013年6月19日。
(7)不平の合唱団-東京」として森美術館などでパフォーマンスがおこなわれたことがあります(「『MAMプロジェクト010』展は《不平の合唱団》」森美術館公式ブログ2009年10月30日、「不平不満を大合唱! The Complaints Choir」、「世の中の不平を歌に込めて不平合唱団 東京編『Complaints Choir of Tokyo』 」Designworks2010年1月15日)。
(8)呼吁建立防治性侵教育监督体系 大学生教育厅前上演行为艺术 “不许看不许听不许说”教育模式引质疑」2013年7月19日社会性别与发展在中国(来源:邮件)、「大学生上演行为艺术 吁建立防性侵教育监督体系」中国新闻网2013年7月19日、「大学生教育厅前上演行为艺术 呼吁建立防性侵教育监督体系」中国网-河南频道2013年7月19日。
(9)女权行动派很好吃的微博【关注儿童权利,关注桐柏性侵女童案——1000名妈妈联名签署,让女儿不再承受伤害之痛】7月31日11:01→「关注儿童权利,关注桐柏性侵女童案——1000名妈妈联名签署,让女儿不再承受伤害之痛」社会性别与发展在中国2013年7月31日。
(10)河南桐柏性侵案10月15日在南阳中院开庭 千名妈妈关注呼吁」社会性别与发展在中国2013年10月14日 (来源:肝胆相照邮件组)。
(11)桐柏性侵案开庭 志愿者交千名妈妈签名声援被害者」映象网2013年10月15日。
(12)河南小学教师性侵20女生案审结 民事被告均称无责」中国网2013年10月15日。
(13)女子児童をホテルに連れ込んだ元校長、強姦の罪で13年6カ月の懲役―海南省万寧市」レコードチャイナ2013年6月21日。
(14)以上は、妇女传媒监测网络「海南性侵案判决50天 受害女生:升学无着落 怕歧视不敢出门 家长不满判决 称政府“不管了” 」女声网2013年8月20日。
(15)广州教育厅门前“鉴湖女侠”呼吁教育厅治性侵」女声网2013年8月23日。
(16)四部门发关于做好预防少年儿童遭受性侵工作意见」人民网2013年9月24日、「四部门要求预防少年儿童遭性侵 女生宿舍封闭式管理 」中国新闻网2013年9月24日、「《关于做好预防少年儿童遭受性侵工作意见》答问」 2013年9月24日。
(17)“关强奸犯!别关我!”」社会性别与发展在中国2013年10月10日、「“关强奸犯!别关我!”」女声网2013年10月10日(この2つの記事の内容は同じですが、掲載されている写真が異なります)。美丽的女权徒步的微博美丽的女权徒步、肖美丽「“美丽的女权徒步”徒步日记(二)[9.25-10.5]」(女声网2013年10月11日)の一番下の図版も参照のこと。なお、この教育部・公安部などの「意見」に対しては、他にもさまざまな批判があり、たとえば、前溪「防性侵别只盯着“宿舍”」(南海网2013年9月26日)は、教師や保護者を含めて男性は寮には入れないというやり方は、現実的でないし、万一不法分子が寮内に侵入したら、男性がまったくいないのは、安全上不利であるといった点を指摘しています。
(18)郑州女大学生街头行为艺术表演,呼吁防性侵不应封闭校舍 8省市女大学生申请信息公开,质疑关于性侵害新规的合理性」社会性别与发展在中国2013年10月15日(来源:邮件)。
(19)同上。
(20)美丽的女权徒步——反对性侵害,女生要自由!」美丽的女权徒步2013年9月5日。
(21)欢迎参加女权学校结业典礼&女权徒步启程仪式」美丽的女权徒步2013年9月12日。
(22)女行故事合集(持续更新中……)」美丽的女权徒步2013年9月26日、肖美丽「“美丽的女权徒步”徒步日记(一)[9.15-9.25]」女声网2013年9月26日、肖美丽「“美丽的女权徒步”徒步日记(二)[9.25-10.5]」女声网2013年10月11日、「中国第一个徒步的女生——肖美丽」张红萍世界的BLOG2013年9月17日。
(23)美丽的女权徒步。北京——郑州行程表」美丽的女权徒步2013年9月6日。
(24)その原文は、「美丽致徒步沿路市/县政府、教育局和公安局的建议信」美丽的女权徒步2013年9月18日。
(25)肖美腻的微博10月9日 12:23
(26)肖美腻的微博9月23日 16:12
(27)24岁女孩徒步反性侵途经河北收到首份回复」『燕赵都市报』2013年10月8日。
(28)肖美丽「“美丽的女权徒步”徒步日记(二)[9.25-10.5]」女声网2013年10月11日。
(29)美丽的女权徒步的微博10月20日10:19

«  | HOME |  »

プロフィール

遠山日出也

Author:遠山日出也
 検索から来られた方へ:このブログの記事を分類した一覧である「『中国女性・ジェンダーニュース+』記事総覧」を見ていただくか、下の「カテゴリー」欄を使われると、関連情報がご覧いただきやすいと思います。最近の行動派フェミニストについては、「中国の行動派フェミニスト年表、リンク集」をご覧ください。
 また、「中国女性・ジェンダー関係リンク集」(リンク集)も併せてご覧いただければ幸いです。
 恐れ入りますが、スパム対策などのため、コメントは私が拝見した後で表示させていただきます。
 私への連絡はtooyama9011あっとまーくyahoo.co.jpまで。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード